[ラトビア]インド人がレストランの開店準備中[Latvia]Indian friend’s starting new restaurant in Riga!

ラブディエン!Labdien(ラトビア語でこんにちはの意)

今日は、ラトビアに移住したばかりのインド人ビジョが、リガ郊外に開業準備を進めるレストランに行ってきました。

バスステーション前にあるjanvara ielaバス停から待ち合わせのSilikatu ielaバス停に向かいます。

バスカード

バス停のすぐ横にあるキオスクでバスカードを購入。

janvara ielaバス停
バスの車内でカードをかざします。

料金は1,15ユーロ(約140円)。

バス車内の表示板

車内にある表示はリアルタイムで2つ3つ先のバス停まで表示されるので、分かりやすい。

Silikatu ielaバス停

到着したことをビジョにメッセージすると、歩いて迎えに来てくれました。

猫。もふもふで寒いラトビアの冬も暖かそうだね。

まずはビジョのアパートを見学。部屋は2ベッドルーム、キッチン、バスルームで、インド人のルームメイトと合計3人でシェアしているそう。家賃は350ユーロ(約42000円)。冬は暖房代ががつくので400ユーロ位になるそう。季節で家賃が違うんですね。

左はビジョ。右は共同経営者。彼もインドからの移住者。

絶賛リノベーション中のレストランに来ました。
周りは住宅街ですが、大通りに面していてロケーションも良さそう。
中に入ると、予想外におしゃれでびっくり!もっと食堂みたいな感じかと勝手に想像していたので驚きました。
元々カフェだったところを借りているそうですが、テーブルやキッチンカウンターや棚など、共同経営者でもある友人と二人でDIYで作っています。

木片を手に持ち何かを確かめているビジョ
お店の隣にある木

お店の敷地内に大きな木があり、ヨーロッパの人ってテラス席好きだからさ、絶対テラス席あったらいいよ!そうそう、木陰の下にテーブルを置いてさ。ワンちゃんと一緒にお散歩がてらコーヒーを一杯。ああ夢が膨らむ〜。
てなんだか自分のことに様にワクワクします。

近所で拾ったりんごを絞ってジュースを作ってくれました。

こちらは約4ヶ月後にビジョから送ってもらったレストランの様子です。

ビジョが眺めていた木片はライトだったんだ。
https://www.facebook.com/burger.restorans/
レストラン Noa

インドからはるか遠いラトビアへ留学で来るインド人も多いそうです。理由の一つはEU圏でありながら物価が安いから。リガにはインド人コミュニティもあって皆で情報交換しながら生活しているそうです。
確かにシェンゲンビザがあれば他の国にも行きやすくなりますね。

[ラトビア]ラトビア移住したインドのホス友と再会![Latvia]An Indian friend moved to Latvia for new life

ラブディエン!Labdien(ラトビア語でこんにちはの意)

クライペダ→リガまでバス移動

リトアニアのクライペダ10:30発、約4時間半の移動を経て、ラトビアの首都リガへ来ました!

今回利用したのは、Ollex Bus というバス会社で料金は18ユーロ(約2180円)。オンラインで予約出来ます。

リガのバスステーション

バスステーションの脇には川が見えました。

リトアニアでもよく見たNARVESENのキオスク
ホステルでのウェルカムドリンクのワイン

今回の宿はThe Naughty Squirrel Backpackers Hostel 1泊16ユーロ(約1900円)

ホステルからすぐのGalerija Centrsというショッピングモールの中にある携帯ショップで、SIMカードを購入。5GB10日有効で4,99ユーロ(約600円)。
リトアニアに着いた時からバルト三国で使えるSIMが欲しかったのですが、やっぱり無い様で各国で購入することになりそうです。でも安いからいっか。

このGalerija Centrsというモールの隣にはRimiというスーパーマーケットもあります。

そして、初日の恒例ご近所散策。

白と青の旗はリガ市の旗。

目抜き通りにはショッピングモールの他、カフェやレストランなど色々あります。

自由の記念碑。記念碑の前には警備隊が微動だにせず立っていました。
ロシア正教会のThe Nativity of Christ Cathedral
公園の木にあった葉っぱのマーク?なんだろう。
House of the Blackheads
迷路のような遊び場?
向かい合わせになったベンチ。
カフェで一休み

ホス友と再会

翌日、インドのデリーで出会ったビジョに会えました〜!

真ん中がホス友のビジョ。右の彼もインド出身でラトビアの大学に通っている学生。

彼はインドの南にあるケレラ州コチの出身で、ラトビアへ移住するビザを取得するため長期滞在していたのでした。そして数週間前、やっとビザが下り移住してきたのです。

デリーにいる時は早朝まだ皆が寝ている間に起きて公園でワークアウト、食費などもなかり節約していました。

ホステルでは他のルームメイト達とふざけてばかりいたので、本当に実現してラトビアで新しい生活をスタートしたことが自分のことの様に嬉しい。

ラトビアに着いて殆どどこにも行っていないというので一緒に街歩き。

広場にたくさんの熊が。各国からの平和を願う熊アート?が展示されていました。

これは日本のクマ
三兄弟の家

上の写真はThree brothers(三兄弟)と言われている建物で、右端から長男、次男、末っ子が建てた家で、それぞれ時代の特徴が異なるそうです。

右:長男の家。15世紀の建物でオランダのルネサンス様式。当時窓税があった為小さな窓になっています。
中:次男の家。壁にある1646の通り1646年の建築。三人の中で最も裕福だった彼の家は大きな窓が特徴。
左:末っ子。17世紀後半に建築。一番小さい家。この写真では見えませんが、玄関の上の方に魔除けのお面が飾られています。

Cat house 猫の家

こちらはCat Houseと言われる建物。屋根の両側に猫が立っています。

ラトビア人の商人の家だそうですが、大ギルドと言われる商工会?組合?への加入を拒否されたため、あてつけに向かいにあったギルドの建物に猫のお尻を向けさせたのが始まりだと言われているそうです。その後和解して向きを変えたとか。

こんな猫のお尻なら全く嫌な気はしないけれど、当時はそれなりに恨みが伝わるアイテムだったのだろうか。

明日は、リガ郊外にあるビジョのレスランを見に行ってきます!