[Thailand] Vaccination at Snake Farm. [タイ]スネークファームでの予防接種。

これからの長旅の準備のために、予防接種を受けました。全部バンコクで受けました。

理由は、1. なんと言っても安いから。(日本の約三分の一!) 2. 世界中から来る旅行者の扱いに慣れている。3. 滞在中に観光もできる。

場所は、国立毒蛇・感染症研究所(Queen Saovabha Memorial Institute)という所で、スネークファームとも言われています。

I needed to get all vaccination for the world travel. And I got them all in Bangkok. Why? 1, Because it was so much cheaper! Almost one third of the price than it cost in Japan! 2. The travel clinic on Bangkok is used to accept foreign travelers. 3. I can get to visit places in Thailand while staying.

It was actually an institute “Queen Saovabha Memorial Institute”, also called snake farm as it is a research institute where they are using venomous snakes.

池の中央に赤十字が見えます。You see red cross in the center of the pond.
入口。右横にインフォメーションがあります。Entrance. Information desk on the right.

私が受けたのは、以下のワクチンです。カッコ内は料金で全てタイバーツです。バーツの大体3倍が日本円です。

Here are the vaccination I received. Fee is all in Thai Baht.

  1. 4種混合(破傷風・百日咳・ジフテリア・ポリオ)(700)DPP4
  2. 狂犬病(350×3回) Rabies
  3. A+B型肝炎(1,150)*あと2回接種必要 Hepatitis A+B (Twinrix)
  4. 黄熱病(1,200) Yellow Fever
  5. 腸チフス(400)Typhoid
  6. 初診料 30  First consultation fee
  7. 診察料 50×3回 Consultantion fee
  8. 肝炎ワクチン前の血液検査 150 Blood test

A+B型肝炎はあと2回(1回目から1ヶ月後と6ヶ月後)受ける必要があるのですが、2回目はネパールで受ける予定です。そのことを言うと、親切にネパールの病院を紹介してくれました。

Hepatitis A+B, I need to get two more shots. (2nd time after one month. 3rd time after 6 months) I’m going to get the 2nd shot in Nepal. They kindly gave me the information of the hospital I can go in Kathmandu.

破傷風を含む4種混合は、転んだりして傷口からバイキンが入る可能性もきっと大なので、基本中の基本と思います。個人的には、百日咳が含まれているのが嬉しかったです。というのも、数年前に百日咳にかかり、その名の通りひどい咳が約3か月続いたのです。日本でも近年大人にも感染が拡大しているそうですが、予防接種は幼児のみ必須となっていて、大人向けの予防接種は通常していないとその時のお医者様が言っていて、大人でも受けられたら良いのにと思っていたところだったのたで、何気に嬉しかったです。狂犬病は、動物好きとしては猫を触ってしまう可能性大なので必須。腸チフスは、インド向けに受けました。黄熱病は、ブラジルやボリビア入国の際にビザの要件となっているので必須です。

DPP4 is a basic because I’ sure I will stumble and it’s possible I get infected from the cut. I was happy that DPP4 includes pertussis which I have gotten few years ago and I was wishing that the vaccination was possible for adults in Japan. The doctor then said it’s only for children in Japan even though it’s getting popular among adults. Rabies, I need it because I likely touch street cats because I love cats. I love animals. Typhoid is for India. Yellow fever is required for visa to enter Brasil or Bolivia so it is a must.

処方箋をもらったら、薬局に行き料金を現金で支払い、ワクチンを受け取ります。After you get a prescription, you go to pharmacy and pay in cash, then receive vaccinations.

その後ワクチンを持っていくと、ナースが注射を打ってくれます。注射の前にこれは少し痛いわよ、とか優しく声をかけてくれました。

Then you go to operation room and get shots from a nurse. It was nice that she sometimes smile and warn me saying “it’s going to be a bit painful.”

注射が終わると、15分リラックスしてから帰ってくださいと言われました。その間に、もらった注意事項などが書かれた説明書を読みます。 After shots, I was told to relax for 15 minutes before I leave so I was reading the information they gave me.

ナースもお医者さんも、簡単な英語で対応してくれるので、全く問題ありません。受付、体温や血圧を測る部屋、問診、注射、全ての部屋に番号が書かれているので、誘導される番号の部屋に行けばOKです。院内はどこも清潔で、合計3回行きましたが、いつも空いていて待ち時間ほぼゼロでした。そして皆ゆったりとしていて優しかったです。ナースに恋する人の気持ちが分かりました。人って心細い時や弱っている時、危機的状況では恋に落ちやすいって言いますもんね。何だっけ?なんとか効果。。えーっと、はい、吊り橋効果と言うらしいです。

The nurses, doctor, pharmacists, they all speak to you in basic English that made everything very easy! All rooms have numbers on the doors so you just go to the room you’re told to go. The facility was very clean. I went three times in total and not even once I had to wait. They all seemed to be relaxed and very helpful the whole time.I kind of understand how people fall in love with nurses when they’re sick and worried. What was it called? Roller coaster effect?

全て終わると、接種の記録がされた通称イエローカードが発行されます。白い方は、2回目以降の日程が書かれています。

After all is done, they gave a yellow card. The white one is the schedule for the second and third visit.

一回目は、前のブログで前述したとおりバディさんが付き添ってくれましたが、2回目は、宿泊しているホステル近くからローカルバスに乗って行きました。バンコクのバスは、距離やエアコン付きなどによって料金が変わる様です。ホステルから約6kmの距離で、エアコン付きバスで12バーツ(約40円)。ちなみにエアコン無しにも乗りましたが、6,5バーツ(約23円)と激安でした。バスには運転手の他に車掌さんが乗っており、行き先を伝えて支払います。お釣りもくれます。目的のバス停が近づくと親切に教えてくれます。運転手さんに色々聞くのは運転の邪魔になる様で聞きづらい事もあるので、車掌さんがいるこのシステム、個人的には気に入りました。でも後で調べると、今後は電子カードの導入が決まっているらしく、この経験も貴重なものになるのかも知れません。

Buddy was with me for the first visit but the second time, I took a local bus for the first time in Bangkok. Bus fare varies depending on if it’s with AC or the distance. It was less than 6 km from the hostel and the bus had AC. It was 12 baht (40yen) . I also took one without AC and it was 6.5 baht! (23yen!) So cheap! Other than a driver, there is a person who collects money and let you know the name of the bus stop. They will always let you know when your bus stop is approaching. I like the system having someone on the bus because you don’t want to interrupt the driver asking directions. However, I heard that it has been decided that they will introduce electric money soon. It’s a bit sad personally but I feel lucky to get to experience it now.

[タイ]一日目:予防接種と優しさ [Thailand] Day 1: Vaccination and heart of gold.

空港泊の朝、バンコクに行くならと上司に紹介してもらったバディさんが、空港まで迎えに来てくださいました。その足でそのまま予防接種の為の病院まで連れていってくださり、なんと、私がワクチンを受けている間もずっと待合室で待っていてくれたのです。異国の地とは言え、単なる予防接種だから全然大丈夫と気楽に考えていましたが、彼女の顔を見ると正直ほっとしました。誰かがいてくれるってこんなにも心強いとは。まだ会って数時間もたっていないのに、感謝です。

In the morning after the sleepover at the airport, Buddy, my boss’s former student now lives in Bangkok, came to the airport to pick me up. She took me to the hospital where I can get the vaccination for my world travel. I was not worried much about it even though it was my first time to go to a hospital abroad. It’s just a vaccination. Nothing serious. But when I saw her golden smile in the waiting room, I felt so relieved. Couldn’t believe that we just met a couple of hours ago!

一通りのワクチンが終わると、病院のすぐ横のご飯屋さんで遅い朝食(昼食?)を頂きました。外は小雨が降る中、空港泊でほとんど眠れなかったのと、ワクチンが終わって緊張が解けたせいか、急に眠くなって少しぼーっとしてしまいました。そして、その時に感じた覚えのある感覚、なんだろう、デジャブ? 後から思い出しました。幼い頃に母と行った病院の帰り、同じ様に病院近くのパーラーでご飯を食べた時の感覚と似ていました。

We left the hospital and went to a cafe right next to the building. It was still drizzling outside. As we’re having late breakfast (lunch?), I suddenly started to feel sleepy. Maybe because I couldn’t sleep at the airport or I was just relieved to be able to get the vaccination. Then I felt something warm in the back of my head. Something feels familiar like deja vu. I tried to figure out what it was for a while… Now I know that it reminded me of the day when I was little, my mother took me to a hospital and we had a snack at the food stall next to the hospital.

 

ご飯の後、彼女の仕事場である病院(ワクチンを受けた病院とは違う)を案内してくださいました。

バディさんは、マヒドン大学ラマティボディ病院で、准教授としてがん研究をされている科学者です。研究室には見慣れたPCRや細胞室があり、親近感が湧きます。

She gave me a tour of the hospital/lab where she works. She is a scientist doing cancer research as an associate professor at the Ramathibodi Hospital Mahidol University. Those equipment and facilities such as PCR, cell culture room made me at feel at home.

病院入口付近に半屋内になっている一角があり、多くの人々が敷物の上で横になったり、ご飯を食べたりお喋りをしたりしていました。聞くと、遠方から来ている入院患者さんのご家族で、宿泊費が払えない方達が寝泊りできるようにその場所を開放しているそうです。(写真は遠慮しました。)

院内には王様や王女の写真が掛けられていました。2016年ラーマ9世が亡くなった際には、国民皆が悲しみ、バディさん自身も長い間暗い色の服を着て過ごしたそうです。

I noticed that there was one corner of the building that is half open air in front of the entrance, where people are lying down on a rug, eating, chatting. etc. This area was provided by the hospital for those who come all the way from the country side to visit their family but cannot afford the hotels in the city. (No photo because I didn’t feel right to take any.)

There were portraits of king and queen on the walls. When King Bhumibol Adulyadej (Rama king 9th) passed away in 2016, the whole nation was engulfed by grief and Buddy said she was very sad and only wore dark clothes for a long time.

彼女がしばし仕事に戻っている間、会議室で本を読んだりしているうちに寝落ちしてしまいました。2時間も。タイと日本の時差分でしょうか。

I fell asleep while I was waiting for her doing some work. Slept for two hours! Maybe exactly the time difference between Thailand and Japan.

そして起きたらなんと!ラボの方が暖かいコーヒーを入れてくださっていましたー。お、美味しい。。Then when I woke up, I found this most delicious coffee ever that one of her lab member made for me! Thank you thank you thank you.

夜にはチャオプラヤー川の素敵なレストランで、美味しいタイ料理をたらふく頂きました。胃がもう一つあったらもっと食べられるのにー。旅あるあるですね。

For dinner, they took me to a Thai restaurant by the Chaophraya river and I had so much delicious food. I wished I had one more stomach.

 

 

 

 

 

 

 

世界旅初日の今日は、タイ人の優しいハートに触れっぱなしの一日でした。

あ、予防接種のこと書くの忘れた。。来週も行くのでまた今度。

So this was my first day touched by golden heart of Thai people.

Oops, forget to write about the vaccination.. well, next time.

2017年10月20日: 勘違いネパールとインドの場所 Where is Nepal?

職場のインド人に、世界一周でインドにも行くよー。カトマンズ(ネパール)からコルカタに飛んで、コルカタから→バナラシ→アグラ→デリーとインド横断するよ、と言ったら、

するとコルカタには友達でもいるの?と聞かれた。いや、友達はいないけどカトマンズからコルカタは近いからそこからインドに入ろうかと思って、と説明。

コルカタで特別に見たいものとかしたいこととかあるの?とまたしも疑問符がつく。いや、インド横断した人のブログを読んで私もそうしようと思って。。なんでそんなに聞くのー。
と、ここで重大な間違い発覚“2017年10月20日: 勘違いネパールとインドの場所 Where is Nepal?” の続きを読む

2017年10月14日:響く写真の撮り方講座 How to take amazing photo.

ブログには写真も載せないとね、ということで、スタートアップカフェコザで、「響く」写真の撮り方という講座を受けてきました。

身近にある道具を使って素敵な写真が撮れるということで、最初に、インスタグラムの写真などを参考に見せながら、身近にある物を使って。例えばアルミホイルをくしゃくしゃにして光を反映させたり、レース布を使って木漏れ日の様な光と影を作ったり、三原色のLEDライトを背景にしてみたり。工夫次第で、感動的な、心に響く写真が撮れるということです。

そしてこれ。一緒に行った友人達と作りました。。。

“2017年10月14日:響く写真の撮り方講座 How to take amazing photo.” の続きを読む