[インド]で思ったことまとめ。[India] Random thoughts.

ナマステー。

約1カ月のインド旅。思ったことをまとめておきます。

ゴミ なんといってもゴミがすごい。田舎でも都会でも、私が訪れた所いたるところにゴミが散乱していました。何度か、大人が路上に平気でゴミを捨てるのを見ました。子供の前でも。とにかく不思議でなりませんでした。汚れようにも程がある。掃除している人も見かけます。でも見ていると、自分の店の前だけ掃いて、片隅に集めたゴミはそのまま放置。横にやっただけ。うーん。。何故。イ色々ンターネットで調べたところ、これがなんとも複雑で奥深そうなことが書かれている記事を見つけました。インドには、ご存知カースト制度があり、現在は法律で禁止されていますが、実際にはまだ階級意識が残っているそうです。そして、下の階級の人達がゴミを拾う仕事を担っている。片づける人がいるから捨てる人は捨てっぱなしということの様です。でももう片付ける人はいないと思うのだけど。

私は今回の旅でインドが大好きになりました。だからこのゴミ問題、どうにか出来ないのか考えてしまうのです。

余計なお世話かも知れないけど、もったいないと思うのです。だってこんな素敵な遺跡や文化があって、多様性に富んでいて楽しい国です。

調べると、様々なNGO団体等が子供の教育などにも取り入れてゴミ問題に取り組んでいる様です。でも読んでいて思ったのは、大人を教育するのって一番難しいことだと。子供に教えて習慣化させるのは比較的簡単だと思うのですが、問題は大人だと思いました。大人に教えるのってどうしたら良いのだろう。。。

 人懐っこくて、優しい。距離が近い。世話焼き。余裕がある(あり過ぎ?笑)。インド人が大好きになりました。彼らのせかせかしていない態度に何度も助けられました。時にそれはイラっとくる態度かも知れませんが、本人は罪の意識がないからこっちも怒る気が失せます。まいっか、と。インド人いいです。

言語 インドの公用語はヒンディー語と英語だそうですが、地域によって様々な言語があり、方言も合わせると2000以上とも言われているそうです。インドが多様性にあふれた国だとは知識として知っていましたが、実際に行くと、同じインド人でも言語が全く違うので、例えばビジョは南の方の出身ですが、ヒンディー語も英語も勉強中ということで、他のインド人とは英語で話していました。

地域によって言語も文化も違うので、インドという一つの国にいくつもの国がある感じだと思いました。今回は北の方だけでしたが、次回は南の方や中国に近い東側も行ってみたいと思っています。

セクハラ(キャットコール、ナンパ等)これはインドを訪れる(または訪れたい)大勢の女性が心配していることだと思います。私も行く前は不安でした。実際はどうかというと、あります。道を歩いていて声を掛けられる、じっと見られるは日常茶飯事かも知れません。躊躇なくジーっと見られるので初めは不快感がありましたが、無視すれば大体それ以上は何もしてきません。声を掛けるのは、何かを売る為の場合も多いです。これも無視。

初めの頃は、ハーイと声を掛けられる度に、ハーイと答えていました。笑顔で。でもしつこくしてくるので、次第に笑わなくなりました。周りの女性を見ていると皆毅然としているので、あ、そういうものかと学び、間もなくきっぱりノー!と言って自分の方向へスタスタ足を進めるのみ、になりました。ま、プシュカールでは騙されたけど。。苦笑。

デリーでは、インド人の友達と行動することが多かったので、声も掛からないし、他の地域でも、私自身はセクハラも全く無かったです。ただ、ジャイプールでナタリー(ベルギー人)とファティマ(ドイツ人)と3人で歩いている時は大変でした。二人ともいわゆる白人の女性。彼女達といると、私の比じゃなく、道では男達が遠慮なしにジロジロ見てくるし、時々放送禁止用語を浴びせてきます。ファティマは同じ日に2度も!人ごみの中お尻を触られたと言っていました。ちなみに、服装はゆったりめの長ズボンに長袖のシャツ。いやいや、服装は関係ないんです!服装が悪いって言っている人がいますが、それじゃあ裸の人は触っていいんかい、ってことになりますよね。人のものは勝手に触らない。

でもこれに関しては、人によって意識の格差が大きい気がします。私が出会ったインド人の友人達はとんでもないと言っていたし、私達と同じ感覚を持っていました。

でも考えてみると、日本もつい最近まで、いや今も?セクハラが横行していたので、少しずつ意識改革していくしかないのかなと思います。日本も20年前と比べて職場環境もだいぶ変わってきた実感があるので、近い将来こういうことが無くなることを願います。

映画館 一度だけ映画館に行きました。始まる前には国歌が流れて、その間起立します。また、映画の途中で10分位の休憩がありました。

インドについて、以上かな。また思いついたら追記していきます。

[インド]日本へ荷物郵送 [India] Shipping a package to Japan.

ナマステー。

次の目的地ヨルダンに行く前に、一旦デリーに戻っています。

ちなみに、ウダイプールからは今回飛行機を利用しました。約1時間半。ここのところずっと長距離バスだったので、やっぱり飛行機は早いですね。

デリーのホステルは、前に泊ったHide-in Hostelです。ラトビア移住の為のビザ待ちビジョと再会です。

デリーでやったおきたいことが、日本への荷物の発送です。友人にお願いされてネパールで買った、プレイヤーフラッグを送る為です。実は2日前にも郵便局に行ったのですが、その日はグッドフライデー(3月30日)というキリスト教の祝日だったため、休業日でした。

インドはヒンズー教のイメージが強かったので、キリスト教の祝日も公休日になるとはちょっと意外でしたが、そういえば友人ビジョもキリスト教信者なんですよね。ここでも、インドの多様性を見た気がしました。

何かあった時のために、ビジョに付いてきてもらいました。

ホステルから最寄りのサケット郵便局。

早速日本で郵送したいと言い荷物を見せると、隣の窓口へ行けと言われ行くと、普通郵便だと紛失しても補償が無いから特別便?で送った方が良いと言われました。紛失ってよくあるのか聞くと、よくあるかは分からないけど紛失しても補償されないよ、と妙に特別便押ししてくる。紛失がそんなに頻繁にあるってこと?

金額を聞くと、普通郵便が345ルピー(約560円)と安かったので、普通で送ることにしました。ちなみに特別便が幾らだったか覚えていませんが、3倍位した気がします。もし紛失しても中身は高いものじゃないし、その時はその時。そう告げると、今度は梱包してきなさいと言います。

どうも決まった布製のもので梱包しなければいけなく、でも、その布は郵便局内では売ってない。布屋さんで買えるとのことなので、近くの布屋さんを探し購入。

今度は、荷物のサイズに合わせて縫ってくれるミシン屋さんを探します。1件ミシンの前に座っているおじさん発見。お願いするも今日はやっていない、と断られましたが、しつこくお願いすると、縫ってくれました。なんで最初拒否されたんだろう?とりあえず良かった。

郵便局に持っていくと、送り先送り元の住所を油性マジックで書くように言われました。なのに!マジックは郵便局には置いていないと申す。なんだとー。マジック1本も置いてないんかい!

と言ってもしょうがないので、黙って文具屋さんへ。

マジックお買い上げ。

再度窓口へ行き、やっとで発送出来ました。

最後に控えを受け取り終了。

かかった料金 合計455ルピー(約735円)

<内訳> 郵便345 、布50、ミシン代30、油性ペン30

たったの1つ荷物送るだけで結構手間ひまかかりました。疲。インド人のビジョも発送方法について知らなかった様です。ま、海外に発送することってあまりないもんね。

ここで日本人の私は、絶対必要と分かるペンや布袋何故置いてないんかい!とキレそうになりましたが、ここはインド。自分の常識をかざしてもね、知ってたら家でちゃんと準備して来ればいいだけの話だしね、と自分に言い聞かせて。Move on. あとは、荷物が無事友人の元へ届くことを願って。

追記:ちょうど1週間後の4月9日に、ちゃんと届いたとの連絡がありました。

 

ちなみに、デリーでは、観光する所ももうないので、ゆっくり調べものをしたりして過ごしています。あと、毎朝公園でワークアウトをするビジョについて行って、私もちょびっとだけワークアウト(散歩?)しています。

公園を歩いていると、何やらキラキラしたものを発見。孔雀の羽だ!綺麗。ビジョ達が孔雀を見たって言っていたのですが、これは確かにいる証拠。インドの国鳥でもある孔雀。ぜひ見たーい!探そう。

ってことになり、前回の目撃現場を中心に探索。

そして見つけましたー!

画面上部に右から左へと歩く孔雀見えますか。途中、降ってくる鳥(スズメ)じゃないですよ。笑。

動画内では、ビジョが、あれはオスだ、オスのほうがいつでも綺麗なんだ、と説明しています。

地元沖縄にもあるブーゲンビリア、インドでもよく見ます。

もうすぐインドから離れると思うと本当に寂しい。。盛りだくさん色々ありました。

旅に出る前は、行く先々での出会いを楽しみにしていたけど、その後の別れは想像していませんでした。はあ。

[インド]湖の街ウダイプール [Inidia] City of lakes, Udaipur.

ナマステー。

ウダイプールにやってきました!ラジャスタン州で訪れる最後の街です。いや、インドで最後の街です。涙。

ウダイプールは、別名レイクシティ。5つの巨大な人口湖があります。山に囲まれており、川を堰き止めて作られたそうです。

ピチョーラー湖

ピチョーラー湖の面するシティパレス、マハーラーナー宮殿です。

1951年の戦いを最後に象の戦いは終わったと書かれています。1951年ということは、インドがイギリスから独立したのが1947年だから、独立して間もなくということか。

マハーラーナー宮殿からはジャグニワース宮殿も望めます。

ジャグニワース宮殿

宮殿に住んでいた王女達の写真が飾られていました。

どの写真も足元は写っていません。なんでだろう。

 

宮殿の後は街を散策しました。道端でゴーヤーを発見。そういえばカレーにゴーヤが入っているのを、インドのどこかで見た気がするけどどこだっけ。

 

そして今日一番の衝撃は、なんといってもこれ!

サングラスや眼鏡と一緒になんと入れ歯が。。誰が買うのだろう。。既製品の入れ歯なんて聞いたことないけど、まさかリサイクル。。

街角で、何かの像を修復している様でした。

あるカフェの看板。ディスプレッソ。

Depresso (ディプレッソ) = コーヒーが不足している時に感じる気分の落ち込み。

落ち込んだ状態を表す英語”ディプレッション”とエスプレッソをかけている様です。笑。

夕暮れには人々が水浴びをしていました。

 

翌日。空路ウダイプールからデリーへ戻りました。

ウダイプール空港

上空から見たウダイプール。こうやって見ると、やっぱり砂漠って感じですね。

ということで、一旦デリーに戻ります。いよいよインドとのお別れが近づいてきました。

[インド]ブルーシティ、ジョドプール [India] Blue City Jodhpur

ナマステー。

今日はプシュカールからジョドプールへ移動です。早朝4時起き、前日にお願いしていたトゥクトゥクが来てない。フロントに確認するとどうも忘れられていた様で、急遽バイクでバス停まで送ってもらことに。

バイクっていってもいわゆる原チャリのスクーター。これに二人乗って、大きいバックパックは運転手の足元に両足で挟む様に置き、私はもう一つのバックパックを背負っていざ出発。これが飛ばす飛ばす!急いでくれるのはいいけど、慣れないバイクだし、バランスを崩さない様に必死につかまってスピードに乗る。え!そういえばヘルメットかぶってない。。と気づいても遅し。行くしかない。これで事故ってもしょうがない。とりあえずここは彼の運転テクを信用して。

ふう。どうにか無事間に合いました。

プシュカールからジョドプールまで、バス代250ルピー(約405円)。所要時間は確か5時間位だったかな。エアコンなしだったけど、窓から風が入ってくるので全然大丈夫でした。ただ、何度もジャンプする位揺れに揺れるので、お尻が痛かったです。

バス停からはUberでホステルまで行きました。てかUberほんと便利!特にインドみたいな国では安全です。運転手の情報や評判も分かるし、乗車記録がGPSで記録されるので何かあっても追跡できます。しかもタクシーより安いし、面倒な値段交渉も要らないし騙されたりといったトラブルもタクシーよりは断然少ないと思います。

話は戻ってジョドプール。日本語ではジョードプルと書かれているけど、発音的にはジョドプールが近いんじゃないかと思います。

ジョドプールは、別名ブルーシティとも呼ばれていて、青の建物が多い街です。ただ、思ったより青は見つけらませんでした。青色は、暑さを和らげる為だそうです。

そもそもここに来たのは、私がフォローしているトラベルブロガーVagabrothersのYoutubeを見たからなのです。

興味のある方はこちら→ https://youtu.be/W2ITeCtKcTA

メヘラーンガル砦。

王座。宝石の装飾が。
インドの国鳥でもある孔雀
なんだか可愛い

掃除の人の服の色が綺麗。

確かに、青の建物が見えます。でも想像していたのより少ない?写真でよく見るのは別の場所なのだろうか。ここから青を求めて歩きます。ここが一番青いかな。

しばらく歩いていると、いきなる上からぼとっと何かが落ちてきました。見るとゴミ。ビニール袋の中身は生ごみ。。。

見上げると、母親らしき女性が子供と一緒にいました。子供の前でゴミを堂々と道に投げ捨てるなんて衝撃です。愕然としてしまいました。

でも実はこれが初めてではないんですよね。ダラムサラに行った時、列車で隣に座った女性がみかんをくれました。ありがたく頂いた後、剥いたみかんの皮をしばらく手に持っていたら、その女性が手振りで親切に?窓から捨てなさいというのです。

びっくりしてでも失礼のない様に、ハハと笑ってそっとバッグの中にしまいました。見ると、他の人も窓から食べた後の袋や生ごみを捨てています。。。

んー、何だろう。私にとっては非常にショッキングな場面なのですが、ここではいたって普通のことの様で、いちいちショックを受けている自分が繊細過ぎるのでしょうか。いや、そんなことはない。でもなぜ捨てるのだろう。謎。謎。謎すぎる。

話は変わって、今日の一番の素敵はこちらです!

この方に惚れました。なんてかっこいいの。これをセクシーというんだ、と思います。あまりの素敵な佇まいに、写真撮っていいですかと声を掛けたら、何も言わずにただ優しく笑って、すぐに黙々と作業を続けていました。きゃー、どこまでかっこいいのー。

こういう人を見ると幸せになります。

今日も感謝。

今回の宿はgoStops Hostel Jodhpur1泊449ルピー(約730円)

カフェも併設されていてお洒落なホテルでしたが、あまり交流する雰囲気はなかったかも。でもスタッフは皆気さくで、果物屋さんに行きたいと言うと、バイクで連れていってくれました。

 

 

[インド]ヒンズー教の聖地プシュカール [India] Hindu’s sacred place Pushkar.

ナマステー。

昨日は初日から騙されて悔しい思いをしましたが、気を取り直してプシュカールです。

プシュカールは、ヒンズー教の聖地とされています。その中心となるプシュカール湖にはヒンズーの沐浴や葬礼をするガートがたくさんあります。

この奥を行くとガートがあります。
お供え用の花
牛さんも。笑。
何かのお祭りなのか、おみこしの様なものを担いでねり歩いていました。

そして、プシュカールでよく見るのが、地面に描かれているこういう絵。

インド人の友人曰く、これはランゴリと言われるもので、ヒンズーの催事の際等に、家の前に描くそうです。さすが熱心なヒンズー信者が多いプシュカールならではなのかも知れません。もしかしてさっきみたおみこしと関係あるのかも?

それにしてもこんなきれいに描けるってすごい。皆が描けるのかそれとも特定の人が描くのか。

マンダラとの違いがよくわからない。。

 

あと、プシュカールはお買い物天国でもあります!可愛いバッグや服、小物がインドの中でも激安。その中でも私の一番のツボはこのお店。

インドっぽい中にもモダンなデザインが超可愛い。しかも、何枚か試着させてもらいましたが、全てフィット感が良い!体の線が綺麗に出る。きっと縫製がうまいんです。もう全部欲しかったです!本気で。でもバックパッカーの運命。むやみに荷物は増やせないし、迷いに迷って1着だけ購入。

しかーも!お値段全て日本円で800円位です。買うしかないでしょ。

これ ↓

モデルがあれなんで伝わりにくいと思いますが、服は本当に可愛い。プシュカールが一望できる山頂に行った時に着ました。

この男性は、デザイナー兼オーナー。青い目が印象的な人でした。

プシュカールは小さな村ですが、ゆったりしていてしつこいお店の呼び込みもあまりなく、プール付きのホステルでゆっくりできました。(騙されたことはもう忘れます。)

 

明日はジョドプールに移動です。