[オーストリア]FlixBusでブダペストからウィーンまでたったの3時間![Austria] Only 3 hours from Budapest to Vienna by FlixBus!

Hallo! ハロー!今日はオーストリア、ウィーンにやってきました。

今回もFlixBusを利用しました。

ウェブサイト→ FlixBus

FlixBusのアプリ→ FlixBus App

私はいつもFlixBusのアプリから直接予約します。クレジットカード払いも出来て便利。乗車の際は、アプリ内にある予約QRコードを見せればOKです。車内には、速度は遅いですがWifiもあります。

ブダペストからウィーンまではバスで3時間。お値段8,99ユーロ(約1135円)。実はオーストリアには行く予定はなかったのですが、ウィーン在住の元同僚から連絡があり、会いに行くことにしました。

昼1時出発ウィーンには4時到着予定です。

ホステルの最寄駅からメトロに乗ってNepligetバスステーションへ。

Nepligetバスステーション
Nepligetバスステーション内には、コーヒーやパンなどのお店もあります。

途中、大規模な風力発電所が。

予定通り、3時間後の4時にウィーン到着。

ウィーンはErdebergバスステーションへ到着です。バスステーションからアナの家までは路面電車を利用しました。

元同僚のアナとは約2年ぶり?です。今日から2泊だけですが彼女のアパートに泊まらせてもらいます。

翌日

ウィーンと言えば、シュテファン大聖堂!ゴシック様式の大聖堂は迫力があります。

シュテファン大聖堂 St. Stephen’s Cethedral

そしてホーフブルグ王宮 Hofburg Wien。

ホーフブルグ王宮 Hofburg Wien

あの世紀の大金持ち、ハプスブルグ家が住んでいたところでもあります。王宮内には、ヨーロッパ一と言われた美貌を誇るエリザベートが、そのスリムな体型(ウエスト51センチ!)を保つためのマシーンがいくつか置かれていました。うち一つはどう見ても一世を風靡したぶら下がり機そっくりでしたが。笑。

エリザベートといえば、生涯独身でだったと言われるルートヴィヒ2世が生涯慕った唯一の女性でもあります。一説には同性愛者だったとも言われているルートヴィヒ2世。あとディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなったノイシュヴァイシュタイン城を建てた王です。かなり変わった王で狂王と言われたそうですが、皮肉にも彼は結局そのお城に住むことなく謎の死を遂げます。彼の人生もとても面白いので、興味のある方は本を読んでみることをオススメします。

って、話はずれましたが、実は王宮を見学したのは8年前のことです。ウィーンには行ったことがあるので、今回はもっぱらアナとの再会のためで観光はしていません。写真は今回撮ったものです。

でもアナが面白い所に連れていってくれました。

フンデルトヴァッサーハウス The Hundertwasserhaus

芸術家Hundertwasserが、自然との調和を目指して建てたアパートです。アパートなので実際に借りることができるそうです。

自然と人間は平等に権利を有していると書かれています。
一つとして同じ形はありません。

この建物の特徴は、一つも直線が無く、全てが曲線になっていることだそうです。

階段も床も曲がっている。
どこを見ても違う景色で飽きません。

建物の中にはお土産屋さんやカフェもありました。