[Iran]寝台列車でシラーズからテヘランへ[Iran] Sleeper train from Shiraz to Tehran.

サラーム。イラン滞在もあとわずかです。シラーズからテヘランへ戻るのに、寝台列車を利用しました。

チケットは、ホステルにお願いしてネットで予約してもらいました。Shiraz→Tehranまで料金700,000リアル(=70,000トマン=1280円)。約15時間の旅です。

シラーズ駅

入り口で荷物検査とパスポートを提示します。なぜかこの後、別室に呼ばれてパスポートを確認されました。何を確認されたのかよく分かりませんが、すぐにオッケーをもらい無事駅構内に入れました。

予定通り19:05発です。ゲートで予約票を提示します。
テヘラン行き。

ちなみに、持っている袋の中身は列車の中で食べようと思って駅で買ったスナック。

お、綺麗。

4人部屋のコンパートメントです。それぞれの座席にはちょっとしたお菓子とペットボトルの水、インスタントコーヒーが付いていました。椅子の上方には電源コンセントと読書灯もあります。

二人のイラン人男性と同室でした。

二人のイラン人男性と一緒でした。奥の男性はエンジニア系の仕事をしており婚約者がいて、手前の男性は高校の体育教師で、独身だと言っていました。左はおなじみ旅友のハナ。

発車して間もなく車掌さんがやってきて、この席で問題ないか聞かれました。はじめどういう意味なのか分かりませんでしたが、どうも隣の部屋の若い女性達が、男性と同じ部屋は嫌なので変えて欲しいと言っていた様で、ついでに私達にも確認してくれていた様です。同室の先生(笑)によると、宗教上男性と同じ部屋になることを躊躇する女性がいるそうです。

確かに、この列車は寝台車なので一緒の部屋はまずいかもですね。なるほど。

食堂車もあります。

しきりに落ちてくるヘッドスカーフを直す私を見て、先生がここでは被らなくて大丈夫だよと言ってくれましたが、周りの女性は被っているので一応ここは被っておきました。
それにしても、イランの女性達なんでスカーフ落ちてこないの。イランの女性がスカーフを直しているのなんて殆ど見たことがありません。頭の動きが違うのだろうか。。日本で着物を着るとすり足で歩く様に、ふるまいが違うのだろうか。頭があまり動いていないとか?

夕食は先生がおごってくれました。先生、ご馳走様でした!

ハナと私は上段のベッド。

シーツや枕カバーは、クリーニング袋に入ったまま配られるので清潔安心。
先生が私たち二人のベッドメイキングまでしてくれました。
そして、はい、おやすみの挨拶〜!っと先生の号令で消灯。ってなんか修学旅行みたい。笑。

途中停車したSafa Shahr駅。

途中のSafa Shahr駅で、お祈りの時間ということで、20分位の停車がありました。駅内にちゃんとお祈りの部屋があるんですね。私たちも気分転換に降りて休憩。
そうそう、知らなかったのですが、イランでは、高校まで男女別々の学校に行くらしく、大学で初めて共学になるそうです。ちなみに、先生の学校は男子校だそう。

テヘラン駅に到着。
ここで二人とはお別れです。

15時間の長旅でしたが、ベッドも快適で、よく眠れました。イランの寝台車なかなか良いです。

おまけ

イランでのバックパッカースタイルはこうなります。

バックパッカー in イラン
  • 髪を隠すヘッドスカーフ(外国人旅行者でも宗教に関わらず被ることが求められます。)緑のスカーフはテヘランで買いました。
  • 長袖、長ズボン
  • 身体の線を隠すため、持っていたスカーフを腰に巻いています
  • これはどの国でも同じスニーカー(イランの女性達は、サンダルなど足指が出たものを履いている人もいました)

[イラン]シラーズ:もうひとつのピンク、そしてサプラーイズ![Iran] Shiraz: Another Pink and surprise!

サラーム。今日はシラーズにあるもうひとつのピンク、Maharloo湖です。ホス友(ホステル友達)の中国人のナイスガイ達と行ってきました。ドライバー兼ガイドは、昨日と同じMasoudさん。
Masoudさんはいつも笑顔の優しいガイドさん。英語ができて、説明も分かりやすくておすすめです。

Masoudさんからもらった名刺

ピンクは突如現れました。

塩湖で、夏の終わりまでに段々と水が蒸発することによって、塩の濃度が上がりピンク色になるそうです。そして秋頃からは白くなるらしいです。今日は6月2日ですが、綺麗なピンクでした。

岩から滲み出た塩でしょうか。
3人は中国人の旅人です。
塩の山。採集のためのトラックがありました。
今日もやっぱりスイカで休憩。白い容器には手洗い用の水が入っています。気がきくMasoudさん。

サプライズ

夕飯は、ホス友皆でレストランへ。
注文を終えテーブルで待っていると、びっくり!サプライズで誕生日を祝ってくれました。

誕生日の歌を歌ってくれているのは、日本にも留学していたことがあるエストニア人のハナです。昨日、私が明日で⚪︎⚪︎歳になると言うと、絶対ウソと信じてもらえませんでしたが(笑)、彼女が中心になって皆と計画してくれた様です。涙が出そうになるのを、必死に笑顔で堪えていました。「何歳になった?」というハナの質問も笑顔でスルー。笑。

まさかイランで誕生日を迎える日がくるとは、人生分からないものですね。
自分の家族や友達はいないけど、人種も国籍も全く違うけど縁あって時間を共にした旅仲間がいる。彼らの過去も未来も分からないけど、一緒に楽しく過ごす時間がある。わあ。なんだこれ。考えれば考えるほどしみじみ驚く。。。

今日もいい日でした。

[イラン]シラーズ:ペルセポリス遺跡とバックギャモンの戦い[Iran]Shiraz: Persepolis and Backgammon!

サラーム。朝ピンクモスクに行った後、ホステル仲間とタクシーを貸し切り、ペルセポリス遺跡に行ってきました。

ペルセポリス (Persepolis)とは、アケメネス朝ペルシア帝国の都で、ダレイオス1世(ダーラヤーウ1世)が紀元前520年頃から建設した宮殿群です。(Wikipediaより引用)

ヨルダンのペトラ、シリアのパルミラ、そして今回のイランのペルセポリスは、中東の三大遺跡と言われているそうです。

ナクシェ・ロスタム

ナクシェ・ロスタム

ペルセポリスに行く前に、ナクシェ・ロスタムという、アケメネス朝の王様のお墓に寄りました。ヨルダンのペトラ遺跡で見た王墓を思い出させます。外からも全景が見られるので、中には入りませんでした。

途中、ドライバー兼ガイドのMadoudさん持ってきてくれたスイカで休憩。

ペルセポリス遺跡

入り口でセキュリティチェックを受けます。大きなバックパックなどは持ち込み禁止です。私は小さめのバッグだけ持っていきました。

階段にいたトカゲ

セキュリティを通り、大階段を上った先で、VRを見るためのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が借りられます。この装置を覗くと、VRで当時の様子が再現されて、まるでそこにいる様な体験ができます。

この装置で当時の様子が見られます。
正門のクセルクセス門
ライオンの大きな爪ががっしりと牛を捕らえています。
思わずたじろぐ程の鋭い目と爪。
外国の国々の使者。ペルシャ帝国の力を示しています。
謁見の間

ペルセポリスは結構破壊されているのですが、その理由は、ギリシャのアレクサンドロス大王がアケメネス朝(ペルシャ帝国)を征服した際に、火を放って破壊したからだそうです。アレクサンドロス大王って、確かエジプトの地中海に面したアレキサンドリアまでも征服した王だったっけ。エジプトや中東まで勢力を広げたギリシャの力を感じます。

破壊といえば、中東の三大遺跡のひとつであるシリアのパルミラ遺跡は、最近ISイスラム国によって破壊され、博物館からは貴重な収蔵物が盗まれたというニュースを思い出しました。この悲しい出来事も、これまでの歴史の様に、未来の歴史に刻まれるのだと思うと、人が「征服し征服され」を繰り返す歴史は、今も変わっていないのか、とやりきれない気持ちになります。

双頭鷲像(Zoomorphic Griffin)
上の王墓まで登ります。

上の王墓までの道はあまり整備されておらず、足元が不安定で、砂で滑りやすくなっています。くれぐれも歩きやすい靴を履いていった方が良いです。

アルタクセルクセス2世の墓

可愛くドレスアップしていた女の子
帰り道、夕日が綺麗でした。

ビックギャモン

宿に戻ると、ビックギャモンというゲームで盛り上がりました。ビックギャモンとは、中東発祥のボードゲームで、サイコロを振り勝ち進めていきます。

右の女性はホステルのスタッフ。シラーズサラダを作りながら、観戦しています。
そして参戦。笑。

おまけ

夜の街で、小さな可愛いコーヒーショップを見つけました。美味しかったです。
Ba Ma Cafe

シラーズでの宿

今回泊まったのは、Taha Hostelです。1泊8,5ユーロ(約1,090円)。朝食付きで美味しかったです。
スタッフが皆フレンドリーで優しかったです。上の写真の様に中庭に共有スペースがあって、ゆっくりできます。私の部屋は本館にあったのですが、近くに別館もあり、別館に泊まった人によると、部屋は悪くない様ですが、フロントや朝食を取る共有スペースがある本館の方が何かと便利で良いと言っていました。

延泊したのですが、ドミトリーが満室ということで、特別にシングルのプライベートルームに泊まらせてくれました。ラッキー。

[イラン]シラーズ:ピンクモスク[Iran]Shiraz: Pink Mosque

サラーム。イスファハーンからバスで約6時間。

シラーズにやってきました!

シラーズといえばピンクモスクが有名です。ピンクのモスクって聞いただけでテンション上がります。

朝日の時間が綺麗と聞いていたので、早起きして出掛けました。8時前に到着。

壁にはピンクの花々が描かれていて、今までみたモスクとは全く違います。

壮観。の一言。
薔薇の花が描かれているので、ローズモスクとも言われているそうです。
この建物はなんだろう。。

でも、ピンクモスクと言わしめるのはこれではありません。朝日に照らされた窓が部屋をピンクに染めるというのです。

ってことは、今太陽はそっちにあるから、きっとこっち側の部屋だ。

その部屋に入ると、すでに何名か観光客がいました。まだ少し薄暗く、優しい光の中に静寂が広がっていました。絨毯が敷かれた床に座り、刻々と変わるステンドグラスを見つめます。

刻々と変わるステンドグラスを見つめます。

そしてついに!


まるで万華鏡の天井。
部屋の隅にあった(多分)コーラン。背表紙がほんのりピンクでした。

刻々と変わる景色をただただ見つめて、結局30分以上いました。

記念にハナとセルフィー。ちなみに、被っているのは、ヨルダンで買ったヒジャブです。

紫やピンク、赤か好きな私にとって、大好きなモスクとなりました。

ちなみに、ピンクモスクとは通称で、正式名称はナスィーロル・モルク・モスク(Nasir-ol-molk Mosque)といいます。カジャール朝の時代、1888年に建てられたそうです。

ピンクモスクには、なるべく早めに行って、静寂の中で眺めることをお勧めします。また、朝日の差す部屋は意外に小さいので、綺麗な写真を撮りたい方は場所を確保しておいた方がいいです。私たちが出た時、ちょうど入れ違いでツアーの団体客が入ってきました。ほっ。

シラーズまで行く価値大ありです!