[ネパール]風邪には熱燗?[Nepal] Hot beer for cold..?

ナマステ〜。

風邪ひきました。ネパールの寒さと、砂埃と排気ガスにやられました。結局2回も冷たいシャワーを浴びるはめになったので当然と言えば当然なのですが。

だるいのは気のせい(と自分に言い聞かせていた)と思っていましたが、体の節々が痛くて熱があるのは確実。とりあえず日本から持ってきた薬を飲むも全然効いてない模様。

Namaste.

Sigh..I got a cold. I was trying to ignore the feeling of dull. My body is warm. I definitely have a fever.. I got by the pollution and the cold weather and cold shower of Nepal.

I took some medicines that I brought from Japan but it seems not working at all.

底に沈んでいる厳しくを吸い込まない様にストローの先が半分閉まっています。Nepali hot beer Tongba. The edge of the straw is half-closed so you don’t swallow the millet.

夜は、ホステルで同部屋の二人とご飯を食べに行きました。一人はイラン人の女の子で、最近まで中国で働いていたけど色々ストレスがあって、イランに帰る前に旅をしているそう。もう一人は、僕はヒッピーじゃないと言うヒッピー風の背の高いトルコ人の男の子。ネパールビール飲みに行こうぜいと近くのお店へ。Tongbaという、穀物のキビを発酵させたもので、ポットのお湯を入れて飲みます。かき混ぜるてはダメです。(と言われた)

I went out in the evening with two of my hostel room mates.One is from Iran and another one is from Turkey. Iranian girl said that she was working in China for 6 years but couple of years had been stressful so she left China and now traveling  before going back to Iran. Turkey guy was a hippy looking guy who constantly described himself as not hippy. Lol. We then went to a place where we can drink Nepali beer that is called Tongba. It is made of fermented millet. You add hot water and drink. You don’t stir. (I was told.)

美味しい。普段お酒は飲まないのですが、Tongbaはまろやかで飲みやすいです。そして寒い中で飲む熱燗、じゃなかった、暖かいお酒はしみじみ染みます。感覚的にアルコール度数はそんなに高くないはず。少なくなるとポットのお湯を足しつつ飲めるので、何杯か飲めます。

Wow, it tastes good. I normally drink but Tongba is smooth and easy to drink. This hot sake, oops no, Tongba would gently runs through the bones and the body. The percentage of alcohol should not be so high, I think. You can just add hot water from the pot and keep drinking for a while.

お酒も入り、イランとトルコの男女恋愛ぶっちゃけトークに花が咲きます。いつも思うのですが、ホステルで出会う人達は、皆色々な話に対してオープンな気がします。元々オープンな人達なのか、それとも旅でそうなるのか。旅をしていて、こういう時間が一番楽しかったりします。

ちなみに、ぶっちゃけトークで出た今日の衝撃。トルコでは、結婚記念日に、妻が旦那さんへのプレゼントとして処女に戻る手術?をする人がいるらしいです。イランでもあるらしいです。真実のほどは分かりませんが。。

さて、心も体も温まったところで、風邪良くなるかな。。

When Tongba in, gossip starts. We talked about the relationship in our countries. Very openly. Most of the travelers I meet seem to be very open to the conversations on any topics. They have been always that way? Or they become so as they travel. Anyways, these moments are what I love about traveling the most.

So the most gossippy gossip was that in Turkey, there are wives who get surgery to be back to virgin for their husband as a gift of their anniversary of their marriage. That gift (?) also exists in Iran as well, the Iranian girl said.)

Well, I feel warm in my body and soul now. Hope I will feel better tomorrow.

 

 

 

[ネパール]残る地震の爪痕:ダルバール広場 [Nepal]Scars of the earthquake: Durbar Square Kathmandu.

ナマステー。

今日は、特に目的地を決めずにとりあえず歩こうと出かけました。

途中、日本語学校らしきものがたくさんありました。最近はたくさんのネパール人が日本に住んでいるそうです。私自身は沖縄でネパール人にあったことはないのですが、友人曰く、那覇のコンビニにイケメンのネパール人がいるらしいです。

Namaste.

My plan today is just walk around with no plans.  On the way, I found many Japanese language schools with the signboard “Japan”. I have never met any Nepalis in Okinawa myself but my friend said she had seen ikemen (hot) Nepali guy at a convenience store in Naha city.

日本語学校がこんなに!Many Japanese schools!

歩いていると、ネットで見た風景が。。

ダルバール広場です。ホステルからこんなに近かったのね。(近所すらもあまりリサーチしていないのがバレますね。)

Then I see some familiar views that I had seen on internet. I was at Durbar Square. Didn’t realize it was so close from the hostel. (No, I hadn’t done any research even on neighborhood). 

聖なる動物とされる鳩ですが、無数にいてちょっと怖い。I was scared of sacred doves. It’s so many!

2015年4月のネパール地震から2年以上経った今も、復興が進んでいない様で、木材で支えられていたり、工事中の所があちこちにありました。

It has been more than two years since Nepal Earthquake in April 2015, still reconstruction was undergoing everywhere.

「一緒に復興しよう」という看板がゆがんでるのが、なんだかせつない。The crooked board “Lets’s rebuild together” made me feel sad.

地震では、約9千人が亡くなったそうです。直後から各国からの多額の支援金があるそうですが、ちょうどその年に制定されたネパール憲法をめぐって与野党との対立で政治が混乱しており、復興に対応するのがかなり遅くなったそうで、現在も効率的な運用がされていないままだそうです。

この状況、確か東北地方太平洋沖地震でも同じようなことがありましたよね。日本の震災では、道路の復興が1週間後にはもうされていたのが世界で驚かれ賞賛されていましたが、ネパールでは、未だにレンガとセメントで作られる建物がみられるので、心配になりました。

Approximately 9000 people died in the earthquake. Although Nepal government received donations from many countries, it has not been spent adequately as there was a confrontation between the ruling and opposite parties regarding the first Nepali democratic constitution.

I remember that there was a similar problem in Tohoku earthquake 2011. I remember that the world was impressed by the news that the road was repaired just in a week after destroyed by the earthquake. When I saw the new building under construction with just bricks and cement made me worried. What if another earthquake hit Nepal again…

ホステルの近所で建築中の左の建物。

ダルバール広場からまたさっきの日本語学校があった所に戻り、遅い昼食を取ることに。チョウメンという、ほぼ日本でいう焼きそばを食べました。麵はちょっと固めです。コーヒーも付けて145ルピー(145円)。

I went back to the street where the Japan schools were to take late lunch. I had chow mein which is almost like Yakisoba (fried noodles). The noodle was firm. 145 rupees (145 yen) with a cup of coffee.

チョウメン。ほぼ日本でいう焼きそば。Chow mein. Fried noodles. Almost like Yakisoba. 
右上の日の丸マーク?はもちろん日の丸じゃなくて、ベジタリアンの印です。

ちょっと疲れたので、この後スーパーに寄って、シャンプー、水、クッキー、そして乾麺を買いました。ネパーリ(ネパール人)に様に、乾麺をそのままぱりぱりスナックとして食べます。

なんか体がだるい。風邪っぽい。早く寝ます。おやすみなさい。

I got a little tired so I just stopped by at a super market and bought shampoo, water, cookies, and ramen noodles. I will have the ramen noodles as a snack as Nepali people do.

I feel my body is heavy. Maybe got a cold. I go to sleep early tonight. Good night.

[ネパール]ネパールのチベット人 [Nepal] Tibetan in Nepal.

ナマステー。

今日はノルウェイ人のホステル友達、トリーンと一緒に、ボダナート寺院に出かけました。最大の仏塔があるというヒンズーの寺院です。彼女はそこでチベット人の友人と待ち合わせをしているということです。

Namaste.

I and Trine, a hostel friend from Norway, went to Bodhanath temple. Bodhanath is Hindu temple that has the biggest stupa (tower) in Nepal. Trine was going to meet her Tibetan friend there.

ネパールのタクシー。ロゴもメーターも何もない。Nepali taxi with no logo nor meter,

タクシーを拾うため、客待ちのタクシーが停まっている表通りに出ます。早速運転手をつかまえて値段交渉。ネパールのタクシーはメーターがないので、毎回交渉しないといけないのが、正直若干面倒くさいです。始め500ルピーと言われるも、予めホステルスタッフに相場300ルピーと聞いていたので、2,3度やり取りして300で交渉成立。

First went out to the big street to get a taxi. We find a taxi and the haggling starts. Taxis in Nepal don’t have meter so you have to haggle every time you ride which I find a bit tiring. The driver said 500 rupees but we knew already that the average would be around 300 rupees so we haggled again and again. Didn’t agree so we went on to the next taxi until we got 300 rupees.

ボダナート Boudhanath

ここからトリーンの友達と合流。彼はネパール在住のチベット人です。

We met up with Trine’s friend Tenzin. He is Tibetan living in Nepal.

寺の上は歩けるようになっています。You can walk on the temple.
Prayers. 祈る人々。
Prayers. 祈る人々。

テンジンが私達を家に招待してくれました。Tenzin invited us to his house.

テンジンと彼のお姉さん。Tenzin and his sister.

彼は10歳の時にチベットからネパールに来たそうですが、中国政府からパスポートが発行されない為、以来17年もチベットに帰れていないそうです。チベットの家族とは、電話やテレビ電話で話していると言っていました。

ネパールには同じ境遇のチベット人がたくさんいるそうです。

He moved to Nepal when he was ten years old. Since then, he has never been able to see his family for 17 years. He said that it’s almost impossible to get a passport from the Chinese government. He can only talks with his family in Tibet over video/phone calls.

I was told that it’s not uncommon to see people who are in the similar situation in Nepal.

暖かいお茶とクッキーを頂きました。Hot tea and cookies.

突然の訪問にも関わらず、彼のお姉さんが美味しいお茶とクッキーを用意してくれました。政治やそれぞれの国の事情は分かりませんが、話を聞くうちに、何の躊躇いもなく自由に旅をしている自分が、なんだか申し訳ないような、なんとも言えない気持ちになりました。「私のバッグに入れてチベットに連れて行ってあげるよ」と言う私の冗談に笑ってくれましたが、すぐに後悔しました。

Despite of the unexpected visitors, his sister kindly welcomed us and made tea and some cookies. As I learn about his situation, probably I shouldn’t but I felt bad about me traveling without any hesitation or anything obstacles. I didn’t know what to say so I said “I can put you inside my bag and take you to Tibet!” They smiled at my joke but I instantly regretted it. Stupid me.

Prayer flag.

I pray but not sure what praying can do anything for better.

祈ることが何なのか分かりませんが、強く願っています。

 

帰り道、がさがさっと動くものが。猫。。?

と思ったらまさかのウサギでした(笑) Rabbit. Lol.

[ネパール]もやのカトマンズ。[Nepal] Kathmandu, Dustmandu.

凍えそうな夜が明けて朝食。朝食付きの宿泊料金は、男女ミックスのドミトリーで一泊700ルピー(700円)。

朝食で相席になったインドネシア人のロザーノと、今日はスワヤンブナートとに行ってみようと思ってるよと話すと、じゃあ一緒に行こうということになりました。

The freezing night has gone and now a breakfast at the hostel. The price of the mix dormitory was 700 rupees (700JPY) with breakfast inculuded. I met a Indonesian guy at the breakfast table and we agreed to go to Swayambhunath together.

ところで昨日の冷たいシャワーについて。どうも納得できずに、凍えるベッドの中で”ネパール、お湯、シャワー”とネット検索して分かったことは、ネパールでは、主にソーラーパネルを使ってお湯を沸かしているそうです。なので、お湯の量に限度があり、当然天気に左右されます。聞くと、一番良いのは、昼の4時か5時位にシャワーを浴びる、だそうです。でもその時間帯って、旅行者は大体外出している時間ですけどね。。。苦笑

By the way, about the cold shower yesterday… As I was shivering in bed, I had to google with the words “Nepal, hot shower” and I found the answer. In Nepal, solar panels are used to heat the water so there is a limit to the amount of of the hot shower. And of course it all depends on the weather that day. I was told that the best time to take hot shower would be 4 or 5 pm. What? But that’s usually when travelers are outside exploring the country.

もっと寒い冬はどうしているのか聞くと、昼間に入るか、お湯が出ない場合はささっと冷たいシャワーを浴びるそうです。ソーラーパネルも無い様な田舎のほうに行くと、皆昼間に水シャワーで、もちろん毎日は浴びれないので週に2回とかだそう。薪もあるのですが、それは主に料理に使うので、お風呂にはあまり使わないそう。

I had to ask what do Nepali people do when it’s winter. He said that they he would take shower during the daytime, otherwise he has to take quick shower with cold water. If you go to country side where they don’t even have the solar system, they take cold shower during the daytime while it’s warm. Shower day is only once or twice a week. They do have wood fuel but they use them mainly for cooking, not for hot shower.

話は今日の予定に戻ります。スワヤンブナート寺院までは2,3kmなので、maps.meという地図アプリを頼りに歩いていきます。途中、ATMでルピーを引き出します。道路はほとんど舗装されておらず、砂埃と自動車やバイクの排気ガスで全てが曇っている感じです。皆マスクをしています。よくネパールに来ているというインドネシア人のロザーノ曰く、カトマンズKathmanduならぬダストマンズDustmanduと言われているらしいです。

Back to today’s activity. It’s only 2,3 km to Swayambhunath so we walked using maps.me, which is a map application. I stopped by at a ATM to withdraw some Rupees. Most road was in Kathmandu is not paved so it is very dusty, not only because of the dust but also because of the pollution from cars and the motor bikes. Many people wear mask. Rosano, who often comes to Nepal told me that Kathmandu is also called “Dustmandu”.

この道で合ってる? Is this the right path?

桜? Cherry blossom?

お寺見えてきたー! I can see the temple up there!

お寺というものは大体において高い場所にあるものですよね。この長い階段を上ります。おサルさんがたくさんいました。スワヤンブナートは別名モンキーテンプルと言われています。

As usual, this temple is on the top of hill. So we took many steps. I saw many monkeys on the way. Swayambhunath is also called Monkey Temple.

 

ママどこ? Mommy where are you?

迷子になってしまったのか。泣いて母親を探す子ザル。近くにいた大人ザルにくっつくも、かわいそうに、シーッっと追い払われていました。ママ見つかったかな。

He seemed lost. He was crying looking for his mother. He found an adult monkey nearby and tried to stick with her, but she kicked him out. Poor guy… hope he found his mom.

スワヤンブナート寺院。Swayambhunath.
頂上で会った地元のおじ様。右はホステル友達のロザーノ。With a local man we met at the temple and a hostel friend Rosano.
カトマンズ市内が見渡せます。かなりもやってます。Hazy view of Kathmandu.

帰りにロザーノおすすめのレストランで、ネパール料理のモモを頂きました。揚げ餃子ですね。蒸したモモが主流ですが、このスパイシーなモモも美味しかったです。

We had fried Momo, one of the Nepali cuisine for lunch. It’s sort of fried Gyoza in Japan. Steam Momo is more popular but this chili momo was spicy and delicious.

揚げモモ。Momo.
会うのは1年半ぶり。Reunion after one and half year.

夜は、以前モロッコでのサハラ砂漠ツアーで友達になった、現在カトマンズに住んでいる中国人の友人と食事に行きました。モロッコで一度だけ出会った人にまた違う国で会えるなんて、まさに旅の醍醐味です。ご縁です。彼はカトマンズではなかなか出会いがない(彼女ができない)と嘆いていましたが。笑。

For dinner, I saw my Chinese friend whom I met in Morocco. He lives in Kathmandu. Never had thought that I would ever see him again but I think that  this is what I love about traveling. Meeting people. Making friends. But he was complaining that he never meet any woman in Kathmandu. Lol.

そして、忘れていません!靴下!トレッキング用の厚手のやつ買いました。これで今夜は眠れる。嬉しい。。

And I didn’t forget! Yes, socks! Very important. I bought a pair of trekking socks, nice an warm. Happy. I can sleep now.

Yay! I can sleep now. これで眠れる。でも今日のシャワーが怖い。お湯が出るかどうか蛇口をひねってみないと分からないなんて。。

でもでも!見事お湯出ました~!こんなにもお湯がありがたいなんて。

ではではおやすみなさい。ふう。

But I was still scared to take shower. Because you never know if hot water is available until you turn on the faucet…

I turned on the faucet. Waited for a few minutes. Yay! Hot! I have never appreciated the hot shower so much before.

Well, good night..

[ネパール] テンションダダ下がり [Nepal] Not so exciting start.

イェーイ!ネパールに到着しましたー!

っていうハイテンションではなく、ネパールの初日は、実は色々とテンション下がりまくりで始まりました。

早朝バンコクを出発、マレーシアのクアラルンプール経由で夜10時前にネパールのカトマンズに到着。いや、今考えると、クアラルンプールでの搭乗時から少しイラっときていたのです。

Yay, Nepal!

Was not actual my reaction about the first day of Nepal. Unfortunately, several annoying stuff happened so I was  not so excited at all.

My flight from Thailand was in the early morning via Kuala Lumpur, Malaysia, I arrived at Kathmandu at 10 pm. Come to think of it, I think I was already frustrated at Kuala Lumpur Airport.

まず、ネパール行き搭乗ゲートで搭乗の際、後方座席から案内されているにも関わらず、皆お構いなしに幾重にも列をなして並んでいる。並んでいるというより、ダーッとゲートに集まっている。

At the boarding gate to Nepal, despite the announcement that says that only those with the back-row seats can board at the moment, people rushed into the gate. Not in a queue. In many queues! It was almost like they just gathered around the gate.

エアラインのスタッフが怒って、One by one!と叫ぶ始末。機内に入ると、規定以上の荷物を持っている人が多かったのか、上の棚が一杯でCAの人が場所を確保するのに苦労している様子。やっと荷物を入れて席に着くかと思いきや、今度は席に座らず立っている人、シートベルトをしない人、その度にCAが注意したり指示したり、なかなか落ち着きません。もおー(怒)。結局出発に1時間近くかかった気がします。(少なくとも体感的には)

The airline staff even had to shout out “One by one!” at the crowd. After boarding on the plane, many passengers seemed to have more luggage than they’re supposed to have so the cabin crews had hard time organizing all those luggage in a limited compartment space. There were passengers who were standing for, I don’t know the reason. There were people who didn’t fasten their seat belts on. It was chaotic. It ended up taking almost an hour to depart. (At least I felt it was more than an hour.)

カトマンズのトリブバン空港に到着。荷物がなかなか出てこずまた時間がかかり、やっと到着ロビーを出た頃には、疲労と不安で一杯になっていました。寒いし(多分10℃以下)、夜だし、空港小さいしなんか暗いし。空港Wifiあるかなと探してみると、あるはずもなく。カトマンズに住んでいる友人に言われていた通り、その足で空港内にある、Ncellという携帯電話SIM屋さんへ。

Arrived at Tribhuvan Airport, Kathmandu. It took another long time to receive my luggage so by the time I left the arrival gate, I was exhausted and very anxious about the country. It was cold (Probably less than 10 degree), late at night, the airport was dark. I tried to search airport wifi but failed. So as I was told by my friend who lives in Nepal, I walked up to the Ncell, a phone shop that sells Nepal SIM card, right outside the arrival gate.

初めて、旅先で現地SIMカードを購入しました。申込用紙に名前や住所等書いて、パスポートを提示(コピーを取られます)、プランはどれも30日有効で、どれくらい使うか分からないのでとりあえず2,5GBにしました。SIMカード3ドル、2.5GBで5ドル、合計8ドルでした。そしてタクシーでホステルへ。この時点でまだルピーを持っていなかった為タクシー代も交渉してドルで支払いました。

For the first time, I purchased a SIM in different country. I filled out the application form, my name and address, etc. I handed them a copy of my photo and my passport. I purchased a 30-day plan with 2,5GB. Total 8 USD (3 USD for SIM card, 5 USD for 2,5GB). I took a taxi to the hostel. I didn’t have Nepali Rupees so I paid in US dollars.

運転手さんはカタコトの日本語を話すし良い人そう。ホステルの名前と住所を渡すも、その名前は聞いたことないな、と言って直接ホステルに電話をして場所を聞いてくれました。

The taxi driver seemed nice person, he spoke to me with his broken Japanese. I gave him the name and address of the hostel. He was not familiar with the hostel but he was nice enough to make a phone call to the hostel and safely took me there.

昼間のタメルの通り。ダルチョというヒンズー教の旗がはためいています。Prayer flag (Darchog) on the Street in Thamel (daytime).

無事、ホステルに到着。大した街灯もなく真っ暗な、裏道の様な所にありました。すぐにオーナーらしき男性が出てきてチェックイン。

Arrived at the hostel. It was in a dark back street type of the street with no enough lights. The owner welcomed me and had me checked-in the room.

ホステルのロビー(昼間)。Lobby of the hostel (daytime).

ロビーに一人だけ人がいたので、ハローと話掛けると、イタリア人で、明日ニュージーランドに行くとのこと。しばらくお喋りをして部屋に戻る。そしてシャワーに入ると、え。。?お湯が出ない?でももう服脱いじゃったし、蛇口を何度もひねるもやはりお湯は出ず、しょうがないので冷たい水でそそくさと洗い、シャワーを出ました。

I found a only person at the lobby so said hello. He said he was from Italy and he was checking out tomorrow to go to New Zealand. We chatted for a little while and I went back to the room and prepared to get a shower before going to bed. I opened the water tap. No hot water. I closed and opened the tap again. Waited for a few minutes. No hot water… Well, I already undressed so I had to take a cold shower when it’s less than 10 degree outside.

シャワールームは部屋の離れにあって、余計に体が冷えます。ベッドに入ってからも足が冷えてしばらく寝付けません。明日は絶対に厚手の靴下を買う、と固く決意し目を閉じました。

The shower room was oust side, apart from the room. My body got cold. My feet also got cold so I couldn’t sleep. I told myself that I would buy a pair of warm thick socks the first thing tomorrow, and closed my eyes.

[Myanmar] Myanmar Last day. [ミャンマー]ミャンマー最終日。

ミャンマー最終日の今日も、昨日出会ったミャンマーの日本語学生、グランツとケンとつるんでました。

待ち合わせ場所に向かう途中、警察署の前を通りました。

I hung out with the Burmese students I met yesterday again. Glanz and Ken. As I was walking toward the Sakura Tower where we’re supposed to meet up, I passed by the police station, that says “MAY I HELP YOU?” on the front. Oh, that’s nice of them. I thought.

入口には親切に”MAY I HELP YOU?”の文字が。
っておっちゃん、パトカーの中で爆睡してるし!(笑)Then I found a police officer sleeping in a patrol car!

なんか和む~。ヤンゴン。 I love Yangon.

まず、ミャンマー最大の大聖堂、セントメアリー大聖堂に行きました。ミャンマー人の90%は仏教徒らしいのですが、その次に多いのがキリスト教だそうです。

First, we went to St. Mary’s cathedral, the biggest cathedral in Myanma. It’s been said that 90% of Burmese are Buddhist, but the second largest religious population is Christian.

St, Mary’s Cathedral

グランツの家族は、両親は仏教徒でお姉さんと彼女自身はキリスト教徒だそうで、自分で決めたそうです。両親はそれに対して不満はないのか聞いたところ、特にないとのこと。

Glanz’s parents are Buddhist but she and her sister are Christian. I asked her if her parents say anything about it. She said it’s something you decide so no problem.

ここで彼女が、ちょっと待っててねと言って、ひざまずき何かを祈っていました。

She said ” Wait a minute.” then got down on her knees and started to pray for something.

教会から10分位歩くと、旧ビルマ省庁舎に着きました。ここは、イギリス植民地時代の1947年、アウンサンスー・チー氏の父であるアウンサン将軍が暗殺された現場となった所です。

After ten minutes walk from the cathedral, we arrived at the old city hall, where Aung San, Aung San Suu Kyi’s father, was assassinated in 1947 when it was the colonial period.

事件後、軍政権時代を経ても長い間廃墟状態となっていたそうですが、アウンサン氏を称え保存しようという活動が起こり、現在絶賛修復工事中!だそうですが、修復の様子も含め一般公開されており見学できます。残念ながらこの日は日曜日の定休日で見学出来ませんでした。

After the incident, It’s been abandoned for years but the renovation has been undertaken to save the colonial heritage. They have renovation tour to the public but it was closed on Sunday when I visited.

日曜日以外は見学できます。Renovation tour everyday except for Sunday.

重厚で綺麗な建物で、きっと建築物としても価値のあるものだと分かります。ここで人が暗殺されたと想像がなかなか出来ません。何よりも、この壮大な建物が、暗殺後は長い間放置され、廃墟状態だったという事実が、なんだか人間の闇(歴史の闇?)を感じて怖くなりました。

This historical building is sure to be one of the valuable architectures. I just couldn’t imagine that assassination really happened here. Now it’s quiet and it’s stunningly beautiful. However, the building had been ignored and abandoned for years.

散歩ついでに、船で向こう岸へ。

We took a ferry to the other side of the river.

ヤンゴン川 Yangon River

渡っただけで、下船せずまた戻りました(笑)散歩です。散歩。

Just wen to the other side without getting off.

 

この後食事をして今日は終わり。明日の早朝便でバンコクに戻るので、ホステルでゆっくりします。

We had late lunch and called it off. I’m going back to Bangkok tomorrow morning so I will just relax at the hostel for the rest of the day.

[Myanmar] Day 2-3. Burmese Japanese students. [ミャンマー] 2~3日目。ミャンマーの日本語学生。

ミャンマー2日目。
ミャンマー仏教の総本山であるシュエダゴンパゴダに行きました。歩くには遠いので、一瞬タクシーでいっか、と甘いが頭をよぎるがここはバスに挑戦。ホステルのスタッフがミャンマー語で書いてくれた36番というメモを握りしめ、いざ出発。

Myanmar Day 2: Went to Shwedagon pagoda, The most sacred temple in Myanmar. It’s a bit too far to walk from the hostel, so should I get a taxi? It crossed my mind for a second, but I decided to take a bus. The hostel staff gave me the bus information (Bus number, name of the bus stop) and even gave me a paper with the info written in Burnese on it.

大通りに出て、バス停らしき所でしばらく(20分位かな)待つも、何台もバスは通るけど36番は来ない。不安になり近くの携帯ショップのお姉さんにメモを見せて聞いてみました。よく分らなかったらしく、別の人にも聞いてくれたのだけど、あーでもないこーでもない、携帯で一生懸命検索もしてくれて、カタコトの英語で対応してくれたけど結局分からず。お仕事中にこれ以上は申し訳ないと思い、オッケー!大丈夫!サンキューソーマーッチ!と言って、とりあえず、昨日行ったお寺スーレパゴダの交差点まで行ってみることに。

I went out to the main street and waited at where I assumed was a bus stop, for probably 20 minutes. Many buses were passed by but not 36. So I went inside a mobile store nearby and asked a lady. She seemed she didn’t know so she asked one of her colleagues. After they discussed and searched on the internet for a while, I felt bad and didn’t want to take up their time any longer so I told them that “I will be ok. Thank you so much for your help.” I went to the Sule Pagoda intersection where I was the day before.

それにしてもヤンゴンの道は悪い。いたるところに段差や穴があるので、何もないところでも転ぶ私にとってはちょっとした恐怖。障害物競争の様に、右へ左で飛びながら(?)慎重に足を進める。安全第一。

By the way, the road condition in Yangon is very bad. There are gaps and holes everywhere so it’s fear for me who could stumble even where there is nothing. I carefully hop, step, jump, as if I were in a obstacle race. All for the safety. Safety first.

そして、あ!36番!しかも3台同時に来たよ。ああでも間に合わない~この地獄の交差点を渡らないと。せっかく来たのに3台行っちゃったらもうしばらく来ないんだろうな。。

Is that 36? Yes, that’s 36! Three of them at the same time! But oh no. I need to cross this crazy Yangon intersection to get there! There is no way I can make it, But I don’t want to wait in the sun anymore.と、ゆるーく走ったら間に合いました。。この時ばかりはヤンゴンの渋滞に感謝。

So I ran a little, Just casually, then I made it! Unbelievable. I have never appreciated the Yangon’s crazy traffic until this moment.

そしてシュエダゴンパゴダに無事到着~!

Here I am at Shwedagon Pagoda!

シュエダゴンパゴダ Shwedagon Pagoda

左奥にある塔は、高さ100メートルもあるそうです。たくさんの人がお祈りをしていました。こちらも靴を脱いで素足になるのですが、気温30度以上の暑い中、大理石で出来た床がほんのり冷たく気持ちよかったです。

The tower you see on the left back is 100 meters high. There were many people praying. You need to take off your shoes inside the temple and you would think that the floor would be very hot under the sun (more than 30 degree), however the marble floor felt nice and cool.

立ち寄ったカフェで、日本語を勉強しているミャンマー人の学生に会いました。

I met two Burmese students who were studying Japanese at a cafe I stopped by.隣のテーブルからカタコトの日本語が聞こえたので、声を掛けると、彼らも私が中国人なのか日本人なのかと話していたらしく、久しぶりの日本語でおしゃべり。近くの日本語学校に通っていて、男の子のほうは6月から日本の姉妹校に留学することが決まっていて、女の子のほうは日本で働くべく仕事を探しているということでしたが、なかなかビザまで面倒を見てくれる会社がないとのことでした。

I heard the people at the next table were talking in Japanese so I said “Kon nichiwa” to them. They said they were just talking if I were Japanese or Chinese. We chatted in Japanese for a while. They told me they both go to Japanese school nearby. He said he is going to school in Japan in June. and the girl said that she wants to get a job in Japan but it is hard to find a company that will support visa.

この後、古いボージョーアウンサン市場と、反対に去年オープンしたばかりという近代的なショッピングモールに案内してくれました。(市場の写真は撮り忘れました。)

They took me to old Bogyo Aung San Market and brand new mordern shopping mall that just opened last year. (Forgot to take photo of the old market.)

“[Myanmar] Day 2-3. Burmese Japanese students. [ミャンマー] 2~3日目。ミャンマーの日本語学生。” の続きを読む

[ミャンマー]ビザ申請とヤンゴン一日目。[Myanmar] Visa and Yangon Day 1.

タイに滞在中、ミャンマーに行ってきました。ミャンマーと言えば、アウンサンスー・チー氏。ビルマの竪琴という映画もありましたね。最近ではロヒンギャに関するニュースをよく目にします。民主化されたばかりのミャンマーってどうなんだろう。

I decided to go to Myanmar while staying in Thailand. What comes to your mind when think of Myanmar? I think of Aung San Suu Kyi, an old Japanese movie “Burmese harp”. I also think of the recent news about Rohingya people. Just made me wonder what it’s like there in Myanmar after its transition to democracy..

当初、タイからはバスで行こうと思っていましたが、現地の友人や旅人達に、バスは時間もかかるし国境超えも面倒だよと言われ、タイ人の友人にThai Lion Airという格安航空会社を教えてもらいました。Lion Airじゃなくて、”Thai” Lion Airだから間違えないでね~と。早速検索してみると、ヤンゴンまで往復2380バーツ(約8200円)!安い~。ビザも空路入国だとアライバルビザが取れるということで、空路で行くことに決めました。

First I thought about taking a bus to the border but Thai friend and also other travelers said it’s long trip with several transportation changes and it’s just too much of work. She suggested to take Thai Lion Air, LCC career in Thailand. She made sure that it’s not Lion Air but it’s “Thai” Lion Air. So searched it and found that the round ticket consts only 2380 Baht (8200JPY)! Sounds great! And you can get an arrival visa at the airport. So why not?

Thai Lion Airのウェブサイトで予約、いざクレジットカードで支払おうとすると、何度やってもエラーになりうまくいきません。こんなことは想定済み、と他のカードを試しましたが同じ。え?カード使えなかったら今後どうするの。。とさすがに焦っていると、支払い方法にコンビニ(セブンイレブン)の選択肢見っけ!無事次に進むことができました。ふう。ビザはオンライン<https://evisa.moip.gov.mm/>で申請、事前にクラウドに保管している顔写真をアップしなんなく完了。すぐにメールで確認番号が届きました。

I went to Thai Lion Air website, booked the ticket, and as I was about to pay with my credit card, for some reason it didn’t let me go through. Enter my card number and everything. No? Why. All right, don’t panic, I have other card for the situation like this. What!? Wait. This card doesn’t work either? Why? No. What if none of my cards work for the rest of my trip? My big one year world trip. Then I found the option that says “pay at convenience store (seven eleven)”! Yes! Yes yes seven elevens are everywhere! Yay, got the ticket. Phew.. Then I went to e-visa application page <https://evisa.moip.gov.mm/>, filled out everything and  uploaded passport photo that I saved on my cloud. Mission complete! I safely received the confirmation number via email.

このメールと航空券をホステルで印刷してもらい、準備完了!あとはヤンゴンでの入国審査に挑むのみ。

I asked hostel staff to print out the confirmation paper and as well as the flight tickets. Done! All I need to do is now is to go to the airport.

ところで、空港には早目に着いておきたいけど、チェックイン後の時間つぶし面倒だと思いませんか。ここでプライオリティパスの出番~!

By the way, have you ever felt that it’s such long time to wait for actual boarding after checking in? You want to make sure you’re at the airport hours before but then you don’t want to spend time at a expensive airport cafe or at a bench at the gate. It’s just boring. Especially if you’re budget traveler like me. That’s when the PRIORITY PASS comes in!プライオリティパスとは、世界各地の空港ラウンジが無料で使えるというものです。私はこの世界旅の為に作りました!普通に申し込むと年会費300ドル(3万円)以上ですが、楽天プレミアムカードを持っていると、無料でパスが申し込めるのです。プレミアムカード自体の年会費が10800円かかりますが、頻繁に空港を利用する人にはすぐ元が取れると思います。

PRIORITY PASS is a pass that let you use airport lounge all around the world. I made it for this world travel! If you get it through the PRIORITY PASS, then the annual membershio fee is more than 300USD (more than 30,000JPY) but if you are Rakuten Premium card holder, then you can get a PASS for free. The Rakuren Premium card membership fee is 10,800 yen but if you are frequent flyer, it’s definitely worth it.

なんてったって、軽食やアルコール含む飲み物が無料。高速wifiも使え、ラウンジによってはシャワーが利用できる所もある様です。

You can have snacks, beverages including alcohol, fast wifi, all free of charge. Some airports even have showers where you can refresh yourself after long day or before your long flight.

なんと、マッサージも無料! Massage is complimentary !

後で知ったのですが、ここドンムアン空港ではマッサージ師が常駐しており、なんとこれも無料!私が申し込んだ時は4名待ちで、結局搭乗までの時間に間に合わず残念ながら受けれませんでしたが、次回は絶対マッサージするぞ!

Here at Don Mueang Airpot in Thailand, there is even a masseuse and you can get a massage! All complimentary! I of course requested one for myself but there are already four people in queue and sadly my time was up and I had to go to the boarding gate before my turn comes. I will get it next time!

 

“[ミャンマー]ビザ申請とヤンゴン一日目。[Myanmar] Visa and Yangon Day 1.” の続きを読む

[Thailand] Vaccination at Snake Farm. [タイ]スネークファームでの予防接種。

これからの長旅の準備のために、予防接種を受けました。全部バンコクで受けました。

理由は、1. なんと言っても安いから。(日本の約三分の一!) 2. 世界中から来る旅行者の扱いに慣れている。3. 滞在中に観光もできる。

場所は、国立毒蛇・感染症研究所(Queen Saovabha Memorial Institute)という所で、スネークファームとも言われています。

I needed to get all vaccination for the world travel. And I got them all in Bangkok. Why? 1, Because it was so much cheaper! Almost one third of the price than it cost in Japan! 2. The travel clinic on Bangkok is used to accept foreign travelers. 3. I can get to visit places in Thailand while staying.

It was actually an institute “Queen Saovabha Memorial Institute”, also called snake farm as it is a research institute where they are using venomous snakes.

池の中央に赤十字が見えます。You see red cross in the center of the pond.
入口。右横にインフォメーションがあります。Entrance. Information desk on the right.

私が受けたのは、以下のワクチンです。カッコ内は料金で全てタイバーツです。バーツの大体3倍が日本円です。

Here are the vaccination I received. Fee is all in Thai Baht.

  1. 4種混合(破傷風・百日咳・ジフテリア・ポリオ)(700)DPP4
  2. 狂犬病(350×3回) Rabies
  3. A+B型肝炎(1,150)*あと2回接種必要 Hepatitis A+B (Twinrix)
  4. 黄熱病(1,200) Yellow Fever
  5. 腸チフス(400)Typhoid
  6. 初診料 30  First consultation fee
  7. 診察料 50×3回 Consultantion fee
  8. 肝炎ワクチン前の血液検査 150 Blood test

A+B型肝炎はあと2回(1回目から1ヶ月後と6ヶ月後)受ける必要があるのですが、2回目はネパールで受ける予定です。そのことを言うと、親切にネパールの病院を紹介してくれました。

Hepatitis A+B, I need to get two more shots. (2nd time after one month. 3rd time after 6 months) I’m going to get the 2nd shot in Nepal. They kindly gave me the information of the hospital I can go in Kathmandu.

破傷風を含む4種混合は、転んだりして傷口からバイキンが入る可能性もきっと大なので、基本中の基本と思います。個人的には、百日咳が含まれているのが嬉しかったです。というのも、数年前に百日咳にかかり、その名の通りひどい咳が約3か月続いたのです。日本でも近年大人にも感染が拡大しているそうですが、予防接種は幼児のみ必須となっていて、大人向けの予防接種は通常していないとその時のお医者様が言っていて、大人でも受けられたら良いのにと思っていたところだったのたで、何気に嬉しかったです。狂犬病は、動物好きとしては猫を触ってしまう可能性大なので必須。腸チフスは、インド向けに受けました。黄熱病は、ブラジルやボリビア入国の際にビザの要件となっているので必須です。

DPP4 is a basic because I’ sure I will stumble and it’s possible I get infected from the cut. I was happy that DPP4 includes pertussis which I have gotten few years ago and I was wishing that the vaccination was possible for adults in Japan. The doctor then said it’s only for children in Japan even though it’s getting popular among adults. Rabies, I need it because I likely touch street cats because I love cats. I love animals. Typhoid is for India. Yellow fever is required for visa to enter Brasil or Bolivia so it is a must.

処方箋をもらったら、薬局に行き料金を現金で支払い、ワクチンを受け取ります。After you get a prescription, you go to pharmacy and pay in cash, then receive vaccinations.

その後ワクチンを持っていくと、ナースが注射を打ってくれます。注射の前にこれは少し痛いわよ、とか優しく声をかけてくれました。

Then you go to operation room and get shots from a nurse. It was nice that she sometimes smile and warn me saying “it’s going to be a bit painful.”

注射が終わると、15分リラックスしてから帰ってくださいと言われました。その間に、もらった注意事項などが書かれた説明書を読みます。 After shots, I was told to relax for 15 minutes before I leave so I was reading the information they gave me.

ナースもお医者さんも、簡単な英語で対応してくれるので、全く問題ありません。受付、体温や血圧を測る部屋、問診、注射、全ての部屋に番号が書かれているので、誘導される番号の部屋に行けばOKです。院内はどこも清潔で、合計3回行きましたが、いつも空いていて待ち時間ほぼゼロでした。そして皆ゆったりとしていて優しかったです。ナースに恋する人の気持ちが分かりました。人って心細い時や弱っている時、危機的状況では恋に落ちやすいって言いますもんね。何だっけ?なんとか効果。。えーっと、はい、吊り橋効果と言うらしいです。

The nurses, doctor, pharmacists, they all speak to you in basic English that made everything very easy! All rooms have numbers on the doors so you just go to the room you’re told to go. The facility was very clean. I went three times in total and not even once I had to wait. They all seemed to be relaxed and very helpful the whole time.I kind of understand how people fall in love with nurses when they’re sick and worried. What was it called? Roller coaster effect?

全て終わると、接種の記録がされた通称イエローカードが発行されます。白い方は、2回目以降の日程が書かれています。

After all is done, they gave a yellow card. The white one is the schedule for the second and third visit.

一回目は、前のブログで前述したとおりバディさんが付き添ってくれましたが、2回目は、宿泊しているホステル近くからローカルバスに乗って行きました。バンコクのバスは、距離やエアコン付きなどによって料金が変わる様です。ホステルから約6kmの距離で、エアコン付きバスで12バーツ(約40円)。ちなみにエアコン無しにも乗りましたが、6,5バーツ(約23円)と激安でした。バスには運転手の他に車掌さんが乗っており、行き先を伝えて支払います。お釣りもくれます。目的のバス停が近づくと親切に教えてくれます。運転手さんに色々聞くのは運転の邪魔になる様で聞きづらい事もあるので、車掌さんがいるこのシステム、個人的には気に入りました。でも後で調べると、今後は電子カードの導入が決まっているらしく、この経験も貴重なものになるのかも知れません。

Buddy was with me for the first visit but the second time, I took a local bus for the first time in Bangkok. Bus fare varies depending on if it’s with AC or the distance. It was less than 6 km from the hostel and the bus had AC. It was 12 baht (40yen) . I also took one without AC and it was 6.5 baht! (23yen!) So cheap! Other than a driver, there is a person who collects money and let you know the name of the bus stop. They will always let you know when your bus stop is approaching. I like the system having someone on the bus because you don’t want to interrupt the driver asking directions. However, I heard that it has been decided that they will introduce electric money soon. It’s a bit sad personally but I feel lucky to get to experience it now.

[タイ]一日目:予防接種と優しさ [Thailand] Day 1: Vaccination and heart of gold.

空港泊の朝、バンコクに行くならと上司に紹介してもらったバディさんが、空港まで迎えに来てくださいました。その足でそのまま予防接種の為の病院まで連れていってくださり、なんと、私がワクチンを受けている間もずっと待合室で待っていてくれたのです。異国の地とは言え、単なる予防接種だから全然大丈夫と気楽に考えていましたが、彼女の顔を見ると正直ほっとしました。誰かがいてくれるってこんなにも心強いとは。まだ会って数時間もたっていないのに、感謝です。

In the morning after the sleepover at the airport, Buddy, my boss’s former student now lives in Bangkok, came to the airport to pick me up. She took me to the hospital where I can get the vaccination for my world travel. I was not worried much about it even though it was my first time to go to a hospital abroad. It’s just a vaccination. Nothing serious. But when I saw her golden smile in the waiting room, I felt so relieved. Couldn’t believe that we just met a couple of hours ago!

一通りのワクチンが終わると、病院のすぐ横のご飯屋さんで遅い朝食(昼食?)を頂きました。外は小雨が降る中、空港泊でほとんど眠れなかったのと、ワクチンが終わって緊張が解けたせいか、急に眠くなって少しぼーっとしてしまいました。そして、その時に感じた覚えのある感覚、なんだろう、デジャブ? 後から思い出しました。幼い頃に母と行った病院の帰り、同じ様に病院近くのパーラーでご飯を食べた時の感覚と似ていました。

We left the hospital and went to a cafe right next to the building. It was still drizzling outside. As we’re having late breakfast (lunch?), I suddenly started to feel sleepy. Maybe because I couldn’t sleep at the airport or I was just relieved to be able to get the vaccination. Then I felt something warm in the back of my head. Something feels familiar like deja vu. I tried to figure out what it was for a while… Now I know that it reminded me of the day when I was little, my mother took me to a hospital and we had a snack at the food stall next to the hospital.

 

ご飯の後、彼女の仕事場である病院(ワクチンを受けた病院とは違う)を案内してくださいました。

バディさんは、マヒドン大学ラマティボディ病院で、准教授としてがん研究をされている科学者です。研究室には見慣れたPCRや細胞室があり、親近感が湧きます。

She gave me a tour of the hospital/lab where she works. She is a scientist doing cancer research as an associate professor at the Ramathibodi Hospital Mahidol University. Those equipment and facilities such as PCR, cell culture room made me at feel at home.

病院入口付近に半屋内になっている一角があり、多くの人々が敷物の上で横になったり、ご飯を食べたりお喋りをしたりしていました。聞くと、遠方から来ている入院患者さんのご家族で、宿泊費が払えない方達が寝泊りできるようにその場所を開放しているそうです。(写真は遠慮しました。)

院内には王様や王女の写真が掛けられていました。2016年ラーマ9世が亡くなった際には、国民皆が悲しみ、バディさん自身も長い間暗い色の服を着て過ごしたそうです。

I noticed that there was one corner of the building that is half open air in front of the entrance, where people are lying down on a rug, eating, chatting. etc. This area was provided by the hospital for those who come all the way from the country side to visit their family but cannot afford the hotels in the city. (No photo because I didn’t feel right to take any.)

There were portraits of king and queen on the walls. When King Bhumibol Adulyadej (Rama king 9th) passed away in 2016, the whole nation was engulfed by grief and Buddy said she was very sad and only wore dark clothes for a long time.

彼女がしばし仕事に戻っている間、会議室で本を読んだりしているうちに寝落ちしてしまいました。2時間も。タイと日本の時差分でしょうか。

I fell asleep while I was waiting for her doing some work. Slept for two hours! Maybe exactly the time difference between Thailand and Japan.

そして起きたらなんと!ラボの方が暖かいコーヒーを入れてくださっていましたー。お、美味しい。。Then when I woke up, I found this most delicious coffee ever that one of her lab member made for me! Thank you thank you thank you.

夜にはチャオプラヤー川の素敵なレストランで、美味しいタイ料理をたらふく頂きました。胃がもう一つあったらもっと食べられるのにー。旅あるあるですね。

For dinner, they took me to a Thai restaurant by the Chaophraya river and I had so much delicious food. I wished I had one more stomach.

 

 

 

 

 

 

 

世界旅初日の今日は、タイ人の優しいハートに触れっぱなしの一日でした。

あ、予防接種のこと書くの忘れた。。来週も行くのでまた今度。

So this was my first day touched by golden heart of Thai people.

Oops, forget to write about the vaccination.. well, next time.