[スペイン]古都トレドへ[Spain]Toledo

Hola! (オラ!)

今日はスペインの古都トレド(Toledo)に行ってきます。マドリードから列車で1時間程なので日帰りです。

ホステルの最寄駅La Latina駅で、一日乗り放題のToursit Travel Passを購入(€17)しました。Plaza Eliptica駅10:20発の列車でトレドまで向かいます。

近い!トレドに着きました。

トレド駅前から見えるトレドの大聖堂。

小さなトレド駅を出ると、目の前に大聖堂が見えました。これなら地図を見なくても大丈夫です。緩やかな坂道を歩いていると、何かしら入り口があり、どうやらこのエスカレーターで上に行ける様です。

エスカレーターを登った先にはこの眺めが。

駅の周辺ではあまり人いなかったのに、皆どこにいたの?と思うほどたくさんの観光客が。ちなみにトレドは世界遺産に登録されています。

小道には信号機。車1台がやっとだから多分一方通行。

トレドは3つの文化が交じり合う街と言われていて、中世時代にはユダヤ教、イスラム教、キリスト教の3つの文化が共存していたのだそうです。今だと対立ばかりしている様にも見えるけれど、これまでの旅で知ったことは、意外にも同じ町で普通に共存した暮らしがあったということ。ボスニア・ヘルツェゴビナでもそうだったし、ベラルーシの田舎もかつてはユダヤ人が多く暮らしていたのだ。もちろん、争いの末にユダヤ教の寺院シナゴーグがキリスト教の大聖堂に変わったり、イスラムのモスクが教会に変わったりというのもよくあったけれど。宗教を禁じたソビエト時代には大聖堂が博物館になったりとかね。

トレド大聖堂に来ました。スペインはカトリック教徒が多くトレド大聖堂もカトリックの大聖堂です。入場料€10。(支払いは現金のみ)

サン・フアン・デ・ロス・レジェス修道院 Monastery of San Juan de los Reyes
サン・マルティン橋 Puente San Martín。下にはタホ川。

トレドはタホ川(Tajo River)に囲まれた要塞都市です。

サン・マルティン橋を渡ります。

橋の途中まで渡ってまたこちら側に戻ってきました。

教会かな?

この先が行き止まりだったのか、狭い道をバックしてくる車が。その後にもう1台もバックしてきました。美しい石畳を行くコンパクトカー。なんか車のテレビCMみたい。

この曲がり角も素敵。

小道、小径、スージグヮー、いいですよね。

帰りはマドリードまでの直行バスで帰りました。バスでもトラベルパスが使えました。

明日はコルドバまで南下します。ロシアのサンクトペテルブルクで出会ったホス友のクリスに会う予定です。

[スペイン]ウォークツアーでマドリード市内観光[Spain]City walk tour in Madrid.

Hola! (スペイン語でHiの意味)

今日はシティウォーキングツアーに行ってきます。集合場所は昨日も行ったマヨール広場。

アルムデナ大聖堂 Santa María la Real de La Almudena

アルムデナ大聖堂はカトリックの聖堂です。スペイン人の7割位がカトリック教徒だそうです。

時刻を知らせる鐘の音、振り返ると王宮があります。
スペイン国旗がはためく王宮。
王宮への入場の長蛇の列

大聖堂の向かいには王宮があり、入場券を求める長蛇の列ができていました。ただ、スペイン国王も王族もここには住んでおらず、郊外にあるの別の宮殿に住んでいるそうで、博物館の様になっているそうです。

緩い坂道
ビリャ広場 Plaza de la Villa
シスネロスの家

プラテレスク様式というゴシック様式やムデハル様式という複数のスタイルが混ざったス建物だそうです。確かによく見ると石積みっぽいのや長方形の赤レンガなどがスタイルが混在している様です。

そしておまけの話として、昔スペインでは、ウ○チなど汚物をバケツにたまて窓から外へ捨てていたとか。なので当時のこういう広場などは匂いがすごかったらしいです。
そういえばフランスも昔はそんな感じで、だから香水が発展したという話を聞いたことがあるので、ヨーロッパが全体的にそうだったのでしょうか。トイレの歴史。ちょっと気になります。

ここでツアーは解散。私は7ユーロを支払いました。ヨーロッパで多くのウォーキングツアーがそうである様に今回も金額については自分で決めて支払う方式です。

これからどうしようか。とりあえずエルレティーロ公園という大きな公園に行ってみることに。携帯でどこか面白そうな所がないか探していると、公園の中にクリスタルパレスという宮殿がある様。ガラスの宮殿?らしいです。どういうこと?

公園をゆっくり歩いていると、うわ〜!何これ。

中が丸見え
正面からの全体像

もうすでに全体がスケスケで見えているけれど、とりあえず正面に回り宮殿の中に入ってみます。ちなみに入場は無料でした。

1887年、フィリピンからの植物の展示会の為に造られたグリーンハウスだそうで、現在は展示会などに使われているそうです。日光をサンサンと浴びられる豪華絢爛ビニールハウスと言う感じでしょうか。(チガウ)

公園には、ベラスケス宮殿があったり、湖でボートを楽しむ人、運動を楽しむ人などがいて面白かったです。

明日はマドリードの南にあるトレドの町に日帰りで行ってきます。

[スペイン]サンクトペテルブルクからスペインへ [Spain] Fly from St.Petersburg to Madrid, Spain.

ハロー。2018年9月1日。2泊3日のロシア滞在から、今度は一気にスペインまで移動します!

一旦、サンクトペテルブルクから再び船でヘルシンキへ戻ります。

奮発して(?)、船内レストランにてメニューの中で一番安いペンネを注文。17,8USドル(約1900円)。

16時間後ヘルシンキに到着。下船すると一帯が霧に包まれていました。

ヘルシンキで2泊して、その後はいよいよスペインのマドリッドに移動です!ユーラシア大陸の旅もあとわずかになってきました。

ヘルシンキの宿は、The Yard Hostel。1泊44ユーロ(約4500円)。

スペインマドリッドへ

9月3日。いよいよスペインのマドリッドに向かいます!ヘルシンキ中央駅から空港行きの電車に乗ります。

スペインまでの航空券は、安かったのでノルウェーを経由して行くことにしました。
・ヘルシンキ→オスロ ノルウェー・エアシャトル航空 1時間30分 (約9500円)
・オスロ→マドリッド イベリア航空 3時間40分 (約12,310円)

機内の案内。ここでは金髪になるのね。イランではヘッドスカーフをかぶっていたけど、こういうのもお国柄が出ていて面白い。

経由地のオスロ空港で時間があったので、本屋さんでThe traveling cat chroniclesという小説を買いました。大好きな旅と猫がタイトルになっているという理由だけで手に取ったけれど、作者はHiro Arikawa。有川浩の「旅猫リポート」という本の翻訳版でした。日本からの本ということでなんだか嬉しくなりました。

【読後感】一言でこの良さを表せないのがもどかしいですが、良い本でした。
だいぶひねくれた野良猫と青年が駐車場で出会うことから始まるのですが、心のどこかに傷を負った二人が心を通わせて寄り添って生きていく姿がもう。泣いた。絶賛おススメです。

さて、マドリッドに着いたのは真夜中の3時。

wifiをonにした途端に届いたフェイスブックからのウェルカムメッセージ

いつもドキッとするけど、新しい国に着いてwifiをonにした途端にスマホの画面に現れるフェイスブックからのウェルカムメッセージ。まあね、GPSもonにしてるしね。誰よりも先に私がどこにいるかを把握しているフェイスブック。わかってるけど毎回驚くよね。

マドリッドの宿はOk Hostel Madrid 料金は1泊17,5ユーロ(約2,200円)です。中心地のマヨール広場にも徒歩で行ける便利な場所です。

街に出てみました。こちらが街の中心地のマヨール広場です。

マヨール広場 Plaza Mayor
フェリペ3世の像

広場を囲む様に建てられた建物にはどこも小さなバルコニーがついています。

この像はなんだろう。。

マヨール広場にあるボーダフォンのお店でSimカードを購入。6GB、28日有効で15ユーロでした。その場ですぐつながりました。

前調べで行きたかった、老舗のチュロス屋さんChocolateria San Ginesに来ました。1894年創立だから創業124年。満席でしたが回転が早くすぐにテーブルに座れました。日本人らしき観光客もちらほらいます。濃厚なチョコレートが美味しかったです。濃厚なので食べきれず結構残してしまいました。ああ、胃がもうひとつあったら。

やっぱりバルコニーがあるっていうのがここの建物の特徴なのか、どこも各窓にバルコニーがついている様です。

そしてこれもよく見かけたのが、生ハムのお店。以前同僚のスペイン人の誕生日に皆で生ハム1本プレゼントしたっけ。懐かしい。これ全部日本で買ったら絶対うん十万円はしそうだな。

生ハム。生ハム。

ホステルに一旦戻りましたが、部屋に誰もおらず、下のロビーでも特に出会いもなく、一人近くのバーで夕食。

イカリングのサンドイッチ、オリーブ、飲み物はやっぱりサングリア。

夕食のメニューは、イカリングのサンドイッチ、オリーブ、そして飲み物はやっぱりコーラ!じゃなくて!サングリア!スペインといえばサングリア。フルーツと赤ワインの具合が私好みでちょっと感動するぐらい美味しかったです!
イカリングサンドイッチ€2,99(約380円)、サングリア€3.0(約380円)。オリーブはおまけでついてきました。

明日は市内のウォーキングツアーに参加してこようかなと思っています。

[ロシア]今までで一番最高のホステル![Russia] The best hostel ever!

プリヴィエット!(ロシア語でこんにちはの意味)

まさかロシアで出会うとは思っていませんでしたが、旅を始めて約8ヶ月にして最高のホステルに出会いました!

その名はSoul Kitchen! ソウルキッチンの名の通りキッチンを中心に素敵な空間が!
オススメの理由:

  • ロケーション最高!聖イサアク大聖堂、エルミタージュ美術館、ネフスキー通りが徒歩圏内。
  • スタッフが明るくて親切!
  • その名の通りキッチンが素敵!
  • 清潔、綺麗!
  • 安い!1泊10ドル(約1100円)
  • 他の宿泊者と交流しやすい!
  • 一人になるのも居心地良い!
  • 安全!

まず、場所は聖イサアク大聖堂から徒歩7分、モイカ川沿いにあります。

ドミトリーのベッドはカーテン付きでプライバシーもばっちり。もちろんベッド内に電源やライトもあり、なんと、鍵付きのベッド下の引き出しの中にも電源がある!ので、留守中にパソコンなどの充電も出来ます。

感激したのはバスルーム。この通り清潔でおしゃれだけでなく、個室のシャワールームには小さな脱衣スペースもあり機能面も良いです。

そしてこれはソウルキッチンが誇るキッチン!写真には写ってませんが、大型冷蔵庫があり、庫内も綺麗に整頓されていて使いやすい。そして夕食時ともなると人が集まってきて一緒に料理したり。ガスコンロの数も多く広いので料理もし易そうです。そしてほぼ毎日スタッフの誰かがディナーを作っていて、その場にいると分けてくれます。という実質夕食付き?みたいな感じです。

いつも綺麗に維持されているのは、間違いなくお掃除スタッフのお陰です。よくあるのはホステルスタッフが清掃も兼ねているパターンだと思いますが、ここでは清掃員の女性2人がこまめにお掃除をしているのを一日に何度も見かけました。

これで1泊10ドル(約1100円)は安いですよね!しかもスタッフも全員フレンドリーで親切。きちんとトレーニングされているのかも知れません。

【おまけ】ウクライナで買って残っていたカニ味のポテトが皆にことごとく不評だったこと。

ウクライナで買って残っていたカニ味のポテト。

カニ味噌の味なのか、魚介類の味全般がダメなのか、罰ゲームかゲテモノ食いみたいになっていました。日本人には親しみやすい味だと思うのだけど。。
昔中学生の頃に行ったアメリカで、ホストファミリーに味噌汁を作ってあげた時、大人なホストマザーとホストファーザーは(多分無理して)食べてくれたけど、無邪気なティーネイジャーのホストシスターには、おえっとされて猫のエサみたいという感想をもらってちょっと傷ついたのを思い出しました。
そう考えると、日本のとそっくりなさきイカやシーフード味のポテトチップスを食べるウクライナには他人とは思えない親近感が湧きます。

Anyways!これまでのホステル生活の中で一番のお気に入りになったホステルでした。

[ロシア]ビザ無しでロシアに行く方法[Russia]How to stay in Russia without Visa.

プリヴィエット!(ロシア語でこんにちはの意味)

ここで、気軽に行けるロシア72時間ビザフリープログラムについて記録します。

通常日本人はロシアに入るにはビザが必要です。しかもオンラインでの取得が出来ないので旅の道中でビザをゲットするのは至難の技。なのでロシアに行く予定はなかったのですが、見つけたのです!
このMOBY SPLがやっているツアープログラムに参加すれば、サンクトペテルブルグに限り72時間ビザ無しで滞在出来るのです!

申し込んだツアーは、MOBY SPLのSt. Petersburg & Return visa free up to 72hというプログラムです。

①ビザフリープログラムを選択
②予約人数、往路と復路の日を選ぶ
③予約可能な日程から選びます。
④ヘルシンキからサンクトペテルブルグまでの部屋を選びます。
→をクリックすると更に選択肢が出てきます。

上から安い順で並んでいます。私は一番安いB2Vという部屋を選びました。

⑤次に帰りサンクトペテルブルグからヘルシンキまでの部屋を選びます。
⑥食事を選びます。

食事は、乗船した当日はスーパーから買い込んだものを食べるとして、サンクトペテルブルグでの朝食だけ選びました。

私はサンクトペテルブルグでの朝食を選択。

次に、サンクトペテルブルグでのエクスカージョン(ツアー)やお酒などドリンクを選ぶことが出来ますが必須ではないのでここはスルー。もちろん参加したい人はこちらで選択出来ます。

⑦サンクトペテルブルグ市内のホテルを選びます。

ホテルの選択画面では選択肢の中から予約が出来ますが、私はスルーしました。
ただし、

このビザフリープログラムでは「ツアーに参加する」ことが必須となっていますが、自動的に港から市内までの送迎シャトルバスが「ツアー」として付いてくるので、その他のツアーに申し込む必要はありません。

⑧予約名、パスポート情報などを入力します。

予約名など個人情報を入力し、クレジットカードで決済して予約完了!

料金は合計250ユーロ(約3万円)と実質2泊3日にしては高額ですが、せっかくなのでここはエイッと購入。

ホテルもここで選ぶ必要はなく、私は別途Bookin.comでホステルを予約しました。
但し、入国の際にホテルのバウチャーを見せる必要があるので、必ず事前に予約を取り、予約画面を印刷したものを用意しておきます。(これ大事!)

これでハードルの高かったロシアにビザ無しで行けます!
ちなみに、今年FIFAワールドカップ機関中は観戦チケットを持っている人はビザ無しで入国出来るという特例があったらしいです。トルコで会った旅友達、一番安い観戦チケットを買ってロシア入りしようかなと言っていたけど、本当に行ったのだろうか。