[イラン]で思ったことまとめ [Iran]Random thoughts of Iran

イランでの印象や思ったこと、覚えておきたいことを、まとめておきたいと思います。

スーパーフレンドリー!歩いていると、”ハロー”とか”ウェルカム トゥ イラン!””どこから来たの”と同じ会話を何度交わしたか分かりません。笑。外国人に興味がある様で、イランをどう思う?とよく聞かれました。ある意味閉ざされた環境の中で、興味深々になるのでしょうか。いずれにしても、イランではすぐ友達ができます!

バザール(市場)の道で会ったイラン人。英語を勉強中と言っていました。

お・も・て・な・し

イランはおもてなしの国です。楽器店では、オーナーが楽器を演奏をして見せてくれたり、ケーキ屋さんでは、ケーキ買ったのにお金を受け取らなかったり、会ったばかりなのに別荘に招待してくれたり、ラマダンで断食中なのに沢山のご馳走を用意してくれたり。下心のない、純粋で暖かい優しさがありました。

ちなみに、ケーキを奢ってくれたケーキ屋さんの名前はنان و شیرینی تهران شعبه بهارستان 
場所はこちら。地下鉄Baharestan駅の近くです。
ショートケーキなどおなじみのケーキから、イランの伝統菓子も豊富に揃っています。1個まるごと味見もさせてくれるという太っ腹。

店長が英語で親切に説明してくれます。

服装の制限

外国人旅行者でも、女性はヘッドスカーフで髪を隠さければいけないのですが、一番キツかったのは、気温35℃の中(6月現在)、長袖長ズボン(あるいはロングスカート)を着用しないといけないことでした。
男性は、半袖のTシャツを着ている人もいますが、ズボンは長ズボン。ある日、ホステル仲間のオランダ人(男)が、暑いから半ズボンを履きたいけど大丈夫か?と何人かのイラン人に訊ねました。20代前半の若いホステルスタッフは、ノープロブレム、という返答でしたが、何人かのイラン人男性は、ダメってことはないけど変な目で見られると思うから勧められない、という返答でした。実際に半ズボンで出掛けたところ、特に変な目でみられることもなく、問題ありませんでした。

イラン人友人の話:彼女がまだ学生だった頃、なぜ髪を隠さなければならないのか?と先生に問いただしたそうです。先生は、「それはあなたの髪が美しいからよ。」と言ったそう。その夜、彼女はお父さんにバリカンで髪を剃ってもらいました。翌日、彼女の坊主姿を見た先生は怒り心頭。学校に呼び出されたお父さんは、シラミがいたから剃ったのだと説明したそうです。
全剃りした彼女もあっぱれですが、嘘をついて彼女の考えを尊重したお父さんもすごいですよね。

宗教

イラン=皆イスラム教徒、だと思っていました。でも実際はそうでもなかったです。
イランは、政教一致の体制をとっています。つまり政治と宗教が一緒。
なので、イスラム教徒だからスカーフを被る、断食をする、ということではなく、国自体がイスラム教に則っているので、強制的にスカーフを被る、ラマダン中レストランは閉まっている(日没後は開いています)、だけなのです。もちろんイスラム教徒も大勢います。首都テヘランの様な都会と地方でもは差がある様ですが、どれだけ宗教の教えに従って生活しているかの度合いは、人によって違う様です。

そもそも、現在の様になったのはここ40年位と最近のことだというので驚きました。40年前のイラン革命以前は自由で、当時の画像などを見ると、スカーフを被っている人いない人様々です。しかし現在では、国営テレビや映画も中でも女性は全てスカーフを被っています。

宗教警察

イランには宗教警察がいます。国民が、きちんとイスラムの教えに則って生活しているかを監視しているのです。

ある日、携帯の地図アプリを見ながら歩いていた時のことです。パトカーが近づいてきて、中の人が私に向かって何か言っています。迷子だと思われてるのだと思い、地図あるので大丈夫でーす!とスマホを持った手を上げて見せ、また歩き始めました。するとまた近づいてきて何か言っています。よく見ると、手振り身振りでスカーフをかぶりなさい、と言っているのです。知らないうちに、スカーフが肩に落ちて髪の毛がさらされていた様です。

あと、これは宗教警察ではないのですが、ヤズドのモスク近くで、いきなり50代位の男性に、コートのボタンを閉める様に注意されたことがありました。見ず知らずの人にいい歳した大人が服装を注意されるという、なんともバツが悪かったです。先生に注意された中学生の気分でした。笑。

ちなみに、現地の女性がスカーフをしていないと、ヒジャブジェイル(現地の若い子はヒジャブ刑務所と呼んでいる)に連れて行かれるそうです。たとえ30過ぎたいい大人でも、未婚の場合は親が迎えに来るとか。

治安

イランというと、大丈夫?と聞かれますが、全然大丈夫でした!あくまで、わずか2週間の滞在での個人的な印象ですが、肌感覚としては、ローマやバルセロナの様な観光地よりも、全然安全だと感じました。
まだそこまで観光地化されていない為に人がガツガツしていない、というのもあるのでしょう。危険な場所もあるのかも知れませんが、通常の観光スポットや街は女性一人で歩いていても問題ありませんでした。もちろん夜は誰かと一緒にいた方が良いと思います。

現金

アメリカを始めとする欧米諸国からの制裁の為、VISAやMasterなどの欧米系クレジットカードは一切使用できません。私は、2週間分として700米ドルを持って行きましたが、結果思ったより使わず結構残りました。ご馳走になったり友人宅に泊まったりもしたので。
ちなみに、ネットとかで出てくるレートと実際のレートでは全く違うので、現地の人にその時の相場を聞いてから両替した方が良いと思います。

VPN

ネット環境は日本と変わりませんが、そのままだと、FacebookやGoogle、LINEなどSNSやWikipediaも繋がりません。政府が制限しているのです。(何故かInstagramは使えます。)
そこでVPNが大活躍。VPNとは、仮想的に、例えば日本にいる環境でネット接続ができるというものです。私は、予め2つ(有料のPIA VPNと無料のVPN Cat)のアプリをダウンロードしていきましたが、結局どちらのVPNも使えなかったので、イラン人から教えてもらったVPNを使っていました。
政府とのいたちごっこで、同じVPNでも昨日まで使えていたのに今日は使えない、といった状況はよくあることだそうです。その結果、イラン人のスマホにはVPNのアプリがいくつも入っています。イランあるあるです。笑。

ブラックマーケット?

お酒、トランプ(アメリカファーストのおっちゃんじゃなくてカードの方)、欧米の映画や番組などは政府によって禁止されていますが、大体は手に入る様です。

ざっくり知っておきたいイラン革命のビフォーアアフター

今からちょうど40年前の1978年、イラン革命が始まりました。当時の政権パフラヴィー朝は、欧米化を目指していて、アメリカとはがっつり同盟国だったのです。今では想像つきませんが。しかし、一向に国民の生活は良くならず、そんな中、ホメイニ師によって、イスラム教の信仰に立ち戻ろうという運動が始まり、結果、翌年1979年ホメイニ師が政権を握り、現在の政教一致の体制が出来たのだそうです。
1979年11月には、アメリカ大使館人質事件が起き、それが決定的打撃となり、現在の緊張状態が始まって今に至るのです。
人質事件は、ベン・アフレック主演の映画「アルゴ」で描かれているのでオススメです。

簡単に言えば、革命前は皇帝政治で、革命後はイスラム政治になったのですね。
革命前は、ミニスカートを履いている女性もいたというのだから驚きですよね。

イランの今と未来

今も未来も気になります。
行ってみたら、ニュースなどマスメディアから受けるイメージとは違うイランがありました。やはりメディアの情報はごく一片なのだ、と実感しました。
例えば、イラン人はアメリカ人が嫌いと思っている人もいると思いますが、何人かに聞くと「私はアメリカ人好きよ」と言っていました。政府と個人は違う、ということを自身の経験からよく分かっているのかも知れないなと思いました。

政府へ抗議するため、毎週水曜日に白いヘッドスカーフを被るという運動が起きています。特に若い女性を中心にSNSなどで広がっているそうですが、逮捕者も出ているそうです。

ウーバーと同じ配車アプリもあるし、ピザ、ハンバーガーのデリバリーもあります。

一見、安全平和に見えるイランですが、政府の動きによってどうなるか分からないという不確実さはある様に感じます。どうか、平穏の日が来ますように。

おまけ

イランの紙幣には、イラン革命後に最高指導者になったホメイニさんが印刷されています。

[イラン]別荘に招待された!そこにはこたつが?![Iran]Country house and Kotatsu

サラーム。

シラーズのホステルで出会ったイラン人のグループが、私とハナを別荘に招待してくれました。

イランのカントリーハウスってどんな所なんだろう。近くには川もあるって言ってたし、期待でテンション上がります。

4WDのトラックで向かいます。
子供達のために持ってきた食べ物をあげます。

途中、ある所で車を降り、何をするかと思いきや、野良のワンコ達に持ってきた食べ物をあげていました。なんて優しいの。

別荘に到着しました!


予想以上の素敵さぶりに一気にテンションあがります。だって、

お庭に小川が流れていたり、
橋が架けられていたり、
東屋まであるのです!
チェリーがたくさん

義父仕込みのBBQが得意という彼を中心に、男性陣が準備してくれます。

プチプチパンに挟んで食べます。

お肉はタレがきいていて、ジューシーで激ウマ。

そしてなんとここでも皆が誕生日を祝ってくれました。
皆優しい。。涙。


そして、数日後にはアフスーンも誕生日を迎えます!一緒にお祝いしました。


楽器を演奏してくれたり、歌も歌ってくれました。

皆で歌を歌ってくれました。

幸せのカタチは色々


ここイランでも、カップルはそれぞれのカタチを持っていました。

【幸せのカタチ①】 ご夫婦でしかもいとこ同士。イランでは結構あるよー、と言っていました。超ラブラブで、彼がお肉を焼いている間、あーんと食べ物をあげたりしていました。小さい頃からお互いのことも家族もよく知っていて、二人を見ているとこういうのも悪くないかも、と思いました。自分があの(私の)従兄弟と、とは正直考えられませんが。
【幸せのカタチ②】 アリは長年イギリスで仕事をした後、現在はテヘランで自分で仕事をしているそう。セクシーな彼女のアフスーンは、イランではまだ珍しいペット(犬)用のバースデーケーキやグッズを販売する実業家。私には結婚は合わないから興味ないと言っていました。お互いを尊重しサポートしあう大人のカップル。
【幸せのカタチ③】 彼女のサダフは現在イタリアの大学に行っていて、テヘラン在住の彼と、遠距離恋愛を始めたばかりです。

まさかのこたつ!

そう。まさにこたつです!KOTATSU! いや、イランではコルシというそうですが、上の天板が無いだけで、中に電気ヒーターがあるのも日本のこたつと同じ。
ハナと私はこのコルシで寝ました。肌寒くなる夜に優しい温かさで、ぐっすり眠れました。幸せ。

翌朝

朝ごはんで食べたクリームチーズにスイカ。これが合うんです!
蒔きで入れたコーヒーは格別

おまけ

面白かったのが、キッチンの床にある排水溝。
タイル張りの床を水で洗い流すことが出来るのです。なるほど清潔。

ちなみに、片付けを手伝おうとしたら、なんやかんや言って手伝わせてくれませんでした。
イランは、おもてなしの国と言われていますが、気の遣い方が日本人と似ている気がします。いかにもおおっぴろげに親切にするという感じではなく、気づかれない様に先回りして、気を遣わせない様に気を遣うのです。
遠慮の仕方も似ています。例えば、お菓子食べる?と聞くと、一回目は必ずノーサンキューというらしく、もう一度聞いてくれと言われました。笑。

帰りも昨日の残りをワンコ達に届けました。

夢の様なカントリーハウスでのひと時。シラーズのホステルで会っただけなのに、出会いっていいですね。こういうのを旅の醍醐味というのなら、イランは、まさにそれが味わえる、最高の国です。

[Iran]寝台列車でシラーズからテヘランへ[Iran] Sleeper train from Shiraz to Tehran.

サラーム。イラン滞在もあとわずかです。シラーズからテヘランへ戻るのに、寝台列車を利用しました。

チケットは、ホステルにお願いしてネットで予約してもらいました。Shiraz→Tehranまで料金700,000リアル(=70,000トマン=1280円)。約15時間の旅です。

シラーズ駅

入り口で荷物検査とパスポートを提示します。なぜかこの後、ハナも私も別室に呼ばれてパスポートを確認されました。大した質問もされず何を確認されたのかよく分かりませんが、すぐにオッケーをもらい無事駅構内に入れました。

予定通り19:05発です。ゲートで予約票を提示します。
プラットホームの向こうには砂漠が見えます。
テヘラン行きの列車。

ちなみに、持っている袋の中身は列車の中で食べようと思って駅で買ったスナック。

お、綺麗。

4人部屋のコンパートメントです。それぞれの座席にはちょっとしたお菓子とペットボトルの水、インスタントコーヒーが付いていました。椅子の上方には電源コンセントと読書灯もあります。

二人のイラン人男性と同室でした。

二人のイラン人男性と一緒でした。奥の男性はエンジニア系の仕事をしており婚約中、手前の男性は高校の体育教師で、独身だと言っていました。左はおなじみ旅友、エストニア系カナダ人のハナ。

発車して間もなく車掌さんがやってきて、この席で問題ないか聞かれました。はじめ質問の意味が分かりませんでしたが、どうも隣の部屋の若いイラン人の女性達が、男性と同じ部屋は嫌なので変えて欲しいと言っていた様で、ついでに私達にも確認してくれていた様です。同室の先生(笑)によると、宗教上男性と同じ部屋になることを躊躇する女性がいるそうです。

確かに、この列車は寝台車なので一緒の部屋はまずいかもですね。なるほど。

食堂車もあります。

食べながらもしきりに落ちてくるヘッドスカーフを直す私を見て、先生がここでは被らなくて大丈夫だよと言ってくれましたが、周りの女性は被っているので一応ここは被っておきました。
それにしても、イランの女性達なんでスカーフ落ちてこないの。イランの女性がスカーフを直しているのなんて殆ど見たことがありません。頭の動きが違うのだろうか。。日本で着物を着るとすり足で歩く様に、ふるまいが違うのだろうか。頭があまり動いていないとか?

夕食は先生がおごってくれました。先生、ご馳走様でした!

ハナと私は上段のベッド。

シーツや枕カバーは、クリーニング袋に入ったまま配られるので清潔安心。
先生が私たち二人のベッドメイキングまでしてくれました。
そして、はい、おやすみの挨拶〜!っと先生の号令で消灯。って修学旅行か。笑。

途中停車したSafa Shahr駅。

途中のSafa Shahr駅で、お祈りの時間ということで、20分位の停車がありました。駅内にちゃんとお祈りの部屋があるんですね。私たちも気分転換にホームに降りて身体を伸ばします。
そうそう、知らなかったのですが、イランでは、高校まで男女別々の学校に行くらしく、大学で初めて共学になるそうです。ちなみに、先生の学校は男子校だそう。

テヘラン駅に到着。

無事テヘラン駅に帰ってきました。

ここで二人とはお別れです。

15時間の長旅でしたが、ベッドも快適でよく眠れまたし、同室の二人もフレンドリーで親切。イランの寝台車、なかなか良いです。

おまけ

イランでのバックパッカースタイル。

バックパッカー in イラン
  • 髪を隠すヘッドスカーフ(外国人旅行者でも宗教に関わらず被ることが求められます。)緑のスカーフはテヘランで買いました。
  • 長袖、長ズボン
  • 身体の線を隠すため、持っていたスカーフを腰に巻いています
  • そしてスニーカー、これはどこの国でも同じですが。(イランの女性達は、サンダルなど足指が出たものを履いている人もいました。)

[イラン]シラーズ:もうひとつのピンク、そしてサプラーイズ![Iran] Shiraz: Another Pink and surprise!

サラーム。今日はシラーズにあるもうひとつのピンク、Maharloo湖です。ホス友(ホステル友達)の中国人のナイスガイ達と行ってきました。ドライバー兼ガイドは、昨日と同じMasoudさん。
Masoudさんはいつも笑顔の優しいガイドさん。英語ができて、説明も分かりやすくておすすめです。

Masoudさんからもらった名刺

ピンクは突如現れました。

塩湖で、夏の終わりまでに段々と水が蒸発することによって、塩の濃度が上がりピンク色になるそうです。そして秋頃からは白くなるらしいです。今日は6月2日ですが、綺麗なピンクでした。

岩から滲み出た塩でしょうか。
3人は中国人の旅人です。
塩の山。採集のためのトラックがありました。
今日もやっぱりスイカで休憩。白い容器には手洗い用の水が入っています。気がきくMasoudさん。

サプライズ

夕飯は、ホス友皆でレストランへ。
注文を終えテーブルで待っていると、びっくり!サプライズで誕生日を祝ってくれました。

誕生日の歌を歌ってくれているのは、日本にも留学していたことがあるエストニア人のハナです。昨日、私が明日で⚪︎⚪︎歳になると言うと、絶対ウソと信じてもらえませんでしたが(笑)、彼女が中心になって皆と計画してくれた様です。涙が出そうになるのを、必死に笑顔で堪えていました。「何歳になった?」というハナの質問も笑顔でスルー。笑。

まさかイランで誕生日を迎える日がくるとは、人生分からないものですね。
自分の家族や友達はいないけど、人種も国籍も全く違うけど縁あって時間を共にした旅仲間がいる。彼らの過去も未来も分からないけど、一緒に楽しく過ごす時間がある。わあ。なんだこれ。考えれば考えるほどしみじみ驚く。。。

今日もいい日でした。

[イラン]シラーズ:ペルセポリス遺跡とバックギャモンの戦い[Iran]Shiraz: Persepolis and Backgammon!

サラーム。朝ピンクモスクに行った後、ホステル仲間とタクシーを貸し切り、ペルセポリス遺跡に行ってきました。

ペルセポリス (Persepolis)とは、アケメネス朝ペルシア帝国の都で、ダレイオス1世(ダーラヤーウ1世)が紀元前520年頃から建設した宮殿群です。(Wikipediaより引用)

ヨルダンのペトラ、シリアのパルミラ、そして今回のイランのペルセポリスは、中東の三大遺跡と言われているそうです。

ナクシェ・ロスタム

ナクシェ・ロスタム

ペルセポリスに行く前に、ナクシェ・ロスタムという、アケメネス朝の王様のお墓に寄りました。ヨルダンのペトラ遺跡で見た王墓を思い出させます。中に入るには入場料が必要というので、それならここからでいっかと全会一致し、外から眺めました。

途中、ドライバー兼ガイドのMadoudさん持ってきてくれたスイカで休憩。

ペルセポリス遺跡

入り口でセキュリティチェックを受けます。事前調べで、大きなバックパックなどは持ち込み禁止だとわかっていたので、小さめのバッグを持っていきました。

階段にいたトカゲ

セキュリティを通り、大階段を上った先で、VRを見るためのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が借りられます。この装置を覗くと、VRで当時の様子が再現されて、まるでその時代にそこにいる様な体験ができます。

VRでタイムスリップ。
正門のクセルクセス門
ライオンの大きな爪ががっしりと牛を捕らえています。
思わずたじろぐ程の鋭い目と爪。
外国の国々の使者。ペルシャ帝国の力を示しています。
謁見の間

ペルセポリスは結構破壊されているのですが、その理由は、ギリシャのアレクサンドロス大王がアケメネス朝(ペルシャ帝国)を征服した際に、火を放って破壊したからだそうです。アレクサンドロス大王って、確かエジプトの地中海に面したアレキサンドリアまでも征服した王だったっけ。エジプトや中東まで勢力を広げたギリシャの力を感じます。

破壊といえば、中東の三大遺跡のひとつであるシリアのパルミラ遺跡は、最近ISイスラム国によって破壊され、博物館からは貴重な収蔵物が盗まれたというニュースを思い出しました。この悲しい出来事も、これまでの歴史の様に、未来の歴史に刻まれるのだと思うと、人が「征服し征服され」を繰り返す歴史は、今も変わっていないのか、とやりきれない気持ちになります。

双頭鷲像(Zoomorphic Griffin)
上の王墓まで登ります。

上の王墓までの道はあまり整備されておらず、足元が不安定で、砂で滑りやすくなっています。私のスニーカーでも滑りそうになるのに、草履で登っている強者がいました。(ま、どこでもいつでも草履っていう旅人はよくみます。ある意味羨ましい。)
あと、デートらしきカップルの女性がハイヒールで彼に支えながらヨロヨロと歩いていました。(気持ちはわかる)

アルタクセルクセス2世の墓

可愛くドレスアップしていた女の子
帰り道、夕日が綺麗でした。

ビックギャモン

宿に戻ると、ビックギャモンというゲームで盛り上がりました。ビックギャモンとは、中東発祥のボードゲームで、サイコロを振り勝ち進めていきます。

右の女性はホステルのスタッフ。シラーズサラダを作りながら、観戦しています。
そして参戦。笑。エストニア vs イラン。

おまけ

暗闇の夜の街に浮かぶ、小さな可愛いコーヒーショップを見つけました。静かに入れてくれたコーヒーは美味しかったです。
Ba Ma Cafe

メニューも可愛い

シラーズでの宿

さて今回シラーズでの宿は、Taha Hostelです。1泊8,5ユーロ(約1,090円)。朝食付きで美味しかったです。
スタッフが皆フレンドリーで優しかったです。中庭には屋根のある共有スペースがあって、皆そこでまったりしたり、ビッグギャモンもしています。本館と別館があり私の部屋は本館だったのですが、別館に泊まった人によると、部屋は悪くないがフロントや朝食を取る共有スペースがある本館の方が何かと便利で良いと言っていました。

延泊したのですが、ドミトリーが満室ということで、なんと特別にプライベートルームに泊まらせてくれました。ラッキー。