[ウクライナ]最終日:S or M? [Ukraine]S or M?

ドーブルィ デーニ!(ウクライナ語でこんにちはの意味)

今日はリヴィヴの最終日。なんやかんや居心地が良くてこの小さな街に8日間も滞在したのだけれど、ここでシティウォーキングツアーに参加することに。

参加したのはここの旧市街ツアー。https://freewalkingtour.com/lviv/old-town-lviv/

11時、ミーティングポイントのリノック広場のネプチューンの噴水で集合。ガイドから、リヴィヴは400年の間ポーランドだったことが説明されたうえでツアーのスタートです。

広場に面した建物。

まずリノック広場の建物。昔、この広場では「3つの窓ルール」があり、各階窓は3つまで。それ以上つけると高額の税金が取られたそう。3つ以上の窓を持てるのは聖職者やお金持ちに限られていたそうです。理由は、ここで商売をしている商人達は、広場に面した窓際に商品を陳列しており、公平性を保つためにこのルールがあったのだそう。上の写真、右側の家は窓が3つだけどその隣の家は4つありますね。このルールが撤廃された後は2世帯つなげて6つの窓にした家もあります。
広場を歩く時に、当時に思いを馳せながら見上げ絵てみると面白いかもです。

市庁舎

市庁舎には時計台があり住民に時刻を知らせていましたが、過去に一度壊れた時には修理の間、修道院から男性が来てトランペットを吹き時刻を知らせたそうです。
この市庁舎の頂上からはリヴィヴの街が一望できます(有料)。私は登りませんでしたが。

これはビアレストランで見つけた、トランペットの楽譜。
1735年から続く薬局。今も現役です。
ドミニカ教会

ドミニカ教会に来ました。リヴィヴの主な宗教はギリシャ正教だそうです。ドミニカ教会は、元々はカトリック教会として建てられたが現在はギリシャ正教の教会になっています。宗教を禁じていたロシア時代には無宗教博物館として利用されていたそう。そういえばキエフにも全く同じ境遇の教会がありました。
ちなみにリヴィヴでは、クリスマスを12月25日とギリシャ正教やウクライナ正教のクリスマスである1月7日の2回、祝うそうです!クリスマスシーズンのリヴィヴも素敵だろうなあ。

ボイム礼拝堂

ボイム礼拝堂。注目は上です上。首が痛くなる感じで頑張って見上げてみると。

座るイエス・キリスト

なんとキリストが十字架の前で腰を下ろして座ってる!なんだか考える人みたいになってます。笑。
座っているキリスト像は世界でも珍しいとか。

アルメニア教会
レーオポルト・フォン・ザッハー=マーゾッホの銅像

そしてこの方、マーゾッホさんです。誰。。
レーオポルト・フォン・ザッハー=マーゾッホ (Leopold Ritter von Sacher Masoch)は、マゾの語源になった人です。そう、S&MのMの方ですね。まさかウクライナでマゾに出会うとは。こういう思いがけない出会いがあると一気にテンションが上がる私。
ガイドが「実はマゾが着ているズボンのポケットには秘密があるのです。誰か確かめてみたい人ー!」の呼びかけに迷わず手を挙げ、言われるがままにズボンのポケットに手を入れてみると。。え、ん?ああ!そっかそっか。思わず顔がにやける。何があったかは多分ご想像の通りです。笑。

小説家のマゾッホは、ある情婦の奴隷となり自身のファンタジー(妄想)を叶えていたらしいです。Masoch-cafeというこのカフェではマゾ体験ができるそうなので、興味ある方はどうぞ。私は彼の代表作「毛皮の着たヴィーナス」を読んでみたいと思いました。

夜はホス友とPravda Beer Theatreでビールを一杯。広場に面した人気のこのビアバーでは、連日生演奏があり賑わっています。

オリジナルビールの風刺のきいたラベルが笑えます。

はあ、リヴィヴ楽しかったなあ。15日滞在したウクライナともお別れです。

明日はいよいよベラルーシのミンスクへ向かいます。ちょうど夏休みで帰省しているという元同僚のベラルーシ人の友人と合流します。
ベラルーシは、空路入りのアライバルビザでわずか5日間しか滞在が認められていなかったのですが、なんとつい一週間前位にビザの要件が改定され、最長30日滞在出来るようになったのです。嬉しい。また世界が近くなりました。

[ウクライナ]リヴィヴ:ヘルメットかぶってコーヒーどうぞ[Ukraine] Lviv: Wear a helmet and have Coffee.

ドーブルィ デーニ!(ウクライナ語でこんにちはの意味)

カフェ文化のあるリヴィヴには、可愛いカフェや歴史香る老舗などよりどりみどりのお店があります。

だけど今日のカフェはちょっと違うのです。
ホステルで出会った、私をカザフスタン人と思っていたカザフスタン人の子と、そして別のホステルに泊まっているブラジルの友達と3人で行ってきました。

お店の名前は、Lvivska Kopalnya Kavy Coffee Manufacture

お店に入ると、地下へ案内されました。暗いです。

ヘルメットを渡され、お目当てのコーヒーを注文。

ヘルメットの謎は。。

熱く燃え盛るコーヒー!!

お値段は50フリヴニャ(約220円)。

次に向かったのは、チョコレート屋さん。

屋上のテラス席でまったり。

ホス友の友達の友達と合流するために広場へ。

何やら大きなビデオカメラを担いだ人がいて何かの(映画かな?)の撮影をしていました。

皆と合流。私もビールを一杯頂きました。38フリヴニャ(約160円)。安。

すると急に土砂降りの雨が。さっきまで晴れていたのに。

撮影クルーも雨上がり待ち

やっと雨が上がると、店を出てまた皆で目的もなく街歩き。
ライオンの街とも言われるリヴィヴのライオン達をご紹介。

銀行

明日はいよいよウクライナ最終日です。
皆に勧められたので、最後にシティウォーキングツアーに参加してこようと思っています。

[ウクライナ]リヴィヴ:ウクライナにもあったユダヤ人の歴史。そして豚肉最高! [Ukraine] History of Jewish in Lviv, Ukraine.

ドーブルィ デーニ!(ウクライナ語でこんにちはの意味)

ホス友達とご飯を食べに行くことに。何やら豚肉のリブが美味しいところらしい。
そこはArsenal Restaurant。古い歴史があるそうで、建物も雰囲気あります。

既に行列できていました。

人気店なのね。お店の前には既に行列ができていて、私達もウェイティングリストに名前を書いて並びます。

店内に入ると、大量のリブが乗ったグリルがぐるぐる回っていて、香ばしい匂いが!

薪で焼いているようです。
この手洗い場も昔からのものだそうです。
ホス友。フランスの元陸軍兵士(左)。アメリカ人のバックパッカー(右)。

手も洗ったし、エプロンもして準備オッケー。

リブきたー!

手づかみでかぶりつきます。香ばしくてジューシーで最高〜!柔らかくてソースも2種類あって、あっという間に平らげました。
少し街を歩くことに。この明るさでちなみに今、夜の8時です。

やってきたのは、Golden Rose Synagogueという、ウクライナ最古のシナゴーグ。シナゴーグとはユダヤ教のお寺のことです。

1942年にナチスによって破壊されたと記されています。

ここはユダヤ人居住区だった場所で、第二次世界大戦時には、ナチスによる残虐な行為が行われたそうです。
ウクライナに来てここでもか、とナチスの勢力範囲の広さに愕然とします。

旧ソビエトとは思えないヨーローッパ感満載のリヴィヴの街ですが、それは、過去に何度かポーランド領だった時代があったからだそうです。納得。第二次世界大戦後はソビエト領、その後ウクライナとして独立、現在に至ります。

慰霊碑の上に石を置いて慰霊をするそうです。

こうやって石を置いて慰霊するんだよ、とフランス人のホス友に促され、私もひとつの石ころを置いて目を閉じました。彼はポーランドとフランスのハーフだと話してくれました。

リヴィヴでは、数年前からユダヤ人の歴史を残そうという動きがあり、ここの慰霊碑もその活動の一環でできたそうです。

城壁

城壁内に1つ、外に1つのユダヤ地区があったそうです。

門の床には木が敷き詰められています(下写真)。これ、どこかで見たことあるけどどこだっけ。。

わかった、ルーマニアだ。下は写真はルーマニアのブカレストで撮ったものです。似てますよね。

日差しもだいぶ優しくなってきましたが、子供達は噴水で水遊びをしていました。

水遊びをする子供達。

そして、大人はサルサダンス(笑)。

路上サルサレッスン!

広場でサルサを踊っている人達がいたので、迷わず私も飛び入り参加。キエフでも踊っている人達いたけどウクライナで流行っているのかな。

この後、他のホス友達とも合流しジャズバーに行きました。

通りにいた、これはヴァレーニキという水餃子に似たウクライナの食べ物。を被った人。
あ、振り向いた。。ハ、ハーイ。

通りから路地に入った所にあるジャズバー。

今日は久しぶりの大人な日を過ごしました。

[ウクライナ]リヴィヴ: 猫カフェ[Ukraine] Lviv: Cat cafe.

ドーブルィ デーニ!(ウクライナ語でこんにちはの意味)

犬はここで待機。笑。

中に入ると、いました〜!猫!

垂れ下がっていた手に触れる
ランチも美味しかったです。

久しぶりに猫に癒された帰り道、ゴミ箱の上に横たわるぬいぐるみが。切ない。

リノック広場 Rynok Square。金曜日だからか、いつもにも増して賑わっています。

ドミニコ聖堂 Domenico Cathedral
まだ明るいですが、夜9時半です。

通りにはストリートミュージシャンも。

バスローブ集団が。笑。

バスローブを着た男性たちは、きっとバチェラーパーティのグループですね。笑。

10時前になってやっと、夜らしく暗くなってきました。

[ウクライナ]リヴィヴ: 今日はお墓観光だよ!って。。 [Ukraine] The world most beautiful cemetery Lychakiv Cemetery

ドーブルィ デーニ!(ウクライナ語でこんにちはの意味)

ここ、世界遺産の街リヴィヴでの観光で有名なものに、墓地があります。そうお墓。沖縄でいうと識名霊園が観光地になったみたいな?なんでも世界一美しい墓地と言われているそうです。

ホステルから徒歩30分。歩いていける所って好き。

Bernardine Church

お。なんかいい感じの教会。道中にあったローマカトリック教会。Bernardine Churchというそうです。けして派手ではない、重みのある雰囲気でした。

絵画みたい。

中に入ってみました。(無料)

らせん階段て何だか惹きつけられます。でもよく見ると先がない。。まさか天国への階段?
こんな可愛らしい教会も。

リチャキフ墓地に着きました。結構人がいます。チケット売り場で入場券を購入。30フリヴニャ。日本円で約123円て、ウクライナはやっぱりリーズナブルです。

かなり広そうです。

どこから進んだら良いのかわからないので、適当に進みます。

お花が綺麗

なるほど、皆個性的です。

ライオンが横たわっている
向こうの白い天使?も目をひきますね。
この方は音楽家でしょうね。
沢山のキャンドルが捧げられていました。

ひときわ多くのキャンドルで賑わうここは、有名な方のお墓らしく、ツアーグループがガイドさんからの説明を聞いていて、時折へえ〜と言っていました(多分)。残念ながらウクライナ語’(多分)だったので私には理解できず。。

後で調べると、Maria Konopnickaというポーランド人の作家で、女性の権利やポーランド独立のために戦った人のお墓でした。

Wikipediaより
これもすごいです。。

リチャキフ墓地は、ローマカトリック、プロテスタント、正教、ユダヤ教など、様々な人々が眠っているそうです。

広すぎて全部は周れませんでしたが、散歩がてらにも面白かったです。

この後30分程歩いて、ハイキャッスルというリヴィヴの街が一望できる場所に行ってみました。

ゆるい坂道を歩きます。
圧迫感満載の鉄塔。

途中、圧倒的な高さでそびえ立つ鉄塔を横目にし、先を行きます。

到着しました!さっきの鉄塔が見えます。

ハイキャッスルといってもお城の跡が残っているだけのようです。

街が一望できます。

こういう所ってどうしても人が映っちゃいますよね。私は始めの1分位待って、気にせず撮りますが。(だからこんなに毎日写真撮ってるにも関わらず技術が一向に上がらない、のだということはわかっています。)

時計を見るともう3時。そりゃあお腹空きました。旧市街に戻り、いい感じのカフェが並ぶ通りを物色していると、ラーメンが!しかも私の好きな味噌ラーメンがあるではないか!ちょっとお高め(といっても113フリヴニャ=460円)だけど、えいっと注文。

miso ramen 奥のカプチーノは36フリヴニャ(約148円)

石畳の通りに面したテラス席もいい感じです。

味は、まあこんなもんか、ウクライナだしねうんうん、という感じ。深みはないけれど美味しかったです。ちなみにこのカフェ、ハンバーガーがメインのようで、後で合流したホス友でアメリカ人のデイブは、ハンバーガーは美味しかったよと言っていました。アメリカ人が言うから間違いない。

カフェDelicateka https://www.facebook.com/delicateka/

明日は何しようかなあ。。