[ルーマニア]バスでルーマニアのブカレストへ [Romania] Bus trip to Bucharest, Romania

ドーバルデン!(ブルガリア語でこんにちは)
今日行くルーマニア語ではブナジウワー!

今日は、ブルガリア最終日。夜にはルーマニアの首都ブカレストへ向かいます。

ホステルの駐車場で見た、黒い物体

こっちを見てる?
ツメでがしっ。澄んだ青い目が可愛い。
手の指全開。笑。
足のぼりにチャレンジ!

ジェンスキ・パザル市場

Zenski pazarに行きました。


ピクルスなどを詰める瓶でしょうか。
とんがり帽子型のトマト

チェリー。これだけ買って100円以下!


ブルガリアからルーマニアへ移動

バスで、ルーマニアの首都ブカレストへ向かいます。
チケットはFlixBusでを購入しました。
23:30 ソフィア(Serdika Bus Station)→6:30ブカレスト(Bucharest Autogara Militari)
5時間の旅です。料金15,48ドル(約1710円)。車内にはWifiがありました。

Ruseという国境で、バスを降りてのパスポートチェックがありました。

Ruse 国境 BULGARIA >>> ROMANIA

早朝6時過ぎ、ブカレスト(Bucharest)のAuto Gara Militariバスステーションに着きました。
新しい国に入る時はいつも緊張します。朝もやの中バスを降りると、小雨が降っていました。ブルッとなりながらバスのトランクから荷物を取ります。

近くにあったATMでとりあえず50レウ(約1350円)を引き出しました。

不安になりながら、少し歩くと、ガソリンスタンドが見えたのでそこのお店に入りました。カプチーノとパンを買い、休憩。温かいカプチーノが沁みます。
カプチーノ7,5レウ(約200円) パン2,5レウ(約67円)

綺麗でモダンなコンビニ。

店長らしき男性が、フレンドリーにハローと話しかけてくれ、駅の場所を聞くと親切に教えてくれました。ソフィアから一緒に来たホス友とはここでお別れです。大きな街には興味がないと言って、彼女はここからバスを乗り換えてブラショフ(Brasov)まで行きます。

私は、Pacii駅から地下鉄に乗り、Piaţa Unirii駅で降りました。Pacii駅はAuto Gara Militariバスステーションのすぐ近くにありました。

今日のホステルは、First Hostel Bucharest 10ユーロ(約1260円)朝食付き。
スタッフは24時間常駐ではないのですが、スタッフにつながる電話が置いてあるので、何かあれば電話で聞くことが出来ます。シティセンターまでは10分から15分程歩きますがお部屋も綺麗でした。

10時からのシティフリーウォーキングツアーに参加することにしました。

フリーウォーキングツアー

参加したのは、Walkabout Free Walking Tour。Piata Unirii Parkが集合場所です。Piata Unirii駅の前にある公園です。

訪問したのは下記の場所です。

  • 聖アントニー教会 St. Anthony’s Church
  • ヴラド・ツェペシュの王宮跡
  • スタヴロポレオス教会 Stavropoleos Convent (Stavropoleos Monastery) 
  • 革命広場 Revolution Spots 
聖アントニー教会 St. Anthony's Church
聖アントニー教会 St. Anthony’s Church
ヴラド3世の王宮跡 Ruins of Vlad’s Citadel

ヴラド3世と聞くと誰?って感じですが、あの吸血鬼ドラキュラのモデルになったワラキア公国の君主だそうです。
実際の彼は、ある意味ドラキュラよりも残酷で、抵抗した者に対しては、棒をお尻から刺し、重力で体が少しずつ下がってくるのを利用して生き殺しにしていたそう。怖すぎる。
でも面白いのは、悪者を次から次へと殺してくれたので、民衆からは賞賛もされていたそう。
フィリピンのドゥテルテ大統領を思い出しました。強気な発言等で物議を醸すお騒がせ大統領という印象ですが、治安改善の為麻薬売買に関与した犯罪者を次から次へと殺してくれたと、国民からは結構感謝されて人気もあるらしいです。

ヴラド3世。
スタヴロポレオス教会 Stavropoleos Convent (Stavropoleos Monastery)

ハヌル・マヌクHanul lui Manuc (Manuc’s Inn)

ルーマニアで最古のホテルで、1808年創立だそうです。
現在はルーマニア料理のレストランになっています。

お店の前には、古い時代の、木で舗装された道が残っていました。

お木で舗装された道路。
革命広場 Revolution Spots

1989年、独裁者チャウセスク大統領に対するクーデターが起きた場所です。
12月21日、チャウセスク大統領を賞賛する集会が一転、反政府による抗議デモに発展し、そのわずか4日後の12月25日に裁判が行われ、その日に夫婦とも銃殺によって処刑されたのです。衝撃的な処刑の映像は世界に放映されました。その頃は何が起きたのか理解していませんでしたが、私も当時ニュースで見た記憶があります。

革命広場と旧共産党本部の建物。
当時、チャウセスクは2階のバルコニーからが演説していたそうです。それが最後の演説になりました。
当時の様子を説明するガイド
Victory Avenueの街角

ツアーも終わり、さっきも行った、ルーマニア最古の旅館&レストラン、ハヌル・マヌクHanul lui Manucに戻ってランチをすることに。
チョルバ・デ・ブルタ (Ciorba de Burta)という牛モツのスープを食べました。ルーマニアもモツ肉を食べるのが意外でした。味は、ニンニクが効いていて、ビネガーが入っているので酸味もあります。正直味はイマイチでした。。

チョルバ・デ・ブルタ (Ciorba de Burta)という牛モツのスープ。

[ブルガリア]ブルガリア正教の総本山リラ修道院とリルスキー洞窟 [Bulgaria] Rila Monastery and Ivan Rilski’s cave

オススメのホステル

今日からホステルを変えました。昨日までのホステルは、共用スペースはビデオゲームをするスタッフに占拠されてるし、雰囲気がいまいちしっくりこなかったので。
今回のホステルは、トルコで会った人がソフィアでお気に入りと勧められた、Hostel Mostelです。1泊22,5レフ(約1450円)。

雰囲気もよく、多くのバックパッカーで活気があります。夜11時には共有スペースが閉まるので、夜は静かに眠れます。
そして、なんと朝食夕食付きで、夕食にはビール1杯付いてきます!私は飲まないので人にあげていましたが。朝食付きはよくありますが、夕食まで付いてくるのは太っ腹。

ドミトリールーム
バニッツァというパン

ブルガリア人の元同僚に勧められた、バニッツアというパン。フェタチーズが入っていて、少しの塩味にしっとりパンで美味しい!これで1.5レフ(約96円)。
お店のおばさんに指差しでこれバニッツア?と聞いて焼きたてをゲットしました。

リラ修道院ツアー

ホステルでやっている、リラ修道院ツアーに参加しました。料金40レフ(約2580円)。
リラ修道院とイワン・リルスキー洞窟に行きます。

リラ修道院とは、ブルガリア正教の総本山で、そのきっかけを作り重要な役割を果たしたのがイワン・リルスキーという人です。

イワン・リルスキーの洞窟

ここで車を降り、洞窟を目指して歩きます。

足元に気をつけながら10分程歩くと、着きました。
ここに、イワン・リルスキー(876〜946年)が、独り、神に近づくために修道士として生活していた洞窟があります。リルスキーは、元々は羊飼いだったそうですが、ある頃から世俗に疲れ、両親から譲り受けた財産を全て恵まれない者に譲り、一人入山し修業する様になったそうです。しかも死ぬまで!その間数々の奇跡を起こし、賛同し後に続いた教え子達が、近くにリラ修道院を建設し、それが現在のブルガリア正教の総本山になったそうです。

教会は閉まっており中には入れませんでした。

小さな教会の横の階段を上ると、洞窟の入り口があります。

当たり前ですが、中は真っ暗。携帯電話の灯りを頼りに進みます。
リルスキーは、こんな狭い所で12年もの間、たった独りで過ごしたそうです。もしかすると、ここは屋根があるだけましかも知れません。なぜなら、洞窟生活の後も、山中の木の穴で過ごしたり、たどり着くことも難しい文字通りの崖っぷちで、青空の下暮らしたこともあったそうです。
ただただ神との一致を望むあまりの厳しい修業。これも信じるということなのでしょうか。。

この奥、かすかに日が射している所が出口です。

人一人がやっと通れる程の穴です。

少し怖かったですが、問題なく出られました。ちなみに、穴を通ると罪が浄化され、通れない人は罪人と言われているそうです。でもそれ、あんまりですよね。単にサイズの問題では。。

さらにここから上の方に行くと、湧き水が出ていました。

紙に願い事を書き、岩に挟むと、願いが叶うと言われているそうです。私も書きました。

願い事を書いた紙が、たくさん挟まれていました。
木の根っこ?山を降りる途中で見た何か。

リラ修道院

車に戻り、リルスキーの洞窟から30分位でしょうか、そう遠くない所にリラ修道院はありました。

右に見えるのが聖母誕生教会。左側の建物は、修道士の宿。
フレリョの塔。鐘があります。

びっしり描かれた絵が凄いです。とにかく色彩がすごい。

屋根にもびっしり
柱にも

ソフィアの老舗バー

夜、超セクシーブラジル人のホステル仲間(女性)が隠れ家的なバーに行くといくので、何人かでついて行きました。

そのバーは、確かに、知っている人がいなければ絶対に見つけられないと思う様な、住宅街の路地裏にありました。

中はキャンドルの灯りだけで、人もまばら。ほんと隠れ家だとワクワクしていたのも束の間。パブクロール(パブツアー)の観光客グループが入ってきました。。
もやは隠れ家ではない模様。いや、多分きっと、以前は隠れ家だったのでしょう。私も観光客なので偉そうなことは言えませんが、これも情報社会のせいなのか。

ラキアというお酒。

ラキヤという、ブルガリアのお酒を飲みました。一口飲むと、喉がカッとなります。
あ、これ前にセルビアでも飲んだことあった。考えてみると、セルビアはお隣の国。文化的に似ていてもおかしくないですよね。
ラキヤ1ショット4レフ(約250円)。

何よりも盛り上がったのは、そのセクシーブラジル人の話。年齢30台半ば。元彼がDV男で、自分は当時も警官だったけど(っいうか、えー警官なの!?と一同驚く。)、本気で殺そうと思って、でも必死で抑えて大変だったのよー、という話でした。壮絶な話をサバサバ話すのもすごいけど、胸大きいしスタイルいいよねと言うと、ああこれ買ったのよー、とこれまたさらっと話すので、賞賛のまなざしで見ずにはいられませんでした。

明日はブルガリア最終日です。夜のバスでルーマニアに向かいます。
おやすみなさい。

[ブルガリア]幸せの赤い卵と天使の金の玉 [Bulgaria]Happy red egg and glowing golden penis.

ドーバルデン!(ブルガリア語でこんにちは)

温泉水の湧き水

歩いていると、人が代わる代わる水を汲んでいます。湧き水?

ああ温かい。これ温泉水だ。匂いは特にしません。持っていたペットボトルに注ぎました。得した気分で嬉しくなります。

次の日も水はここで調達しました。

カトリック教会

教会に入ってみました。


昨日結婚式を見た正教会とはだいぶ雰囲気が違います。
髪の長い品の良い女性が一人だけ、他には誰もいません。静かに流れる賛美歌を聞いていると、不思議と落ち着きます。
しばらく腰掛けていると、さっきの女性が来て、説教の時間を教えてくれました。教会の人だったんですね。

賛美歌が流れていました。

後で調べると、聖ジョセフ教会というローマカトリック教会でした。

隣との仕切り版が素敵

幸せの卵

そうだ。昨日のフリーツアーでチラッと見た幸せの赤い卵に行ってみよう。それはロシア教会の近くにあって、何の変哲もない建物の入り口に置かれていました。

手のひらを置いて、目を閉じます。

願い事叶うかなあ。叶います様に。叶って。叶う!

金の玉

ここはイヴァン・ヴァゾフ国立劇場です。こういうのを見ると、ヨーロッパに来たーって感じがします。壮大です。

イヴァン・ヴァゾフ国立劇場 The National Theater Ivan Vazov

実は、歌劇やコンサートの他にも、ここでは密かにあるものが観られるのです。
下の写真はそれをアップしたものなのですが。。

微笑みをくれる天使。

天使の可愛い股間に、謙虚に、純粋に、金色に輝いているのが見えませんか。笑。
微笑みをくれた天使に感謝。

劇場の前は公園になっていて、人々がベンチに腰掛けたりと憩っていました。

屋台で売っていたスイートコーン

人が美味しそうに食べていたスイートコーンを私もゲット。バターに塩がかかっていて美味しい。

このあと、ヴィトーシャ通り(Vitosha Street)という、ソフィア一番の賑やかな通りに行きました。

賑わっている通りの向こうには、山々が迫っているのが見えます。

お洒落なレストランやバー、服屋さんなどが立ち並んでいて、観光客や地元の人達で賑わっています。
よく見かけたのが、薔薇のお店。そう、ブルガリアと言えばブルガリアローズ。ちょうど石鹸が切れそうだったので、小さなローズ石鹸をひとつ買いました。

明日から、違うホステルに移ります。今のホステルがいまいちなので、トルコで会った人にオススメされた所に行ってみます。乞うご期待。

[ブルガリア]ヨーロッパへ突入!バスでイスタンブールからソフィア[Bulgaria] Bus trip from Istanbul to Sofia

ドーバルデン!(ブルガリア語でこんにちは)

ブルガリアへやって来ました!いよいよヨーロッパに入りました!
日本を出発してから6ヶ月。2月にネパールにいたのがずっと昔の様に感じます。

ブルガリアは、2007年にEUに加盟。通過はユーロではなく、レフ(Lev)です。

バス

ブルガリアの首都ソフィアへまで、バスを利用しました。イランから一旦イスタンブールに戻り、イスタンンブールから約9時間かけて行きます。
チケットは、METROのサイトで予約出来ます。
22:30 Istanbul発 → 7:00 Sofia着、料金137トルコリラ(約2860円)。

車内にはwifiもありました。

イスタンブールを出発してから約5時間、運転手のアナウンスで起こされました。ブルガリアの国境に来た様です。時計の針は3時45分、外から冷たい空気が車内に入ってきます。ジャケットの襟を直し眠い目をこすりながら、バスを降り、パスポートのチェックを受けました。

トルコとブルガリアの国境

首都ソフィアに到着

朝7時、無事ソフィアに到着。

今日のホステルは、Hostel No.1 Sofia、1泊11ユーロ(約1400円)。

街に出てみました。

レトロなトラム
ソフィア中央市場

この建物は何だろうと思って入ってみると、市場でした。1911年創立だそうです。

ロシア語?みたいな文字。読めない。。
オリーブの種類が豊富。美味しそう。
やっぱりさっぱり読めない。。
これは読める!マクゴハグク。あれ。。

雨が降ってきたので、カフェに入ってしばし雨宿り。ミントチーズケーキ6.5レフ(約420円)。結構高い。。でも美味しかったです。

何か騒々しくなってきました。何かの抗議パレード?それともお祭りだろうか。

後で聞くと、プライドパレードだったそうです。LGBTのパレードです。一部でゲイを認めない反対派との小競り合いもあったそうです。ブルガリアでのLGBTをとりまく環境は、西欧に比べまだ後進的なのだそうです。

雨が上がりました。

聖ネデルヤ正教会 St Nedelya Church

古い教会の様です。入ってみると、ちょうど結婚式をしていました。

壁のイコン画の美しさに圧倒されます。

なんとも言えない厳かな雰囲気

シティフリーウォーキングツアーに参加

フリーウォーキングツアーがあると聞き、参加することにしました。
参加したのは、Free Sofia Tourのツアーです。

正義の宮殿。ライオンの像目印。

ツアーの集合場所は、ライオンの像が目印の正義の宮殿前です。

ぞくぞくと集まってきました。SOFiA TOURの看板を持っている人が今日のガイドです。

すぐに、ソフィア像が見えます。

スヴェタソフィア像 Statue of Sveta Sofia

ソフィア像は、2000年に建てられたそうで、金の冠は権力、右手に持っている花輪は名声、左腕に止まっているフクロウは英知を表現しているそうです。
ただ、大きく開いた胸元がセクシー過ぎると物議を呼んだそうです。
ちなみに、かつてこの場所には、ソ連共産主義時代のレーニン像が立っていたそうです。

ソフィア・シナゴーグ Sofia Synagogue
大統領官邸 Presidency Building

官邸の建物を通り、四方に囲まれた中庭?に入ると、聖ジョージ教会があります。
ソフィアで一番古い建物で、赤レンガで出来ています。

聖ジョージ教会 The Church of St George
街路樹にかかっていた小さな人形?何者だろう。。
ストリートアート
ロシア教会 The Russian Church
St. Alexander Nevski Cathedral

ブルガリア正教の大聖堂です。東方正教会の中でも最大級で、5千人収容できるそうです。

ツアーはここで解散です。ちなみに、フリーウォーキングツアーいっても、チップを渡します。相場がよく分からなかったのですが、8ユーロを渡しました。

記念写真。SOFIA TOURのフェイスブックから頂きました。