[スペイン]グラナダからマラガへ。ホームシック。[Spain]Granada to Malaga

オラ!(スペイン語でHiの意味)

グラナダからさらに南、海沿いの街マラガにやってきました!

今回もGoEuro(現在はOmio)のバスで、Granada12:00→Malaga13:45、11,57€。

マラガでの宿はThe Urban Jungle Rooftop Hostel、3泊の予定です。1泊22€。
それにしても、バスステーションからホステルまで徒歩30分はキツかった。。

バスを降り、大きなバックパックを担ぎながら、大きなロータリーを危うい感じで横断し(ロータリーってどう渡るのか分かりにくいのは私だけ?)、時々立ち止まって地図を確認。暑い。しばらくするとカフェが立ち並ぶエリアに入り、素敵なサマードレスや涼しそうなシャツに身を包んだ人たちが優雅にコーヒーやお酒を飲んでだりしている。お洒落なリゾート地って雰囲気がムンムン。楽しそう。お洒落とは程遠いひとりぼっちバックパッカーの私、なんか場違いよね。黙々と歩を進める。ホームシック悪化しないといいな。

無事ホステルにチェックイン。男女ミックスドミトリーのお部屋自体は綺麗で、ベッドにカーテンもあって一安心。ひとつネックは、ベッド下にあるロッカー、開け閉めする度に1€コインを入れないといけないのはいいとして、コインが落ちる度に物凄い金属音が鳴って部屋中に響くのです。これまで色々なホステルで様々な不便を経験したけれど、このパターンは初です。

日本食レストランの野菜炒め

今日はホームシックのうえになんだか愚痴っぽい自分を励ますため、奮発して日本食を食べることに。ホステルから徒歩2分の所にUDONという名前のレストランを見つけました!野菜炒めを頼んだのですが、いわゆる葉野菜の野菜炒めではなく、ブロッコリーやきゅうり(!)が入った、どっちかといえばソテーみたいな感じでした(上写真)。でも、白いご飯も食べられたのでよかったです。お値段は11,8€。

ピカソ

そうそう、マラガはパブロ・ピカソの出身地なのだそうです。上の写真はメルセー広場Plaza de la Merced のピカソの銅像ですが、マラガには10歳までしか住んでいなかったそうで、大人になってからはフランスだったので、実際にこんな風に佇む姿はなかったかも知れないですね。

メルセー広場に建つピカソの生家

メルセー広場(Plaza de la Merced)に建つピカソの生家は、現在博物館になっています。入場料3€。ピカソは小さい頃から鳩が大好きだったらしく、娘には鳩という意味のPalomaとまで名付けたそうです。
そういえば昔、スペインから留学で沖縄に来ていたピカソという名前のスペイン人の子と仲良くなったけれど、彼は今どうしているのだろう。パブロ・ピカソの子孫なのだと話していたけれど本当だったのかな。
浅黒い肌に金髪でおしゃれな眼鏡をかけていた彼に、君はユニークだねと言われて、平凡コンプレックスがあったので妙に嬉しかったのを思い出した。あー、連絡先が分からないのが残念。まさか自分がスペインに行くことになるなんて思ってもみなかったから人生って面白いですよね。やっぱり今日は感傷的だな。

今日は疲れたのでここまで。ホステルでゆっくりします。明日はシティウォーキングツアーに参加する予定です。

疲れたといえば、アルハンブラ宮殿に行った昨日、歩いた距離はなんと18km超えでした!

おやすみなさい。

[スペイン]アルハンブラ宮殿 [Spain]La Alhambra

オラ!Hola! (スペイン語こんにちはの意味)グラナダに来たらアルハンブラ宮殿!

アルハンブラは、アフリカ大陸からやってきたイスラム勢によって作られた宮殿です。889年に建設が始まり1492年のレコンキスタでカトリック勢に奪還されるまで、増改築や再建を繰り返して造られた、イスラム王朝の栄華を誇る建造物です。

チケットの事前予約は必須!

アルハンブラ宮殿の見学は事前の予約がマストです!栄光を極めたイスラム王朝が築いたナスル朝の壮大さを実感したい人は前もって予約してください!大事なので二回言いました。

予約サイト Alhambra Ticket Booking

とは知らず、グラナダに来て初めて覗いた予約サイト。案の定、ザ・完売。そりゃそう。なんでも建物保全のため、一日あたりだけでなく30分毎にも入場数に制限が設けられているとのこと。どうしよう。ホステルの人に相談すると、直前にキャンセルする人がいるから夜中12時にもう一度チェックみてと教えてくれて、これが見事的中。無事今日のチケットが予約できたというわけです。

数種類ある中から一番人気のGeneralというチケット(14,85ユーロ)を取りました。Generalチケットには、アルカサバ、ナスル朝宮殿、ヘネラリフェの3つが含まれています。

注意する点

  • ナスル朝宮殿の見学は時間指定がされているので、それを踏まえて行く時間など計画すること。私の見学時間は13:30だったので、先にアルカサバとヘネラリフェを見学するため2時間ほど早めに行きました。
  • 40cmx40cm以上の大きさのバックパック、セルフィースティックや三脚は持ち込み不可です。ポーランドのアウシュヴィッツやルーマニアの国民の館でも同じ様なルールがあったので、博物館等に行く時は小さめのバッグが無難かも。
  • QRコードのあるチケットを印刷し、正面入口ではなくPuerta de la Justicia側から入場する。

地図によるとホステルからは徒歩40分ほどなので徒歩で向かいました。

アルハンブラの地図

到着しました。今日も最高の天気。

Puerta de la Justiciaの入り口

実は、メインの入口はPuerta De Justiceからの反対側にあるのですが、メールに送られたきたQRコード付きのチケットを印刷して持参すれば入ることができます。アルカサバ、ナスル朝宮殿、ヘネラリフェともここからが断然近いのでPuerta De Justiceから入るのがオススメです。

アルカサバ Alcazaba

アルカサバは宮殿の城塞にあたり、王が住んでいた場所で、ナスル朝宮殿が出来た後は軍事要塞として使われたそうです。一番高いベラの塔からはグラナダの街が見下ろせます。

カルロス5世の宮殿

レコンキスタでイスラムから奪還した後、カルロス5世が造った宮殿。四角い建物の中は円形になっています。

サンタマリア教会 Church of Santa Maria de la Alhambra

カルロス5世の宮殿の隣に建つサンタマリア教会 。これまたレコンキスタの結果、モスクが教会に変えられました。まるで上書きするかの様にイスラムのモスクからキリスト教の教会に変えるやり方って、負けた方にとってはつくづく屈辱的で残酷ですよね。その美しさが余計にせつない。
でも、破壊するのではなく再利用するということは、元々は同じ神だから出来ることなのだろうか。あまりに立派で美しい建物だからという理由があるみたいですが。

ナスル朝宮殿 Nazrid Palaces

ナスル朝宮殿は予約時に時間が指定されています。私の時間は13:30。早めに行くと既に長蛇の列が。一瞬焦りましたが、係の人に聞いたらちゃんと割り込ませてくれました。

入口前の長蛇の列

メスアール宮 Mexuar
意外にも入り口はこじんまりしているのですが、中に入ると上も下も右も左も美しいアラビア語の碑文や幾何学模様のオンパレード。遠巻きに眺めるのも、近づいてガン見するのも楽しいです。

アラヤネスの中庭 Patio de los Arrayanes

パルタル庭園 Jardines del Partal 

衝突防止のステッカーかな?それにしてもこの動物は何だろう。鳥?馬?

アルハンブラ宮殿。イベリア半島の歴史には絶対外せません。長いイスラムの時代からレコンキスタを経てカトリックの時代までの動きが見える感じで行ってよかったです。一見は百聞にしかず。

サン・ニコラス広場 Mirador de San Nicolás

夕陽に赤くそまるアルハンブラ宮殿。(サン・ニコラス広場からの眺め)

一旦ホステルに戻り、ルームメイト達と夕食に行きました。上の写真は、途中寄ったサン・ニコラス広場 (Mirador de San Nicolás)から眺めたアルハンブラ宮殿です。
アラビア語で「赤い城塞」という意味のアルハンブラ、その由来はレンガの色や土の色など諸説あるそうですが、これを見ると夕陽に染まる姿というのがしっくり来ます。

サン・ニコラス広場

↑ あーこの曲知ってるー!昔車のCMで流れてた。これスペインの曲なのね。

明日はさらに南、マラガへ向かいます。

[スペイン]コルドバからグラナダへ。スペイン人は本当にシエスタしているのか?[Spain] Bus ride from Cordoba to Granada. Do Spanish really do Siesta?

Hola! オラ!今日はコルドバからさらに南のグラナダへ来ました。

コルドバからグラナダまではALSAという長距離バスで2時間45分。チケットはGoEuroという予約サイトで予約済みです(18,61ユーロ)。(注)現在GoEuroからOmioという名前に変わった様です。https://www.omio.jp/

そういえば昨日コルドバで食べて最高に美味しかった、揚げナスwithハニー。メニューにはハニーと書かれていたけどかかっているのはなんと黒糖ソース!
コルドバのクリスに写真を送ってこれブラウンシュガーだよね?と聞くと、こっちではSugar cane honeyというんだよ、僕の大好物だよと教えてくれました。言ってみたらなす天ぷらの黒糖はちみつがけ。なんて新鮮。パリッとしていました。

Berenjas fritas con miel de cañaという揚げたナスの黒糖ソースがけ。
コルドバのバスステーション
Granada行きと書かれたバス。チケットを提示、QRコードを読み取ってもらい乗り込みます

グラナダバスステーションに到着。ここからさらに33番のローカルバスに乗り換え、Catedralというバス停で下車しました(1,4ユーロ)。

グラナダ大聖堂。おお!とその迫力に思わず立ち止まり天を見上げてしまいました。もっとゆっくり眺めたいところだけど、とりあえずホステルで荷物を下ろしたい。

その名の如くグラナダ大聖堂前にあるバス停で、ここからホステルまでは徒歩で7,8分です。

ロバ?馬?の銅像。それを囲む様に小さなカフェが立ち並んでいます。
可愛いお茶屋さん
なんかアラブっぽい路地も見えました。

公園の横を通り過ぎ、無事本日の宿El Granado Hostelに到着しました。1泊15ユーロ(約1950円)。グラナダではとりあえず2泊の予定です。

【おまけ】スペインといえばシエスタ。スペイン人は本当にお昼寝しているの?

今回スペインにきてちょっと驚いたのがシエスタ。ホステルに荷物を置いて街に出ると、お店が軒並み閉まっているのです。あれ、今日って週末?祝日だっけ?と思いきや、これがシエスタだったのです。

昼間なのに店内は真っ暗。

シエスタの時間は午後2時〜5時。その間ブティック、カフェやレストランは一旦閉店。そして5時になると再び開店するのです。こないだも、いい感じの服屋さんがあったので後で行ってみたら真っ暗ってことがありました。シエスタって馴染みがないからうっかり忘れるんですよね。

コルドバのクリスの会社でもシエスタがあり、皆時間をかけて昼食を取ったり、家で昼寝をしたり、そして再び会社に戻り2時間程仕事をして帰宅、となるそうです。が、クリスはシエスタの時間がもったいないその分僕は早く帰りたいと言っていました。
ここではまだ健在なシエスタ、元々は強い日差しを避ける為の工夫だったそうですが、最近では働き方も変化してきており、特に都市部などではその習慣はなくなってきているそうです。

明日はグラナダ一番の観光スポット。アルハンブラ宮殿に行ってきます!

[スペイン]朝のメスキータに行ってきた。(無料)[Spain]Early morning Mesquita.

Hola!

朝の8時半から10時までは入場料が無料になると聞き、早起きをしてメスキータに行ってきました。ホステルから徒歩で行けて楽ちん。

まさに早起きは三文の徳。優しい朝陽の中でその佇まいをゆっくり味わうことができました。メスキータの前を集合場所にしているフリーツアーに参加しました。(じゃあ明日ねと言っていたクリスは起きられなかった模様で現れず。)

メスキータの外壁。まだ陽が低いです。

中に入ると、人が少ないこともあってか、厳かな感覚を味わえます。

モスクの特徴である赤と白の連なるアーチが美しい。
天井を見上げると、びっしりと木彫りの模様が掘られています。
四方を囲む様にコーランの言葉がびっしりと記されています。メッカの方向を示すミフラーバと言われるものです。

ちなみにメスキータとは、スペイン語読みでモスクのことです。上の写真を見ると、イランのモスクでもよく見た幾何学模様が描かれていて、その下には四方を囲む様にコーランの言葉が記されたメッカの方向を示すミフラーバがあります。

まさにモスク。という感じですが、実はこのメスキータ、面白いのが、イスラムのモスクとキリストの大聖堂の二つが同居しているのです。
元々カトリック教会があった場所に、アフリカからイベリア半島に進出してきたイスラム勢力によってモスクが建てられ、代々の王によって巨大化されていきますが、その後キリスト教勢力により奪還されます。
でもその巨大化&豪華になっていたモスクは壊されることなく、そのままの内部に大聖堂が作られ、ミナレット(モスクにある塔)は鐘塔に作り替えられ現在の現在の姿になったそうです。勢力争いの末にモスクが大聖堂になったりすることはよく聞くけれど、今でも二つが同居しているのは珍しいらしいです。
ということで、さっきからメスキータメスキータと言っていますが、「聖マリア大聖堂」という名前でもあります。その証拠に敷地内には様々なところにキリスト教らしいものも見られます。

モスクの特徴である赤と白のアーチの先には十字架にかけられたイエス・キリスト像が。
ここはどこから見ても大聖堂。
左下にはパイプオルガンが見えます。
右に見えるのはオレンジの木の中庭と言われていて、イスラムの人たちが祈りの前に手足を清める為の水場があったそうです。
本当にオレンジの実がなっていました。
鐘を鳴らす鐘塔は、元々イスラムのミナレットだった塔の上に増築されたもの。

アフリカ大陸から進出してきたイスラム勢力にイベリア半島が征服されていきますが、。その後キリスト教勢力が奪還していったそうですが(レコンキスタというそうです。)、見ると確かにアフリカとイベリア半島って目と鼻の先なんですね。
イベリア半島の先っぽのタリファからモロッコまで、フェリーで1時間位で行けるらしいです。

そんなこと聞いたら行きたくなるじゃないかー!ついでだし。いや、でもモロッコ一応行ったことあるし、スペインの後はポルトガルにも行かなきゃだし。と思いとどまりました。

旅って、行く先々で足を伸ばしたい場所が増える一方できりがないです。(ああ、でもやっぱり日帰りでも行っておくべきか。。)

この後、バスでグラナダに向かいます!

[スペイン]コルドバでロシアで会ったホス友と再会[Spain] Reunion with hostel friend in Cordoba.

Hola! オラ!

マドリードからというスペイン鉄道に乗り、トレドのさらに南コルドバへ行って来ます。

列車のチケットは事前にRenfeのウェブサイトで予約済み。Madrid-Puerta De Atocha駅からCordoba駅まで62.7ユーロでした。結構高い。チケットにQRコードが付いてましたが、念のためホステルで印刷してもらいました。10:00発11:43着、2時間弱の旅です。

アトーチャ駅(Puerta De Atocha)の構内
早く着いたので駅のカフェでクロワッサンとコーヒー

おー。いかにも高速なフォルムの列車。日本でいう新幹線ですね。気分があがります。それなりにお高いのは当然ですね。ちなみにこの列車はコルドバの後セビリアまで行きます。

コルドバに到着しました!ホステルまで徒歩約20分。いかにも迷いそうな小さな路地を地図を確認しながら進みますが、ホステルの入り口に気がつかず一回通り過ぎてしまいました。

コルドバ

今回のホステルはOptionBeHostel、一泊19.31USD。部屋(ドミトリー)は荷物を広げるスペースが殆どなく、ベッドの上で広げるしかありませんでしたが、ベッドは綺麗です。

荷物を置いて近所を散策。スペインではトスターダ(Tostada)というトーストが美味しいと聞いたので、早速小さなお店で見つけて入りました。フレッシュオレンジジュースと合わせて6.9ユーロ。

夜には、ロシアのサンクトペテルブルクのホステルで出会ったクリスに再会!サンクトペテルブルクでは彼は翌日チェックアウトしていったので一日しか会いませんでしたが、スペインで会おうと連絡先を交換していました。クリスのお友達3人とも合流しました。クリスは英語が流暢なのですが、お友達とは私の片言のスペイン語で会話。皆気さくな地方の青年という感じで安心。(ああ、取り忘れて写真が1枚もない。。涙)

クリス曰く、コルドバで一番美味しいトルティーヤのお店Bar Santosに連れて行ってくれました。 トルティーヤはスペイン風オムレツのことで、とは言っても具はじゃがいものみのシンプルな卵料理です。店内のショーケースには、想像の絶する身の詰まったシフォンケーキという感じの丸々としたトルティーヤが。味は素朴で美味しかったです。

人が賑わうバー。

この後、Sojo Riberaという Guadalquivir川の側にあるクラブに行きました。
そう、旅をしていると曜日の感覚がなくなりますが、今日は週末の金曜日なんですよね。

Sojo Ribera

Luis FonsiのDespasitoが流れていて、ダンスフロアでは声を揃えてDes-pa-sito!と皆大盛り上がり!スペインでこの曲を聞くなんてなんだか感無量。皆フレンドリーで優しいし、楽しい〜。最高!

そしてクラブの後は締めのラーメン!ではなくチーズケーキとスムージー。笑。皆で違う種類を分け合いっこしました。

やっぱりクリスに送ってもらえばよかったかなと思いつつ、足早にホステルに帰還。ま、徒歩で5、6分の所なのですが。皆を起こさない様にメイク落としと歯磨きをしてそろりとベッドへ入りました。

明日は、これまたイスラムとキリストが混ざり合う歴史的建造物メスキータに行ってきます。朝8時半〜10時の間は無料で入れるらしいので、頑張って起きます。