[イラン]で思ったことまとめ [Iran]Random thoughts of Iran

イランでの印象や思ったこと、覚えておきたいことを、まとめておきたいと思います。

スーパーフレンドリー!歩いていると、”ハロー”とか”ウェルカム トゥ イラン!””どこから来たの”と同じ会話を何度交わしたか分かりません。笑。外国人に興味がある様で、イランをどう思う?とよく聞かれました。ある意味閉ざされた環境の中で、興味深々になるのでしょうか。いずれにしても、イランではすぐ友達ができます!

バザール(市場)の道で会ったイラン人。英語を勉強中と言っていました。

お・も・て・な・し

イランはおもてなしの国です。楽器店では、オーナーが楽器を演奏をして見せてくれたり、ケーキ屋さんでは、ケーキ買ったのにお金を受け取らなかったり、会ったばかりなのに別荘に招待してくれたり、ラマダンで断食中なのに沢山のご馳走を用意してくれたり。下心のない、純粋で暖かい優しさがありました。

ちなみに、ケーキを奢ってくれたケーキ屋さんの名前はنان و شیرینی تهران شعبه بهارستان 
場所はこちら。地下鉄Baharestan駅の近くです。
ショートケーキなどおなじみのケーキから、イランの伝統菓子も豊富に揃っています。1個まるごと味見もさせてくれるという太っ腹。

店長が英語で親切に説明してくれます。

服装の制限

外国人旅行者でも、女性はヘッドスカーフで髪を隠さければいけないのですが、一番キツかったのは、気温35℃の中(6月現在)、長袖長ズボン(あるいはロングスカート)を着用しないといけないことでした。
男性は、半袖のTシャツを着ている人もいますが、ズボンは長ズボン。ある日、ホステル仲間のオランダ人(男)が、暑いから半ズボンを履きたいけど大丈夫か?と何人かのイラン人に訊ねました。20代前半の若いホステルスタッフは、ノープロブレム、という返答でしたが、何人かのイラン人男性は、ダメってことはないけど変な目で見られると思うから勧められない、という返答でした。実際に半ズボンで出掛けたところ、特に変な目でみられることもなく、問題ありませんでした。

イラン人友人の話:彼女がまだ学生だった頃、なぜ髪を隠さなければならないのか?と先生に問いただしたそうです。先生は、「それはあなたの髪が美しいからよ。」と言ったそう。その夜、彼女はお父さんにバリカンで髪を剃ってもらいました。翌日、彼女の坊主姿を見た先生は怒り心頭。学校に呼び出されたお父さんは、シラミがいたから剃ったのだと説明したそうです。
全剃りした彼女もあっぱれですが、嘘をついて彼女の考えを尊重したお父さんもすごいですよね。

宗教

イラン=皆イスラム教徒、だと思っていました。でも実際はそうでもなかったです。
イランは、政教一致の体制をとっています。つまり政治と宗教が一緒。
なので、イスラム教徒だからスカーフを被る、断食をする、ということではなく、国自体がイスラム教に則っているので、強制的にスカーフを被る、ラマダン中レストランは閉まっている(日没後は開いています)、だけなのです。もちろんイスラム教徒も大勢います。首都テヘランの様な都会と地方でもは差がある様ですが、どれだけ宗教の教えに従って生活しているかの度合いは、人によって違う様です。

そもそも、現在の様になったのはここ40年位と最近のことだというので驚きました。40年前のイラン革命以前は自由で、当時の画像などを見ると、スカーフを被っている人いない人様々です。しかし現在では、国営テレビや映画も中でも女性は全てスカーフを被っています。

宗教警察

イランには宗教警察がいます。国民が、きちんとイスラムの教えに則って生活しているかを監視しているのです。

ある日、携帯の地図アプリを見ながら歩いていた時のことです。パトカーが近づいてきて、中の人が私に向かって何か言っています。迷子だと思われてるのだと思い、地図あるので大丈夫でーす!とスマホを持った手を上げて見せ、また歩き始めました。するとまた近づいてきて何か言っています。よく見ると、手振り身振りでスカーフをかぶりなさい、と言っているのです。知らないうちに、スカーフが肩に落ちて髪の毛がさらされていた様です。

あと、これは宗教警察ではないのですが、ヤズドのモスク近くで、いきなり50代位の男性に、コートのボタンを閉める様に注意されたことがありました。見ず知らずの人にいい歳した大人が服装を注意されるという、なんともバツが悪かったです。先生に注意された中学生の気分でした。笑。

ちなみに、現地の女性がスカーフをしていないと、ヒジャブジェイル(現地の若い子はヒジャブ刑務所と呼んでいる)に連れて行かれるそうです。たとえ30過ぎたいい大人でも、未婚の場合は親が迎えに来るとか。

治安

イランというと、大丈夫?と聞かれますが、全然大丈夫でした!あくまで、わずか2週間の滞在での個人的な印象ですが、肌感覚としては、ローマやバルセロナの様な観光地よりも、全然安全だと感じました。
まだそこまで観光地化されていない為に人がガツガツしていない、というのもあるのでしょう。危険な場所もあるのかも知れませんが、通常の観光スポットや街は女性一人で歩いていても問題ありませんでした。もちろん夜は誰かと一緒にいた方が良いと思います。

現金

アメリカを始めとする欧米諸国からの制裁の為、VISAやMasterなどの欧米系クレジットカードは一切使用できません。私は、2週間分として700米ドルを持って行きましたが、結果思ったより使わず結構残りました。ご馳走になったり友人宅に泊まったりもしたので。
ちなみに、ネットとかで出てくるレートと実際のレートでは全く違うので、現地の人にその時の相場を聞いてから両替した方が良いと思います。

VPN

ネット環境は日本と変わりませんが、そのままだと、FacebookやGoogle、LINEなどSNSやWikipediaも繋がりません。政府が制限しているのです。(何故かInstagramは使えます。)
そこでVPNが大活躍。VPNとは、仮想的に、例えば日本にいる環境でネット接続ができるというものです。私は、予め2つ(有料のPIA VPNと無料のVPN Cat)のアプリをダウンロードしていきましたが、結局どちらのVPNも使えなかったので、イラン人から教えてもらったVPNを使っていました。
政府とのいたちごっこで、同じVPNでも昨日まで使えていたのに今日は使えない、といった状況はよくあることだそうです。その結果、イラン人のスマホにはVPNのアプリがいくつも入っています。イランあるあるです。笑。

ブラックマーケット?

お酒、トランプ(アメリカファーストのおっちゃんじゃなくてカードの方)、欧米の映画や番組などは政府によって禁止されていますが、大体は手に入る様です。

ざっくり知っておきたいイラン革命のビフォーアアフター

今からちょうど40年前の1978年、イラン革命が始まりました。当時の政権パフラヴィー朝は、欧米化を目指していて、アメリカとはがっつり同盟国だったのです。今では想像つきませんが。しかし、一向に国民の生活は良くならず、そんな中、ホメイニ師によって、イスラム教の信仰に立ち戻ろうという運動が始まり、結果、翌年1979年ホメイニ師が政権を握り、現在の政教一致の体制が出来たのだそうです。
1979年11月には、アメリカ大使館人質事件が起き、それが決定的打撃となり、現在の緊張状態が始まって今に至るのです。
人質事件は、ベン・アフレック主演の映画「アルゴ」で描かれているのでオススメです。

簡単に言えば、革命前は皇帝政治で、革命後はイスラム政治になったのですね。
革命前は、ミニスカートを履いている女性もいたというのだから驚きですよね。

イランの今と未来

今も未来も気になります。
行ってみたら、ニュースなどマスメディアから受けるイメージとは違うイランがありました。やはりメディアの情報はごく一片なのだ、と実感しました。
例えば、イラン人はアメリカ人が嫌いと思っている人もいると思いますが、何人かに聞くと「私はアメリカ人好きよ」と言っていました。政府と個人は違う、ということを自身の経験からよく分かっているのかも知れないなと思いました。

政府へ抗議するため、毎週水曜日に白いヘッドスカーフを被るという運動が起きています。特に若い女性を中心にSNSなどで広がっているそうですが、逮捕者も出ているそうです。

ウーバーと同じ配車アプリもあるし、ピザ、ハンバーガーのデリバリーもあります。

一見、安全平和に見えるイランですが、政府の動きによってどうなるか分からないという不確実さはある様に感じます。どうか、平穏の日が来ますように。

おまけ

イランの紙幣には、イラン革命後に最高指導者になったホメイニさんが印刷されています。

[エジプト]で思ったことまとめ。[Egypy]Random thoughts of Egypt

エジプトの印象や思ったことを、まとめておきたいと思います。

砂漠色

上空から見たカイロは砂漠色でした。砂漠にある国というのを実感しました。

若者

街で見るファミリーもカップルも、とにかく若い。人口の25%が25歳以下の若者だそう。納得。

ご飯

エジプトのご飯て特にイメージがなかったのですが、特に意外だったのは肉で、他にも美味しいものが多いです。。フルーツジュースが最高に美味しい。特にグアバジュース。沖縄のグアバとは違う品種みたいです。


[インド]で思ったことまとめ。[India] Random thoughts.

ナマステー。

約1カ月のインド旅。思ったことをまとめておきます。

ゴミ なんといってもゴミがすごい。田舎でも都会でも、私が訪れた所いたるところにゴミが散乱していました。何度か、大人が路上に平気でゴミを捨てるのを見ました。子供の前でも。とにかく不思議でなりませんでした。汚れようにも程がある。掃除している人も見かけます。でも見ていると、自分の店の前だけ掃いて、片隅に集めたゴミはそのまま放置。横にやっただけ。うーん。。何故。イ色々ンターネットで調べたところ、これがなんとも複雑で奥深そうなことが書かれている記事を見つけました。インドには、ご存知カースト制度があり、現在は法律で禁止されていますが、実際にはまだ階級意識が残っているそうです。そして、下の階級の人達がゴミを拾う仕事を担っている。片づける人がいるから捨てる人は捨てっぱなしということの様です。でももう片付ける人はいないと思うのだけど。

私は今回の旅でインドが大好きになりました。だからこのゴミ問題、どうにか出来ないのか考えてしまうのです。

余計なお世話かも知れないけど、もったいないと思うのです。だってこんな素敵な遺跡や文化があって、多様性に富んでいて楽しい国です。

調べると、様々なNGO団体等が子供の教育などにも取り入れてゴミ問題に取り組んでいる様です。でも読んでいて思ったのは、大人を教育するのって一番難しいことだと。子供に教えて習慣化させるのは比較的簡単だと思うのですが、問題は大人だと思いました。大人に教えるのってどうしたら良いのだろう。。。

 人懐っこくて、優しい。距離が近い。世話焼き。余裕がある(あり過ぎ?笑)。インド人が大好きになりました。彼らのせかせかしていない態度に何度も助けられました。時にそれはイラっとくる態度かも知れませんが、本人は罪の意識がないからこっちも怒る気が失せます。まいっか、と。インド人いいです。

言語 インドの公用語はヒンディー語と英語だそうですが、地域によって様々な言語があり、方言も合わせると2000以上とも言われているそうです。インドが多様性にあふれた国だとは知識として知っていましたが、実際に行くと、同じインド人でも言語が全く違うので、例えばビジョは南の方の出身ですが、ヒンディー語も英語も勉強中ということで、他のインド人とは英語で話していました。

地域によって言語も文化も違うので、インドという一つの国にいくつもの国がある感じだと思いました。今回は北の方だけでしたが、次回は南の方や中国に近い東側も行ってみたいと思っています。

セクハラ(キャットコール、ナンパ等)これはインドを訪れる(または訪れたい)大勢の女性が心配していることだと思います。私も行く前は不安でした。実際はどうかというと、あります。道を歩いていて声を掛けられる、じっと見られるは日常茶飯事かも知れません。躊躇なくジーっと見られるので初めは不快感がありましたが、無視すれば大体それ以上は何もしてきません。声を掛けるのは、何かを売る為の場合も多いです。これも無視。

初めの頃は、ハーイと声を掛けられる度に、ハーイと答えていました。笑顔で。でもしつこくしてくるので、次第に笑わなくなりました。周りの女性を見ていると皆毅然としているので、あ、そういうものかと学び、間もなくきっぱりノー!と言って自分の方向へスタスタ足を進めるのみ、になりました。ま、プシュカールでは騙されたけど。。苦笑。

デリーでは、インド人の友達と行動することが多かったので、声も掛からないし、他の地域でも、私自身はセクハラも全く無かったです。ただ、ジャイプールでナタリー(ベルギー人)とファティマ(ドイツ人)と3人で歩いている時は大変でした。二人ともいわゆる白人の女性。彼女達といると、私の比じゃなく、道では男達が遠慮なしにジロジロ見てくるし、時々放送禁止用語を浴びせてきます。ファティマは同じ日に2度も!人ごみの中お尻を触られたと言っていました。ちなみに、服装はゆったりめの長ズボンに長袖のシャツ。いやいや、服装は関係ないんです!服装が悪いって言っている人がいますが、それじゃあ裸の人は触っていいんかい、ってことになりますよね。人のものは勝手に触らない。

でもこれに関しては、人によって意識の格差が大きい気がします。私が出会ったインド人の友人達はとんでもないと言っていたし、私達と同じ感覚を持っていました。

でも考えてみると、日本もつい最近まで、いや今も?セクハラが横行していたので、少しずつ意識改革していくしかないのかなと思います。日本も20年前と比べて職場環境もだいぶ変わってきた実感があるので、近い将来こういうことが無くなることを願います。

映画館 一度だけ映画館に行きました。始まる前には国歌が流れて、その間起立します。また、映画の途中で10分位の休憩がありました。

インドについて、以上かな。また思いついたら追記していきます。

[ネパール]で思ったことまとめ。[Nepal] Random thoughts.

ナマステー。

ネパールも最後になり、印象に残ったこと、思ったことをまとめて書いておこうと思います。

Namaste.

The Nepal trip is ending so I am just going to write down my random impressions and thoughts about Nepal.

。ヒマラヤの山々があるネパールでは、水が豊富にあると思っていたけれど違ってた!いや、確かに水は豊富にあるのです。あるのですが、水道のインフラが整っていない為にうまく供給されていないのです。カトマンズの街中でも、共同洗濯場があり、皆手洗いで洗濯をしていました。

ポカラ湖のほとりでは、洗濯したものを川辺の芝生?草?の上にそのまま置いて干しているのを見ました。

洗濯機は普及していない様です。洗濯機を売っているお店も見ましたが、なにせ水を供給する水道が整っていないので、特に水を大量に使う洗濯機は、持っていても実際あまり使い物にならないそうです。

Water. You would think that Nepal is water-rich country because it’s surrounded by the Himalayas. But it doesn’t necessarily mean so. Yes, there is abundant of water. But it’s not provided properly to the housings due to the poor infrastructures. There was an outdoor laundry place (I think it’s public) in the city and saw people hand-washing their laundry.

In Pokhara, I saw they put the clothes just on the grass by the lake fro drying.

The washing machine doesn’t seem as common. I saw some home appliance stores that had washing machines but since the water supply is not sufficient especially for the machine that consumes so much water. It could be not as useful as you would expect even if you own one.

電気は、当たり前といえば当たり前ですが、どこのホステルも節電を徹底しており、つけっぱなしの電気はスタッフがすぐに消していました。おかげで私も節電の意識が身につきました。また、以前よりだいぶ改善されたそうですが、私が宿泊していた間に3回、いずれも5分以内の短いものでしたが停電がありました。

シャワーのお湯については前のブログで書きましたが、これが私には一番辛かったかもです。ネパールでは主にソーラーパネルを使っている為、お湯の量に限度があります。そして天気によっても左右されるという具合なので、仕方なく冷たいシャワーを浴びることもあります。田舎の方に行くと、ソーラーパネルも無く、冬はどうしているのか聞いたところ、暖かい昼間のうちに手短に浴びるそうです。薪もあるが、薪は主に調理に使ってお風呂には使わないそうです。こうして考えると、一度や二度の冷たいシャワーで風邪をひいている私は甘ちゃんですね。

Electricity. Although it may be common sense to conserve electricity. Everywhere I stayed, you will find the note on the wall or in the room that request you to save electricity and water. And Often times, the hostel staffs turn off the lights when they find they’re on in the empty room. I am more aware of how much I use them so it’s good. I experienced power cut for three times during my stay but none of them didn’t last more than five minutes. 

Hot shower. As I wrote about it in the previous entry, I think it was the biggest thing for me personally. The solar panels are used in Nepal to heat the water, there is a limit and of course it depends hugely on the weather that day. You end up having to take a cold shower sometimes. I asked how they do in the rural area where is no solar panels, especially in cold winter. They said that they just take bath during the day when it’s relatively warm. They have firewood but they usually don’t use them for bath but they use for cooking.

空気。は悪い。砂埃と排気ガス。これは現地の人も悩ませているようで、現地の人は皆黒い布のマスクをしています。道路がほとんど舗装されていない道路を多くの車やバイクが通るので、常に砂埃が舞っている状態で、緑の木も店頭にある商品も全てが埃をかぶっていて、街全体が常にもやがかかっています。せっかくの緑の木や葉っぱ、花も砂埃をかぶって色がはっきりしません。一日が終わると、爪の間は黒くなって、鼻の中も真っ黒です。

Air. Was bad in Kathmandu. Dust and pollution. The local people seems suffering from it. They wear a mask usually black ones. Non-paved roads and motorbikes cause constant dust that covers everything. Trees, cars, windows, products at shop front. Everything is hazy and gray. Green leaves, flowers no longer have distinct colors.

電線。見てこのカオスな様相。もはやアート?

Electric wires. Just look at this chaos. It is the art that I never understand. 

赤い服。何故かはわかりませんが、女性の着ている服が赤い色が多い。

Red clothes. Not sure why but Napali women often wear red clothes.

男女。レストラン、ホステル、お店、バス、タクシー、働いている人は殆ど男性です。女性もたまに見かけますが、圧倒的に男性が多い印象。ネパールでは男性も女性も25歳位になるとお見合い結婚をするそうです。やはり女性は専業主婦になるのでしょうか。そもそも結婚前にも社会に出ないのか。大学進学する人も少ないのだろうか。

Man and woman. At restaurants, hostels, stores, buses, taxis, all I see is men working. Well, there are women too but men by far. At least that’s my impression.  I heard that both men and women get married by arranged marriage when they become around 25 years old.  Makes me wonder women stay home after getting married. Do they work before getting married? Do they go to college?

トイレットペーパー。ホステルでもレストランでも、備え付けのトイレットペーパーが無いことが多いです。タイでもそうでしたが、便座の側に水道につながっているホースがあり、それで洗います。いわゆる日本でいうウォシュレットです。これに慣れると、意外に気持ち良くすっきりするのですが、洗った後拭きたいのですが、ペーパーがないので、私は常に自前のトイレットペーパーを持ち歩いていました。現地の人は、多分自然乾燥なのだと思います。

Toilet paper. You dcan’t expect toilet papers at hostels or restaurants. (Well, if you go to touristy cafes maybe.)  Like in Thailand, here you also find a hose installed by the toilet bowl. Clean water spray that you can use to wash yourself after use toilet. It is a simple version of the washlet in Japan. Once you used to it, you will like it. I still prefer to use toilet paper to finish up so I always carry my own toilet paper in my bag. I think without toilet paper, you can simply leave it as is just let it dry naturally.

私の国籍。結構な割合でネパール人と思われていました。いくつかの観光地で顔パスで入りました。いや、もちろんそれを狙って入ったわけではなく、ダルバール広場や、迷って挙句に火葬場側から入ってしまったパシュパティナートもそうでしたが、現地人と思われてスルーされた様です。(ネパール人は無料)そういえば、タイでも現地人、タイ人の友人には日本とどこか混ざってるでしょ、と言われていました。

他の外国人と話していて、彼らは払ったと聞いて初めて入場料があったことに気が付いた感じです。ごめんなさいネパール。わざとじゃないです。。ホントです。

My nationality. Often times, I was thought to be a local Nepali by the Nepalis. I entered some tourists places without paying the entrance fee. Of course I didn’t do it intentionally.  Like at Durbar Square, and Pashupatinath where I ended up entering from the crematory side, there were local people there but nobody said anything. They just let me in. (Usually it’s free for Nepalis to enter temples.) Come to think of it, I always get the reaction from the local people in Thailand that they thought I was Thai. My Thai friend said I look mix.

I found out that there was entrance fee when I talked other travelers. I’m sorry Nepal. It just happened unintentionally. Really.

ということで、ネパール。これくらいかな。

明日はいよいよ?とうとう?カトマンズから空路でデリー入りします。ドキドキ。緊張のインドです。人間が10億人いるってだけでもう恐怖です。圧倒されます。友人がデリーに住んでいるインド人の友達を紹介してくれて、彼が空港まで迎えに来てくれると言ってくれて感謝。大きなバックパックを背負って、混雑しているであろう駅や道路を一人で行くのは不安だったので、心底嬉しい。

インドも無事過ごせます様に。

I guess that’s all.

Tomorrow, finally? at last? I’m flying to Delhi, India. I’m nervous. Just the number of the population of a billion makes me feel intimidated.. Overwhelming. Luckily, my friends introduced me of their Indian friend who is currently living in Delhi and he is going to come to the airport to pick me up. That is a great relief because I didn’t want to walk around in the crowd and possibly get lost with my big backpack. Just having someone at the airport makes me feel so relieved.

Hope I will spend time just fine in India.