[タイ]一日目:予防接種と優しさ [Thailand] Day 1: Vaccination and heart of gold.

空港泊の朝、バンコクに行くならと上司に紹介してもらったバディさんが、空港まで迎えに来てくださいました。その足でそのまま予防接種の為の病院まで連れていってくださり、なんと、私がワクチンを受けている間もずっと待合室で待っていてくれたのです。異国の地とは言え、単なる予防接種だから全然大丈夫と気楽に考えていましたが、彼女の顔を見ると正直ほっとしました。誰かがいてくれるってこんなにも心強いとは。まだ会って数時間もたっていないのに、感謝です。

In the morning after the sleepover at the airport, Buddy, my boss’s former student now lives in Bangkok, came to the airport to pick me up. She took me to the hospital where I can get the vaccination for my world travel. I was not worried much about it even though it was my first time to go to a hospital abroad. It’s just a vaccination. Nothing serious. But when I saw her golden smile in the waiting room, I felt so relieved. Couldn’t believe that we just met a couple of hours ago!

一通りのワクチンが終わると、病院のすぐ横のご飯屋さんで遅い朝食(昼食?)を頂きました。外は小雨が降る中、空港泊でほとんど眠れなかったのと、ワクチンが終わって緊張が解けたせいか、急に眠くなって少しぼーっとしてしまいました。そして、その時に感じた覚えのある感覚、なんだろう、デジャブ? 後から思い出しました。幼い頃に母と行った病院の帰り、同じ様に病院近くのパーラーでご飯を食べた時の感覚と似ていました。

We left the hospital and went to a cafe right next to the building. It was still drizzling outside. As we’re having late breakfast (lunch?), I suddenly started to feel sleepy. Maybe because I couldn’t sleep at the airport or I was just relieved to be able to get the vaccination. Then I felt something warm in the back of my head. Something feels familiar like deja vu. I tried to figure out what it was for a while… Now I know that it reminded me of the day when I was little, my mother took me to a hospital and we had a snack at the food stall next to the hospital.

 

ご飯の後、彼女の仕事場である病院(ワクチンを受けた病院とは違う)を案内してくださいました。

バディさんは、マヒドン大学ラマティボディ病院で、准教授としてがん研究をされている科学者です。研究室には見慣れたPCRや細胞室があり、親近感が湧きます。

She gave me a tour of the hospital/lab where she works. She is a scientist doing cancer research as an associate professor at the Ramathibodi Hospital Mahidol University. Those equipment and facilities such as PCR, cell culture room made me at feel at home.

病院入口付近に半屋内になっている一角があり、多くの人々が敷物の上で横になったり、ご飯を食べたりお喋りをしたりしていました。聞くと、遠方から来ている入院患者さんのご家族で、宿泊費が払えない方達が寝泊りできるようにその場所を開放しているそうです。(写真は遠慮しました。)

院内には王様や王女の写真が掛けられていました。2016年ラーマ9世が亡くなった際には、国民皆が悲しみ、バディさん自身も長い間暗い色の服を着て過ごしたそうです。

I noticed that there was one corner of the building that is half open air in front of the entrance, where people are lying down on a rug, eating, chatting. etc. This area was provided by the hospital for those who come all the way from the country side to visit their family but cannot afford the hotels in the city. (No photo because I didn’t feel right to take any.)

There were portraits of king and queen on the walls. When King Bhumibol Adulyadej (Rama king 9th) passed away in 2016, the whole nation was engulfed by grief and Buddy said she was very sad and only wore dark clothes for a long time.

彼女がしばし仕事に戻っている間、会議室で本を読んだりしているうちに寝落ちしてしまいました。2時間も。タイと日本の時差分でしょうか。

I fell asleep while I was waiting for her doing some work. Slept for two hours! Maybe exactly the time difference between Thailand and Japan.

そして起きたらなんと!ラボの方が暖かいコーヒーを入れてくださっていましたー。お、美味しい。。Then when I woke up, I found this most delicious coffee ever that one of her lab member made for me! Thank you thank you thank you.

夜にはチャオプラヤー川の素敵なレストランで、美味しいタイ料理をたらふく頂きました。胃がもう一つあったらもっと食べられるのにー。旅あるあるですね。

For dinner, they took me to a Thai restaurant by the Chaophraya river and I had so much delicious food. I wished I had one more stomach.

 

 

 

 

 

 

 

世界旅初日の今日は、タイ人の優しいハートに触れっぱなしの一日でした。

あ、予防接種のこと書くの忘れた。。来週も行くのでまた今度。

So this was my first day touched by golden heart of Thai people.

Oops, forget to write about the vaccination.. well, next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です