[ハンガリー]恐怖の館。SIMカード購入。[Hungary]House of Terror. SIM card.

スィア!(ハンガリー語でこんにちは)

恐怖の館 (House of Terror)に行く前に、SIMカードを買いに行きました。ホステルやカフェのWifiを利用していたのですが、やっぱりバスでの長時間の移動時などインターネットがあった方が暇つぶしもできるので。

ホステルのスタッフに聞いた最寄りのVodafoneに行きました。念のためパスポートも持参。5GBで4500フォリント(約1800円)でした。お店の人は英語が話せてスムーズでした。

歩いていると、行列ができている店が。良い匂い。

覗いてみると、何やら沖縄のくるま麩を思い出させる様な筒状のものが。

チョコやバニラなどいくつか種類がありましたが私はプレーンで。1個350フォリント(約140円)。外はカリカリ中はしっとりで美味しかったです。

外はカリカリ、中はしっとり。

地図を見ながら歩いていると、明らかに目立つ建物が。

House of Terror(恐怖の館)です。日本語訳の恐怖の館ってなんだかお化け屋敷みたいな名前ですが、ここは、共産主義とファシズムの時代にナチの本部となり、地下には牢獄があった負の歴史を刻む建物です。現在は、犠牲になった人々を弔い、どの様な生活をしていたかを知らせるために博物館となっています。

House of Terror  入場料3000フォリント(約1200円)。

撮影禁止なので、写真はありません。

生き残った人達の証言ビデオや犠牲になった子供達の服などもあり、胸が苦しくなります。ブルガリアもルーマニアもそうですが、ハンガリーもまたファシズム時代を経験した国です。やはり一番怖いのは人間なのだと思い知らされます。

この博物館は犠牲になった普通の人々に焦点を当てているので、その時代がどうだったのかを理解しやすいと思います。展示はハンガリー語ですが、英訳の説明文も用意されています。小さい文字で印刷されているので、結構読むのが大変ですが。

帰り道、街の頭上を戦闘機が飛んでいました。

何だろうと後でググってみると、ブダペストで航空ショーが開催される様でした。戦闘機ではなかった様です。ほっ。

[ハンガリー]船でヴィシェグラードへ [Hungary]Visegrad by ferry.

スィア!(ハンガリー語でこんにちは)

今日は、ブダペスト郊外にある、ヴィシェグラード(Visegrad)に行くことに。
ドナウ河を渡る、3時間の船旅です。

ドナウ河を北上してぐいっと曲がった所にヴィシェグラードはあります。

Vigado Square (BUDAPEST rendezvényhajó)の船乗り場から出発です。

往復料金4330フォリント(約1670円)。

ホステルで出会った、アメリカ人の人と一緒に行きました。

ブダ城 Buda Castle
国会議事堂
船の中
水辺に建つ家

高床式になっているのは、ドナウ河氾濫の防止策でしょうか。2013年には大雨による氾濫が発生し、甚大な被害があったそうです。

河のほとりで日光浴をする人や、カヤックで川下りする人、ジェットスキーをしている人達もいました。

写真には写っていませんが、なんと全裸でカヤックしている人たちがいました。思わず二度見してしまいましたが、手を振ると、笑顔で振り返してくれました。笑。

城壁が見えてきました。ヴィシェグラードVisegradに到着です。

Viseradの船着場

ランチを食べた後、ヴィシェグラード城まで歩いていくことに。

徒歩1時間位で頂上に到着。

ヴィシェグラード城

ヴィシェグラード城は、スラヴ語で高い城という意味で、High Castleとも言われています。1247年に建てられたそうです。入場料は1700フォリント(約660円)。

眼下にはドナウ河が見えます。

城壁とドナウ河それぞれの曲線が素敵。

十字架でしょうか。
お城の入り口にいた猫

ブダペストに戻ってきました。

街で見かけたシェークスピアの銅像。なぜここに。。?何か書かれていますが、読めませんでした。

明日は、そのネーミングからして好奇心がズクズクうずく、「恐怖の館」House of Terrorに行きます。

[ハンガリー]ブダペスト街歩き [Hungary] Budapest City

ハンガリーに着きました!11時間のバス旅。長い。。でもFlix Busはwifiもついているのでどうにか過ごせます。トイレも付いています(使ったことないけど)。途中でトイレ休憩もあります。

気になったのは、車窓から見えたこの緑と白の木々。はじめ、雪が積もってる?と思いまいましたが、積もっているのは花でした。

Nepligetバスステーションから市街地へは、地下鉄でアクセス出来ます。
料金Nepligent→Ferenciek Tere 350フォリント(約135円)。

改札口はありません。この機械に切符を入れて打刻し,プラットホームに入ります。

ホステルに到着。荷物を置いて、いつものとりあえず街散策。

ブダペストの街は、ドナウ河を境に、ブダ地区とペスト地区に分かれています。私のホステルはペスト地区にあります。

ブダペスト中央市場

お腹も空いていたので、市場の中に入ってみました。

フルーツやお肉、野菜などなんでもあります。


ブルーベリーを買いました。480フォリント(約185円)。日本だと500円位するのにやっぱり安い。

2階には、お土産さんやフードコートがあります。

グヤーシュという、パプリカのスープを頂きました。ハンガリーでは定番のこのスープ。もう10年前位かな、初めてブダペストに来た時にも飲んだのを思い出しました。あの時は、友達と奮発して高級レストランでフォアグラを食べたっけ。

自由橋 (Liberty Bridge)Szabadság bridge

自由橋を向こう岸のブダ地区に渡った所に、岩壁に教会がありました。

Gallery Hill Caveという洞窟教会だそうです。

そのまま、さらに北にあるエリザベス橋 (Erzsebet bridge)の方向に歩いていると、水の音が。

なんと滝が流れていました!涼しい〜。はあ、天然の冷房だ、生き返る。

今日のブダペスト気温30℃。

ヨーロッパに入ると涼しくなるだろうという期待に反して、今年はどこも異常気象で暑いらしく、蒸し暑いです。

滝の上に橋が見えますが、ここは城塞の一部となっています。

上に見えるのは、1947年に作られた「自由の像」。この像、第二次世界対戦時中ナチスに占拠されていたハンガリーを、ソ連が”解放”してくれたとして、当初はその感謝の印の意味だったそうですが、結果ソ連スターリンの支配下に入ってしまうことになり、1989年ソ連から独立した後には、ソ連からの”解放””自由”を獲得したという意味に変えたそうです。

昨日の友は今日の敵?みたいな感じでしょうか。歴史ってこういうことの繰り返しですよね。

喉も渇いてきたので、ついでにwifiもあるカフェを探し、アイスカプチーノを頂きました。料金580フォリント(約225円)。

やっぱりSIM欲しいなあ。ヨーロッパに入ってからSIMカードを買っていません。ホステルはもちろん、街のカフェにもWifiがあるのでなんとかなっていますが、やっぱりあると便利なんですよね。

EU圏内で使えるSIMがあると良いのだけど。

明日SIM屋さんに行ってみよう。