[イラン]ゴレスターン宮殿 [Iran] Golestan Palace.

サラーム。

18世紀末のカージャール朝、ヨーロッパを何度も訪れていた当時の王ナーセルッディーン・シャーが、ヨーロッパ風に建てたそうです。

    黒い服を来ているのは王様でしょうか。

天井の装飾(彫刻?)もすごいです。

ここは、見たまんまの「輝きの間」です。(Mirror hall) ミラーボールみたいです。 恐らく床を汚さない為に、カバーを付けます。ここでは靴カバーを付けます。眩しっ。鏡がびっしり。  白と水色が綺麗。        なんでこうもど真ん中に空調機置くかなあ。理由でもあるのだろうか。

 太陽の建物 (The Edifice of the Sun)   繊細。思わず見入ってしまいます。 このステンドグラスも。息を飲みます。

    謁見の間

お腹が空いたので、宮殿内のレストランに入ったのですが、ラマダンの為食べ物は提供できないと言われましたが、お願いすると飲み物(コーヒー)は提供してくれました。外のテラス席で、バッグで隠しながら飲みました。

宮殿を出て、食べものを求めて歩きます。

パン屋さんが空いていました!

サンドイッチを買って、近くの公園で食べることにしました。

芝生に座っていると、警備員?みたいな人が来て、芝生には座らないように注意されました。空いているベンチを探し、そこでまた隠すようにしながら食べました。

猫の目も気になります。

お腹も落ち着き、街を歩きます。

わあ、この羽のホコリ取り懐かしい。昔沖縄にもありました。

歩いていると、素敵な音色が聞こえてきました。覗いていると、店に招き入れて演奏を聴かせてくれました。イランの伝統楽器で、サントゥールというそうです。

彼女とは今朝ホステルで会ったばかりで1日一緒に過ごしただけですが、結婚の話やイランでの出会いや恋の話、色々な話をしてくれました。彼女にとって今日はイランの最後の日。お互い少し感傷的になってしまいましたが、短い間でも何か通じるものがありました。

お互いの今後のさらなるハッピーを確信して。

[イラン]ラマダンパーティ?イランの家、ご飯 [Iran] Ramadan party? Iranian family house, food.

サラーム。

今日は、ネパールで出会ったイラン人、ホーマの家にお泊まりです。

家の正面玄関で、思わず、え、ここ!?とびっくりしてしまいました。何階建てだっけ?地下の駐車場への扉は電動シャッターでした。この大きなマンションは、お父さんが所有しているそう。

ホーマの家はその一角にあります。

床や壁にも素敵なペルシャ絨毯が飾られていました。

あちなみに、イランも日本と同じように玄関で靴を脱ぎます。

あ、ここにもあった!昨日も見た、サモワールと呼ばれるやかんです。これ、どうやって使うかというと、まず下のやかんでお湯を沸かし、沸いたら蛇口から茶葉の入ったティーポットにお湯を注ぎます。そして、ティーポットは上に置いて保温しておける、という仕組みです。これは、イランの家には必ずあるそうです。

これは、昔ながらのサモワールで、真ん中の垂直になっている管?の所に薪を入れて焚いていたそうです。

ラマダン(イスラム教の断食月)真っ只中で断食中にも関わらず、ホーマのお母さんが昼食を作ってくれました。ホーマとホーマのお兄ちゃんは断食はしていません。家族の中でお母さんだけだそう。さらに、お兄ちゃん曰く、イランで実際に断食をしている人は、多く見積もっても10パーセントもいないと言うのです。「僕の会社で断食している人は、多分5%くらいしかいないと思うよ」と。意外な事実でした。私の勝手なイメージでは、7、8割位の人はしていると思っていました。正直にそう伝えると、ホーマのお兄ちゃんから、イランのことを知るには「千夜一夜物語」を読むと良いよ、と教えてくれました。

ごめんなさん、お母さん。いただきまーす! ターチン(Tahchin)という炊き込みご飯的な(?)、少しおこげのついたご飯。サフランが入っているので黄色くなっています。鶏肉と一緒に食べました。美味い!

これはお米の様な穀物の入ったスープ。優しい味。美味しい。

  サラダ ヨーグルトのスープ

サフランライスプディング。ローズウォーターの香りがほのかにします。これは、チアシードが入ったローズウォーターのドリンクです。ほのかに甘くて美味しかったです。

お母さん、全部美味しいよー。私はディナーでたくさん食べるから大丈夫よと言っていたけど、こんなに作ってくれて。心から感謝。なんだか、久しぶりに母の味が味わえた感じで心までいっぱいになりました。

夜は、叔父さん主催の食事会に参加しました。ラマダンの期間中は、こうやって親戚同士が集まって食事をするそうです。

2、30人位の集まりかと思っていたのですが、着いてびっくり。大げさじゃなく、100人位はいたと思います。結婚式場の大ホールを貸し切った感じです。

皆、笑顔で温かく迎えてくれました。

この女の子は英語を勉強中ということで、一生懸命英語でお話ししてくれて、めちゃ可愛かったです。

従兄弟たちや叔母さん叔父さん、皆興味深々な様子で、質問攻めでした。私がこれまで行った国名を上げてイスラエルの名前を出した時には、「イスラエルにも行ったの?どうだった?」と食いついてきます。そうか、イスラエルとイランって政治的には対立してるんだっけ。嫌悪感とかそういうのは全然なくて、ただ単に興味がある様でした。あと、「イランについて日本人はどう思ってるの?」とも聞かれました。ホーマの従姉妹たち。私の乱れたスカーフを直してくれました。笑。

皆優しくて、これも食べなさい、あれも食べなさい、と「カメーカメー攻撃」(沖縄の方言で食べろ食べろの意)を受けました。笑。

叔母さんの一人は、片言を英語で、私は日本人は忍耐強くて大好きだわ。Oshin Oshin!と言っています。最初何のことか分かりませんでしたが、もちろん、30年以上も前に流行ったNHKドラマの「おしん」のことでした。いつか日本に行く時は桜が見たいわと言っていました。

上の写真の従姉妹家族は、ホーマ曰く、比較的敬虔なムスリムだと言っていました。親族の中でもそれぞれ違うんですね。

イスラム教といえば、断食もそうなのですが、髪の毛を隠すヘッドスカーフも宗教上の理由とは限らず、政府から強制されているからだそうです。イランは、いわゆる政治と宗教を分けずに統治する「政教一致」の体制を取っているので、イスラム教徒でなくても、国内ではイスラムを教えに従う必要があるのです。

こんなイランですが、今の様になったのは40年前のイラン革命以降で、革命以前はスカーフを被るのはあくまでも個人の自由だったのだそうです。ホーマのお母さんも、昔は被らないこともあったと言っていました。ホーマの家でテレビを見ていたのですが、ニュース番組、ドラマ、どのチャンネルでも女性は100%スカーフで髪の毛を隠しています。あるドラマでは、女性刑事が走って犯人を追跡している時ですらスカーフは死守されていました。ある意味不自然な位に。。

あるチャンネルを見せてもらったのですが、その中のニュースキャスターは、胸元が大きく開いたキャミソール系の服装をしています。むしろ日本よりも露出度か高い位。ドラマでも皆普通の格好をしています。聞くと、そのチャンネルは、外国に住むイラン人によって作られたイラン人の為の衛星放送だそう。なるほど。。

家の中ではスカーフは被らなくて良いです。

シャワーを浴びて、久しぶりに大きなベッドで(ホーマが自分の寝室を譲ってくれました)寝られます。なんて幸せ。

おやすみなさい。

[トルコ→イラン]「ビザ無しでは搭乗できません」って、えー!?[Turkey→Iran] “We can’t put you on board without visa.” Noo!

サラーム!

いよいよイランへ出発です!イズミール空港からイスタンブール経由でテヘランへ行きます。

まずはクシャダスからイズミール空港までバスで向かいます。

バスターミナル内にあるLast Minute Airport Shuttle というバス会社の窓口に行き、前日電話で予約しておいたチケットを受け取ります。25リラ(約527円)。

クシャダスのバスターミナル

まだ時間があるので、ベンチに荷物を下ろします。天気も良いし、ベンチにも座れて、安いデーツ(ナツメヤシの実)も美味しいし。「ああ、私バックパッカーらしくなってきたなあ」と、余裕のある自分の態度に気づき、なんだか誇らしい様な、感慨深い気持ちになります。日本を出発してから約4ヶ月半経ちました。

イズミール空港に到着、チェックインカウンターに行きます。そして、問題はここで起きました。

イランに入国する為のビザは持っているかと聞かれたので、テヘラン空港に着いたらアライバルビザを取るつもりだと伝えたると、ビザを持ってないのなら搭乗出来ないというのです。え?いや、日本人はアライバルビザが取れるので問題ないから、と言ってもノーと言います。一瞬頭が真っ白になりましたが、つい数週間前にイランに行った旅友(日本人)のことを思い出し、急いでラインで状況を伝えます。やっぱりアライバルビザで行けたといいます。そのことを伝え、再度確認してくれとお願いすると、カウンターの女性は面倒くさそうにしながら誰かに電話で聞いている様子。電話を切ると、やはりビザが無いと乗せられないと言います。

いやいやいや。つい2、3日前にもイラン大使館のページで確認したし。と思いながらも、頭の中では、”え、まさかビザ要件変わったの?”とパニックになります。急いで、アライバルビザについて記述されているネットのページを携帯で探します。こないだ見たページがなかなか見つけられません。。焦。汗。

やっと英語で書かれている記述を見つけて、カウンターの女性に見せつけ、もう一度確認してくれとお願いしました。もう一人のスタッフも来ていました。

そしてゴソゴソとカウンターのコンピュータで確認すると、「オッケー」と何事もなかった様にチェックインの手続きをするじゃありませんか。え、出来るの!?はあ、よかった〜。

じゃないし!アイムソーリーは?謝らないの?何事もなかった様にしてるけど、こっちはそっちのせいで飛行機乗れないところだったんだよ?お金も無駄になるところだったし!ムカつきましたが、どうどう、抑えました。

無事チェックイン完了。サンキューベリーマッチ、ペガサス航空!(嫌味)。

教訓。空港職員に限らず、どこでも時々間違ったことを堂々と言う人がいるので、こちらも引き下がらずに自信をもって対応することが大事!うん。

ちなみに、トルコイズミールからイスタンブール経由テヘランまで、122USドル(約13,750円)でした。

とりあえず乗れてよかった。ホント一瞬どうしようかと思ったよ。。

機内の安全のしおり。女性がヘッドスカーフしてて可愛い。

イスタンブールサビハゴチェン空港を経由し、テヘランに向かいます。面白かったのは、着陸の直前、機内の女性達が皆いっせいにスカーフを被り始めたのことです。イランでは、女性は全員髪を隠すスカーフをかぶらなければいけません。外国人の観光客であっても例外ではなく被る必要があります。もちろん前調べで知ってはいましたが、空港から街に出るタイミングで良いかなと思っていたので、私も慌ててバッグの中からスカーフを出しました。

テヘラン。機内から見た街の夜景。

深夜3時半、イスタンブールから3時間ちょっとで、テヘランのエマーム・ホメイニー国際空港に到着しました。

アライバルビザのカウンターに行き、ビザの申請手続きを行います。

  1. 用意されている申請書に記入
  2. 支払い窓口で旅行保険代16ドルとビザ代70ドル(いずれも30日有効)を支払う
  3. 支払証明書(領収書)を持って申請カウンターへ提出(30分後に入国審査のカウンターへ行けと言われました)
  4. 入国審査カウンターで受け取り

日本人の旅友が、中国人と思われて100ドル払わされたという話を聞いていたので、金額をちゃんと確認。ビザ代は国籍によって違います。(ちなみに旅友はすぐに気がついて、訂正してもらったそう)。私の他に7、8人しかいなかったのですが、待たされて、結局1時間以上かかりました。オランダ人男性、ドイツ人女性、韓国人女性、あと日本人男性もいて、皆それぞれ一人旅をしているとのこと。

日本人男性は20代前半の若者。宿もまだ取っていないと言うので、朝まで空港で時間を潰して、一緒に始発のメトロで市内まで行くことに。タクシーで街に向かうという選択肢もあるのですが、暗い中を移動するのはリスクを伴うので、深夜着の場合は、明るくなるまで空港内で時間を潰すことにしています。

空港内の両替所で、とりあえず20ユーロ分をイランの通過リアルに両替え。SIMカードも買っておきたかったのですが、ロビーにあったIrancellのお店は、夜中だからか開いておらず。

06:40分のメトロに乗りました。乗車代75000リアル(120円位?)。乗車券。ペルシャ語?アラビア語?全く読めません。。

メトロの乗車券。数字っぽいのが書かれているので後で調べると、今日の日付がイラン暦で1397年3月3日(۱۳۹۷/۰۳/۰۳)と書かれている様です。イラン暦は、預言者ムハンマドが拠点をメッカからメディナに移した年(ヒジュラ)を元年としていて、西暦でいうと西暦622年にあたるそうです。ふむ。

そういえば、旅をして知ったこと。西暦以外の暦を使っている国って結構あるんだということ。ミャンマーは仏教に関するカレンダーを使っていたし、インド、エジプトも独特な暦がありました。日本は和暦だしね。世界では西暦が主流だと思っていたけれどそうでもないみたいです。

メトロのBaharestan駅で降りると、ホステルはすぐそこでした。今回の宿は、Tehran Heritage Hostel 。女子部屋で1泊12ユーロ(約1530円、朝食付)。

少し昼寝をし、SIMカードを買いに、ホステルのスタッフに教えてもらったHafez通りへ。まるで東京の秋葉原?の様な雰囲気で、雑居ビルに小さな携帯屋さんがところ狭しと並んでいます。

電化製品屋さんばかりだからか、歩いている人は男性ばかり。エジプト以来の視線を感じる。。

何件か値段を聞いて回り、一番安かったお店で購入。Activated or Non-activated? と聞かれ、すぐ使えるというアクティベート済みを購入。お店でSimを入れてもらうと、すぐその場で繋がりました。

次は両替です。イランでは、アメリカやその他の国からの制裁によりVISAカード等クレジットカードが一切使えません。なので、予めトルコにいる時に米ドルを下ろしてきました。イスタンブールには、ユーロやドルが引き出せるATMがあり、VISAカードでキャッシング出来ます。

イスタンブールのATM

米ドルをリアルに両替するべく、これもホステルの人に聞いた、多くの両替所があるFerdowsiというエリアに行きました。が、どこも閉まってる。。後で気づいたのですが、今日は木曜日。イランでは、木曜日と金曜日が日本でいう土日でお休みなのだそうです。

半ば諦めて歩いていると、ダーラー、ダーラー?と声を掛けられました。よく見ると、歩道に両替の人達が何名もいて、現金の札束を見せてきます。レートを聞いてみると決して悪くない。違う人にも聞いてみます。レートだいぶ良いんじゃ?

とりあえず100ドルだけ両替えし、5,000,000リアル=500,000トマンをゲット。レート換算アプリでは100ドル=4,200,000リアルとなっているので、やっぱりだいぶ良い。でもなぜ?偽札だったらどうしよう、と一瞬不安がよぎりましたが、その後のコーヒー屋さんではちゃんと使えました。

そしてこれも後で分かったことですが、イランでは正式レートと闇レートがあるらしく、レート変換アプリやグーグルなどで出てくるレートは正式レートだと思われます。でも実際は、生活の場面では「闇レート」の方で取引されているそうです。

そして現在の闇レートは、1ユーロ(1ドル強)7,000トマン=70,000 リアルだそうです。

えー!ってじゃあさっきの両替、お得だと思ってたら逆にだいぶ損してたってこと?あ〜あ。。イランに行く方は、現地の人に実際のレートを聞いた方が良いです!インフレのせいでそのレートも日々変わるから現地の人達は大変だろうなあ。

お腹が空いてきました。が、実は今イランはラマダンの真っ只中。イスラム教の大事な断食月のため、街中のレストランは閉まっています。半分諦めつつ歩いていると、小さなコーヒーショップを見つけました。開いてる!イェイ!しかも良い雰囲気。

メニューには英語も書かれいました。

カプチーノ6000トマン=60000リアル(約90円位?)

店内には現地の人らしき人もいて、なんだラマダンでも飲んでる?と思ったのですが、コーヒーを受け取ると車に乗って去っていきました。やっぱりおおっぴらには飲食しないのかも知れません。そういえばさっき、裏通りで隠れる様にパンをかじっている男性いたなあ。私も飲み干してからお店を出ました。

夜、ネパールで出会ったイラン人の旅友、ホーマに再会しました!ホーマは、中国で4年間働いていた仕事を辞めてイランに戻る途中、ネパールを旅していたのです。こうやってまた会えるって、これが旅の醍醐味です。

ホーマの友人ご夫婦宅に招待してくれました。一番右がホーマ。隣はお友達。左の二人は夫婦で、二人とも絵を描いたりするアーティストです。部屋自体がアトリエになっていて、あまり広くはなかったですが、筆や版画用の印刷機?などがあって、本当に素敵な家でした。ホーマはアメリカの大学へ進学を希望していて英語が堪能。お友達の皆とも英語で会話できました。

薄手のハンバーグのような肉、美味しかったです!

そしてなんとワインまでありました。しかも奥様の方の実家イスファハン(Isfahan)で作られた自家製ワイン。お父様がぶどう園を持っていて、収穫したぶどうの半分はワインにしているそう。  

あと、このやかんが面白い!蛇口がついているのです。サモワールというらしいです。

おまけ:近くにいた猫

イラン、すでに好きになりました。期待大です。

おやすみなさい。