[ネパール]で思ったことまとめ。[Nepal] Random thoughts.

ナマステー。

ネパールも最後になり、印象に残ったこと、思ったことをまとめて書いておこうと思います。

Namaste.

The Nepal trip is ending so I am just going to write down my random impressions and thoughts about Nepal.

。ヒマラヤの山々があるネパールでは、水が豊富にあると思っていたけれど違ってた!いや、確かに水は豊富にあるのです。あるのですが、水道のインフラが整っていない為にうまく供給されていないのです。カトマンズの街中でも、共同洗濯場があり、皆手洗いで洗濯をしていました。

ポカラ湖のほとりでは、洗濯したものを川辺の芝生?草?の上にそのまま置いて干しているのを見ました。

洗濯機は普及していない様です。洗濯機を売っているお店も見ましたが、なにせ水を供給する水道が整っていないので、特に水を大量に使う洗濯機は、持っていても実際あまり使い物にならないそうです。

Water. You would think that Nepal is water-rich country because it’s surrounded by the Himalayas. But it doesn’t necessarily mean so. Yes, there is abundant of water. But it’s not provided properly to the housings due to the poor infrastructures. There was an outdoor laundry place (I think it’s public) in the city and saw people hand-washing their laundry.

In Pokhara, I saw they put the clothes just on the grass by the lake fro drying.

The washing machine doesn’t seem as common. I saw some home appliance stores that had washing machines but since the water supply is not sufficient especially for the machine that consumes so much water. It could be not as useful as you would expect even if you own one.

電気は、当たり前といえば当たり前ですが、どこのホステルも節電を徹底しており、つけっぱなしの電気はスタッフがすぐに消していました。おかげで私も節電の意識が身につきました。また、以前よりだいぶ改善されたそうですが、私が宿泊していた間に3回、いずれも5分以内の短いものでしたが停電がありました。

シャワーのお湯については前のブログで書きましたが、これが私には一番辛かったかもです。ネパールでは主にソーラーパネルを使っている為、お湯の量に限度があります。そして天気によっても左右されるという具合なので、仕方なく冷たいシャワーを浴びることもあります。田舎の方に行くと、ソーラーパネルも無く、冬はどうしているのか聞いたところ、暖かい昼間のうちに手短に浴びるそうです。薪もあるが、薪は主に調理に使ってお風呂には使わないそうです。こうして考えると、一度や二度の冷たいシャワーで風邪をひいている私は甘ちゃんですね。

Electricity. Although it may be common sense to conserve electricity. Everywhere I stayed, you will find the note on the wall or in the room that request you to save electricity and water. And Often times, the hostel staffs turn off the lights when they find they’re on in the empty room. I am more aware of how much I use them so it’s good. I experienced power cut for three times during my stay but none of them didn’t last more than five minutes. 

Hot shower. As I wrote about it in the previous entry, I think it was the biggest thing for me personally. The solar panels are used in Nepal to heat the water, there is a limit and of course it depends hugely on the weather that day. You end up having to take a cold shower sometimes. I asked how they do in the rural area where is no solar panels, especially in cold winter. They said that they just take bath during the day when it’s relatively warm. They have firewood but they usually don’t use them for bath but they use for cooking.

空気。は悪い。砂埃と排気ガス。これは現地の人も悩ませているようで、現地の人は皆黒い布のマスクをしています。道路がほとんど舗装されていない道路を多くの車やバイクが通るので、常に砂埃が舞っている状態で、緑の木も店頭にある商品も全てが埃をかぶっていて、街全体が常にもやがかかっています。せっかくの緑の木や葉っぱ、花も砂埃をかぶって色がはっきりしません。一日が終わると、爪の間は黒くなって、鼻の中も真っ黒です。

Air. Was bad in Kathmandu. Dust and pollution. The local people seems suffering from it. They wear a mask usually black ones. Non-paved roads and motorbikes cause constant dust that covers everything. Trees, cars, windows, products at shop front. Everything is hazy and gray. Green leaves, flowers no longer have distinct colors.

電線。見てこのカオスな様相。もはやアート?

Electric wires. Just look at this chaos. It is the art that I never understand. 

赤い服。何故かはわかりませんが、女性の着ている服が赤い色が多い。

Red clothes. Not sure why but Napali women often wear red clothes.

男女。レストラン、ホステル、お店、バス、タクシー、働いている人は殆ど男性です。女性もたまに見かけますが、圧倒的に男性が多い印象。ネパールでは男性も女性も25歳位になるとお見合い結婚をするそうです。やはり女性は専業主婦になるのでしょうか。そもそも結婚前にも社会に出ないのか。大学進学する人も少ないのだろうか。

Man and woman. At restaurants, hostels, stores, buses, taxis, all I see is men working. Well, there are women too but men by far. At least that’s my impression.  I heard that both men and women get married by arranged marriage when they become around 25 years old.  Makes me wonder women stay home after getting married. Do they work before getting married? Do they go to college?

トイレットペーパー。ホステルでもレストランでも、備え付けのトイレットペーパーが無いことが多いです。タイでもそうでしたが、便座の側に水道につながっているホースがあり、それで洗います。いわゆる日本でいうウォシュレットです。これに慣れると、意外に気持ち良くすっきりするのですが、洗った後拭きたいのですが、ペーパーがないので、私は常に自前のトイレットペーパーを持ち歩いていました。現地の人は、多分自然乾燥なのだと思います。

Toilet paper. You dcan’t expect toilet papers at hostels or restaurants. (Well, if you go to touristy cafes maybe.)  Like in Thailand, here you also find a hose installed by the toilet bowl. Clean water spray that you can use to wash yourself after use toilet. It is a simple version of the washlet in Japan. Once you used to it, you will like it. I still prefer to use toilet paper to finish up so I always carry my own toilet paper in my bag. I think without toilet paper, you can simply leave it as is just let it dry naturally.

私の国籍。結構な割合でネパール人と思われていました。いくつかの観光地で顔パスで入りました。いや、もちろんそれを狙って入ったわけではなく、ダルバール広場や、迷って挙句に火葬場側から入ってしまったパシュパティナートもそうでしたが、現地人と思われてスルーされた様です。(ネパール人は無料)そういえば、タイでも現地人、タイ人の友人には日本とどこか混ざってるでしょ、と言われていました。

他の外国人と話していて、彼らは払ったと聞いて初めて入場料があったことに気が付いた感じです。ごめんなさいネパール。わざとじゃないです。。ホントです。

My nationality. Often times, I was thought to be a local Nepali by the Nepalis. I entered some tourists places without paying the entrance fee. Of course I didn’t do it intentionally.  Like at Durbar Square, and Pashupatinath where I ended up entering from the crematory side, there were local people there but nobody said anything. They just let me in. (Usually it’s free for Nepalis to enter temples.) Come to think of it, I always get the reaction from the local people in Thailand that they thought I was Thai. My Thai friend said I look mix.

I found out that there was entrance fee when I talked other travelers. I’m sorry Nepal. It just happened unintentionally. Really.

ということで、ネパール。これくらいかな。

明日はいよいよ?とうとう?カトマンズから空路でデリー入りします。ドキドキ。緊張のインドです。人間が10億人いるってだけでもう恐怖です。圧倒されます。友人がデリーに住んでいるインド人の友達を紹介してくれて、彼が空港まで迎えに来てくれると言ってくれて感謝。大きなバックパックを背負って、混雑しているであろう駅や道路を一人で行くのは不安だったので、心底嬉しい。

インドも無事過ごせます様に。

I guess that’s all.

Tomorrow, finally? at last? I’m flying to Delhi, India. I’m nervous. Just the number of the population of a billion makes me feel intimidated.. Overwhelming. Luckily, my friends introduced me of their Indian friend who is currently living in Delhi and he is going to come to the airport to pick me up. That is a great relief because I didn’t want to walk around in the crowd and possibly get lost with my big backpack. Just having someone at the airport makes me feel so relieved.

Hope I will spend time just fine in India.

[ネパール]パシュパティナートへ。[Nepal] Pashupatinath.

ナマステー。

首都のカトマンズに戻ってきました。今回の宿は、日本人とネパール人のご夫婦が経営しているYADO240.という宿です。いつものBooking.comで探しました。大体レビューのスコアが8,5以上の所から探すのですが、YADO240.はスコアが高かったのももちろんですが、レビューに、ガス湯沸かし器があってお湯が24時間使えると書いてあり、心からお湯を求めている私には決め手となりました。。笑。

Namaste.

I’m back to Kathmandu. Today’s hostel is YADO240., where Nepali husband and Japanese wife are the owners. Booked through Booking.com as usual. I usually choose a hostel with a review score more than 8.5. YADO240. was not only with high score but they had a review that mentioned that hot shower is available for 24 hours. So this was absolutely for me who is seeking for hot shower. Lol.

道路から一歩奥にあります。The purple building.

観光客の多いタメル地区からは徒歩15分位と少し離れていて、銀行等が多く、ビジネス街といった所です。向かいにはスーパーマーケットや日本でいう100均の様なお店もあり、タメルのカオスな様子とは違って、舗装された道路にケンタッキーや海外ブランドのお店が立ち並んでいました。カトマンズにもこんなところがあったのね。

It is 15 minutes walk away from the tourist area Thamel. This is more like business center with many banks. Right across the street, there is super market and 100 yen store like Diaso in Japan. Unlike Thamel, the road were paved and there are name brand shops and western fast food stores such as KFC. I didn’t know that there was an area like thin in Kathmandu.

ショッピングモール。Shopping mall.

今日は、パシュパティナートに行きました。ネパール最大のヒンズー教寺院があり世界遺産に指定されています。また、火葬場があることでも知られています。

ネパールでは初の、ローカルバスに乗って行きました。バス停には特に看板があるわけでもなく、なんとなくここっていう感じで人が集まっています。バスにも行き先が書かれているわけではないので(書かれている場合もあるがネパール語のみ)、来る度に、車掌さんにパシュパティナート?と聞いて確認します。運良く3台目でパシュパティナートに行くバスにあたりました。

Today, I visited Pashupatinath. It is the biggest Hindu temple in Nepal and a world heritage. Also known as crematorium.

I took a local bus for the first time in Nepal. There is no specific bust stop sign board nor the destination on the bus but you can guess by many people and buses are stopping. To every bus, I would shout and ask “Pashupatinath?”. I was lucky that 3rd bus was going to Pashupatinath.

今回はバンタイプのバスに乗ります。Van type bus.
車内の様子。支える手の置き場もないくらい。Inside the bus. No space to place your hand to support your body.

体感乗車率150%。一旦乗り込むと同じ体勢のまま動けません。事前調べでこういう状況は予測していたので、バックパックのカギをしっかり閉めて、バス代金分のみすぐ払えるように、すぐ手の届くポケットに入れていきました。

You feel it’s 150% full. Once you got on the bus, you wouldn’t be able to move. I knew it can be like this according to my preliminary research so I locked my backpack, and prepare small cash for bus fare in my pocket where I can access easily when payment.

バスを降りて、携帯の地図アプリで確認しながら歩きます。Got off the bus. Walk with a map app.
門前町っぽくなってきた。もうこの辺りにあるはず。Looks like a temple town. The temple should be nearby.
サルさんとは目が合わない様に進みます。笑。 I try not to eye contact with a monkey.

もうほぼそこまで来ているはずですが、なかなか見つかりません。何人かに尋ねながら探します。ここかなあ。

Should be nearby according to a map but I still can’t find. I just keep asking people. Probably this right here…?

ここ入口?何も言われなかったので中に入りました。Is this it? Nobody stopped me so I just walked in.

所々で火があがっています。側には川が流れています。I see burning spots. A river is just under.

ここかなあと思いながら、すぐ側の煙が立ち上がっているところにふと目をやると、ん?。。え?今見たのって、え、そうなの。。?

一瞬頭と体がこわばるのを感じながら、ゆっくり、でもほんの一瞬だけもう一度目をやりました。やっぱり。今見たのは焦げた人の足だ。

ごめんなさい。頭の中は、見てはいけないものを見てしまったという思いと、でも神聖な儀式だだから、必要以上に見てはいけないものを見てしまったと感じること自体、むしろ失礼なのではないか、などと色々考えて、目を逸らして何事もなかった様に装いながら、そのまま速度を変えず歩みを進めました。

I kept walking wondering maybe is this it?  I glanced at where the smoke was coming out. Wait.. Have I just seen…? What?

I felt my mind and body froze. I slowly moved my head and glanced again at the same spot. Just as I thought, it was human’s feet. Burnt.

I’m sorry… I said in my head. I felt I saw something I should had never seen, at the same time I felt it would have been rude to feel sorry because it is just a human body in a sacred ceremony. I was somewhat confused.

この写真には写っていまんせんが、そのすぐ側で、倒れこむように声を上げて泣いている女性がいました。その側で、男性達が黙々と儀式を進めていました。手順を確認しながら、淡々と進めていました。

She is not in the picture above but I saw a woman sobbing out loud on the ground. Right by her side, there were men who were silently proceeding the work of the ceremony sometimes confirming the process with each other. It seemed like they’re doing in a businesslike manner in a way.

金色に光る建物が寺院です。寺院内はヒンズー教徒しか入れません。The golden building on the back is the pashupatinath temple. Only Hindu is allowed to go inside.

火葬場向かいの階段を上っていくと、途中、きゃっきゃと楽しそうにしている人達がいました。聞くと、目をつむったまま壁に空いた穴に向かって歩いていき、うまく穴に手が入ったら願いが叶うんだよ、と言っていました。

下には亡くなった人のご遺体があり、上では若者が将来の願いを託し、楽しそうに占っている姿。生も死も同じところにあるのだなと感じました。そう考えると、さっき見た遺体も怖いとは感じませんでした。

As I walked up the stairs across the cremation site, I saw people who seemd have having fun laughing. They said that you walk with your hands toward the the hole on the wall, with your eyes closed. If your hands meet the hole, your wish will come true.

There are dead bodies just down the stairs and on the other hand, there are young people who are making their wishes. Made me feel a life and a death exist at the same place. I was no longer scared of the dead body I saw earlier.

ホステルに戻ると、日本人の男性ソウタさんという人がチェックインしていて、ホステルオーナー奥様のカズエさんが、一緒に近くの小さな居酒屋に連れて行ってくれました。

When I was back at the hostel, I met a Japanese guy who had just checked in. Kazue, the hostel owner’s wife too us to the small pub in the neighbor.

左は相席のおじさん。The on the left kindly shared the table with us.
飲むのはもちろんネパールビールのトゥンバ。Tongba (Nepali beer).
おつまみは、バッファロー肉。Buffalo meat.
そしてネパール名物のモモという蒸し餃子。Momo (Steamed dumplimg).

相席になったおじさんとの話も盛り上がり、楽しい夜でした。帰ったら奥様の夕飯も食べるんだと、早目に帰っていきました。

The man we shared the table was very friendly. We had a great time together. As he was leaving, he said he was going to eat his wife’s dinner when he gets home even though he had some food at the pub.

[ネパール]ポカラ最終日。[Nepal] Last day of Pokhara.

ナマステー。

ポカラ最終日の今日は、最後の望みを託して、サランコットの展望台に行ってきました。さてヒマラヤ山脈見れたのか?

日の出が6時半頃だということで、5時半に予め予約しておいたタクシーでホステルを出発。

Namaste.

It’s last day in Pokhara. I went to Sarangkot view point in a last ditch attempt to see the Himalayas. At 5:30am, I got on the taxi that I arranged the day before to meet with the sunrise time at 6:30.

暗い中他にも山道を行く車が。Other cars still in the dark.

道中、運転手のおじさんから、どこの国から来たのか、何歳か、結婚はしているのかと質問され会話が弾みます。(笑)彼には23歳の娘さんがいて、そろそろ婿探しをすると言っていました。もしそのお婿さん候補を娘さんが気に入らなかったらどうするの?と聞くと、その場合は次を探すんだと。で、またその人も気に入らなかったら?と私も好奇心にまかせて聞きます。そしたら、娘さんが気に入るまで探し続けると言っていました。そっかあ、父親の愛だね。

The driver asked me questions such as where I came from, how old I am, if I’m married. He has a 23 year old daughter and he needs to look for her groom soon. What if she doesn’t like the man? I asked. “I will look for again.” He said. What if she doesn’t like the second candidate again? I asked just out of my curiosity.  He said “I will continue looking.” That’s father’s love.

彼の話を聞いていると、以前に抱いていた、親が決めた相手を無理やり押し付ける、というイメージがすーっとどこか奥に引っ込んでいきました。そりゃそうよね、親だもの。可愛い娘に幸せになってもらいたい一心だもんね。こういうのも悪くないと思ってきました。出会いのきっかけなんてどこにでも可能性があるわけで。友人の紹介とか、職場、バーでの出会いとか、デートアプリ、なんでもアリだと思う。要は、その後のほうが大事なんじゃないかと思う。結婚未経験の私だけど、そう思うなあ。おじさんの娘さんがこれからも幸せでありますように。

I had this image that arrangement marriage is for parents’ ego and it’s carried out with their decision, not the daughter’s. But hearing him made that image go away somewhere far in my head. Come to think of it, of course they’re parents. All they want is best for their child. They are normal loving parents. The idea of arrangement marriage might no be bad. It could be anywhere to meet a person, friend’s friend, at work, at a bar, on a dating app, etc. The important part is after they met, I think. I have never experienced marriage though.  Wish his daughter is and will be happy.

暗くて一瞬ひるんだけど、他にも人がいてホッ。I was a bit scared to walk in the dark but I was relieved when I found other people.

約30分でサランコット到着。車を降りると、運転手さんが、ここからまっすぐ登って行くんだ。途中に小さい門があるけど、その門はくぐらずに左の道を行くんだよーって教えてくれます。そして同じ場所で待ってるから間違ったタクシーに乗るんじゃないぞ、と言って車体まで確認させされました。(笑)

Arrived at Sarangkot in thirty minutes. As I got off the car, the driver gave a direction. He said “Just go up straight to the top. There is a gate, but don’t go to that gate, ok.  Go left instead.” “I will wait here. Same spot. Don’t go to another car, ok.” He also made me sure to look at the car to remember.  Lol.

日の出待ち。Waiting for the sunrise.
人が増えてきた。More people come.

寒い中、ひたすら日の出を待ちます。

明るくなってきた。あれ太陽もう出てる? Getting bright. Is the sun out?
え?これ出てるのかあ?見えない。。Mmm..? Is it out?

あっという間に明るくなって、結局見れませんでした。涙。

いや、一応見れたっちゃあ、見れたんです。山を下りる途中、見えるポイントでおじさんが何度か車を停めてくれたのですが、かすかに、でも確かに、フィッシュテールと呼ばれる、魚の尾の形をマチャプチャレが見えました!ただ、私のちゃっちいデジカメとiphoneには写ってくれません。。

I didn’t get to see the sunrise nor the Himalayas.. It was too hazy. (T_T)

Well, I saw it I guess. Actually I did. The driver stopped some view points on the way down the mountain. It was very blurry but I surely saw the Machapuchare, aka fishtail. But I couldn’t capture it with my cheap camera.

枝の間にマチャプチャレが。There is Machapuchare between the trees.
山の向こうに確かにマチャプチャレが。Again, there is Machapuchare beyond the mountains.

遠い向こうにかすかに見えただけですが、それでも壮大さが分かりました。これでくっきり見えたらたら相当感動ものなんだろうなあ。やっぱり見たかったなあ。

さあ朝ごはん。どこがいいかなあと街を歩いていると、タタタタタっと走り抜ける人達が。マラソン大会が行われていました。なんか清々しい気分になり、しばらくずっと眺めていました。

It was blurry but I still understood the magnificence of it. It would be intimidatingly beautiful if I see it clearly before my eyes. I wish I could see it clearly.

Now breakfast time. As I was walking the street checking out the cafes, I saw people were running by. It was marathon event. Just looking at them made me feel refreshing. So I was there for a while.

2匹の犬たちもじっと見ています。Those dogs.
主催者なのか、偉そうな人達も。Organizers? They looked important.

残念ながらヒマラヤは見られずじまいでしたが、ポカラで空気の良いポカラでゆっくり出来て来てよかったです。風邪の療養にも良かったです。

明日はカトマンズに戻ります。

※冒頭の写真は無料画像を拝借したものです。条件が良いとこんな感じで見えてたんだろうと推測します。

I didn’t get to see the himalayas but I had relaxing time in Pokhara where the air is so refreshing especially after dusty Kathmandu. And it was perfect timing for my recovery.

Tomorrow, I’m going back to Kathmandu.

*The photo of the opening line was from free image on the internet. That’s the view you can see when it’s clear sky.

[ネパール]ヒマラヤ山脈見たい! [Nepal] Let me see the Himalayas!

ナマステー。まだポカラです。

熱も下がり、元気になりました!元気になったらトレッキングだー!

と思ってたけど、どうしよう。。

病み上がりで行くのも不安だし、喉も完璧じゃないし。行くならトレッキングシューズレンタルしないといけないな。ツアーを申し込む旅行社も探さなきゃ。(いや、短いトレッキングならガイドとか全然必要ないのですが。)どうしよ。。せっかくネパールまで来て、ポカラまで来てトレッキングしないなんて、沖縄に来て海を見ない、みたいなものだよな。皆に素敵なヒマラヤ見たよーって言いたいし。でも、正直面倒くさい。というか気力がない。それに、やっぱり無理は禁物よね。。。

Namste.

My fever is gone! Now trekking time!

Well, that’s what I was thinking. I’m still thinking. But I don’t know..I just recovered. Still feel a little irritation on my throat. I need to rent a pair of trekking shoes and I also find a good travel agency that I can get a proper tour and support. (You don’t really need especially if you go short trek.) What should I do.. Not doing any trekking in Pokhara is like not going to the beach in Okinawa, right? I want to tell everyone that I saw Himalayas. But I admit that I don’t really have energy to do all of that including preparation. And you should not push yourself too much. Safety comes first.

という訳ではないですが、ホステルで出会った中国人の女の子と一緒に、ヒマラヤが見えるという、丘の上の「日本山妙法寺」を訪れることに。ワールドピースパゴダと呼ばれていますが、日蓮宗系の宗教法人が建てたお寺です。

So I decided to visit Nipponzan-Myōhōji also called “World Peace Pagoda” with a Chinese girl that I met at the hostel. You can view the Himalayas when the weather is good and clear. As you can tell by the name, it was build by the Japanese monk.

実は、初日にホステルからぼーっと湖を眺めていた時、湖の向こうの山の上に見えていて、お寺かなあと気になっていたのです。中国人の彼女、名前何だっけ。太陽の陽の文字が入ってたのは覚えているけど。陽ちゃんとしておきます。(ごめんなさい。陽ちゃん。。)

I was wondering what it was as I was looking at it from the hostel when I first arrived at Pokhara. The Chinese girl, gosh what was her name..I jremember the part of her name had “陽 (yo)” which means the sun. Well, let me call her Yo-chan for now. (I’m sorry Yo-chan.)

陽ちゃんは中国の日系企業で働いていて、日本語がとても上手。久しぶりに日本語での会話で変な感じでしたが、楽しかったです。中国人の観光客は結構どこでも見かけますが、ポカラでは特に目立っていました。聞くと今日2月16日は春節だそうで、中国人にとってビザなしで気楽に行ける数少ない国のひとつであるネパールは、人気の場所だそうです。そう言えば、カトマンズで観光業をし ている中国人の友人も、顧客はほとんど中国人だと言ってたっけ。

She said that she works at a Japanese company in China. She spoke very good Japanese so we spoke in Japanese which made me feel kind of strange after a while I had been away from Japan. I enjoyed it. You see Chinese tourists everywhere but I found particularly many in Pokhara. She told me it’s Chinese new year as known as spring festival so people take vacations and come to Nepal which is one of the popular destinations for Chinese people where they can go without visa. In fact, my Chinese friend who runs a travel agency in Kathmandu said that his main customers are Chinese.

陽ちゃんから、私がどういうきっかけで世界旅をしてるのか、親からは何か言われないのか、仕事はどうした(する)のか。など興味深く聞かれました。彼女は20代後半でしたが、親からの結婚のプレッシャーはあるが、お金をためてもっと旅行がしたいと言っていました。

She was very interested to know why and what made me decide to do this traveling. She asked me if my parents say anything about it. What did or do about my job. She is late in her 20’s and she said she has pressures from her parents about marriage but she wants to save money and travel as much as she can.

 

ワールドピースパゴダ。湖の向こうにあるので、タクシーで丘のふもとまで行き、そこからお決まりの坂を上ります。

So to the world peace pagoda, we took a taxi to the bottom of the mountain, then we climbed the steps as you usually do when you go to temples. Temples are on the top of hill or the mountain.

ここでもお寺の中では靴を脱ぎます。You take off your shoes inside the temple.

ポカラ湖とポカラの街。 The Pokhara lake and the city of Pokhara.

残念ながらヒマラヤは見られませんでした。もやがかかってて、目をどんなにこらしても全然ダメ。私が残念がってると、陽ちゃんが、こないだ朝早くにホステルから見えたよ、と言って写真を見せてくれました。早起きは三文の徳とはこのことですね。陽ちゃん偉い。

この後、ネパール料理をまだ食べていないという陽ちゃんの為に、ネパール料理のお店へ。

We couldn’t see the Himalayas. It was hazy the whole time. It was impossible even if I tried my best to see. As I got a little disappointed, Yo-chan kindly showed me a picture. She said she could see them from the hostels the other day.  It was early in the morning and the sky was very clear that day. Ah yes, this is “The early bird catches the worm.” Good job Yo-chan.

We went to the Nepali restaurant for Yo-chan who has never had Nepali food.

すごくまっすぐで可愛い人でした。She was honest and very lovely person.
ネパールの定食?ダルバード。ダル(豆のスープ)とタルカリという野菜カレーやピクルス、カードというヨーグルトで出来た付け合わせで出来ています。Dal bhat.  It composed of dal(lentil soup), talkari (begetable curry), pickles.
これは野菜のハンバーグみたいなものでした。Forgot the name but it was sort of vegetable hamburger.

ちなみに、彼女は一人旅でしたが、中国では一人旅をする人が増えていて、とりあえず現地に行けば友達ができるから、と言っていました。秘訣は、wechatというアプリらしいです。名前は聞いたことあるのですが、旅先でそこにいる人と情報交換したり、合流して一緒に観光したり食事をしたりするそうで、私と一緒にいる間も、ちょくちょくやりとりをしていました。ちなみに、春節には上司からお年玉がもらえるらしく、それもwechat payの機能でちょうど受け取ったんだよ、と見せてくれました。お年玉も羨ましいけどwechatも便利そう。

It was her solo trip. She said that more and more Chinese people go for solo trip today. You can always meet other travelers and interact with them through the app called wechat. Also you can join them for a trip or dinner. She said that people get money form their boss for the new year through the app. You can easily transfer money using it.

やるな中国。タイでも思ったのですが、Uber(ウーバー)など、こんなに便利なアプリが先進国の日本では色々な規制があって使えない、あるには浸透していないよな。

いや、色々不便があるから民間のこういう便利がツールが浸透するのだろうか。。

とりあえず、今日もヒマラヤ見られず。こんなにも近くにあるのに。

次回に続く。。

Wow, good job China. Made me wonder like I did also in Thailand, why aren’t these apps such as Uber and wechat popular in Japan…? Or, probably they get popular because they don’t have alternatives..?

Anyway, we couldn’t get to see himalayas yet today. How come? They’re massive and this close.

To be continued..

[ネパール]梅とんかつ定食。[Nepal] Ume Katsu Plate.

ナマステー。

絶賛風邪ひき中です。体の節々が痛い。

あらためて説明すると、ポカラはカトマンズに次ぎネパールで2番目に人口が多い街で、カトマンズが標高1400メートルに対しポカラは800メートルで、カトマンズより体感的にも断然暖かいです。また、ヒマラヤ山脈へのトレッキングの拠点になっていて、カトマンズのホステルで会った人達も皆口を揃えてトレッキング目的でポカラに行くと言っていました。

Namaste.

I am on the peak of the sickness… Aches and pains all of my body.

By the way, Pokhara is the 2nd largest city as in population in Nepal following after Kathmandu. It’s altitude is 800m which is lower than its of Kathmadu’s 1400m. As soon as I got off the bus, I felt it’s warmth. Pokhara is also known as a base point for trekking. Many of the travelers I met in Kathmandu were going to Pokhara for trekking.

トレッキングにも色々あって、15日位かけて登るコースも人気みたいですが、私は初心者なので、一番簡単で短い3-4日位のコースに行こうと思っていました。いや、

今でもかすかに思っています。ほら、せっかくヒマラヤ山脈目の前だし。でも体調絶不調だし。(正直ちょっと面倒くさいとも思っている。。)ま、体調次第です!

There are various options, from 3-4 day trekking to 15 day trek. I am a beginner so I was thinking to take the shortest trek. I mean still thinking. Because that’s what you should do in Nepal, right? But again that I’m sick now. (I admit that I am also being lazy…) Anyway, it all depends on my condition!

朝のらりくらりと目が覚めましたがやっぱりまだ熱っぽい。食欲はない。でも元気になるにはちゃんと食べないと。ベッドに入ったまま、「ポカラ」「おすすめ」「レストラン」「カフェ」等のキーワードで検索します。(ネットって便利)

そして見つけたのはなんと日本食屋さん!とんかつ定食って。嬉。親子丼とか。実際に食べた日本人の評価も高い。急に食欲が出てきました。

思い体を引きずり、30分程歩いて見つけましたー。いい感じ~。

I slowly woke up. Still feel fever. No appetite. I just wanted to stay in the bed doing nothing but I told myself that I needed to eat something to get better. I took my phone and started to search with the words such as “Pokhara” “Recommend” “restaurant” “Cafe”. (Thanks to internet. I don’t have to move!)

Guess what I found. A Japanese cafe! Amazing that they have Katsu dish! Even Oyako-don. And they have good reviews from Japanese. Wow suddenly I feel my mouth watering.

I dragged my heavy body with a little hope to get better and walked for 30 mins to the cafe! Yay, I found it! Looks nice.

カフェ青空 Aozora Cafe.
食べたい~迷う~ Omg, I can’t choose, I wanna eat everything!
お箸の位置が違う(笑)The chopsticks are on the wrong side.Lol

梅とんかつ定食にしました! I’m going to have Ume Katsu set!

見てこれー!本物のニッポンの定食です。Look at this! This is 100% real Japanese!

まずは味噌汁。。お、美味しい。や、涙出そう。ご飯もこれ日本のお米だ。冷奴にちゃんとショウガが付いてる。ネギも美味しいしお醤油も変な匂いとかなく美味しい。なますのお酢が沁みるー。インゲンのみそ和えも超美味し。そしてメインの梅とんかつ!普通に美味しい!!!やったー!!衣もちゃんとサクッっとしてる。キャベツの千切りもシャキシャキで美味しい。

First miso soup. Wow.. so so good. Don’t know how to describe other than it’s just testes good. Like I almost want to cry. Rice is Japanese rice. Tofu has ginger and green onion is good. Soy sauce tastes real soy sauce without tasting some kid of weird smell. I feel Namasu’s (radish and carrots) vinegar goes deep in my my body and heart. Kidney beans with miso is super delicious. And the main dish Ume katsu! Super delicious! Very decent Katsu. Yay! Cabbage is fresh and crispy.

なんて素敵。一気にでも一口一口噛みしめて頂きました。しかも、高いと思いきやなんとセットで530ルピー(530円)と超良心的。(もちろんネパールの物価的には安くないですが、それでも外国料理としては安いと思います。)

How wonderful. I tasted each bite and finished them all. The surprising thing to me was that the price was not expensive. 530 ruppes (530 yen). (Of course it’s not cheap on a Nepal standard but still inexpensive as foreign dish.)

日本人の方が経営しているらしく、お店では見かけませんでしたが、ちゃんとこだわって作っているのが分かります。材料とか日本から取り寄せるのも簡単じゃなさそうなのに感謝です。

この時こそ、自分が日本食で出来ている日本人だと実感した日はありませんでした。

I learnt that the owner of the cafe is Japanese woman. I didn’t see her but I see that she is passionate about the food and makes effort. It must be not so easy to get all the ingredient from Japan. I was so grateful for it.

I have never felt that deep that my body is made of Japanese food.

まさに、ぬちぐすい(命の薬)でした。

It was absolutely “Nuchigusui”. *Nuchigusui means “medicine of life and soul” in Okinawan dialect.

[ネパール]ポカラ?ポカリ? [Nepal] Pokhara? Pocari?

ナマステ~

今日はカトマンズからポカラという街に移動します。カトマンズから約200km。直線距離からするとそこまで遠くないのですが、道路状況が悪いため、7~8時間かかる予定です。

Namaste.

Today, I’m going to go to a place called Pokhara. It is approximately 200 km from Kathmandu. 200 km does not seem so far but due to the road condition, it is expected to take 7-8 hours to reach.

カトマンズからポカラまで800ルピー。800 rupees from Kathmandu to Pokhara.

予めホステルを通じて予約しておいたバスに乗ります。早朝7時出発、ホステルのオーナーが朝ごはんを用意してくれていて感謝。そしてバス乗り場まで案内してくれました。長旅に備えて買っておいたみかんとお菓子をバッグに詰め、いざ出発。

I got on the bus which I booked the seat through the hostel the day before. Departure at 7 am. I was glad that the owner of the hostel prepared breakfast for me even though it’s outside of their breakfast hours. Then he walked me to the bus stop. I put oranges and snacks for the long trip in my backpack. Now let’s go!

美味しいカフェラテが飲めてホッ。So relieved o have a nice cup of cafe latte.

バスは満席です。出発して2時間後位に1回目のトイレ休憩。さらに2時間後に2回目のトイレ休憩、お昼にはレストランで30分の昼食休憩がありました。

The bus was full. We had the first toilet break two hours after we left, then the second one in another 2 hours. Around noon, we stopped at a restaurant and had lunch.

そこまでお腹空いてなかったので、ビュッフェから1品だけ選んで昼食。I was not very hungry so I just had one dish out of the buffet.

そしてたいした遅れもなく、3時前に無事ポカラに到着!

The bus arrived at Pokhara at 3 pm without not much delay.

ポカラのバスターミナル Pokhara bus center.

早速待機しているタクシーに交渉。お決まり通りふっかけてくるので、近くで同じくタクシーを探している様子の女性に、タクシー代シェアしませんかと声を掛け、タクシーに乗りこみます。

I caught one of the taxi drivers and started haggle. Of course he said so much more than it should be. I found a girl who was also looking for a taxi and offer if we could share one. She agreed and we got on the taxi.

ホステルから眺めるポカラ湖。

15分程でホステルに到着。ポカラ湖が目の前!カトマンズみたいに砂埃も排気ガスも無いし、空気の味がする~!そして超のどか。ふう。風邪で絶不調の体が喜んでるのが分かります。

ホステルも清潔で綺麗。テンションが上がります。荷物を置いて散策に出ます。

I arrived at the hostel in 15 minutes. I see Pokhara lake right in front of the hostel. There is no pollution, nor dust like in Kathmandu. I inhale, and exhale. I can smell air. The town is so tranquil. I can feel that my body is happy!

The hostel is very clean and well decorated. I instantly got hyped up. As soon as I dropped off my backpack I went outside to wander round.

 

フェワ湖のカフェでまったり。Cafe by the Phewa Lake.

途中で見つけたカフェでのんびりします。パソコンも持ってきていたので、結局夕日が落ちてくる時間までまったりして過ごしました。

Stopped by the cafe just by the lake. I brought my laptop with me so I ended up spending there until sunset.

ホステルのテラス。Terrace at the hostel.

まだ熱があり体の節々が痛いですが、ポカラで良くなりそう。ポカラに来てよかったー。

I still have fever and pains all over my body but I already started to feel better. I’m glad I came to Pokhara.

 

で、そうそう。ポカラってポカリみたい。ポカリスエットと何か関係あるのでは、とググってみました。

まずポカラとは、ネパール語で湖という意味のポカリから来ているそうです。ふむふむ、ほらやっぱり湖とポカリスエットって関係ありそう。ポカリスエットの製造元である大塚製薬のサイトをチェック。ありました。ありました。

「語感の軽い明るい響きを持つ言葉としてつけたもので、特別な意味はありません。」

え?特別な意味はない?そっかそっか。。(残念)

 

[ネパール]風邪には熱燗?[Nepal] Hot beer for cold..?

ナマステ〜。

風邪ひきました。ネパールの寒さと、砂埃と排気ガスにやられました。結局2回も冷たいシャワーを浴びるはめになったので当然と言えば当然なのですが。

だるいのは気のせい(と自分に言い聞かせていた)と思っていましたが、体の節々が痛くて熱があるのは確実。とりあえず日本から持ってきた薬を飲むも全然効いてない模様。

Namaste.

Sigh..I got a cold. I was trying to ignore the feeling of dull. My body is warm. I definitely have a fever.. I got by the pollution and the cold weather and cold shower of Nepal.

I took some medicines that I brought from Japan but it seems not working at all.

底に沈んでいる厳しくを吸い込まない様にストローの先が半分閉まっています。Nepali hot beer Tongba. The edge of the straw is half-closed so you don’t swallow the millet.

夜は、ホステルで同部屋の二人とご飯を食べに行きました。一人はイラン人の女の子で、最近まで中国で働いていたけど色々ストレスがあって、イランに帰る前に旅をしているそう。もう一人は、僕はヒッピーじゃないと言うヒッピー風の背の高いトルコ人の男の子。ネパールビール飲みに行こうぜいと近くのお店へ。Tongbaという、穀物のキビを発酵させたもので、ポットのお湯を入れて飲みます。かき混ぜるてはダメです。(と言われた)

I went out in the evening with two of my hostel room mates.One is from Iran and another one is from Turkey. Iranian girl said that she was working in China for 6 years but couple of years had been stressful so she left China and now traveling  before going back to Iran. Turkey guy was a hippy looking guy who constantly described himself as not hippy. Lol. We then went to a place where we can drink Nepali beer that is called Tongba. It is made of fermented millet. You add hot water and drink. You don’t stir. (I was told.)

美味しい。普段お酒は飲まないのですが、Tongbaはまろやかで飲みやすいです。そして寒い中で飲む熱燗、じゃなかった、暖かいお酒はしみじみ染みます。感覚的にアルコール度数はそんなに高くないはず。少なくなるとポットのお湯を足しつつ飲めるので、何杯か飲めます。

Wow, it tastes good. I normally drink but Tongba is smooth and easy to drink. This hot sake, oops no, Tongba would gently runs through the bones and the body. The percentage of alcohol should not be so high, I think. You can just add hot water from the pot and keep drinking for a while.

お酒も入り、イランとトルコの男女恋愛ぶっちゃけトークに花が咲きます。いつも思うのですが、ホステルで出会う人達は、皆色々な話に対してオープンな気がします。元々オープンな人達なのか、それとも旅でそうなるのか。旅をしていて、こういう時間が一番楽しかったりします。

ちなみに、ぶっちゃけトークで出た今日の衝撃。トルコでは、結婚記念日に、妻が旦那さんへのプレゼントとして処女に戻る手術?をする人がいるらしいです。イランでもあるらしいです。真実のほどは分かりませんが。。

さて、心も体も温まったところで、風邪良くなるかな。。

When Tongba in, gossip starts. We talked about the relationship in our countries. Very openly. Most of the travelers I meet seem to be very open to the conversations on any topics. They have been always that way? Or they become so as they travel. Anyways, these moments are what I love about traveling the most.

So the most gossippy gossip was that in Turkey, there are wives who get surgery to be back to virgin for their husband as a gift of their anniversary of their marriage. That gift (?) also exists in Iran as well, the Iranian girl said.)

Well, I feel warm in my body and soul now. Hope I will feel better tomorrow.

 

 

 

[ネパール]残る地震の爪痕:ダルバール広場 [Nepal]Scars of the earthquake: Durbar Square Kathmandu.

ナマステー。

今日は、特に目的地を決めずにとりあえず歩こうと出かけました。

途中、日本語学校らしきものがたくさんありました。最近はたくさんのネパール人が日本に住んでいるそうです。私自身は沖縄でネパール人にあったことはないのですが、友人曰く、那覇のコンビニにイケメンのネパール人がいるらしいです。

Namaste.

My plan today is just walk around with no plans.  On the way, I found many Japanese language schools with the signboard “Japan”. I have never met any Nepalis in Okinawa myself but my friend said she had seen ikemen (hot) Nepali guy at a convenience store in Naha city.

日本語学校がこんなに!Many Japanese schools!

歩いていると、ネットで見た風景が。。

ダルバール広場です。ホステルからこんなに近かったのね。(近所すらもあまりリサーチしていないのがバレますね。)

Then I see some familiar views that I had seen on internet. I was at Durbar Square. Didn’t realize it was so close from the hostel. (No, I hadn’t done any research even on neighborhood). 

聖なる動物とされる鳩ですが、無数にいてちょっと怖い。I was scared of sacred doves. It’s so many!

2015年4月のネパール地震から2年以上経った今も、復興が進んでいない様で、木材で支えられていたり、工事中の所があちこちにありました。

It has been more than two years since Nepal Earthquake in April 2015, still reconstruction was undergoing everywhere.

「一緒に復興しよう」という看板がゆがんでるのが、なんだかせつない。The crooked board “Lets’s rebuild together” made me feel sad.

地震では、約9千人が亡くなったそうです。直後から各国からの多額の支援金があるそうですが、ちょうどその年に制定されたネパール憲法をめぐって与野党との対立で政治が混乱しており、復興に対応するのがかなり遅くなったそうで、現在も効率的な運用がされていないままだそうです。

この状況、確か東北地方太平洋沖地震でも同じようなことがありましたよね。日本の震災では、道路の復興が1週間後にはもうされていたのが世界で驚かれ賞賛されていましたが、ネパールでは、未だにレンガとセメントで作られる建物がみられるので、心配になりました。

Approximately 9000 people died in the earthquake. Although Nepal government received donations from many countries, it has not been spent adequately as there was a confrontation between the ruling and opposite parties regarding the first Nepali democratic constitution.

I remember that there was a similar problem in Tohoku earthquake 2011. I remember that the world was impressed by the news that the road was repaired just in a week after destroyed by the earthquake. When I saw the new building under construction with just bricks and cement made me worried. What if another earthquake hit Nepal again…

ホステルの近所で建築中の左の建物。

ダルバール広場からまたさっきの日本語学校があった所に戻り、遅い昼食を取ることに。チョウメンという、ほぼ日本でいう焼きそばを食べました。麵はちょっと固めです。コーヒーも付けて145ルピー(145円)。

I went back to the street where the Japan schools were to take late lunch. I had chow mein which is almost like Yakisoba (fried noodles). The noodle was firm. 145 rupees (145 yen) with a cup of coffee.

チョウメン。ほぼ日本でいう焼きそば。Chow mein. Fried noodles. Almost like Yakisoba. 
右上の日の丸マーク?はもちろん日の丸じゃなくて、ベジタリアンの印です。

ちょっと疲れたので、この後スーパーに寄って、シャンプー、水、クッキー、そして乾麺を買いました。ネパーリ(ネパール人)に様に、乾麺をそのままぱりぱりスナックとして食べます。

なんか体がだるい。風邪っぽい。早く寝ます。おやすみなさい。

I got a little tired so I just stopped by at a super market and bought shampoo, water, cookies, and ramen noodles. I will have the ramen noodles as a snack as Nepali people do.

I feel my body is heavy. Maybe got a cold. I go to sleep early tonight. Good night.

[ネパール]ネパールのチベット人 [Nepal] Tibetan in Nepal.

ナマステー。

今日はノルウェイ人のホステル友達、トリーンと一緒に、ボダナート寺院に出かけました。最大の仏塔があるというヒンズーの寺院です。彼女はそこでチベット人の友人と待ち合わせをしているということです。

Namaste.

I and Trine, a hostel friend from Norway, went to Bodhanath temple. Bodhanath is Hindu temple that has the biggest stupa (tower) in Nepal. Trine was going to meet her Tibetan friend there.

ネパールのタクシー。ロゴもメーターも何もない。Nepali taxi with no logo nor meter,

タクシーを拾うため、客待ちのタクシーが停まっている表通りに出ます。早速運転手をつかまえて値段交渉。ネパールのタクシーはメーターがないので、毎回交渉しないといけないのが、正直若干面倒くさいです。始め500ルピーと言われるも、予めホステルスタッフに相場300ルピーと聞いていたので、2,3度やり取りして300で交渉成立。

First went out to the big street to get a taxi. We find a taxi and the haggling starts. Taxis in Nepal don’t have meter so you have to haggle every time you ride which I find a bit tiring. The driver said 500 rupees but we knew already that the average would be around 300 rupees so we haggled again and again. Didn’t agree so we went on to the next taxi until we got 300 rupees.

ボダナート Boudhanath

ここからトリーンの友達と合流。彼はネパール在住のチベット人です。

We met up with Trine’s friend Tenzin. He is Tibetan living in Nepal.

寺の上は歩けるようになっています。You can walk on the temple.
Prayers. 祈る人々。
Prayers. 祈る人々。

テンジンが私達を家に招待してくれました。Tenzin invited us to his house.

テンジンと彼のお姉さん。Tenzin and his sister.

彼は10歳の時にチベットからネパールに来たそうですが、中国政府からパスポートが発行されない為、以来17年もチベットに帰れていないそうです。チベットの家族とは、電話やテレビ電話で話していると言っていました。

ネパールには同じ境遇のチベット人がたくさんいるそうです。

He moved to Nepal when he was ten years old. Since then, he has never been able to see his family for 17 years. He said that it’s almost impossible to get a passport from the Chinese government. He can only talks with his family in Tibet over video/phone calls.

I was told that it’s not uncommon to see people who are in the similar situation in Nepal.

暖かいお茶とクッキーを頂きました。Hot tea and cookies.

突然の訪問にも関わらず、彼のお姉さんが美味しいお茶とクッキーを用意してくれました。政治やそれぞれの国の事情は分かりませんが、話を聞くうちに、何の躊躇いもなく自由に旅をしている自分が、なんだか申し訳ないような、なんとも言えない気持ちになりました。「私のバッグに入れてチベットに連れて行ってあげるよ」と言う私の冗談に笑ってくれましたが、すぐに後悔しました。

Despite of the unexpected visitors, his sister kindly welcomed us and made tea and some cookies. As I learn about his situation, probably I shouldn’t but I felt bad about me traveling without any hesitation or anything obstacles. I didn’t know what to say so I said “I can put you inside my bag and take you to Tibet!” They smiled at my joke but I instantly regretted it. Stupid me.

Prayer flag.

I pray but not sure what praying can do anything for better.

祈ることが何なのか分かりませんが、強く願っています。

 

帰り道、がさがさっと動くものが。猫。。?

と思ったらまさかのウサギでした(笑) Rabbit. Lol.

[ネパール]もやのカトマンズ。[Nepal] Kathmandu, Dustmandu.

凍えそうな夜が明けて朝食。朝食付きの宿泊料金は、男女ミックスのドミトリーで一泊700ルピー(700円)。

朝食で相席になったインドネシア人のロザーノと、今日はスワヤンブナートとに行ってみようと思ってるよと話すと、じゃあ一緒に行こうということになりました。

The freezing night has gone and now a breakfast at the hostel. The price of the mix dormitory was 700 rupees (700JPY) with breakfast inculuded. I met a Indonesian guy at the breakfast table and we agreed to go to Swayambhunath together.

ところで昨日の冷たいシャワーについて。どうも納得できずに、凍えるベッドの中で”ネパール、お湯、シャワー”とネット検索して分かったことは、ネパールでは、主にソーラーパネルを使ってお湯を沸かしているそうです。なので、お湯の量に限度があり、当然天気に左右されます。聞くと、一番良いのは、昼の4時か5時位にシャワーを浴びる、だそうです。でもその時間帯って、旅行者は大体外出している時間ですけどね。。。苦笑

By the way, about the cold shower yesterday… As I was shivering in bed, I had to google with the words “Nepal, hot shower” and I found the answer. In Nepal, solar panels are used to heat the water so there is a limit to the amount of of the hot shower. And of course it all depends on the weather that day. I was told that the best time to take hot shower would be 4 or 5 pm. What? But that’s usually when travelers are outside exploring the country.

もっと寒い冬はどうしているのか聞くと、昼間に入るか、お湯が出ない場合はささっと冷たいシャワーを浴びるそうです。ソーラーパネルも無い様な田舎のほうに行くと、皆昼間に水シャワーで、もちろん毎日は浴びれないので週に2回とかだそう。薪もあるのですが、それは主に料理に使うので、お風呂にはあまり使わないそう。

I had to ask what do Nepali people do when it’s winter. He said that they he would take shower during the daytime, otherwise he has to take quick shower with cold water. If you go to country side where they don’t even have the solar system, they take cold shower during the daytime while it’s warm. Shower day is only once or twice a week. They do have wood fuel but they use them mainly for cooking, not for hot shower.

話は今日の予定に戻ります。スワヤンブナート寺院までは2,3kmなので、maps.meという地図アプリを頼りに歩いていきます。途中、ATMでルピーを引き出します。道路はほとんど舗装されておらず、砂埃と自動車やバイクの排気ガスで全てが曇っている感じです。皆マスクをしています。よくネパールに来ているというインドネシア人のロザーノ曰く、カトマンズKathmanduならぬダストマンズDustmanduと言われているらしいです。

Back to today’s activity. It’s only 2,3 km to Swayambhunath so we walked using maps.me, which is a map application. I stopped by at a ATM to withdraw some Rupees. Most road was in Kathmandu is not paved so it is very dusty, not only because of the dust but also because of the pollution from cars and the motor bikes. Many people wear mask. Rosano, who often comes to Nepal told me that Kathmandu is also called “Dustmandu”.

この道で合ってる? Is this the right path?

桜? Cherry blossom?

お寺見えてきたー! I can see the temple up there!

お寺というものは大体において高い場所にあるものですよね。この長い階段を上ります。おサルさんがたくさんいました。スワヤンブナートは別名モンキーテンプルと言われています。

As usual, this temple is on the top of hill. So we took many steps. I saw many monkeys on the way. Swayambhunath is also called Monkey Temple.

 

ママどこ? Mommy where are you?

迷子になってしまったのか。泣いて母親を探す子ザル。近くにいた大人ザルにくっつくも、かわいそうに、シーッっと追い払われていました。ママ見つかったかな。

He seemed lost. He was crying looking for his mother. He found an adult monkey nearby and tried to stick with her, but she kicked him out. Poor guy… hope he found his mom.

スワヤンブナート寺院。Swayambhunath.
頂上で会った地元のおじ様。右はホステル友達のロザーノ。With a local man we met at the temple and a hostel friend Rosano.
カトマンズ市内が見渡せます。かなりもやってます。Hazy view of Kathmandu.

帰りにロザーノおすすめのレストランで、ネパール料理のモモを頂きました。揚げ餃子ですね。蒸したモモが主流ですが、このスパイシーなモモも美味しかったです。

We had fried Momo, one of the Nepali cuisine for lunch. It’s sort of fried Gyoza in Japan. Steam Momo is more popular but this chili momo was spicy and delicious.

揚げモモ。Momo.
会うのは1年半ぶり。Reunion after one and half year.

夜は、以前モロッコでのサハラ砂漠ツアーで友達になった、現在カトマンズに住んでいる中国人の友人と食事に行きました。モロッコで一度だけ出会った人にまた違う国で会えるなんて、まさに旅の醍醐味です。ご縁です。彼はカトマンズではなかなか出会いがない(彼女ができない)と嘆いていましたが。笑。

For dinner, I saw my Chinese friend whom I met in Morocco. He lives in Kathmandu. Never had thought that I would ever see him again but I think that  this is what I love about traveling. Meeting people. Making friends. But he was complaining that he never meet any woman in Kathmandu. Lol.

そして、忘れていません!靴下!トレッキング用の厚手のやつ買いました。これで今夜は眠れる。嬉しい。。

And I didn’t forget! Yes, socks! Very important. I bought a pair of trekking socks, nice an warm. Happy. I can sleep now.

Yay! I can sleep now. これで眠れる。でも今日のシャワーが怖い。お湯が出るかどうか蛇口をひねってみないと分からないなんて。。

でもでも!見事お湯出ました~!こんなにもお湯がありがたいなんて。

ではではおやすみなさい。ふう。

But I was still scared to take shower. Because you never know if hot water is available until you turn on the faucet…

I turned on the faucet. Waited for a few minutes. Yay! Hot! I have never appreciated the hot shower so much before.

Well, good night..