[スペイン]サンクトペテルブルクからスペインへ [Spain] Fly from St.Petersburg to Madrid, Spain.

ハロー。2018年9月1日。2泊3日のロシア滞在から、今度は一気にスペインまで移動します!

一旦、サンクトペテルブルクから再び船でヘルシンキへ戻ります。

奮発して(?)、船内レストランにてメニューの中で一番安いペンネを注文。17,8USドル(約1900円)。

16時間後ヘルシンキに到着。下船すると一帯が霧に包まれていました。

ヘルシンキで2泊して、その後はいよいよスペインのマドリッドに移動です!ユーラシア大陸の旅もあとわずかになってきました。

ヘルシンキの宿は、The Yard Hostel。1泊44ユーロ(約4500円)。

スペインマドリッドへ

9月3日。いよいよスペインのマドリッドに向かいます!ヘルシンキ中央駅から空港行きの電車に乗ります。

スペインまでの航空券は、安かったのでノルウェーを経由して行くことにしました。
・ヘルシンキ→オスロ ノルウェー・エアシャトル航空 1時間30分 (約9500円)
・オスロ→マドリッド イベリア航空 3時間40分 (約12,310円)

機内の案内。ここでは金髪になるのね。イランではヘッドスカーフをかぶっていたけど、こういうのもお国柄が出ていて面白い。

経由地のオスロ空港で時間があったので、本屋さんでThe traveling cat chroniclesという小説を買いました。大好きな旅と猫がタイトルになっているという理由だけで手に取ったけれど、作者はHiro Arikawa。有川浩の「旅猫リポート」という本の翻訳版でした。日本からの本ということでなんだか嬉しくなりました。

【読後感】一言でこの良さを表せないのがもどかしいですが、良い本でした。
だいぶひねくれた野良猫と青年が駐車場で出会うことから始まるのですが、心のどこかに傷を負った二人が心を通わせて寄り添って生きていく姿がもう。泣いた。絶賛おススメです。

さて、マドリッドに着いたのは真夜中の3時。

wifiをonにした途端に届いたフェイスブックからのウェルカムメッセージ

いつもドキッとするけど、新しい国に着いてwifiをonにした途端にスマホの画面に現れるフェイスブックからのウェルカムメッセージ。まあね、GPSもonにしてるしね。誰よりも先に私がどこにいるかを把握しているフェイスブック。わかってるけど毎回驚くよね。

マドリッドの宿はOk Hostel Madrid 料金は1泊17,5ユーロ(約2,200円)です。中心地のマヨール広場にも徒歩で行ける便利な場所です。

街に出てみました。こちらが街の中心地のマヨール広場です。

マヨール広場 Plaza Mayor
フェリペ3世の像

広場を囲む様に建てられた建物にはどこも小さなバルコニーがついています。

この像はなんだろう。。

マヨール広場にあるボーダフォンのお店でSimカードを購入。6GB、28日有効で15ユーロでした。その場ですぐつながりました。

前調べで行きたかった、老舗のチュロス屋さんChocolateria San Ginesに来ました。1894年創立だから創業124年。満席でしたが回転が早くすぐにテーブルに座れました。日本人らしき観光客もちらほらいます。濃厚なチョコレートが美味しかったです。濃厚なので食べきれず結構残してしまいました。ああ、胃がもうひとつあったら。

やっぱりバルコニーがあるっていうのがここの建物の特徴なのか、どこも各窓にバルコニーがついている様です。

そしてこれもよく見かけたのが、生ハムのお店。以前同僚のスペイン人の誕生日に皆で生ハム1本プレゼントしたっけ。懐かしい。これ全部日本で買ったら絶対うん十万円はしそうだな。

生ハム。生ハム。

ホステルに一旦戻りましたが、部屋に誰もおらず、下のロビーでも特に出会いもなく、一人近くのバーで夕食。

イカリングのサンドイッチ、オリーブ、飲み物はやっぱりサングリア。

夕食のメニューは、イカリングのサンドイッチ、オリーブ、そして飲み物はやっぱりコーラ!じゃなくて!サングリア!スペインといえばサングリア。フルーツと赤ワインの具合が私好みでちょっと感動するぐらい美味しかったです!
イカリングサンドイッチ€2,99(約380円)、サングリア€3.0(約380円)。オリーブはおまけでついてきました。

明日は市内のウォーキングツアーに参加してこようかなと思っています。

[ロシア]今までで一番最高のホステル![Russia] The best hostel ever!

プリヴィエット!(ロシア語でこんにちはの意味)

まさかロシアで出会うとは思っていませんでしたが、旅を始めて約8ヶ月にして最高のホステルに出会いました!

その名はSoul Kitchen! ソウルキッチンの名の通りキッチンを中心に素敵な空間が!
オススメの理由:

  • ロケーション最高!聖イサアク大聖堂、エルミタージュ美術館、ネフスキー通りが徒歩圏内。
  • スタッフが明るくて親切!
  • その名の通りキッチンが素敵!
  • 清潔、綺麗!
  • 安い!1泊10ドル(約1100円)
  • 他の宿泊者と交流しやすい!
  • 一人になるのも居心地良い!
  • 安全!

まず、場所は聖イサアク大聖堂から徒歩7分、モイカ川沿いにあります。

ドミトリーのベッドはカーテン付きでプライバシーもばっちり。もちろんベッド内に電源やライトもあり、なんと、鍵付きのベッド下の引き出しの中にも電源がある!ので、留守中にパソコンなどの充電も出来ます。

感激したのはバスルーム。この通り清潔でおしゃれだけでなく、個室のシャワールームには小さな脱衣スペースもあり機能面も良いです。

そしてこれはソウルキッチンが誇るキッチン!写真には写ってませんが、大型冷蔵庫があり、庫内も綺麗に整頓されていて使いやすい。そして夕食時ともなると人が集まってきて一緒に料理したり。ガスコンロの数も多く広いので料理もし易そうです。そしてほぼ毎日スタッフの誰かがディナーを作っていて、その場にいると分けてくれます。という実質夕食付き?みたいな感じです。

いつも綺麗に維持されているのは、間違いなくお掃除スタッフのお陰です。よくあるのはホステルスタッフが清掃も兼ねているパターンだと思いますが、ここでは清掃員の女性2人がこまめにお掃除をしているのを一日に何度も見かけました。

これで1泊10ドル(約1100円)は安いですよね!しかもスタッフも全員フレンドリーで親切。きちんとトレーニングされているのかも知れません。

【おまけ】ウクライナで買って残っていたカニ味のポテトが皆にことごとく不評だったこと。

ウクライナで買って残っていたカニ味のポテト。

カニ味噌の味なのか、魚介類の味全般がダメなのか、罰ゲームかゲテモノ食いみたいになっていました。日本人には親しみやすい味だと思うのだけど。。
昔中学生の頃に行ったアメリカで、ホストファミリーに味噌汁を作ってあげた時、大人なホストマザーとホストファーザーは(多分無理して)食べてくれたけど、無邪気なティーネイジャーのホストシスターには、おえっとされて猫のエサみたいという感想をもらってちょっと傷ついたのを思い出しました。
そう考えると、日本のとそっくりなさきイカやシーフード味のポテトチップスを食べるウクライナには他人とは思えない親近感が湧きます。

Anyways!これまでのホステル生活の中で一番のお気に入りになったホステルでした。

[ロシア]ビザ無しでロシアに行く方法[Russia]How to stay in Russia without Visa.

プリヴィエット!(ロシア語でこんにちはの意味)

ここで、気軽に行けるロシア72時間ビザフリープログラムについて記録します。

通常日本人はロシアに入るにはビザが必要です。しかもオンラインでの取得が出来ないので旅の道中でビザをゲットするのは至難の技。なのでロシアに行く予定はなかったのですが、見つけたのです!
このMOBY SPLがやっているツアープログラムに参加すれば、サンクトペテルブルグに限り72時間ビザ無しで滞在出来るのです!

申し込んだツアーは、MOBY SPLのSt. Petersburg & Return visa free up to 72hというプログラムです。

①ビザフリープログラムを選択
②予約人数、往路と復路の日を選ぶ
③予約可能な日程から選びます。
④ヘルシンキからサンクトペテルブルグまでの部屋を選びます。
→をクリックすると更に選択肢が出てきます。

上から安い順で並んでいます。私は一番安いB2Vという部屋を選びました。

⑤次に帰りサンクトペテルブルグからヘルシンキまでの部屋を選びます。
⑥食事を選びます。

食事は、乗船した当日はスーパーから買い込んだものを食べるとして、サンクトペテルブルグでの朝食だけ選びました。

私はサンクトペテルブルグでの朝食を選択。

次に、サンクトペテルブルグでのエクスカージョン(ツアー)やお酒などドリンクを選ぶことが出来ますが必須ではないのでここはスルー。もちろん参加したい人はこちらで選択出来ます。

⑦サンクトペテルブルグ市内のホテルを選びます。

ホテルの選択画面では選択肢の中から予約が出来ますが、私はスルーしました。
ただし、

このビザフリープログラムでは「ツアーに参加する」ことが必須となっていますが、自動的に港から市内までの送迎シャトルバスが「ツアー」として付いてくるので、その他のツアーに申し込む必要はありません。

⑧予約名、パスポート情報などを入力します。

予約名など個人情報を入力し、クレジットカードで決済して予約完了!

料金は合計250ユーロ(約3万円)と実質2泊3日にしては高額ですが、せっかくなのでここはエイッと購入。

ホテルもここで選ぶ必要はなく、私は別途Bookin.comでホステルを予約しました。
但し、入国の際にホテルのバウチャーを見せる必要があるので、必ず事前に予約を取り、予約画面を印刷したものを用意しておきます。(これ大事!)

これでハードルの高かったロシアにビザ無しで行けます!
ちなみに、今年FIFAワールドカップ機関中は観戦チケットを持っている人はビザ無しで入国出来るという特例があったらしいです。トルコで会った旅友達、一番安い観戦チケットを買ってロシア入りしようかなと言っていたけど、本当に行ったのだろうか。

[ロシア]エルミタージュだけじゃない!ロシアでは珍しい?タイ式マッサージも。

プリヴィエット!(ロシア語でこんにちはの意味)

2白3日限定のロシア、サンクトペテルブルクの2日目は盛り沢山な一日でした。

まず向かったのは、血の上の救世主教会。

グリボエードフ運河から見る血の上の救世主教会

グリボエードフ運河沿いに行くと見えました。これこれ、玉ねぎ型の屋根をしたカラフルな教会。これぞザ・ロシア。

目を凝らして見れば見るほど細かい装飾がびっしり。赤茶色のレンガに金ピカのゴールドに優しい青や緑。アーチの丸い線に鋭角な三角や四角の組み合わせも面白い。

教会の近くにあったFIFA2018ワールドカップの壁画。

そうそう、今年のFIFAワールドカップはここロシアで開催されたのだった。試合のチケットを持っていればビザが免除されるということで、トルコで出会ったアメリカ人の旅人などは、一番安いチケットを買ってロシアに入ろうかと話していました。結局彼らはどうしたのだろう。。

教会の正面に来ました。チケット売り場には人だかりが。この列に並びたくないなあと思っていたらその隣に券売機らしきものがあったので、試してみたら普通にクレジットカードで買えました。するとそれを見ていた何人かが来てどうやって買うのと聞いてきたので簡単だよ、と教えてあげました。入場料250ルーブル(約340円)

天井のモザイク画

何度見ても、正教の教会のびっしりと描かれたモザイク画には圧倒されます。天井にも柱にも隙間なく色々な模様が描かれています。

これは(多分)珍しいピンクの大理石で出来たキリストの復活
正面から見た教会

次はいよいよエルミタージュ美術館です。

血の上の救世主教会からから歩いて12,3分。混雑を避ける為チケットはオンラインで購入済みです。そして、これも事前の下調べによると、入るのは正面からではなく横道からの方が早い、というので行ってみます。

正面に向かって右側の横道から入ります。

あまり人がいなかったので少し不安でしたが、ちゃんと入れました。

受付の人が、迷ったらこのメインの白い階段に戻ってくるといいわよ、と地図をくれました。エルミタージュはとにかく広いので地図はマストです。

特にひとだかりが多かった展示のひとつ。「くじゃくのからくり時計」だそう。時間になると動いたりするのかも?

ちょっと衝撃を受けたのが、ルーベンスのRoman Charity(ローマの慈愛)という絵。後で調べてさらに驚いたのは、描かれている二人が父親と娘だということ。投獄されて瀕死の父親に出産直後の娘が自分の母乳を与えるという場面だそうで、キリスト教の教えのひとつである「乾いた者には飲み物を与えよ」が体現されている絵なのだそうです。究極の慈愛ですね。

ルーベンスのバッカス
ヨルダーンスのクレオパトラの饗宴

実際のクレオパトラがどんな容貌だったのかは分からないけれど、この絵のクレオパトラはエジプト人ぽさがない。美術のことは全く分からないけど、結局は描き手の主観てことだよね。(ま、エジプトぽさと言っているのも私の主観だけど)

エルミタージュの庭で見た太った猫。実はエルミタージュには多くの猫達が住んでいるそう。

館内を何度か迷いながら、でも多分まわれていない所もあったと思うけど楽しみました。
いつも思うことだけれど、アートに造詣の深い人ならもっと楽しめるんだろうなあ。

この後、街を散策していたらタイマッサージと書かれたお店を発見!

大好きなタイマッサージ!早速半地下に降りドアを恐る恐る開くと、割腹の良い男性がフレンドリーに歓迎してくれました。(よかった英語も通じる!)お店のオーナーの方で、以前アジアに滞在した時にマッサージが気に入り、タイでマッサージを学び、つい一週間前にこの店をオープンさせたばかりなのだと話してくれました。

30分のフットマッサージをお願いすると、800ルーブル(約1000円)を600ルーブルにまけてくれました。

施術してくれたのはハチマキがいけてるこちらの方。

個室に案内されたので、一応警戒してバッグとスマホは自分の体に密着させる様に手元に置いてから臨みました。

料金表。

結果、力加減も良くて大満足!施術してくれた方はロシア語しか話せなかったのでほとんど話せなかったのが残念でしたが、身振りで力加減は大丈夫か確認してくれたり、照れながらも写真にも快く応じてくれました。そう言えばベラルーシでもマッサージ師は男性が主流だと言っていたっけ。ロシアでは、女性が他人の体を触るというこちがまだ一般的じゃないという話も聞きました。タイマッサージはまだまだ珍しいそうです。

今日最後のアトラクション跳ね橋

ホステルに戻りご飯を食べた後は、跳ね橋を見に行こう!とホス友達とお出かけ。

跳ね橋が上がる時間に合わせて向かうと、人人人。

人人人。

出店も出ていてまるでお祭りの様に盛り上がっていました。

ライトアップされた宮殿橋。エルミタージュ美術館の近くにあります。
ライトアップされたエルミタージュ美術館

この後バーに立ち寄り一杯。二杯。

バーのトイレ。なぜ便座2つ。

そしてその後。

バックストリートボーイズを歌って踊る愉快な人たち
担ぐ人と担がれる人。そしてカメラの焦点を合わせられない人。(全員酔っ払い)

明日はフェリーでヘルシンキに戻ります。おやすみなさい。

[ロシア]サンクトペテルブルグ街歩き[Russia]St. Petersburg

プリヴィエット!(ロシア語でこんにちはの意味)

船を下り、ホステルで休憩をした後は早速街に出ます。

ホステルで出会った旅人から譲り受けたSIMカード。

そうそう、その前に。ヘルシンキのホステルで出会った人からもらったSIMカードを試しに携帯に挿してみたらやった!ネットつながった!
ちょうど私と入れ替わりでチェックインしてきた日本人の彼女と言葉を交わしたのは、わずか10分程。彼女はロシアからヘルシンキ入りしたばかりで、まだ使えるはずだからとロシアのSIMカードをくれたのでした。優しい。一人旅をしていると、助けられているなあという場面に多く出会います。

ネフスキー通り

サンクトペテルブルクの中心地、ネフスキー通りに来ました。

ダチニキDachniki

まずは、腹ごしらえの為、ホステルのスタッフに聞いたオススメの「ダチニキ」というレストランに来ました。ネフスキー通りに面した入り口から地下に下りると、小さな店内には結構人がいました。

水餃子

意外に安くはなかったので、無難で手頃な水餃子にしました。サラダと合わせて510ルーブル(約780円)。ウクライナでも何度か食べた水餃子。

ネフスキー通りを歩きます。

右手にいる鳩と男性。

おもむろに歩道にいた鳩4羽と男性二人。どうやら鳩と一緒に写真を撮ってあげるよ的な商売の様です。声を掛けられましたがノーと断りました

青空本屋さん
ストリートパフォーマー

通りにはカフェやZARAなどのファストファッションのお店もあります。

右手に現れた大きな建物。カザン大聖堂というロシア正教の大聖堂です。

横断歩道

道路の標識に、KFCとか固有のレストランの案内があるのが面白い。よく見ると他の案内はロシア語だけなのに、お店の案内は英語。観光客を意識した標識なのか?

この後船からのシャトルバスを降りた、聖イサアク大聖堂に行きました。入場料は250ルーブル(約347円)。

聖イサアク大聖堂は、ご多分も漏れず宗教が禁じられていたソビエト政権時代から現在に至るまで博物館として親しまれてきたそうですが、サンクトペテルブルク市が大聖堂をロシア正教側に返却することを決定したことに市民が強く反対しデモがあったそうです。文化遺産として市民や観光地として親しまれた大聖堂を、ロシア正教の所有物にすることに反対しているのだそうです。

中に入ると、天井の高さとイコン画の迫力に圧倒されます。

ドームの高さは101メートルもあるそう。
アストリアホテル

上の写真はイサアク大聖堂前にある、レーニンも泊まったというアストリアホテル。赤が映えます。

この後、ロシア・サンクトペテルブルクといえばエルミタージュ美術館、に行ってきました。といっても今日は下見だけ。そこにも徒歩で行きます。

このアーチを抜けると。。

抜けーっとこれでもかという巨大な広場。さすがロシア。

エルミタージュの場所を確認し、またぶらぶらと散策。
地図を見ていてそのネーミングだけで気になったお店へ行ってみることに。”Pregnant Spy Girl”と記されたお店。妊娠したスパイガール。。?

お店の入り口。地下になっています。

恐る恐る中に入ると、ピンクや青緑色の照明で怪しさ満載。お昼に来るお店でないことは感じるも、すぐに出るのもあれなので、パフェだけ食べて出ました。

向こう側の人も雨宿り

ホステルに戻る途中大雨が。。わずかな軒先を見つけて走り込んだのですが、突然の雨にすぐに人々でいっぱいになり、肩を寄せ合いながらしばしじっと雨宿りしていました。

今日はこれでおしまい。そうそう。今回のホステルがなんとも良さげで、楽しみです!