[トルコ→イラン]「ビザ無しでは搭乗できません」って、えー!?[Turkey→Iran] “We can’t put you on board without visa.” Noo!

サラーム!

いよいよイランへ出発です!イズミール空港からイスタンブール経由でテヘランへ行きます。

まずはクシャダスからイズミール空港までバスで向かいます。

バスターミナル内にあるLast Minute Airport Shuttle というバス会社の窓口に行き、前日電話で予約しておいたチケットを受け取ります。25リラ(約527円)。

クシャダスのバスターミナル

まだ時間があるので、ベンチに荷物を下ろします。天気も良いし、ベンチにも座れて、安いデーツ(ナツメヤシの実)も美味しいし。「ああ、私バックパッカーらしくなってきたなあ」と、余裕のある自分の態度に気づき、なんだか誇らしい様な、感慨深い気持ちになります。日本を出発してから約4ヶ月半経ちました。

イズミール空港に到着、チェックインカウンターに行きます。そして、問題はここで起きました。

イランに入国する為のビザは持っているかと聞かれたので、テヘラン空港に着いたらアライバルビザを取るつもりだと伝えたると、ビザを持ってないのなら搭乗出来ないというのです。え?いや、日本人はアライバルビザが取れるので問題ないから、と言ってもノーと言います。一瞬頭が真っ白になりましたが、つい数週間前にイランに行った旅友(日本人)のことを思い出し、急いでラインで状況を伝えます。やっぱりアライバルビザで行けたといいます。そのことを伝え、再度確認してくれとお願いすると、カウンターの女性は面倒くさそうにしながら誰かに電話で聞いている様子。電話を切ると、やはりビザが無いと乗せられないと言います。

いやいやいや。つい2、3日前にもイラン大使館のページで確認したし。と思いながらも、頭の中では、”え、まさかビザ要件変わったの?”とパニックになります。急いで、アライバルビザについて記述されているネットのページを携帯で探します。こないだ見たページがなかなか見つけられません。。焦。汗。

やっと英語で書かれている記述を見つけて、カウンターの女性に見せつけ、もう一度確認してくれとお願いしました。もう一人のスタッフも来ていました。

そしてゴソゴソとカウンターのコンピュータで確認すると、「オッケー」と何事もなかった様にチェックインの手続きをするじゃありませんか。え、出来るの!?はあ、よかった〜。

じゃないし!アイムソーリーは?謝らないの?何事もなかった様にしてるけど、こっちはそっちのせいで飛行機乗れないところだったんだよ?お金も無駄になるところだったし!ムカつきましたが、どうどう、抑えました。

無事チェックイン完了。サンキューベリーマッチ、ペガサス航空!(嫌味)。

教訓。空港職員に限らず、どこでも時々間違ったことを堂々と言う人がいるので、こちらも引き下がらずに自信をもって対応することが大事!うん。

ちなみに、トルコイズミールからイスタンブール経由テヘランまで、122USドル(約13,750円)でした。

とりあえず乗れてよかった。ホント一瞬どうしようかと思ったよ。。

機内の安全のしおり。女性がヘッドスカーフしてて可愛い。

イスタンブールサビハゴチェン空港を経由し、テヘランに向かいます。面白かったのは、着陸の直前、機内の女性達が皆いっせいにスカーフを被り始めたのことです。イランでは、女性は全員髪を隠すスカーフをかぶらなければいけません。外国人の観光客であっても例外ではなく被る必要があります。もちろん前調べで知ってはいましたが、空港から街に出るタイミングで良いかなと思っていたので、私も慌ててバッグの中からスカーフを出しました。

テヘラン。機内から見た街の夜景。

深夜3時半、イスタンブールから3時間ちょっとで、テヘランのエマーム・ホメイニー国際空港に到着しました。

アライバルビザのカウンターに行き、ビザの申請手続きを行います。

  1. 用意されている申請書に記入
  2. 支払い窓口で旅行保険代16ドルとビザ代70ドル(いずれも30日有効)を支払う
  3. 支払証明書(領収書)を持って申請カウンターへ提出(30分後に入国審査のカウンターへ行けと言われました)
  4. 入国審査カウンターで受け取り

日本人の旅友が、中国人と思われて100ドル払わされたという話を聞いていたので、金額をちゃんと確認。ビザ代は国籍によって違います。(ちなみに旅友はすぐに気がついて、訂正してもらったそう)。私の他に7、8人しかいなかったのですが、待たされて、結局1時間以上かかりました。オランダ人男性、ドイツ人女性、韓国人女性、あと日本人男性もいて、皆それぞれ一人旅をしているとのこと。

日本人男性は20代前半の若者。宿もまだ取っていないと言うので、朝まで空港で時間を潰して、一緒に始発のメトロで市内まで行くことに。タクシーで街に向かうという選択肢もあるのですが、暗い中を移動するのはリスクを伴うので、深夜着の場合は、明るくなるまで空港内で時間を潰すことにしています。

空港内の両替所で、とりあえず20ユーロ分をイランの通過リアルに両替え。SIMカードも買っておきたかったのですが、ロビーにあったIrancellのお店は、夜中だからか開いておらず。

06:40分のメトロに乗りました。乗車代75000リアル(120円位?)。乗車券。ペルシャ語?アラビア語?全く読めません。。

メトロの乗車券。数字っぽいのが書かれているので後で調べると、今日の日付がイラン暦で1397年3月3日(۱۳۹۷/۰۳/۰۳)と書かれている様です。イラン暦は、預言者ムハンマドが拠点をメッカからメディナに移した年(ヒジュラ)を元年としていて、西暦でいうと西暦622年にあたるそうです。ふむ。

そういえば、旅をして知ったこと。西暦以外の暦を使っている国って結構あるんだということ。ミャンマーは仏教に関するカレンダーを使っていたし、インド、エジプトも独特な暦がありました。日本は和暦だしね。世界では西暦が主流だと思っていたけれどそうでもないみたいです。

メトロのBaharestan駅で降りると、ホステルはすぐそこでした。今回の宿は、Tehran Heritage Hostel 。女子部屋で1泊12ユーロ(約1530円、朝食付)。

少し昼寝をし、SIMカードを買いに、ホステルのスタッフに教えてもらったHafez通りへ。まるで東京の秋葉原?の様な雰囲気で、雑居ビルに小さな携帯屋さんがところ狭しと並んでいます。

電化製品屋さんばかりだからか、歩いている人は男性ばかり。エジプト以来の視線を感じる。。

何件か値段を聞いて回り、一番安かったお店で購入。Activated or Non-activated? と聞かれ、すぐ使えるというアクティベート済みを購入。お店でSimを入れてもらうと、すぐその場で繋がりました。

次は両替です。イランでは、アメリカやその他の国からの制裁によりVISAカード等クレジットカードが一切使えません。なので、予めトルコにいる時に米ドルを下ろしてきました。イスタンブールには、ユーロやドルが引き出せるATMがあり、VISAカードでキャッシング出来ます。

イスタンブールのATM

米ドルをリアルに両替するべく、これもホステルの人に聞いた、多くの両替所があるFerdowsiというエリアに行きました。が、どこも閉まってる。。後で気づいたのですが、今日は木曜日。イランでは、木曜日と金曜日が日本でいう土日でお休みなのだそうです。

半ば諦めて歩いていると、ダーラー、ダーラー?と声を掛けられました。よく見ると、歩道に両替の人達が何名もいて、現金の札束を見せてきます。レートを聞いてみると決して悪くない。違う人にも聞いてみます。レートだいぶ良いんじゃ?

とりあえず100ドルだけ両替えし、5,000,000リアル=500,000トマンをゲット。レート換算アプリでは100ドル=4,200,000リアルとなっているので、やっぱりだいぶ良い。でもなぜ?偽札だったらどうしよう、と一瞬不安がよぎりましたが、その後のコーヒー屋さんではちゃんと使えました。

そしてこれも後で分かったことですが、イランでは正式レートと闇レートがあるらしく、レート変換アプリやグーグルなどで出てくるレートは正式レートだと思われます。でも実際は、生活の場面では「闇レート」の方で取引されているそうです。

そして現在の闇レートは、1ユーロ(1ドル強)7,000トマン=70,000 リアルだそうです。

えー!ってじゃあさっきの両替、お得だと思ってたら逆にだいぶ損してたってこと?あ〜あ。。イランに行く方は、現地の人に実際のレートを聞いた方が良いです!インフレのせいでそのレートも日々変わるから現地の人達は大変だろうなあ。

お腹が空いてきました。が、実は今イランはラマダンの真っ只中。イスラム教の大事な断食月のため、街中のレストランは閉まっています。半分諦めつつ歩いていると、小さなコーヒーショップを見つけました。開いてる!イェイ!しかも良い雰囲気。

メニューには英語も書かれいました。

カプチーノ6000トマン=60000リアル(約90円位?)

店内には現地の人らしき人もいて、なんだラマダンでも飲んでる?と思ったのですが、コーヒーを受け取ると車に乗って去っていきました。やっぱりおおっぴらには飲食しないのかも知れません。そういえばさっき、裏通りで隠れる様にパンをかじっている男性いたなあ。私も飲み干してからお店を出ました。

夜、ネパールで出会ったイラン人の旅友、ホーマに再会しました!ホーマは、中国で4年間働いていた仕事を辞めてイランに戻る途中、ネパールを旅していたのです。こうやってまた会えるって、これが旅の醍醐味です。

ホーマの友人ご夫婦宅に招待してくれました。一番右がホーマ。隣はお友達。左の二人は夫婦で、二人とも絵を描いたりするアーティストです。部屋自体がアトリエになっていて、あまり広くはなかったですが、筆や版画用の印刷機?などがあって、本当に素敵な家でした。ホーマはアメリカの大学へ進学を希望していて英語が堪能。お友達の皆とも英語で会話できました。

薄手のハンバーグのような肉、美味しかったです!

そしてなんとワインまでありました。しかも奥様の方の実家イスファハン(Isfahan)で作られた自家製ワイン。お父様がぶどう園を持っていて、収穫したぶどうの半分はワインにしているそう。  

あと、このやかんが面白い!蛇口がついているのです。サモワールというらしいです。

おまけ:近くにいた猫

イラン、すでに好きになりました。期待大です。

おやすみなさい。

[トルコ]クシャダス:エーゲ海に浮かぶエフェソス遺跡 [Turkey] Kusadasi: Ancient city Ephesus on Aegean coast.

メルハバ(日本語でこんにちは)。

パムッカレからクシャダス(Kusadasi)にやってきました!移動はバスで約3時間でした。

クシャダスは、古代都市エフェソス(Ephesus)があることで有名です。

って、毎度ながらここに来るまで知りませんでした。たは。笑。

エーゲ海に面しているためリゾートとしても人気で、港には大型クルーズ船が停泊していました。

ホテルのバルコニーから

こんなリゾートですが、意外にホテルが安い!旅友とシェアしたのですが、一人千円ちょっとで、ビーチのすぐ目の前のホテルに泊まれます。市街地からは少し離れていますが、街へはミニバスが通っているので、アクセスも問題なし。

泊まったホテルはこちら Martin Beach Hotel

ホテル前の通り

世界遺産でもある、古代都市のエフェソス遺跡に行きました。元々は、紀元前10世紀頃古代ギリシャ人によって建てられましたが、ローマ帝国に征服された後、紀元前2世紀頃が一番繁栄していたそうです。

エフェソス遺跡は、セルチェック(Selcuk)という街にあります。ホテルがあるクシャダスからは、一旦ミニバスでクシャダスの市街地まで行き、そこからは、旅友ウォーリーとタクシーをシェアして行きました。

行ったのはこの3つです。

  1. エフェソス遺跡
  2. アルテミス神殿
  3. 聖ヨハネ教会

まずはエフェソスです。ここだと思ってタクシーを降りたのですが、入口はもう少し先でした。

この並木道を越えると遺跡がゴロゴロしていました。

まずは、ローマ帝国といえばおなじみの円形劇場。

2万5千人収容の劇場。写真右側がステージです。

収容人数は最大で約25000人。最盛期には、その10倍の250,000人がこの街の人口だと考えられているそうです。劇場では、政治的な集会や、グラディエーターの戦いも行われたらしいです。

多分教会。

入ると壁に十字架がありました。   これは何語?

 上の部分が今にも崩れ落ちそう。

猫。

そして、エフェソス遺跡の中でもすごいのが、セルシウス図書館です。ここは2世紀頃に建てられたそう。 そういえば、地中海沿いにあるエジプトのアレキサンドリアにも古代図書館があったけど、当時のローマ帝国の知的水準の凄さを改めて感じます。  最盛期には25万人も住んでいたというから、この通りもかなり賑わっていたんだろうなあ。 ハドリアヌス神殿

ここにも猫。トルコはやっぱり猫天国だ。

遺跡らしく、下の写真も今にも崩れそうな感じで立っています。こういうのを見る度に、

 これとかもそうだけど、 「ジェンガみたいだ」と思う。微妙なバランスで保っている感が。一つでも取っちゃったら(崩れたら)、とか考えてしまいます。

岩の窪みに溜まった水を飲んでいたところ、声をかけたら振り返ってくれました。でも迷惑そう。

次に、アルテミス神殿に行きました。エフェソス遺跡から歩いて行けます。

紀元前6世紀頃の古代ギリシャ時代に建てられた、アルテミス神を祀った神殿です。ローマ帝国の支配下にあった紀元後3世紀にはその信仰も衰退し、その後解体されて、大理石など石材は都市建設に再利用されたそうです。 今は、こんな感じでほぼ残っていない状態なので、当時の様子を感じるには想像力が必要です。 

そして最後に、聖ヨハネ教会に行ってきました。

途中にあった看板が気になる。いるのか、カンガルー?
聖ヨハネ教会

以上、今日は盛り沢山の1日でした。ふう。

今日も、エーゲ海に浮かぶ夕日を眺めながらディナーを頂きました。

トルコ最後の日なので、ちょっと奮発して。と思って頼んだら、ウォーリーが奢ってくれました。サンキュ、ウォーリー!

明日、私はイランへ、彼はギリシャのサモス島へとそれぞれの旅が続きます。(ちなみに、ウォーリはもう3年位旅をしています。イラン行きたいけど、僕はアメリカ人だから行けないと残念がっていました。)

このレストランにも猫がいました。何度もお店の人に追い出されていましたが、彼も負けずとしつこく頑張っていました。笑。

明日はいよいよイラン。楽しみだけど、ちょっと緊張します。

おやすみなさい。

[トルコ]パムッカレのクレオパトラの温泉へ [Turkey] Blue and white hot spring in Pamukkale.

メルハバ(トルコ語でこんにちは)。

只今朝6時、やっとパムッカレに着きました。カッパドキアからバスで約10時間の長旅でした。

カッパドキアのホス友ウォーリーが今回の旅友です。まず予約していたホテルまで歩いていきました。まだチェックイン出来ないと言われましたが、温泉に行くので着替える場所はないか聞くと、別の部屋を貸してくれました。荷物だけ置いて、とりあえず朝食ができる所を探します。

朝早いせいか(朝7時)、どこも空いていません。 ある店先でコーヒーを飲んでいるおじさま達発見。朝食はまだやってないとのこと。どうやら、ご近所の井戸端会議的な集まりだったみたい。多分空いているというお店にわざわざ電話をかけて、空いているか確認してくれました。オムレツとパン、ティーだけを飲み、早速温泉へ!

オープン直後だからか人がほとんどいません。ラッキー。

白いの見えてきた。

この温泉は、2世紀頃からローマ帝国の保養地として利用されていたそうです。石灰岩に含まれる炭酸カルシウムが堆積して、この白を作り出しているそうです。なんとも言えない水色が、バスクリンみたい。という連想しか出てこない自分がとても悲しいです。

あ、ちなみに、パムッカレは土足禁止なので、入り口で履物を脱ぎます。靴を入れておくバッグがあったほうが良いですね。あと、見た感じ滑りそうと怖かったのですが、一歩踏み出すと、意外にザラザラしていて全然大丈夫でした。足の裏に当たって少し痛い位でした。

暖かい。熱いというよりはぬるま湯程度です。

旅友のウォーリー(アメリカ人)

足をぽちゃぽちゃしながら歩いていると、水の音とさらさらした感触で安らぎます。 水着を着てきたのですが、どこも浅く、比較的深そうな所は子供達がいて、浸かる感じではなかったです。最近は周辺開発が進んでしまった影響で、水量が少なくなっているそうです。

ここからさらに上にいくと、ヒエラポリス遺跡があります。

劇場 

ゲートの向こうには大きな通りが広がっていました。

最後に、温泉プールに行きました。やっとゆっくりできると思ったのですが、そこには大勢の人が。一旦プールに入って、近くのカフェで何か食べてまたプールに戻ろうと思ったのですが、それはダメだと言われました。トイレなら問題ないが、それ以外は再度入場料を払う必要があるというのです。こういうケチなルールって一気に萎えますよね。

Antique Pool

面白かったのは、この写真には写っていませんが、このプール、底にゴロゴロ何かが沈んでいるのです。それはなんとローマ時代の柱や瓦礫の遺跡。昔、地震で近くの神殿の柱などがプールに倒れ込み、そのままになっているそうです。

そして、あのクレオパトラも入ったことがあるとかないとか。

人が多いので一通り浸かって、早々と出ました。敷地内にはロッカーやシャワーもありました。

ヒエラポリスと温泉は一つのチケットで入れます。(上の露天プールは別料金です。)料金はいくらだったかメモを忘れて覚えていません。

石灰棚&ヒエラポリスへの入場ですが、私達は石灰棚の下の方にある入り口から入りヒエラポリスまで上っていく感じでしたが、おそらく、上にあるヒエラポリス遺跡側の入り口が、大型バスの駐車場もありメインゲートっぽかったです。

明日はクサダシ(Kusadasi)に行きます。

[トルコ]コケそうになりながらウチヒサールへ [Turkey] Hike up to Uchihisar.

メルハバ(日本語でこんんちは)。

今日はゆっくりしようと思ってたけど、ホス友(ホステル友達)とウチヒサールまでハイキングに行くことに。

10:45出発

トンネルがありました。これもきっと岩をくり抜ぬいて作ったのでしょう。   きのこの山?たけのこの里? 団地?何度見ても不思議な岩たち。

ところで、こういう所を歩いているのですが、とにかく足元が滑るんです。平らな所は問題ないのですが、火山灰でできた砂地だから?勾配があると、スニーカーを履いているのですが、ズズっと滑りそうになります。場所によっては転げ落ちると深い谷底へ。そういう所はホス友の手を借りて慎重に歩きます。

旅行保険は入っていますが、怪我して旅が続けられない、なんてことは絶対に避けたいです。なので無理はしません。

目指すウチヒサールはこの写真の向こうにある巨大な岩です。

やっと上の村まで到着。あともう少しです。

やった。着いたー!  360度のパノラマです。眺めの良いカフェでランチをしました。

帰りも歩きです。

綺麗な花が咲いていました。

なんだか雲行きが怪しくなってきました。歩みを速めます。途中迷って引き返したりしながら、雨にも降られず無事帰宅。

夜は、ホス友皆で、昨日も行った皆のお気にりBuyuk Adana Kebap Göremeでディナー。うち二人はこれからアンタルヤに、もう一人は明日あたりパムッカレへ行くということに。

 

夜8時、次の目的地パムッカレへ向かう為バス停へ。ホス友のウォーリーと一緒に、これから10時間のバス移動です。

バイバイ、カッパドキア。

[トルコ]カッパドキア: また感動。熱気球に乗ってみた![Turkey]Cappadocia: Hot air balloon ride!

メルハバ(トルコ語でこんにちは)。

考えた末に、乗ってきました熱気球!お値段115ユーロ(約14,795円)。いくつかのツアー会社に聞いたのですが、相場は130ユーロみたいです。ダメ元で交渉すると、日本に住んでいたらしく、流暢な日本語で日本人だからと安くしてくれました。

朝4時40分、ツアー会社の車がホステルまで迎えに来てくれました。

どこかの丘の上に到着すると、まだ準備中の様子。気球はまだしぼんでいます。  カゴは4つに分かれていて、一つに4名、合計16名まで乗れる様です。 乗る前に誓約書に署名します。   どんどんガスを送ります。みるみる間に大きくなってきました。

もう朝日出ちゃってるよ。バルーンから日の出が拝められると期待していたのですこし焦ります。 準備完了!いよいよカゴを跨ぎ中に乗り込みます。

結構大きく跨ぐのでスカートはダメです。ズボンですね。カゴの外では、今にも飛んでしまいそうな気球を、スタッフの人達が懸命にロープで引っ張っています。その間私たちは、パイロットからいくつかの注意事項、そして着陸時には合図するので、備え付けのロープをしっかり掴んでしゃがむ様に、と説明を受けました。

彼が私達のパイロットです。頼り甲斐がありそうで安心しました。 

出発!

浮かんだ〜!

深い谷や山、奇妙な形を岩群を見ていると、なんか地球って生きてる、と思いました。

時折、ぶおーっとバルーンに送り込むガスバーナーの音が鳴り、その度にあっつっと熱風を感じながら、あとは、ただ漂っています。

朝日に浮かぶエンジェルス山((Mount Erciyes)が見えます。

美しいエンジェル山(Mount Erciyes)も見えました。

しばらくすると、だんだん下降していきました。もうすぐ着陸です。

そして無事着陸!約40分の飛行でした。

実は、着陸地点は地面ではなく荷台の上。下の写真の様に、地上スタッフが微調整しながら荷台の上に載せます。

こんな感じ  

なるほど。着陸地点ってその日の風によって変わるから、その後バルーンを運びやすいように荷台の上に着陸させるんですね。着陸が近づくと、パイロットが地上と連絡を取りながら、地上スタッフはバルーンを追いかけるように着陸予測地点に向かってトラックを走らせていました。チームプレーです。

最後は、シャンパンで乾杯。

飛んだよ証明書ももらいました。

今更なんですが、正直、乗らなくてもよかったかなあと思いました。いや、もちろん実際に乗って楽しかったです。カッパドキアならではユニークな地形やエンジェルス山も美しかったし。ただ、ビューポイントで見たのが幻想的で、なんとも言えない雰囲気で、私はそっちの方が断然好きでした。

なので、お金に余裕のある方はぜひ乗って欲しいと思うけど、そうでない方は乗らなくても、下から見ているだけでも十分感じるものがあると思います。

エジプトのルクソールでも熱気球が有名ですが、カッパドキアとルクソール両方で乗った旅友曰く、カッパドキアの方が良いと言っていました。私はルクソールでは乗りませんでしたが、空から見るメリットは、カッパドキアの方があると思いました。

どちらにしても、人生初の熱気球、よかったです。