[イラン]イスファハーン:ラマダン夜のピクニック [Iran]Isfahan: Ramadan night picnic.

サラーム。

今日は、ホステルからの紹介で、ツアーガイドになる為勉強中という子の案内で、昼も夜もモスク三昧でした。

イマーム広場(正式名称はMeydān-e naqsh-e jahān)は、1598年〜1629年にかけてサファヴィー朝の王アッバース1世によって造られ、16世紀末には首都になり繁栄を極めたそうです。どれくらい繁栄していたかというと、「世界の半分はここイスファハンにある」とか、「イランの真珠」と言われる位だったそう。

現在、ユネスコの世界遺産に登録されています。

南側にあるシャーモスクから見た風景。

右手にあるのは、王族専用に造られたモスクシャイフ・ロトフォラー・モスク(Sheikh Lotf Allah Mosque)で、左手にある四角い建物は、アリカプ宮殿(Ali Qapu)です。

南側にあるシャーモスク(別名Shah Mosque、Masjed-e Jadid-e Abbasi)は、あいにく一部修復工事中でしたが、見応え十分でした。

人の大きさと比べると、モスクの大きさが分かると思います。

こちらはシャーモスク内の映像です。お祈りの時間を知らせるアザーンが聞こえます。

どこにでも落書きする人はいますね。

中からお祈りを終えた人達が出てきました。

男性用の入り口
女性用の入り口

 

夜、ホステルに新しくチェックインしてきた人達も一緒に、再度イマーム広場に繰り出すことに。夜11時過ぎだというのに、通りには人が沢山。ラマダンの期間のため、人々は夜になるここで集まるのだそうです。

昼間とは違って、建物が幻想的に見えます。

シャーモスク。月夜に浮かぶモスクの青が綺麗。今日は満月かな。

モスクシャイフ・ロトフォラー・モスク(Sheikh Lotf Allah Mosque)

アリカプ宮殿(Ali Qapu)。

広場には沢山の人が。皆芝生の上に座って、食べ物を囲んでいて、まるでピクニック!

露店もあり、お祭りの様です。ちなみに今深夜12時ですが子供達も走り回っています。

若者

歩いていると皆が声をかけてきます。その度にどこから来たのか、何をしているのか、イランは楽しいか、と同じ会話が繰り返されます。イランの人はなんで皆こんなにフレンドリーなの!笑。

すると、やはりイラン旅あるあるみたいで、イランを旅していると、声掛けられるよねーと盛り上がりました。

これ、イスファハーンに行くなら絶対食べて、と友人に勧められたプリン。    上にかかっているタレが、みたらし団子のみたらしみたいで美味しかったです!一緒に食べたオランダ人、アイルランド人には私ほど感動的ではなかった様ですが。イマーム広場からすぐのHafez Streetにある、Fereni Hafezというお店です。

※記憶が確かであれば、みたらし味のソースはぶどうで作られているとか。

最後に皆で記念写真。 

明日、私はヤズド(Yazd)へ、オランダ人のジャープはさらに南のシラズ(Shiraz)へ、アイルランドの二人組はそのままイスファハーンに滞在、そして、ガイドの彼女(ごめんなさい。名前失念してしまいました。)は、ガイドの勉強を頑張る、と改めて決意していました。それぞれの旅が続きます。

イランやっぱりいいなあ。この平和な雰囲気がいいです。

 

[イラン]観光しながらイスファハーンへ。[Iran] Sightseeing on the way to Isfahan.

サラーム。

カシャーンから、旅友とタクシーをシェアしてイスファハーン(Isfahan)に来ました。観光も含めて一人15ユーロ(約1920円)。

観光したのは、以下のところです。

  • カシャーンのバザール (Kashan Bazaar)
  • フィーン庭園 (Fin Garden)
  • アビヤーネ村( Abbyaneh Village)
  • ナタンズのジャーメモスク (Natanz Jameh Mosque)

カシャーンにあるバザールです。

機織り機
もうお馴染みイランのお茶ポット、サモワール。デザインが素敵。

適当に歩いていると、バザールの裏側(外側?)に出ました。色々なドアが置かれていて見ているだけで楽しかったです。ああ、持って帰って自分の家(無いけど)につけたい。

ドアと言えば、イランのドアが面白いです。

こんな感じでドアノブが2つ、左右でデザインが違うのですが。

男性は右のドア、女性は左のドアをノックします。で、その音で来客の性別が分かる様になっているのです。その理由は、イスラム教では、女性は家の中であっても家族以外の男性に対しては髪の毛を隠す必要があるので、来客が男の場合には、ヘッドスカーフをしてからドアを開けるということらしいです。面白いですね。

次に、フィーン庭園(Fin Garden)に行きました。

フィーン庭園はイラン最古の庭園で、水路や貯水池があり、緑が豊かに覆い茂っています。春には薔薇が綺麗だそうですが、時期が過ぎたのかあまり多くはありませんでした。

アブヤーネ村に行く途中、砂漠の中に何やらいつもと違う風景が。。よく見ると、軍事施設でした。金網のフェンスで囲われていて、右側には戦車が見えます。

(追記)実はこの辺りには核施設があるらしいです。ナタンズ(Natanz)核施設では沢山の遠心分離器でウランが作られているそうです。怖い。。

アブヤーネ村の手前で、丘の上にある遺跡?の様な所に案内されたのですが、規模は小さく、何だかよく分かりませんでした。眺めは良いです。左上に見える道路を通ってきました。

なぜか遺跡の前にあった運動具。(旅友のジャープ)

頭が付くくらい低い所を通る柱?でしょうか。

よく分からないまま、

アブヤーネ村に着きました。

赤土でできているため、村がオレンジ色です。  

村人はほとんど見かけませんでした。というか、観光客も数人しか見ませんでした。結構綺麗めの公衆トイレがありました。

可愛いカフェ。左にはかまどが見えます。

ナタンズのジャーメモスク(Jameh Mosque)

 モスクの前に巨大な木がありました。

 これもアラビア文字でしょうか。これまで見たのとフォントが違うというか、独特で可愛い。

木の実が沢山なっています。

 

桑の実かなあ?結構甘かったです。

お腹が空いてきました。車の中で、昨日買ったパンの残りに、非常食用として持っていたデーツを乗せて食べたら、めちゃ美味しかったです。

途中ガソリンスタンドに寄ったのですが、タクシーの運転手さんが、車を降りるように言うのです。え、なんで?

イランでは、万が一引火して火事になった時のために、必ず全員降りることになっているそうです。怖。

夜は、ホステルの近くのお店で夕飯を購入、ホステルで食べました。

旅友のジャープが、仕事のプロジェクトがうまくいきそうということで、乾杯したいねという話になってダメ元でホステルのスタッフに聞くと、「オッケー、僕ツテあるから手に入るよ。ただ時間かかるかも知れないけど」

ご存知の通り、イスラムの教えに敬虔なイランでお酒は売っていません。でもどうもブラックマーケットがあるみたいです。スタッフは誰かしらに電話をしていました。

そしてしばらくすると、本当にやってきましたビール!

私:あれ?でもこれアルコール0パーセントって書いてるよ?

スタッフ:ノープロブレム。飲んでみて。

私:お、なるほどね。

中身はちゃんとアルコールでした。

少しくすんだ色をしていて、泡は殆どなかったです。

私は元々ビールは飲まないので味には詳しくないですが、正直、あまり美味しくはなかったです。

ホステルのスタッフと。

今回イスファハンのホステルは、RagRug Hostel。新しいホステルで、清潔でスタッフも皆フレンドリーで親切でした。オススメです。

おやすみなさい。