[エストニア]最先端IT企業のおしゃれなオフィス見学 [Estonia]Cool office in Estonia.

Tereテレ!(エストニア語でこんにちはの意味)

今日は旅友ハナの会社に見学に行ってきます!今日はハナの家に泊まるのでホステルからは一旦チェックアウト。夕方まで時間があるのでランチがてら外へ。

犬連れのストリートパフォーマー
これは城壁の名残りだろうか。
Cats well 猫の井戸と言われる井戸の跡。

Cats Well(猫の井戸)と言われる所以は、その昔井戸に宿る信じられていた精霊が暴れて氾濫を起こさない様に生贄として猫を供えていた、という言い伝えがあるからです。怖い怖い。そのおかげで氾濫は起きなかったけれど、水が不味くなった為にいつの日か使われなくなったとか。怖い怖い。

やってきたのは、Kompressor というパンケーキで評判のお店です。
店内はほぼ満席でしたが、天井が高く広々としているせいか、重厚で落ち着いた感じです。

想像していたふわふわのパンケーキではなく、クレープといった感じでした。美味しかったです!料金はコーヒーと合わせて6,6ユーロ(約800円)でした。そういえばベラルーシでよく朝食で焼いてくれたパンケーキもこんな感じだったなあ。クリームチーズを挟んだり、はちみつをかけたり、大好きな朝ごはんでした。この辺のパンケーキはみなこういう感じなのかなあ。

どこかの通りに描かれていた壁の絵。お酒が大好きなある友人とバーでもコーヒーを飲んでいる私という感じで思わずクスっと笑ってしまいました。最近ホームシック気味です。

その後、少しの雨ならしのげるくらいのジャケットを買いに、モールに行ってきました。
お気に入りのジャケットをベラルーシの空港に置き忘れてくる、という失態をやらかしてしまったので。はあ、考えるとまた悔やまれる。うぅ。
これから行くヘルシンキとかロシアのサンクトペテルブルクは絶対寒そうだし。ヘルシンキは物価が恐ろしく高いらしいし。ここで買っておこうと思って。

行ったのはホステルから歩いて行けるViru Keksusというモール。ザラでセールになっていたレインジャケットをゲットしました。39,95ユーロ(約4800円)。ZARAは世界どの国でも値段は変わりません。

ハナの職場に向かうべく、Taxifyという、いわばUberの様な配車サービアプリで車を予約しました。実はTaxifyはハナが勤めている会社で、ハナから割引クーポンももらっていたのでした。サンキューハナ!
注)現在TaxifyからBoltに社名変更しています。

運転手さんが到着すると、お知らせが届きます。

タイではUber、インドではOla、イスラエルではGett、エジプト、ウクライナ、ベラルーシでもUber、そしてエストニアにはTaxify。今まで色んな国で配車サービスを利用してきたけど、つくづく日本にもあったらいいのになあ。
色んな見方があると思いますが、私はこの旅ですごく助かっています。良い点は、ドライバーや車の情報(運転手の顔写真やナンバープレート)、位置情報が全て記録されるので何かあった場合にも追跡が可能なのでタクシーよりは安全かと思います。そして予約時に料金が分かるのでドキドキしなくて済むし、予め登録しておけばクレジットカードで支払いが出来るので、現地通貨の用意がなくてもオッケー。

などと思いながらやってきました、Taxifyのオフィス!おしゃれー。グーグルとかYoutubeとか今どきのIT系のオフィスって感じー。(行ったことはないけど)

モダンで優しい雰囲気のインテリア

働いている人達の格好もカジュアル。インドやアフリカ、アジアなど色んな国の人が働いているので公用語は英語だそう。ちなみにハナはエストニア語は話せないけれど、皆英語を話すので不自由することはないと言っていました。それにエストニア語は学ぶにも超難解らしい。

キッチにはエスプレッソマシンも。
ドラマに出てきそう。
屋上もいい感じ。

そうそう、エストニアってあのSkypeが生まれた国なんだそうです!IT系が強い国なんですね。

仕事場を出ると、友人のお母さんに頼まれていたという犬のお散歩に。

ドッグランでひとしきり駆け回る。

今日はハナのアパートに泊まります。日本でいう1Kくらいの広さ。玄関を入ると右手に小さなキッチン左手にはバスルームがあり、部屋の手前には今夜の私の寝床になるソファがひとつ。奥には大きなベッドと小さなデスク。ベッドは大家さんの所有物だそう。
家賃は400ユーロ(約48000円)位と言っていました。ラトビアと同じ位ですね。ハナが夕食をつくってくれました。

懐かしいイランの話や今後のこと(ハナは弁護士になって難民の人権を守る仕事をするのが目標)、最近出会った煮え切らない男のこと。旅の道中で様々な出会い。ハナは今年の終わりにはイランにまた行くつもりだと言い、それを聞いた私は私も行きた〜い。とか話は尽きません。

これはハナオススメのイランに関する本

明日は早いしね、と私はシーツを敷いたソファに、ハナはベッドで寝ました。

明日はフェリーに乗ってフィンランドのヘルシンキへ行ってきます!
おやすみなさい。

[エストニア]またまた旅の醍醐味。イランで出会った友人と再会[Estonia]This is the beauty of traveling. Reunite with Estonian Canadian friend I met in Iran.

Tereテレ!(エストニア語でこんにちはの意味)

ラトビアからエストニアの首都タリンへやってきました!ECOLINESで18,20ユーロ(約2200円)でした。

そういえば、早朝、ホステルの部屋を出る時に見た不可解なシーン。(上の写真)
2段ベッドの下にある、キャスター付きの荷物用の箱が引き出されていて、え、泥棒?と思いきや荷物は全部ある。ざっと見回してもルームメイト達はそれぞれのベッドですやすや寝ている。。何があってこうなってるの??
解せないままチェックアウト。

リガのバスステーション
このバスに乗ります。
車内には各座席にエンターテイメントが付いています。

リガを9時に出発してタリンに到着したのは13時半。タリンバスステーションからバスに乗り市内の中心まで向かいます。

バスチケット。タリンのバスステーションから市内まで2ユーロ(約240円)

バスを降り、地図を見ながらホステルに向かいます。

異国の地で花屋さんを見るとなんだか安心するのは何故だろう。

異国の地で見るとなぜか安心するもの、花屋さんと本屋さん。別にそれを求めて歩いているわけではないけれど、見つけるとなんかホッとします。

ひよこ饅頭だ!笑。最近ホームシックです。

旧市街に入ると道が狭くなります。

今回の宿はTabinoya。オーナーが日本人みたいです。1泊17,5ユーロ(2130円)。観光の中心地ラエコヤ広場(Raekoja plats)の近くにあります。

なんと言ってもエストニアでの最大の楽しみは、イランで出会った旅友、ハナとの再会です!

イランで一緒にピンクモスクを訪れた時のハナと私
上は今日撮った写真。下はイランでの二人。

ヘッドスカーフ一切無しで会うのがなんだか新鮮です。笑。
この後イランの共通の友人に二人の写真を送ったら、”You loog great! スカーフしなくてもいいなんて羨ましい”と言われてなんだか申し訳ない気持ちになりました。彼女たちはオシャレしたくてもスカーフは必ず着けなきゃいけないし、手首足首を見せてはいけません。

ハナは生まれも育ちもカナダのエストニア系カナダ人です。1年程前から自分のルーツであるエストニアに移住し、現在は働きながら弁護士を目指して勉強中。日本にも留学していたことがあり、日本語も話せます。

トラムに乗って、今エストニアの若者に人気だというTelliskivi Creative Cityという所に連れていってもらいました。元々工業地帯だった所をアートにオシャレにした、ハナ曰く”ヒップスター”な場所だそう。

最近よく耳にするHipsterというトレンド。ヒップスターとは、私の勝手なイメージで説明すると、まず絶対ヒゲをもっさり生やしていて、最先端の流行というよりは、少し昔っぽい感じを取り入れたファッションをクールにした感じ。どちらかというとフレンドリーというよりは気難しくお高いとまった感じ?
Hipsterで画像検索すると色々出てきます。

オシャレ。こだわりがある感じですね。

卓球台もアート!

フリーマーケットでは服や雑貨などが売られていました。

音楽もあってリラックスした雰囲気です
お昼はおしゃれなカフェでサーモン。

ランチの後は旧市街に戻り散策。

アレクサンダー・ネフスキー大聖堂
国会議事堂
旧市街が一望出来ます。

コホトゥオツァ展望台(Kohtuotsa Viewing platform)からはタリン旧市街が一望出来ます。

カモメかなあ?人を怖がる様子もなく鳥が近くまで。

お互いにとって異国の地であるイランで出会ったカナダ人のハナと日本人の私が、エストニアで再会する。まさにこれが旅の醍醐味だと思う瞬間です!
その国の歴史や建造物、風景、食べ物など色々な楽しみがありますが、出会う人でその国の印象が変わったりして旅を面白さを倍増してくれるのは、やっぱり人との出会いだと思います。

またいるうちに会おう、今度はうちに泊まってよ、と言ってくれました。