[ヨルダン](今さら)聖書って実話なんですか?[Jordan]Is the bible nonfiction?

サラーム。

今日は、ホス友(ホステル友達)4名でタクシーを貸し切り、一日ツアーに行きます。一人20ディナール(約3100円)。行き先は、マダバ、ネボ山、べサニー洗礼所、最後に死海です。さて、死海で浮くのか。

マダバに到着。ビザンチン朝やウマイヤ朝のモザイクの街として知られている所で、エルサレムとパレスチナのモザイク地図が有名だそうです。

これは有名なモザイク地図。6世紀頃のものだそうです。

 

次にネボ山です。

ネボ山は、旧約聖書の中で、預言者モーゼが、イスラエルの民に与えらえたという約束の地(エルサレム)を見渡した場所と言われていて、モーセが埋葬されている場所でもあります。この向こう側は、エルサレムやベツレヘムです。この後イスラエルに行くのですが、どんな国なんだろう。。

次はべサニー洗礼所へ向かいます。途中スイカを売っているのをよく見かけました。

ちょうどスイカの季節が始まったばかりだそうです。
羊飼い

べサニー洗礼所

べサニー洗礼所は、預言者ヨハネによって、イエスが洗礼を受けた場所だそうです。アラビア語ではアル=マグタス(Al-Maghtas,)。

ここが洗礼を受けたとされる場所です。
遊歩道には日よけがあり助かりました。

下の写真、川に2本ロープが張られているのが見えると思いますが、手前はヨルダン、向こう側はイスラエルです。イスラエル側には、白装束の巡礼に来たキリスト教信者の方が大勢いて、胸の前で十字を切り、何やら唱えながら入水していました。

私達のいるヨルダン側はほぼ観光客で、水に入る人はおらず、イスラエル側とうは対称的な光景でした。

お土産屋さんに売っていた聖水

最後は死海です。アンマンビーチに来ました。入場料は18ディナール(約2800円)。すぐ隣には、これより安い(確か12ディナール位だったかな?)公共ビーチがあるのですが、そこではビキニなどでは入れないそうで、いや、入れはするのですが、その場合地元の人(男性)の視線がかなり気になるらしいです。やっぱりムスリムの国なので、肌の露出はダメみたいです。結局、皆で相談して、少し割高だけど、更衣室やプールもあるアンマンビーチに行くことに。

死海

そしてー、ヨルダンご言えば死海、死海といえば浮く!ということで、恐る恐る水に足を入れます。へ、何この感じ?ヌルヌルする。塩分が強すぎて皮膚が溶けてる?特に痛いとか刺激はないのですが(傷口などがあるとヒリヒリしたりするらしいです)、見た目は普通の海なのに、感触がクリーミーなのです。これは予想外。不思議です。

でー恐々横になってみたら浮いたー!普通海ではできないポーズです。ってことはやっぱり浮いてる。奥にいる人はうつぶせで浮いています。

もっと浮いていたかったのですが、長過ぎると皮膚に悪そうなので、10分位で出ました。有名な泥パックもありましたが、高かったのでやめました。

ビーチ内にあるプールでしばらく泳いだりして、帰路へ。

ちなみに、シャワーと更衣室があるのですが、壊れていたり清掃がされてらず、綺麗とは程遠かったので、ササっと着替えだけ済ませました。

ホステルに戻って、皆で夕飯に出掛けました。

そして、いい感じのバーが立ち並ぶレインボー通りのバーで、アンマンの夜景を見ながら一杯。

文字通り一杯で終わりました。だってこのカクテル10ディナール(約1560円)もしたんです!

ヘラクレス神殿がライトアップされています。

今日のツアーでは、主に旧約聖書にまつわる所を回りました。ここからモーゼがエルサレムを見下ろしてさ、ここでイエスが洗礼を受けたんだ、とか説明されましたが、私の頭の中ではずっとひとつの疑問が。聖書って実話だったの?イエスは実在したってこと?

これについては、こんな聖地のど真ん中でガイドさんに聞くのもためらわれたので、とりあえず話を聞いてみようじゃないか、というスタンスで聞いていましたが、やっぱり素朴な疑問です。実際どうなんでしょうか。

おやすみなさい。

 

 

[ヨルダン] 中国人に間違われて怒られた [Jordan] The old lady thought I was Chinese and was mad.

サラーム。

今日のミッションは、明日死海に行くので、水着を買いに行くことです。

イスラムの国で水着を買うのは、賢い選択ではないのは分かっていますが、死海に行くからにはやっぱり泳ぎたい(浮きたい)。いや、水着日本から持ってきていたのですが、インドで水着を無くしたっていう子にあげました。そんなにお気に入りってわけでもなかったので、もらってくれて助かったのですが。その後新しいのを買おう買おうと思いつつ、インドにも水着ってあまり売ってなかったんですよね。なので買えないままヨルダンまで来たという次第です。

街中で水着屋さんなんて見かけなかったので、ホステルのスタッフに聞いて、スポーツ店に行けばいいよと言われ、教えてもらったお店に行きました。

選択肢がほぼない中、サイズもピッタリな水着を無事購入。22、5ディナール(約3500円)。

そのあとブラブラしていると、モールがあったので入ってみました。ほぼ観光客ゼロ。地元の人達でいっぱいです。

こんなセクシーな洋服屋さんもあります。地元の子達はこれをどこで着ているんだろう?まさか、あの黒いガウンの内側はこれ?この写真よりも、お腹や背中が大きく露出している服がたくさん売られていました。

可愛い帽子屋さんを見つけました。ヒジャブ?スカーフ?ムスリムの女性達がかぶっているものだと思いますが、おしゃれでモダンな感じです。

選び方が分からないので、お店のお兄さんに聞きながら何枚か試してみました。そして紺色の帽子を購入。人生初のヒジャブ。嬉しい。

面白かったので、お店の写真を撮って良いかお兄さんに聞くと快くオッケー。写真を撮っていると、いきなり、店内に座っていた年配の女性が、私に大声で何か言っています。え?怒ってる?私が撮っていた写真に写ることを嫌がっているのかと思ったので、お店と帽子の写真を撮っているだけで、あなたは写真に入っていませんよ、と撮った写真を見せましたが、まだ怒りが収まらない様子。

店員のお兄さんが何か言ってなだめていますが、女性は納得がいかない様子。

お兄さんに事情を聴くと、その女性は私は中国人かと聞いている様です。日本人だと伝えるも、本当か?中国人じゃないのか、と言ってきます。本当に日本人だと言って、ここの帽子が気に入ったから買って、お店を写真を撮っているだけだというと、やっと納得した様で、手のひらを返した様に急に笑顔になりました。

店のお兄さんのカタコト英語の説明によると、その女性は、私が中国人で、コピー商品を作って販売する為に写真を撮っているのだと思ったらしいです。

にしても、店員の彼がオッケーって言っているから彼女には関係ないでしょ、とムカつきましたが、ここは抑え笑顔で収めました。

しばらくモール内を歩いていると、ある店先にいた男性がお茶を飲んでいきなさいと言ってくれたので、ひとしきりお喋りしました。彼が接客する様子を見ていると、売り物のジーンズを床に広げて見せています。びっくりしましたが、ここでは普通みたいで、お客さんの方も、床に置かれた服を見て、思案している様子。

さっきのおばちゃんにはびっくりしましたが、仮に私が中国人だとして、いや、何人だとしても、事情も分からない人に対して思い込みで怒鳴るのはちょっとね、と思います。彼女がどんな経験をしてきた人なのか分かりませんが、先入観とか、偏見は、無用な衝突や嫌な感情を生むのだと思います。

こんなの時間の無駄だし、お互いハッピーじゃないですよね。

明日は一日観光なので、早めに寝ます。おやすみなさい。

[ヨルダン]ペトラ遺跡 [Jordan]Petra

サラーム。

早朝4時半起き。気温16℃。少し肌寒いですが、ペトラへ行ってきます。ペトラ行きのバス会社までは距離があるので、予め前日にタクシーを予約しておきました。バスもスタッフにお願いして電話で予約済みです。

なのに。。バス会社の窓口に行ったら予約されていないと言う。ホテルの名前と日本人一人ということで予約しているからと言われていたので、そう伝えるも、そんなことは聞いてないと冷たく言い放ちやがった。この女性の態度ムカつくー。確認するためホステルに電話すると、昨日とは違うスタッフでしたが、すぐに昨日の担当者が電話をくれました。事情を説明し、バス会社のスタッフ(さっきのムカつく女性とは違う男性)と直接話してもらいました。結果OK。ふぅ。何だったんださっきのは。予約はちゃんとあったらしい。

6時半にアンマンを出発、帰りペトラからは午後5時出発です。往復18ディナール(約2800円)。JETTバス(http://jett.com.jo)を利用しました。

JETTバス
途中トイレ休憩でサービスエリアへ 

約3時間半後、ペトラに到着しました。

入場料は50ディナール。なんと約7800円!ひい、高い。聞いてたけどね。なんでも世界一高い遺跡と言われているらしいです。その価値はあると信じて。クレジットカードでも払えるみたいです。

ちなみに、ヨルダンパス(70ディナールからあり)を持っていると、ペトラの入場料が無料になる他、多くの観光地で割引があります。入国前に購入しておけば、ビザ代が無料になるということで、持っている人も結構いましたが、日本人はそもそもビザ代が無料なので、行く場所の数等にもよりますが、お得感がいまいちよく分からなかったので、購入しませんでした。

ヨルダンパスの詳細はこちら<https://jordanpass.jo/Default.aspx>

遺跡内のいくつかのコースとその所要時間の目安が書いてあります。

ペトラとは、1世紀当時、アラビア付近の貿易を独占していたナバテア人の王の墳墓として造られた古代遺跡で、キャラバン隊の中継地点だったそうです。

この様な、シークと言われる渓谷をひたすら進みます。

 

これは水路かな?

ペトラは、紀元前、スパイスの貿易等、古代ナバテア人の有力都市として栄えた場所で、優れた治水システムも持っていたそうです。上の水路はその跡なんでしょうね。

魚?でもこの岩巨大なんです。左下の女性と比べてみてください。

すごいー!こういうのを見ると、地球って生きていた、生きているって感じます。

すると、見えてきたー!

見えてきた!あれだよねきっと。ドキドキしてきた。

ダダーン!

宝物殿(エル・カズネ) 幅 30 m、高さ 43 m。

(目一杯上を見上げて)わぁ。高すぎて首が痛くなる程です。岩山の合間の道をずーっと歩いて後、急に視界が開けて現れる様は圧巻です。

しばらく見ていましたが、ラクダの客引きからの声掛けや人が多いので、先を進みます。というか、暑い。今朝は肌寒かった位なのに、やっぱり砂漠は暑い。しかも日陰があまりありません。

馬が日陰で休んでいます

お土産屋さんにいたネコ
この上にアーン王のお墓があります。
アーン王のお墓
お墓の内部です。岩肌の模様が不思議。
アーン王のお墓からは開けた景色が広がります。

アーン王のお墓を後にし、まだまだ先に進みます。

カルス・アル・ビント

このまだ先に、ペトラ遺跡のもう一つのハイライトともいえる、エド・ディルという修道院があるのですが、正直疲れてきたので、諦めました。歩いていると、またラクダ乗り声を掛けられたので、ノーマネーと言って断ると、ビザ(カード)もオッケーだよーと言われました。笑。

途中にあったレストランで、冷たいコーラを飲みしばし休憩、もう一回修道院まで行こうか迷いましたが、やっぱり戻ることにしました。

それにしても、日本ではほとんど飲まないコーラですが、こういう暑さの時はコーラが飲みたくなるんですよね。シュワシュワとあの甘さを体が求めるのです。

入口まで戻ってきましたが、バスの時間までまだあるので、カフェで一休み。バスに乗り込みインスタグラムを見ていると、なんと、私がフォローしているマキ・コニクソンさんがペトラの写真を載せている!彼女も今日ペトラにいた様です。もしかしてすれ違ったかも。思い起こしてみると、あー、さっき立ち寄ったカフェで見たかも!いや絶対そう。近くのテーブルに、妙に華やかなお姉さま方がいるなあと思っていたのです。妙にファッショナブルというか。その時は日本人か韓国人どっちだろう、くらいに思って見てたのですが。ニアミス。あー、会いたかったなあ。彼女は、芸能人のプロデュースや撮影のコーディネート等をする人で、梨花とか紗栄子も彼女の顧客です。

有名人といえば、私がこの旅で密かに期待していることは、フォローしているトラベルブロガーにどこかで偶然会えたらいいな、ということです。何名かいるのですが、どこかで遭遇できるといいなあ。

アンマンのバス停に着くと、偶然同じホステルの子がいて、タクシーをシェア出来ました。ラッキー。

おやすみなさい。

[ヨルダン]イラク難民のおじ様達にエジプト人に似てるって言われる [Jordan] Iraqi refugee gentlemen said I look like Egyptian?

サラーム。(アラビア語でこんにちは)

今日はアンマン市内を歩いて周りたいと思います。

まずはアンマン城塞へ。入場料3ディナール(約470円)

入口を入るとすぐの所に、ヨルダン国王の写真が掲げられていました。

おー、なんかローマ神殿みたい。それもそのはず、ここはローマ領土だった時代(紀元160年頃)の建物だそうです。

ヘラクレス神殿。小さな花がたくさん咲いていました。

ヘラクレスの巨大な手

元々は巨大なヘラクレス像の一部だったそうです。ヘラクレスとは、ギリシャ神話に出てくる英雄ですね。力持ちだったらしいです。

城塞内にある、Ummayadモスク

次は、これもローマ時代の劇場に向かいます。坂道を下ります。

見えたー!地図では遠回りに道を案内されているけど、近道見っけ!

階段途中で遊んでいた子達。興味深げに私を見てるので、ハローと言って写真撮っていい?と手振りで聞いたら、笑ってこのポーズ。笑。可愛い。

 劇場の中には入りませんでした。(入場有料)

一休みと思い、近くのベンチで座っていたら、おじ様2人に話掛けられて、コーヒーをご馳走してくれました。

二人ともイラクからの難民で、イラク戦争後にヨルダンに来て約20年になるそう。左の彼は、戦争当時陸軍として戦ったそうです。右の彼は考古学者だと言っていました。「サダム・フセインは好きか?」と聞かれ、思わずノーと言ってしまい、あ、まずいと思い慌てて、「いや、フセインもトランプもアベさんも権力者は嫌いだ」と言ったら、笑ってくれました。

フセインの時代のイラクはそれなりに給料も良くて、生活はよかったんだと言っていました。ふーん、そういうものなのか。

そして誰かに似てる!名前なんだっけ。エジプトの女優で。え?エジプト人て、私ニホンジン。。

ググってみると、この人らしいです。うーん、似てる?

今夜友人宅でディナーがあるからと誘ってくれましたが、ホステル友達と約束があるからと、やんわり断りました。ごめんなさい。本当は約束などなかったのですが、ちょっと警戒してしまいました。多分すごく良い人達で、100%善意からの招待だったと思うのですが。。まだヨルダン来たばかりだし。

夕方一旦ホステルに戻って、同室のアメリカ人女性とご飯に出掛けました。途中、道で見つけたミシンのおじさん。彼女が、お気に入りのサンダルのバックルが壊れたと言うので、直してもらいました。

道具箱から、片方と似たようなバックルを探し出し、適当な金具を取り付け、手際よく動いていました。

なんか、物語に出てきそうな絵
ミシンも現役

 

今日も良く歩きました。おやすみなさい。

 

[ヨルダン]初イスラム国はビザ代無料! [Jordan] Visa is for free for my first Muslim country.

サラーム(こんにちは)。

ヨルダンに入りました。初イスラム国です。インド、デリーのインディラ・ガンディー空港から、アラブ首長連邦国のシャルージャ空港を経由、アンマン空港に到着しました。

インドの後、中東のどの国から入ろうか散々迷いましたが、色々調べた結果、ヨルダンから行くことに決めました。

色々調べる必要があった理由は、中東の政治的な状況にあります。渡航歴によっては、入国審査が難しくなったり、場合によっては入国させてもらえないこともあるらしいからです。

調べたのですが、結局は、私はその国で何か悪だくみをしているわけでもないしただの旅行者、犯罪歴もなし、何らかの理由で多少審査が厳しくなったとしても結局は入国させてもらえるだろう、万が一入国できない場合は予定変更して違う国に行けばいい。と考えることにしました。正直、色んな情報があって、調べるのが面倒くさくなりました。あと、インドからヨルダン行きが航空券が安かったのです。さらに、少しでもチケットが安い日に出発するため、数日デリーで過ごす余裕ができたのでした。

ヨルダンのビザは、到着ビザでOKです。しかも、日本人はビザ代無料!良好な関係にあるのですね。こういう時日本人でよかった、と得した気分になります。

空港内で、Simカードも購入するためカウンターを探します。Zainという会社はいくつかのブログで見ていたので、早速列に並びます。

スムーズに順番が進み私の番です。パスポートを提示し、書類に署名をします。8GBで30日有効、16.124ディナール(約2510円)でした。携帯を渡すと、Simカードの入れ替えもアクティベートも全てやってくれます。すぐにネットが繋がり使える様になりました。インドでは翌日にしかアクティベートされなかったのに助かる。ATMで100ディナール(約15000円)を引き出し、再度アンマン市内までの経路を確認してから、空港の外に出ます。

出るとすぐにバスチケット売り場があるので、そこでチケット購入。3,3ディナール(約515円)。

バスから見る街は、予想外に綺麗で、高級そうな住宅も見えます。車も綺麗で、日本と変わりません。頭にスカーフをかぶった女性の運転手を見ると、ムスリムの国に来たことを実感します。

市内のバスターミナルに到着しました。ここから、事前調べでセルビスという乗り合いタクシーがあると聞いたので、近くにいた人に聞きます。学生らしき女の子が親切に指さして教えてくれました。バス停のすぐそばにありました。

早速、運転者らしき人に聞くも、よく伝わらない様で近くにいた若い男性が通訳をしてくれました。彼によると、値段を高く言っているらしく、何度か交渉してくれましたが、普通のタクシーにした方がいいかもと言われました。結局タクシーに乗りましたが、正直乗せられたタクシーも、見た目セルビスとの違いが分からなかったです。料金4ディナール(約620円)。

ホステルにチェックインし、早速街へ散策へ。

街が綺麗。ゴミも落ちていない。ゴミ箱も設置されています。インドから来たせいか、普通の綺麗さに感激します。なんだかこの清潔さに安心します。

シーシャと呼ばれる水タバコもいたる所で売っています。
香水のお店

香水のお店が本当に多かったです。歩いていると、香水のふられた紙を差し出され嗅がされます。笑。リクエストすると、有名ブランドの香水と限りなく近い匂いの香水も調合してくれるらしいです。

キング・フセインモスク

大通りからひとつ入った所に、賑わっているレストランをで、お勧めされたチキンを食べました。全部食べ切れなかったけど美味しかったです。

今回のホステルは、Sydney Hotel シドニーホテル

名前にホテルと付いていますが、ドミトリー部屋もあり、もちろんドミトリーに泊まりました。1泊5ディナール(約780円)

おやすみなさい。