[スロベニア]お弁当 [Slovenia]Lunch box.

ドベルダン!(Dober dan! スロベニア語でこんにちはの意)

ブレッド発8:13、リュビリャナ着9:08の列車で首都リュビリャナに戻りました。 5,8ユーロ(約720円)。

家庭の味

今日は、元上司が紹介してくれた方に会えることになりました。
私が世界一周をするために退職すると伝えた時、スロベニアに行くならと紹介してくれたのです。

大学で要職に就くイリーナさんですが、忙しい中、大学のオフィスに案内して頂いた後、ご自宅にも招待してくれました。

イリーナさんと子供達。

ご自宅は邸宅という感じのモダンな建物で、リビングの中央には大きなピアノが置かれていました。

広いお庭には野菜や果物がなっていて。

ズッキーニってこうやってなっているのね。
りんご

ディナーはお庭のテーブルで頂きました。最高〜!

今とってきたばかりのズッキーニ!

久しぶりの家庭の味。やっぱりいいなあ。旅中私の場合はほぼほぼ外食なので落ち着きます。ふう、シンプル イズ ベストです。

野菜もドレッシングもお肉もハーブも全部新鮮で美味しい。
このピクルスももちろんホームメイド。

旦那様がヒューゴエルダーフラワーというワインをいれてくれました。エルダーフラワーというハーブが入ってるのだそう。ほんのり香りがして美味しかったです。

これがエルダーフラワーElderflowerよ、と言って見せてくれました。

イリーナさんご夫妻は昔東京に住んでいたことがあり、若かりし頃の(イリーナさんを紹介してくれた)元上司の裏話や、日本での生活の話で盛り上がった後は、皆で街に出ました。

Vurnik house(Cooperative Business Bank)
プレシェーレン広場に面した建物
古く壁が剥がれた古い建物。現在誰も住んでいないそう。

古本屋さんに寄りました。ところ狭しと古本が並べられています。もうここで何十年もやっているそう。

記念にオーナーと。ちょっと腰が引けている私。笑。

オーナーの方が、ここから好きな本を選んで良いよとプレゼントしてくれました。全部スロベニア語で読めないので、装丁が可愛いかった本をジャケ買い(買ってないけど)。あ、今の子達はジャケ買いって知っているのかなあ。

一緒に写真を撮ろうというと、情熱的に肩を組んできた、独身だというオーナー。ちなみに、頂いた本は愛について描かれている本だと言っていました。読めないけど。笑。

本屋の入り口にあったこのポスターは、詩人のプレシェーレンFrance preseren

プレシェーレンFrance preserenは、スロベニアを代表する詩人だと、イリーナの旦那様が教えてくれました。その名にちなんだプレシェーレン広場には記念碑もあります。

やっと辺りが暗くなったリュブリャニツァ川沿いのレストランで、W杯日本VSベルギーの試合を観戦。残念ながら日本は負けてしまいましたが、勝敗が決まった瞬間、テーブルの向こうに私以外にも残念がる人達がいてなんだか心が温かくなりました。

レストランのスクリーンでW杯日本VSベルギーを観戦
バスでボスニア・ヘルツェゴビナ、サラエボへ

深夜1時25分発のバスで、次の目的地ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボへ向かいます。11時間の長旅です。

今回もFlixBusです。料金35,99ユーロ(約4500円)。

バスステーション(リュブリャナ駅の隣)までホステルから徒歩10分と近いのですが、深夜なので一応ホステルのスタッフに安全か聞くと、全然問題ないよという答えだったので、歩いて行きました。

リュブリャナ駅のすぐ側にあるバスステーション。

無事バスステーションへ到着。さすがに深夜だからか人気もなく、見当たるのは、ベンチに座るティーネイジャー位の男の子が一人だけ。
決して彼を警戒している様に見えない様に実はしっかり警戒しながら、足元にバックパックを置き、パスポート等貴重品が入っているサブパックはそのまま背中に背負ったまま、私も少し離れたベンチに座ります。少し経つとその男の子は立ち上がってどこかに行ってしまいました。あれ、バス乗らないのかな。

そろそろ時間前だけどバスが来る気配なし。FlixBusのアプリを開くと、到着予定が10分遅れの1時25分になっていました。


お腹空いてきた。そうだ。イリーナがもたせてくれたサンドイッチがあった!

イリーナが遠慮する私に、長旅でお腹空くはずだからと持っていきなさいと持たせてくれたのです。いわばお弁当。ちょっとだけと頬張ると一気に全部食べてしまいました。

それにしても誰もいないのはおかしくない?いくら深夜でも私以外に誰も乗る人がいないってことはないよね。時折来るFlixBusとは別会社のバスを見ていると、え、どうも向こう側にもバス停がある?

急にピンときて急いでそこに行くと、人がいました!道路沿いに番号の付いた立て看板があり、30番と書かれた看板にFlixBusと書かれていました。ふう、危ない所だった。間に合って良かった。
で、後でチケットをよく見ると、ちゃんとGate 30って書いてありました。はい。ちゃんと確認しなきゃですね。旅も半年経って中だるみでしょうか。

オレンジ色で”Gate 30″と書いてあります。

ということで、サラエボへ向かいます!

おまけ

イリーナさんと会う前、街をぶらぶらしていると、どこからか聞いたことのある音楽が。

音につられて路地に入ると、レコード屋さんがありました。

窓を埋め尽くす古いレコードのジャケット。レコードプレイヤーやカメラも。
お店は閉まっていましたが、なんとも言えない雰囲気で、しばらく耳を澄ませながら眺めていました。

[スロベニア]ヴィントガル渓谷 [Slovenia]Vintgar Gorge

ドベルダン!(Dober dan! スロベニア語でこんにちはの意)

ヴィントガル渓谷に行ってきました。ホステルから車で15分。頑張れば歩いても行けそうな距離(片道8,4km。2時間位で行けそう?)ですが、ホステルからのシャトルサービスを利用しました。私の他に5名位いました。

シャトル代往復8ユーロ(約995円)。

ヴィントガル渓谷は、Triglavski National Parkの中にあります。

入場料5ユーロ(約620円)。

入場料は現金のみでしか払えないので(クレジットカード不可)、予め準備していきましょう。一緒に行ったカップルは現金の持ち合わせがなく、一緒に払ってあげたのですが、すごく申し訳なさそうに私に立て替えをお願いしてきて、払った後も何度もSorryと言っわれてかえって恐縮したくらい。でもたまに出会います、現金を持っていない人。このカップルはヨーロッパ(どこの国か忘れた)の人でしたが、日頃から現金で払う機会が少ないのかも知れないなあと思いました。日本はまだまだ現金の世界ですが。

歩いていくにつれ、せせらぎの音が大きくなってきます。

わあ。水の透明度がすごいです。

透き通った水

所々急流になっていて水しぶきが上がっています。

川はもちろん綺麗で見応えがあるのですが、虫を見るのも好きなので、何かいないかなあとワクワクしながら、時々川とは反対の岩肌もチェックしつつ歩きます。
すると、いました!ゲジゲジしたのが。

ゲジゲジ系、特には好きではないのですが、怖いもの見たさで思わず見入ってしまいます。

これは蝶々なのか蛾の一種なのか。綺麗な羽をしていて今にも飛べそうなのに、ちょこちょこと岩肌を歩いて登っていく姿が健気でした。

どこを目指して歩いているのだろう。
ひっそりと立っていたイエス・キリスト像。

岩肌からは水のしずくが一滴一滴落ちていました。

一滴のしずく。生命力を感じます。
園内は遊歩道があって歩きやすいです。

途中、少人数川の中に入っている人たちもいましたが、寒そうに震えていました。

川底の流木が

何故かこの辺りは水の色が違いますが、透明度は変わらず、川底まで見通せます。

アーチ型の橋。

地図にあったWaterfall(滝)まで来ました。

橋の真下で落ちる滝

この先にも歩いていける様ですが、シャトルバスの時間があるので、ここでUターンして戻りました。

ホステルに戻り、夕飯は、昨日から食べたかったパスタを作りました。近くのレストランに行こうと思ったのですが、レストランが少ない。かといって町まで出るのも面倒だし。スロベニア意外に物価高いしなあ。

結局、近くのスーパーで食材を買い、ホステルのキッチンで作りました。

ペンネ 0,74ユーロ(約90円)
ツナ缶 0,89ユーロ(約110円)
トマト 0,37ユーロ(約45円)
ほうれん草 1,15ユーロ(約140円)
マッシュルーム 1,49ユーロ(約185円)
合計4,64ユーロ(約576円)

明日、リュブリャナに戻ります!

[スロベニア]ブレッド町歩き[Slovenia]Walking in Bled

ドベルダン!(Dober dan! スロベニア語でこんにちはの意)

今朝も、隣の教会から聴こえてくる鐘の音で目覚めました。

と書くと優雅な目覚めみたいですが、朝7時に耳元で打たれる大音量の鐘。
教会があるのは知ってたけどこんな爆音だとは。。しかも何十回と鳴るのです。途中まで数えたけど止めました。なす術もなく、耳を塞ぐ様にベッドカバーを頭からかぶったのは私だけではありませんでした。

爆音の犯人はこの教会です。いや、しょうがないです。ヨルダンでもエジプトでもモスクからアザーンの音が街中に流れていたしね。沖縄では、夕方になるとの公民館から夕焼け小焼けの曲とともに早く家に帰りましょうと放送が流れていたものです。でもこの教会の天地を揺るがす鐘の音は、この旅一番のすご音でした。

せっかくなので教会をのぞいてみました。教会のすぐ横に墓地があり、様々な墓石(と言っていいのかな)があり、まるで芸術作品を見ている様です。どんな思いが込められているのかと考えながら見てしまいました。私ならどんなお墓がいいかなあ。

多肉植物。年月とともに大きくなっていくのでしょうね。

さあ、今日は歩いて街まで行ってきます!約4,7km。1時間程の道のりです。
そして、街に着いたらブレッド名物のお菓子、クリームケーキを食べるのが今日の目的です。

素敵な家
綺麗に手入れされた庭

幹線道路に出ました。歩道と平行に自転車専用路があり、サイクリングを楽しんでいる人とすれ違います。時折坂道で苦しそうにしている人も。
ああよかった。実は私もホステルで自転車を借りようと思ったのですが、アップダウンが多いよと言われあっさりやめたのでした。(苦笑)

馬は見あたらなかったけど、牧場かなあ。

しばらく歩くと、何やら巨大な影が。

見ると、だいのそー!恐竜〜!!!

地図を確認すると、Dino Park(恐竜公園)と書かれているので早速覗いてみると、キャンプ場?の様な雰囲気。入場料が書かれた看板があったので入らずUターン。再び歩きます。

これなんだろう。トウモロコシかなあ。

川が流れていました。

サヴァ川(Sava)です。確かサヴァ川はセルビアにも流れているんだよね。何年前だろう、昔セルビアに行った時に初めて知った川の名前でした。

向こうに見えた山

しばらく、緑の多い沿道を進むと、走っている車の車間距離が縮んできて住宅街へ入ります。

綺麗な花
ある家の郵便ポスト。
ここからも山が見えます。

街に着きました!

角。四角。直角。90度。
りんご

予めリサーチしていていたお店Slascicarna Zimaで、クリームケーキを頂きました!お値段3ユーロ(約370円)。

見た目もミルフィーユみたい

ミルフィーユの様な食感と味で美味しかったです!結構大きめですが、クリームが軽いのでぺろっといけます。

食べた後は、せっかくなので昨日とは違う通りを歩いてみることに。

地を這う木の根っこが段々になっていて、まるで階段。

木の根っこ階段を上ると、鳥がぴょんぴょん歩いています。

鮮やかな黄色のくちばしをした鳥

ベンチに腰掛けてしばし観察。地面にいる虫を食べている様子です。

この木なんの木気になる木〜♪

不思議な形をした木(写真上)もありました。枝の所々が不規則にモコっと膨らんでいて、見れば見るほど不思議です。

これも芸術的

ホステルへは、昨日と同様ローカルバスで帰りました。

明日はヴィントガル渓谷に行ってきます!

[スロベニア]列車でブレッド湖へ [Slovenia] Train to Lake Bled.

ドベルダン!(スロベニア語でこんにちはの意)

今日はリュブリャナから列車で1時間のブレッドという街に行きます。

リュブリャナ駅でチケットを購入。

チケット売り場への入り口

リュブリャナ(Ljubljana)からレッセブレッド(Lesce Bled)駅まで、5,08ユーロ(約630円)

リュブリャナ駅のホーム
列車の車内は綺麗

車内は、学生らしきグループや家族連れも多かったです。そうか、考えてみるとヨーロッパは夏休みなのね。

のどかな町並みを行きます。

さらに緑と山になってきました。

Lesce Bled駅に到着。

駅からホステルまでは、徒歩で5分くらいと近いです。

今回の宿は、1A Adventure Hostel 。1泊13,99ユーロ(約1740円)。

私は今回、ホステルが駅から近かったのでリュブリャナから列車で来ましたが、リュブリャナからバスも出ています。ブレッドのバスステーションは湖の近くにあるので、宿泊先が湖近辺の場合はバスの方が便利だと思います。

今回のホステル1A Adventure Hostel、駅からは近いのですが、ブレッドの中心地からは約4,5kmと離れています。一応ホステルからも、朝と夕方の一便ずつ無料のシャトルサービスがありますが、私は路線バスに乗りました。片道1,3ユーロ(約160円)。

約20分程でブレッド湖近くのバス停に到着。バス停から湖までは徒歩5分です。蓮の花が咲いていました。

湖の周りには遊歩道が整備されていて、ホテルやレストランがあります。

下写真で、左上に見えるのがブレッド城、右下に見えるのは聖マルティン教会です。

ブレッド城。童話に出てくる様な雰囲気。
聖マルティン教会
聖マルティン教会

聖マルティン教会に入ってみました。

この階段でブレッド城まで登れる様ですが、今日は帰ることに。

道の途中にあった案内板。日本語の最後「ご不便をお」で切れてる。剥がれた感じでもないのでコピペに失敗したのかな。

帰りホステルまではホステルのシャトルバスに乗ろうと思いバス停で待っていたのですが、待てど待てどもバスが来ない。。結局ローカルバスに乗って帰ったのですが、ホステルに着いて聞くと、どうやら間違ったバス停で待っていたことが判明。朝聞いた時にもっとちゃんと説明して欲しかったよ。。
と、一応笑顔で伝えたのだけど、疲れていたしきっと嫌味に伝わっただろうなあ。

しょうがないよね。こんな日もあるさ。

[スロベニア]首都リュブリャナを散策 [Slovenia] City walk in Capital Ljubljana.

ドベルダン!(Dober dan! スロベニア語でこんにちはの意)

スロベニアの首都リュブリャナに到着しました!

いきなりですがリュブリャナって言えますか。私はちゃんと言えません。口をモゴモゴしながらなんとか誤魔化せても、英語の”Ljubljana”も日本語表記のリュブリャナも、書くとなると全然覚えられません。きっと私だけではないはず。。

ウィーンからリュブリャナまではおなじみFlixBusで来ました。所要時間5時間、料金25,99ユーロ(約3280円)。(注)料金は時間帯によって変わります。

ウィーンのErdberg→リュブリャナ

リュブリャナに到着。バス停からホステルまでは徒歩約10分。途中にZARAもあったりして思ったよりも都会?

バスを降りてすぐの信号機に、こんなシールが。

バス停近くの信号の押しボタン。Push to Reset the World. 世界をリセットするボタンと書かれていて一瞬ドキっ。

“Push to Reset the World” 「このボタンを押すと世界をリセットできます」と書かれた信号ボタン。ハハハ(^◇^)面白い。いや、これ絶対ジョークなんだろうけどでもジョークじゃなかったら。。押すと何かが爆発するとか、スロベニアで流行ってるドッキリだったらどうしよう。。とか考えながら躊躇していると、後ろから来た人にサラッと押されました。

今回の宿は Fluxus Hostel 1泊19ユーロ(約2110円)

街歩き

翌日、早速街に出てみました。

10分も歩かない所にあった、スロベニアの独立を記念したモニュメント。

スロベニア独立記念のモニュメント

プレシェーレン広場に来ました。リュブリャナで一番賑わっている場所です。

フランシスコ教会

プレシェーレン広場にあるフランシスコ教会

教会の前には三本の橋があり、その名も三本橋と呼ばれています。

三本橋

上の写真では分かりませんが、グーグルマップで見るとこんな感じに3本並んでいるのがわかります。でもなぜ同じ場所に3本。。?

答えは、昔、真ん中の橋は車専用で両側の2本の橋は歩行者用だったそうです。ちなみに、現在は3本とも歩行者専用となっています。

三本橋から川沿いを西向け(フランシスコ教会から来ると左側)に200メートル程歩くと、Mesarski most(Bucher’s Bridge, 肉屋の橋)があります。

Mesarski most(Bucher’s Bridge, 肉屋の橋)

さらに行くと、龍の橋があります。龍はリュブリャナのシンボルとなっている様で、お土産さんにはぬいぐるみやキーホルダーなど龍グッズが売られていました。

龍の橋

面白いものを見つけました。これ、なんと生乳の自販機なのです!1リットルで1ユーロ(約125円)。

生乳の自販機

路地裏に入ってみます。

小さなベンチ可愛い。

近くのカフェで腹ごしらえした後、リュブリャナ城に行くことに。さっきの生乳自販機の近くからケーブルカーも出ていますが、私は歩くことに。

15分程で頂上リュブリャナ城に到着しました。
リュブリャナ城は、一時はあのハプスブルグ家が所有していたそうです。ハプスブルグ家どこにでも出てきますね。

リュブリャナ城。

塔の上ではためく旗はリュブリャナ市の旗です。旗には、街のシンボル龍(ドラゴン)も描かれています。

お城を降りる途中、なにやら長い生き物が。。うう、気持ち悪いけど気になる。

と思って見ていると、後に来た子供連れのお母さんが、迷わず棒ですくい取って子供と私に見せてくれました。なんだか、子供の好奇心を駆り立てるこういう母親、いいなあと思いました。

リュブリャナの街は、とてもコンパクト。ヨーローッパの街には多いけど、こうやって主要な観光どころを歩いて周れる街って好きです。

明日は、列車に乗って、湖のある街ブレッド(Bled)に行きます。

おまけ

リュブリャナに来てすぐ目に付いたのがゴミ箱。ちゃんと仕分けがされています。

面白いと思ったのが、タバコの吸殻入れが付いているゴミ箱。

下のゴミ箱のに付いている丸い部分は、蓋を開けると吸殻入れになっています。

もうひとつ、おまけ

話は逸れますが、昨日地図を見ていて初めて知ったのですが、チェコがCzechiaになっているのです。チェキア?Czech RepublicだからチェコCzechじゃないの?
調べると、2016年に正式な略称をCzechiaになったらしいです!初耳。私にとってはかなりヘェ〜モーメントでしたが、皆さん知ってましたか。

変更した政府の思惑とは違い、全く根付いていない模様です。