[ポーランド]クラクフ:ユダヤ人街とゲットーへ[Poland]Krakow: Jewish ghetto.

ズィン ドブリー (Dzien dobry)!(ポーランド語でこんにちはの意)

今日は、ユダヤ人居住区を巡るウォーキングツアー(Free Walkative Tour)に参加してきました。

カジミエシュ(Kazimierz)を中心に、以下の場所を周ります。(地図の青印の箇所)
15世紀頃に、旧市街地にあったユダヤ人街が現在のKazimierzに移ったそうです。

  1. Old Synagogue (Alta Shul) オールドシナゴーグ
  2. Remuh Synagogue レムシナゴーグ
  3. Plac Nowy Square ノヴィ広場
  4. Passerelle Père Ojca Bernatka 橋
  5. Apteka pod Orłem イーグル薬局
  6. Ghetto Heroes Square 英雄広場
  7. Oskar Schindler’s Enamel Factory シンドラー工場
1. Old Synagogue (Alta Shul)
黄色の傘が集合場所の目印

シナゴーグというユダヤ教の教会の前で集合です。このシナゴーグは、Old Synagogueという意味のイディッシュ語Alta Shulとも呼ばれているそうです。現在は博物館となっています。イディッシュ語とは、東欧に住むユダヤ人が話していた言語でドイツ語に近いらしいです。

2. Remuh Synagogue レムシナゴーグ

レムシナゴーグは、先のオールドシナゴーグの100年後位に建てられ、オールドに対してニューシナゴーグとも言われていたそう。現在クラクフ市内にある現役で使われているシナゴーグが2件のうちの一件です。

ヘブライ語で書かれています。

壁には聖書の一部がヘブライ語で書かれています。
3. Plac Nowy Square ノヴィ広場

ここは、ユダヤ人居住区カジミエシュ(Kazimierz)の中心地となる広場で、様々なお店が円形に立ち並んでいます。

4. Passerelle Père Ojca Bernatka 橋

Passerelle Père Ojca Bernatkaという歩行者専用の橋で対岸に渡ります。

躍動感のあるオブジェが面白い

この橋を渡ると、ゲットーと呼ばれるエリアに入ります。

ゲットーとは、ユダヤ人が強制的に住まわされた居住区のことで、それまでカジミエシュ(Kazimierz)に住んでいたユダヤ人は、ドイツ軍によって強制的にゲットーに移動させられました。当時は、ゲットーを取り囲むように壁があったそうです。

ゲットー入り口にある説明文

ゲットー入り口にある説明文には、下記のようなことが書かれています。

「1941年-1942年、この場所にはドイツ軍の職業斡旋所があり、ここからユダヤ人が強制労働に送りこまれました。また、1941年から1943年にかけては、医師のJulian AleksandrowiczとBernard Bornsteinにより、慢性疾患や療養中の人々にとっての拠り所ともなりました。」

5. Apteka pod Orłem イーグル薬局
薬局。現在は博物館になっています。

この薬局は、ドイツ占領下時代ゲットーにあった唯一の薬局。ドイツ軍の許可のもと営業していたポーランド人のTadeusz Pankiewiczは、第二次世界大戦中、秘密裏にユダヤ人達の手助けをしていたそうです。

6. Ghetto Heroes Square(Plac Zgody) ゲットー英雄広場

薬局の目の前に広がる英雄広場。ユダヤ人はここに集められ、強制収容所に送られました。収容所に送られた人々のその後の消息が分からないことについて、まさか列車が森に消えるなんてありえないと、人々はそのうわさを信じていなかったそうです。
強制労働の為と信じて疑わなかった人々。胸が詰まります。

広場の端にはドイツ軍の詰所だった詰所が残っていました。
68個ある椅子のオブジェは、68000人のユダヤ人を表しているそうです。
詰所跡の壁に掲示されていた

ユダヤ人も黙っていたわけではなく、若者達の間にはドイツに抵抗する地下組織が作られ、1942年12月22日計画を決行、10人のドイツ人を殺傷するという出来事があったそうです。しかしその後若者達の多くが捕えられ殺されてしまったそうですが。

7. Oskar Schindler's Enamel Factory シンドラーの工場

多くのユダヤ人の命を救ったとして知られるシンドラー。「シンドラーのリスト」と映画にもなりました。

ドイツ人のシンドラーは、初めは単に戦争で金儲けをしようという魂胆でクラクフに来て、特にユダヤ人どうのこうのなどの考えは持っていなかったそうです。しかしある日ナチスがユダヤ人を殺める残酷さを目にして考え方が変わります。シンドラーは、ユダヤ人を助ける為自社工場をゲットーの外に作り、そこでユダヤ人を労働させ自身の管理下に置くことで守ろうとしました。何度も自分の財産を投げ打ってナチスに賄賂を送り、彼らが殺されるのを阻止し、結果1200人もの命を救ったのです。

シンドラーの工場跡
入り口にはシンドラーによって助けられた人々の写真が掛けられています。
シンドラーによって救出されたユダヤ人の人々

ユダヤ人を救うべく最後まで献身的に闘かったシンドラー、戦争が終わった時には無一文だったそうです。

最後にガイドさんが、多くのユダヤ人が死んでしまったが、クラクフのポーランド人の中にはユダヤ人を助けた人も沢山いたのも事実だ、と言っていたのが印象的でした。

戦後、多くのユダヤ人がイスラエルに移住したそうです。
そういえば、イスラエルで会ったホロコースト生存者の女性はオランダから移住したと言っていたのを思い出しました。「祖国を持たないイスラエル人」とはこういうことなのだろうか。

明日はウクライナに出発します。


[ポーランド]クラクフ:変な山の正体は。。[Poland] Krakow: Kościuszko Mound.

ズィン ドブリー (Dzien dobry)!(ポーランド語でこんにちはの意)

今日はクラクフのことを調べていた時に見て気になっていた、ある山(多分)に行ってきます。

ホステルから4,8km、徒歩1時間。よし、歩くぞ。

古い建物と新しい建物
鳩の大群

うう。。ヨルダンとインドでフンをかけられて以来トラウマの鳩。ササッと写真を一枚撮り足早に立ち去ります。

クラクフ国立博物館

大きな交差点の角に見えるのは、クラクフ国立博物館です。

交差点を渡ると、右手にはだだっ広い緑の公園が。遠くで凧揚げをしている人が見えました。

Cracovia Stadium

サッカーのスタジアム。クラコヴィアCracoviaはポーランドの名門チームだそうです。

寿司レストランの広告。

女神SUSHI。美味しいのかな。ミシュランシェフのグレッグと書かれているからきっと美味しいのね。よく見るとJapanese&Thai。タイ料理もあるのね。

橋の下には小さな小川が流れていました。

この標識、子供が持っているものは。。風船?キャンディー?
簡易トイレ? TOTOかと思いきやTOITOI。二人とも早く行きたそう。笑。

ここから山道に入りますが誰もいない。。もう一度地図を確認するもここで合っている模様。しばらく行くとお散歩中のご夫婦らしき人とすれ違いました。お互いハローと声を掛け合いホッとします。

坂道を登っていくと道が開け、観光客らしき人達が見えました。よかった。

ようやく着きました!

上へ登っていく人達が見えます。

入り口でチケットを購入し入場。入場料14PLN(約400円)。

ここはKosciuszko Moundと言われる、人口の山です。高さ34メートル。

アメリカの独立戦争でも戦ったことのある、ポーランド人の英雄Tadeusz Kosciuszkoを讃えて作られた山だそうです。
ちょっと古墳っぽい?もしかしてお墓?と思い後で調べたところ、お墓は別の場所にある様でした。

頂上。ポーランド国旗が掲げられています。
Kosciuszkoの名前が刻まれた石。
旧市街地を眺める。

頂上からは360℃クラクフの街を眺めることが出来ます。

こうやって見ると、まるで童話に出てくる風景だなと思いました。

中にはレストランもあります。覗いてみると高そうだったので我慢し、街まで再度歩いて戻りました。

街を走るトラム

お手頃な値段で美味しいと聞いたSmakolyki Restaurantというお店で、遅めのランチ。

旧市街の西側にあります。

Smakolyki Restaurant
店内

店内は満席。やはり人気みたいです。少し待たされて席に案内されました。

トマトスープ

バックパッカーにも優しいお値段で、美味しかったです。
トマトスープ6PLN(約175円)、サラダ6PLN(約175円)、レモンジュース7PLN(約200円)。アップルパイ10PLN(約290円)。

メニュー。英語表記もあります。

今日もよく歩きました。携帯の歩数計で15,2km。

アウシュヴィッツで会ったみさおさんから、ワルシャワに着いたとメールがありました。たった1日一緒にいただけなのに、これどうせ使わないから使って、とまだ使っていない新品のレインコートをくれたみさおさん。なんて優しいの。世界一周応援してるね!と力強く言ってくれたのを思い出して、またほろっとなりました。

[ポーランド]クラコフ:旧市街地を歩いてみた [Poland]Krakow: Walk around the old town.

ズィン ドブリー (Dzien dobry)!(ポーランド語でこんにちはの意)

今日は、緑で囲まれた旧市街地を歩きます。17世紀初頭まではポーランド王国の首都だったクラクフ。ぐるっと囲む緑が昔の城壁を表しています。

まずヴァヴェル城に向かいます。


高い壁の上に見えました。
Sandomierska Tower

門の側にはSandomierska Towerと呼ばれる見張り塔があります。

ヴァヴェル城 Wawel Royal Castle

王族の私室竜の洞窟などの見学は有料です。私は入りませんでした。

次は中央市場広場へ向かいます。

Cloister of the Dominican Fathers ドミニク教会

中央市場広場に着きました。人がたくさん。

広場の真ん中に立つ旧市庁舎の塔。

市庁舎塔 Town Hall Tower

私は登りませんでしたが、入場料を払えば塔の上まで登れてクラクフの街が一望できるそうです。
塔よりも気になったのは、門の両側に鎮座するライオンさん。

ライオン(右) 口の端を歪ませて歯を見せニヤけている?
ライオン(左) 何かを悟ったようにじっと目を閉じる。
“Eros Bendato” by Igor Mitoraj 

これは塔の前にあった彫刻。ポーランド人の芸術家Igor MitorajのEros Bendatoという作品だそうです。

広場の角にある聖マリア教会。この教会変わっているのが、時間になるとよくある鐘ではなくラッパで知らせるのです。ラッパーじゃないです。プープーと鳴る楽器のラッパです。昔はそれを仕事としているラッパ吹きがいたそうですが、現在は市の消防士が交代でやっているそうです。私はよく見えなかったのですが、見上げてよく見ると吹いている人の姿が見えるかも知れません。

聖マリア教会(St. Mary’s Basilica)と正体不明の笛吹き羊?
聖マリア教会の中。息を飲む美しさでした。
詩人 アダム・ベルナルト・ミツキェヴィチの銅像Adam Mickiewicz Monument

そして広場の中央にある織物会館。
貿易商がここに集まり取引をしていた場所です。ピーク時の15世紀には、主に東からのスパイス、絹、革製品が取引されたそうです。

織物会館。The Cloth Hall
The Cloth Hall 織物会館の内部

中に入ると、左右にお土産屋さんなどのお店が並んでいます。

琥珀屋さんがいくつかありました。クラクフの特産らしいです。
織物会館の外にあった温度計。

温度計が30℃を指しています。どうりで暑い。エジプト→トルコ→イランを経て、ヨーロッパに入れば少し涼しくなる公算だったのですが、行く国行く国暑い。今年は例年にない猛暑らしいです。

続いては、広場の北側にあるフロリアン門。

St. Florian’s Gate 聖フロリアン門
城壁が残る場所です。

ゲートをくぐり緑の公園を歩いて行くと、正面にあるのがバービカン。
バービカンとは楼門のことで、城壁内に入る前の番所みたいな所だと思われます。

クラクフ バービカン Kraków Barbican

バービカン前の公園にあったヤン・マティコJan Matejkonの銅像。ポーランドの彫刻家だそうです。

The statue of Jan Matejko
おまけ:クラクフのグルメ

これまでにクラクフで食べたものを記録。

Pączki ポンチュキ

ローズヒップジャムの入った揚げパンです。ドーナツといってもいいかも。小腹が空いたからと食べたけど結構腹持ちします。揚げたてがオススメ。プラムジャムやクリームの入ったものもあるそうです。

ZUREK(ジューレック

ジューレックは、ライ麦パンの中にシチューが入ったものです。結構な酸味が強いです。

コトレト Kotlet schabowy

コトレトは、ポークカツレツのことです。日本のカツレツより薄いですが、味は想像通りの間違いないカツレツの美味しさ。付け合わせのザワークラウトと。
これ、実はドイツのロイとやミュンヘンにも同じものがあったのですが、歴史的に共通点があるのかもですね。

ケーキ。しっぽが切られています。

広場の近くでマーケットが開かれていました。

見えづらいですが、ソーセージの隣にある茶色の食べももは、ビゴスBigosというザワークラウトをトマトソースで煮たもの。
チョコレートドリンクwithアイスクリーム

E.Wedel Chocolate Loungeというチョコレート専門店のお店のチョコレートドリンク。甘いですが美味しいです。中央市場広場にあります。

おまけ2:ストリートパフォーマンス

クラクフの街でよく見たのが数々のストリートパフォーマンス。


明日は、変な形をした場所に行ってみようと思います。

[ポーランド]クラコフ:アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所 [Poland]Krakow: The Auschwitz-concentration camp.

ズィン ドブリー (Dzien dobry)!(ポーランド語でこんにちはの意)

ドイツで友人達との再会でエナジーチャージし、ポーランドにやってきました!それにしてもやっぱり13時間のバスは長かった。。

21:15にミュンヘンMunich Central Bus Stationを出て、翌日の朝10:15にクラコフKrakow MDAに着きました。 FlixBus 42.99ユーロ(約5360円)

クラコフでのホステルは、Blueberry Hostel Krakow 1泊56,95PLN(約1650円)朝食付き。

※現在営業していない様です。

ちなみに、ポーランドの通貨はズウォティで表記はPLNと書きます。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所へ

小雨が降っています。これくらいなら大丈夫よね。パーカのフードをかぶり、ババスステーションまで歩きます。

アウシュヴィッツは混むから早く行った方がいいよというホステルスタッフのアドバイス通り、朝7時にはKrakow MDAバスステーションに到着。

チケット売り場

アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所は、オフィチエンシム(Oswiecim)という街にあります。

Krakow MDAバスステーション→オフィチエンシム(Oswiecim)まで12PLN(約348円)。
すぐのバスに乗りたかったのですが、満席のためその次の7時25分発のバスになりました。

チケットに書いている通り、G7の乗り場でバスを待ちます。

指定の乗り場で待っていると、夏休みを利用して初めての一人旅をしている、みさおさんという日本女性と出会いました。彼女もアウシュヴィッツに行くというので一緒に行くことになりました。

バスに乗り1時間20分後の9時、オフィチエンシムOswiecimに到着。アウシュヴィッツ強制収容所の入り口には既に多くの人で列ができています。

既に行列が。

この列は、ガイド付きツアー(有料)のチケットを買うための列だとわかりました。実は、ガイドについてはネットで見たあるレビューのせいでつけるかどうか迷っていたのですが、やっぱりちゃんと知りたいと思いつけることに。ガイド付きツアー50PLN(約1450円)。

入場料自体は無料です。ただし、入場券を受け取る必要がある様です。

ガイド付きツアーの時刻表。ポーランド語や英語な以外の言語にも対応しています。

私達は10時の英語ガイドツアーを予約。日本語のガイドさんもいるらしいのですが、事前の予約が必要みたいです。スタートまで時間があるので、近くのカフェでホットチョコレートとパンで一服。

《ここで注意》入場前にセキュリティゲートで荷物チェックがあります。持ち込めるバッグのサイズが30x20x10センチ以内と決まっていて、それより大きい場合はクロークに預ける必要があります。大体A4サイズ位ですね。

規定内だと思っていた私のバッグは、持ち物でややパンパンになっていたせいか持ち込めないと言われてしまいました。仕方なくクロークで荷物を預け、また列に並び直していると間に合わないので、スタッフにお願いして割り込みさせてもらい、ギリギリセーフ。無事中で待つツアーグループに会えました。早めの行動が鍵です。

事前に、アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のサイトで基本ルールを確認しておくことをお勧めします。(英語)Basic Information 

ガイドさんから、写真は一部の場所を除きフラッシュ無しで撮ること、常に静かにすることなどの説明がありました。私達のグループは2〜30人位いたでしょうか。

ARBEIT MACHT FREI (働けば自由になる)と書かれた門
多い時には20,000人が収容されたそうです。

同じ様なレンガ造りの建物が続きます。

死の壁と言われる場所

死の壁と言われるここでは、ナチスSSに抵抗した人たちが銃殺された場所だそうです。

建物の中には、収容者用の三段ベッドや長いベンチの様な所に穴を開けただけのトイレがありました。また、人間の髪の毛で作られたカーペット。山積みにされた何千もの靴。小さい靴も展示されていました。

収容所の周りには、有刺鉄線が2重に張り巡らされています。

HALT! (止まれ!)と書かれた看板。フェンスの外側には監視塔も。

有刺鉄線の向こう側には、収容所の所長であったルドルフ・ヘス(Rudolf Höss)が家族と一緒にくらしていた家があったそうです。

大虐殺が行われていたすぐ側で暮らしていたヘス一家。愕然とします。

ガス室。屋根に煙突が見えます。

ガス室。所長となったヘスは、ここでチクロンBの実験をしました。実験の結果、当初使っていた一酸化炭素よりも”効果的”とされ、以降ガス室にチクロンBが使用されることになったそうです。

シャワー室だと言われ入った部屋。天井のシャワーヘッドからは水が落ちることはありませんでした。

煙突からの煙は、ヘス家まで届いていたのだろうか。ヘス一家はその匂いを嗅いだのだろうか。

ここで一旦ガイドさんと別れ、無料シャトルバスで隣にある第二収容所ビルケナウへ向かいます。

アウシュヴィッツ⇄ビルケナウ間を走っている無料シャトルバス

ここで確認。一般的にアウシュヴィッツ強制収容所と言われている施設は、3つの収容所で構成されています。
アウシュヴィッツ第一強制収容所 Auschwitz I
アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウ Auschwitz II-Birkenau
アウシュヴィッツ第三強制収容所モノヴィッツ Auschwitz III-Monowitz
今回は、上の2箇所を訪問しました。
何故かモノヴィッツだけグーグル地図に記載がなかったのですが、なぜだろう。。下の地図のモノヴィッツの場所は、maps.me(地図アプリ)の情報を基に書き込んだものです。

3つの収容所。

3つのうちビルケナウは最大規模の収容所です。ヨーロッパ全土から、一番多い時で90,000人が収容されたそうです。

シャトルバスを降りたところに、これは麦なのかなあ、がふさふさと実っていました。
ここから中に入っていきます。

ガイドさんと再び合流し、入り口の門をくぐると目に入るのが、長く向こうまで続く線路。

広大な土地が広がります。特に大きな建物は見当たりません。

無数に見える煙突
列車に乗って、いや、詰め込まれて連れてこられました。

列車を降りると、すぐに一人一人選別されました。高齢者は労働力が無いとみなされ殺されると考えて、白髪を黒く染める人もいたそうです。

ガイドさんの説明によると、第二次世界対戦が終わりドイツが敗戦すると、ナチスは証拠隠滅のため、多くの建物を爆破したそうです。

ビルケナウの敷地の一角に、色んな言語で書かれた慰霊の碑がありました。

石碑にはこう書いてありました。
“For ever let this place be a cry of despair and a warning to humanity, where the Nazis murdered about one and a half million men, women, and children, mainly Jews from various countries of Europe. Auschwitz-Birkenau 1940 – 1945.”

「ナチスによって約150万人の男、女、子供達が殺された。主にヨーローッパ各国からのユダヤ人であった。この慰霊碑は、彼らの絶望の叫びをここに鎮め、人類へ警告するものとして設置される。」

やっぱり人間が一番怖い、と思ってしまいました。
でも、きっと「怖い」だけではいけないのだろうと感じます。知らないものは怖い。怖いものは見たくなくなる。見えないものは怖くなる。

ヒトラーは何か怖かったのだろうか。だとすればそれは何だったのだろう。