[インド]ふたつのインド [India] Two faces of India.

ナマステー。

昨日購入したSIM、いまだに繋がらない。。言われた番号59059にかけて、案内に沿ってパスポートの下4桁の番号を入れて、「アクティベート成功しました。30分後にアクセスできます」というアナウンスまで流れたのに。なぜ?

ちなみに、購入したのは、airtelという携帯会社の、有効期限56日、毎日1GB使えて電話も使える、というプランにしました。これでたったの449ルピー(約730円)。

Namaste.

The SIM I bought yesterday still doesn’t work.. I called the number “59059” and entered the 4 digit number of my passport as instructed. It said “It has been succeeded. It will be activated in 30 minutes.” It has been more than 30 minutes since then but doesn’t work. Why..?

By the way, I bought the SIM from airtel and chose the plan that is valid for 56 days with 1 GB everyday with free calls. It was only 449 rupees. (730 yen)

56日有効で毎日1GB使えて449ルピー約730円)

今日は、ニューデリーにあるコンノートプレイスとオールドデリーにあるチャンディーチョークに行きました。

メトロ(地下鉄)に乗っていきます。イエローラインのサケット駅から約30分、Rajiv Chowk駅で降ります。

I went to Connaught Place in New Delhi and Chandni Cahwk in Old Delhi.

I took a yellow line metro from Saket station to Rajiv Chawk which takes about 30 minutes.

サケット駅 Saket station.
メトロのプリペイドトラベルカード。アミットがいくらか残っているカードをくれました。ホント優しい。涙。Metro travel card. Amit gave me the cad with some amount still left! How nice.

コンノートプレイス(英語Connaught Place、通称CP)は、ビジネスやショッグの中心地で、一言でいえば、お洒落でハイソ。(ハイソって今でも使う?)

Connaught place, aka CP, is the center of business and stylish place.

オッサレー。H&Mやスタバなどもあります。歩いている人もこぎれいでお洒落な人が多かったです。

お洒落なスタバで一休みして、今度はコンノートプレイスのあるラジブチョーク駅から2駅のチャンドニーチョーク(Chandni Chowk)で下車、駅を出ると目の前はChawri Bazaarです。

So stylish! There were H&M and starbucks as well. The people walking the area were stylish too.

I took a break at the starbucks and then went to the Chawri Bazaar which is two stations away from Rajiv Chowk.

さっきのコンノートプレイスとはガラッと雰囲気が変わります。これがいわゆるインドのイメージでした。コンノートプレイスやホステルの近所ではエンジンのオートリキシャーですが、ここでは自転車のリキシャーも走っています。

it was completely different atmosphere from Connaught Place. This place was the image of India that I had before I came to India. You can see bicycle rikshaw here.

これテレビで見たことある、路上の散髪屋さん。I have seen this on TV! An open-air barber shop.

意外に観光客らしき人がおらず、皆の視線が気になる。。

結構遠慮なくジーっと見られます。外国人が珍しいのか、女だからなのか。あー、そういえば女が見あたりません。しかも売っている物がパイプ屋さんとかネジ屋さん、電化製品とか男物?ばかり。

居心地悪いので足早に進みます。

I didn’t see any foreign tourists there and I felt people were staring at me. Is it because I was a foreigner or because I was a woman? Then I noticed that there was no women walking on the street. Things that were sold there was stuff like water pipes, cylinders, electric appliances, etc.

I started to feel uncomfortable so walked faster.

女の人発見。ついていこ。There is a woman!
ここにも!しかも子連れ。(安心)More woman! Even with a kid. What a relief.
さっきよりだいぶ歩きやすくなった。Ok, I can walk freely now.
明日のホーリーに向けてカラーが売っています。何で出来ているんだろう。Colors for tomorrow’s holi festival. Wonder what that is made of?

って、ここで転びました。カメラに気を取られて。。少しばかり浮いているマンホールに躓きました。はあ、結局自分で視線を集めることやらかしてしまった。苦笑。

Then, I stumbled. Distracted by the camera, taking pictures.. There was a manhole slightly sticking up on the road. I just made myself in the spotlight. People were staring at me again..

あーあ。残念な足。Poor leg.

ニューとオールド、どちらも今日も活気に溢れる街でした。

夜ホステルでは、タンボーラという、ビンゴゲームに限りなく近いゲームをやって盛り上がりました。

New and old. Both were India that is full of energy.

At the hostel later in the evening, we played a game called Tambola which is almost like a bingo. It was fun!

では、今日も無事、軽傷で済んだことに感謝です。

おやすみなさい。

I’m grateful that I could spent the day safely, well only with minor injury.

Good night.

[インド]デリーベリー? [India]Delhi belly?

ナマステー。テテテ。。

お腹のゆるい痛みが、地味にキツイ今日このごろ。

あーやっぱりインドに来るとお腹壊すのね、と思うかも知れませんが、俗に言う”デリーベリー”ではありません。デリーベリーとは、インド(の首都デリー)に来るとベリー(英語でお腹の意)を壊すという意味です。

でもこの痛みはネパールから続いているので、言ってみればネパーリベリー?です。語呂微妙。

Namaste.

Still have slow pain on my stomach which is very annoying.

Ah, it’s Delhi belly! You may say. It’s not. I’ve had this from Nepal so you could say Nepali belly?

ところで、昨日はどうも不愛想だった同室の女の子エムが、今日皆で公園に行くけど一緒に行こうと誘ってくれました。お腹大丈夫かなと思いながら、誘ってくれたのが嬉しくて、オフコース!と愛想よく返答。お昼過ぎに行くというので、それまでに今日のミッション、携帯SIMを買うこと、お腹の薬を買うこと、を実行します。

By the way, M, the girl who seemed not so friendly yesterday came to me an d said, “We’re going to go to the park later. You should come with us.” I said “Of course yes!” I was happy that she asked me. She said it will be in the afternoon so I would just do my mission today before joining them. My mission was to get a SIM and get a medication for my stomach.

ちなみに、今回の宿Hide-in Hostelこんな感じです。ゲートで囲われた閑静な住宅街にあり、門にはセキュリティガードのおじさんもいます。お値段一泊359ルピー(約588円朝食付)。

This is my hostel in Delhi. Hide-in Hostel. It’s located in the gated area and there is a security guard at the entrance of the building. 359 rupees per night. (588 yen with breakfast.)

ニューデリー駅からは、地下鉄イエローラインでサケット駅まで約30分、駅からは徒歩2分と便利な所にあります。

From New Delhi station, you can take yellow line to the Saket station in 30 minutes. It’s only 2 minute walk from the Saket station. Very convenient.

男女ミックス10人部屋。Mix dormitory.with 10 beds.

同室のインド人の二人(男)が声を掛けてくれました。マユールは昨日会った時誰よりもすぐに声を掛けてくれて、どこから来たのか、インドには何しにきたのか、昨日まで日本人の男の人泊まってたよ、とか、自分はインド北東部のアッサムという所から面接で来ていて(何の面接か忘れた。苦笑。)、とか色々と話し掛けてくれます。

話の流れで、お腹の調子が悪いことを言うと、お医者さんのお父さんから持たされたという、大量の薬(笑)の中から、薬をくれました。自分がお腹壊したことにして、私の症状をお父さんに伝えて薬を選んでもらった様です。

Two Indian guys from the same room talked to me. A guy Mayur was the first one who talked to me when I checked in and asked me many questions such as where I was from, what am I going to do in India, hey had a Japanese guy in the dormitory but he left yesterday, etc. He said he came from the Northeast called Assam and he is in Delhi for some kind of interview (Forgot what it was.). Very nice and friendly.

When I told him I had stomach problem, he gave me one of the medication.he had from his father who is a doctor. He showed me a big bag full of medications as if he was a pharmacist. He picked the medication for me based on the symptom that I told him. He made a phone call to his father and told him asked his father making that he was the one who got the Delhi belly so he can give me the right one.

水分補給の為に一緒にORS水も飲み、と粉末までくれました。インド人優しい。。涙。。早速飲みました。

He even gave me ORS powder to help my dehydration. What a nice Indian he is! I took it right away as I was told.

ハッ。待って。飲んじゃったけど、これもし変な薬だったらどうしよう。ひえー、知らない人からもらった得体の知らない薬飲んじゃったよ。。。そっか、薬の名前が分かればググればいいんだ!残ってる薬の裏を見ても字が読めない。。うぅ。後悔しても後の祭り、とはこういうことです。

Wait. I just took the medication from a stranger. What if it was a poison? Can’t believe I have just taken unknown medication from unknown person… Ok, calm down. if I find the name of the medicine I can just google it! Yes! I looked at the back of the package, it’s written in something I cannot read…

まいっか。今さら遅いし。大丈夫っしょ。悪い人じゃなさそうだし。何かあったらその時に考えよう。こういうところ、私は諦めの判断が早いのです。冷静だとよく言われるのはそのせいかも。執着がないのか、単に浅はかなだけなのか。まあそうだとしても、自分の浅はかさきちんと受け止めて生きています。大抵は。これぞ大人。自己責任。

そしてそして、結果は!効果てきめ~ん!すっかり治りましたー!やっぱり現地の薬が一番効くっていうのは本当かも。(厳密にはネパールだから違うけど)

杞憂に終わってよかった。ありがとうインド。ありがとうマユール。

Well, it’s too late now. It’s gonna be fine. He didn’t look like bad person. If something went wrong, I can handle when that happens. I am very quick to let it go in this type of situations. People often tells me I am always calm. I think that’s because I usually don’t attach with things. I may just be shallow-minded in that sense. Either way, I look after what I did as an adult. I take my responsibility.

And the result of the medication? It worked! Feel so much better! Maybe it’s right that local medication works the best. (I mean it’s not Delhi belly but Nepali belly but anyway…)

Everything turned out great! Phew. Thank you India. Thank you Mayur!

一応近くの薬局?も覗いてみたのですが、待合室にたくさんの人がいたので諦めました。I went to the pharmacy earlier but there was a long queue so I left immediately.

夜、ホステルのスタッフが、ご近所散策に連れて行ってくれました。

In the evening, hostel staffs took the guests for the night walk in the neighbor.

写真の日付が翌日になっていますが、激ウマだったので次の日も行きました。笑。The date of the pic says the next day because we went back again the next day! The food was so delicious!

お腹の調子も戻ってきたところで、美味しいストリートフードを堪能。ほんとに美味しかったし幸せ。

そして、このマーケットにある携帯屋さんで、SIMカードもゲット。明日には使える様になるはず。

おやすみ~

My stomachache is gone so I was able to enjoy my first street food in India! Happy.

And, I got a SIM nearby with the help of Ankur, a staff of the hostel. The phone should be activated the next day. Yay.

Good night

[インド]一日目。ハローヒマラヤ?カトマンズからデリーへ。[India] Hello Himalaya? Kathmandu to Delhi.

ナマステー!!!

いきなりですが、なんとー!ここにきてヒマラヤ山脈さん見れましたー!!!もうとにかくすごかった。すご過ぎて言葉も出ませんでした。息が止まるくらい。圧倒的なあまりの美しさに息をするのも勿体ないくらいに、目を凝らして見てしまいました。

ネパールで見れなかったのにここで見ることができた、その訳は。。

とりあえずカトマンズを離陸。

Namaste.

Guess what I saw!! I saw the Himalayas! It was so amazing. Magnificent that made me speechless. I didn’t even want to take a breath. Felt like I would have lost the moment if I did. All I could do was just keep my eyes open.  And of course take many pictures.

The reason why I finally got to see the himalayas is….

Anyways, first I took off Kathmandu Airport.

カトマンズ上空。Over Kathmandu.

単に天気がそうなのか、汚染のせいなのか、曇ってますね。

バイバイ、ネパール。グットゥ ミーチュー。

Is it because of the weather or the pollution? It was hazy.

Good bye Nepal. It was nice to meet you.

 

そして離陸して間もなく。。え?これ、もしかして。もしかしてー!

Then, shortly after the take off. What? Is that? Yes! Must be!

ぎゃー、そうだー!ヒマラヤだー! YES, YES! HIMALAYAS!

ヒマラヤ山脈ー! HIMALAYAS!

とは叫んでいません。心の中でも叫んでいません。

実際は、声も出ませんでした。文字通り息が止まる美しさです。圧倒的美しさに、どの表現も陳腐になってしまう気がして、言葉が出ません。(私の表現力がないというには置いといて。)

カトマンズからデリーまで一時間半の飛行中、ずっとこの景色でした。ずっとです。フライト中ずっと。とにかくすごかったです。

No. I didn’t shout like that at all.

In fact, I was speechless. Couldn’t breath. Beautiful Himalayas. Words just can’t describe… (Put aside my limited vocabulary. Thanks.)

During my one and half hour flight, I was with this amazing view. The whole time.

実は、デリーまでのフライトを検討している時に見たどなたかのブログで、このルートでヒマラヤ山脈が見られるという情報は得ていたのです。で、一応、向かって右の窓側、右翼で隠れない前方の席を指定していたのです。

でもこんなにも綺麗に見られるとは。。追加料金を払ってでも(と言っても千円位ですが。)その価値は十分ありました。私の判断は間違っていなかった。(いや、ブログの方からの情報です。)

と、気分があがったところで、インディラ・ガンディー国際空港に到着しました。近っ。

When I was searching about the flights to Delhi, I found this information in someones blog mentioning that you can have Himalaya’s amazing view if you take the flight from Kathmandu to Delhi. So I reserved the window seat on the right side near the front so the view can’t be blocked by the wing. Just as the blogger said.

Still I was not expecting this clear view. It is totally worth to pay additional fee (Only about 1000 yen.). I’m proud that I made the right decision. (Er, wasn’t it the info from the blogger?)

And here I am at Indira Gandhi International Airport. Already! 

デリー上空 Delhi.

上空から見えるデリーの街は、カトマンズと違って、おー四角く整ってる!道もまっすぐ通ってる!デリーはして都会だなからきっとインフラも期待出来る?シャワーもきっとお湯だよね、と小さな期待に胸が膨らみます。

I observed the city of Delhi. The city seems very organized. Wow, the streets seem to follow a grid pattern. Delhi is indeed a metropolitan! That means they have good infrastructure, right? And that means they have hot shower, right? I just couldn’t help feeling these small expectations coming out from my head.

空港トイレの入り口。これ好き。Love this. The toilet entrance at the airport.

ちなみにインドでは、空港は限られますが、アライバルビザ(到着時)が取得できます。2017年4月から日本人向けに始まったもので、事前のオンライン申請も不要、という特別待遇になっています。思うに、インドが日本の新幹線を採用(輸入)することを決めたという件もあって、日本ーインド間の関係がより良好なものになっているのだと思います。だとしたら、ここは尽力したであろうアベさんに感謝すべき?アベさんありがとう。インドありがとう。

Starting from April 2017, as a Japanese, you can get a visa on arrival if you fly into India. Even in-advance application online is not required. Quite a special treatment. I think that this is because that India recently bought the Shinakansen (bullet train) infrastructure system from Japan which made the diplomatic relations between the countries more important. If that’s the reason, then I guess I should thank Abe-san (Prime minister)? Thank you Abe-san. Thank you India.

ウェルカムトゥインディア! Welcome to India!

他の外国人の長蛇の列を横目で見送り、まっすぐカウンターへ向かいます。

I straight walked towards the counter. I glanced at the long queue with many foreigners as I was passing by them.

って無人。。 Nobody..

近くにいた職員に聞くと、担当者が来るから待っていなさいと30分位待たされました。私以外には、サラリーマン風の日本人男性2名だけでした。

審査のおじさんは愛嬌良くハローと笑顔。私も笑顔。(審査官には良くしないとね。)ペン忘れたから貸してくれるかと言われたので(ペン持ってないんかい!という突っ込みは置いといて)、私のペンを貸しました。(後で返してもらってないことに気づき、小さなお相撲さんが付いているにが気に入ってたペンだたので、地味にショック)。ま、おじさんに寄付します。今頃入国審査カウンターで活躍していてくれるでしょう。

ビザ代は2000ルピー。ルピーはまだ持っていなのでクレジットカードで払おうとしましたが、カード読み取り機の不具合で、結局日本円で払うこと。4千円払って、お釣りはルピーで270ルピーもらいました。

I found an airport employee and told I wanted to apply for the visa. He told me to wait for the person in charge to come. I waited for 30 minutes. There were two other Japanese business men in suits.

The old man (the passport control officer)  came and said hello to me with smile. I said hello with smile too. Then he asked me if I had a pen that he can borrow. (in my head: Why on the earth you don’t even have a pen to do your job?)  I handed him my pen with a nice smile. You know it’s clever to be nice to him until you get a visa. Later I noticed that he didn’t return the pen! It’s just a pen but I liked that pen with a little sumo wrestler on the top. WelI, okay. I donate it to him. I’m sure that my little pen is doing great job at the airport now.

The application fee for visa is 200 rupees. I wanted to pay with my credit card as I didn’t have the rupee currency yet. But the card reader didn’t work for some reason so I paid with Japanese yen. I paid 4000 yen and got 270 rupees change back.

2か月有効のビザゲット。2か月もいないと思うけどね。The visa valid for two months. Well, I don’t think I would stay that long though.

で、アミットがちゃんと空港で待っていてくれました。嬉。

エアポートエクスプレスでニューデリー駅まで、そこから地下鉄のイエローラインに乗り換え、ホステルのあるサケット駅まで。

And Amit was there at the arrival gate waiting for me! Thank you!

We took an airport express to the New Delhi station and then changed to the metro yellow line to Saket station where the hostel is.

初オートリキシャー(トゥクトゥク)。First auto rikshaw. (Tuktuk).

ホステルまで付いてきてくれて、チェックインにも一緒にいてくれました。空港からずっとマシンガントークで話してくれたし。なんて優しいのアミット。涙。

ホステルのスタッフも良い感じ!皆笑顔で迎えてくれた。ほっ。

チェックインが済むと、お昼もまだだったので、オートリキシャー(トゥクトゥク)に乗って、アミットと近くのショッピングモールのフードコートに行きました。洒落たモールに少しテンションが上がります。美味しいラップサンドとアミットお勧めのお店でラッシーを飲みました。

またひとしきりマシンガントークを楽しんだ後、ホステルまで戻りました。

ドミトリー部屋は、2段ベッドが5台、ベッド数10台の部屋です。部屋にいた人達にハローと挨拶し、とりあえず横になります。疲れた。。

He came with me all the way to the hostel for me to check in smoothly. The whole way from the airport to the hostel, he also kindly showed me his talking skills. (He actually said that’s what he is good ast. Lol. ) How nice he is!

The hostel staffs were very friendly and welcomed me with smiles. So relieved.

After check-in, we went to the shopping mall nearby by auto rikshaw to grab a lunch at the food court there. The big nice modern mall made me happy. We had wrap sandwiches and lassi at Amit’s favorite place.

実は数日前から腹痛が続いています。食中毒の様な激痛ではないのですが、微妙に鈍痛で、下痢気味の状態が続いています。

早く体調すっきりしたいな。無理はやめよう。今日は早目に寝ます。

おやすみなさい。

I have had this stomach pain for a couple of days now. It’s nothing serious like food poison but this dull pain is continuing. I also have kind of diarrhea.

Please make me feel better soon. I’m going to take it easy and rest now.

Good night.

[ネパール]で思ったことまとめ。[Nepal] Random thoughts.

ナマステー。

ネパールも最後になり、印象に残ったこと、思ったことをまとめて書いておこうと思います。

Namaste.

The Nepal trip is ending so I am just going to write down my random impressions and thoughts about Nepal.

。ヒマラヤの山々があるネパールでは、水が豊富にあると思っていたけれど違ってた!いや、確かに水は豊富にあるのです。あるのですが、水道のインフラが整っていない為にうまく供給されていないのです。カトマンズの街中でも、共同洗濯場があり、皆手洗いで洗濯をしていました。

ポカラ湖のほとりでは、洗濯したものを川辺の芝生?草?の上にそのまま置いて干しているのを見ました。

洗濯機は普及していない様です。洗濯機を売っているお店も見ましたが、なにせ水を供給する水道が整っていないので、特に水を大量に使う洗濯機は、持っていても実際あまり使い物にならないそうです。

Water. You would think that Nepal is water-rich country because it’s surrounded by the Himalayas. But it doesn’t necessarily mean so. Yes, there is abundant of water. But it’s not provided properly to the housings due to the poor infrastructures. There was an outdoor laundry place (I think it’s public) in the city and saw people hand-washing their laundry.

In Pokhara, I saw they put the clothes just on the grass by the lake fro drying.

The washing machine doesn’t seem as common. I saw some home appliance stores that had washing machines but since the water supply is not sufficient especially for the machine that consumes so much water. It could be not as useful as you would expect even if you own one.

電気は、当たり前といえば当たり前ですが、どこのホステルも節電を徹底しており、つけっぱなしの電気はスタッフがすぐに消していました。おかげで私も節電の意識が身につきました。また、以前よりだいぶ改善されたそうですが、私が宿泊していた間に3回、いずれも5分以内の短いものでしたが停電がありました。

シャワーのお湯については前のブログで書きましたが、これが私には一番辛かったかもです。ネパールでは主にソーラーパネルを使っている為、お湯の量に限度があります。そして天気によっても左右されるという具合なので、仕方なく冷たいシャワーを浴びることもあります。田舎の方に行くと、ソーラーパネルも無く、冬はどうしているのか聞いたところ、暖かい昼間のうちに手短に浴びるそうです。薪もあるが、薪は主に調理に使ってお風呂には使わないそうです。こうして考えると、一度や二度の冷たいシャワーで風邪をひいている私は甘ちゃんですね。

Electricity. Although it may be common sense to conserve electricity. Everywhere I stayed, you will find the note on the wall or in the room that request you to save electricity and water. And Often times, the hostel staffs turn off the lights when they find they’re on in the empty room. I am more aware of how much I use them so it’s good. I experienced power cut for three times during my stay but none of them didn’t last more than five minutes. 

Hot shower. As I wrote about it in the previous entry, I think it was the biggest thing for me personally. The solar panels are used in Nepal to heat the water, there is a limit and of course it depends hugely on the weather that day. You end up having to take a cold shower sometimes. I asked how they do in the rural area where is no solar panels, especially in cold winter. They said that they just take bath during the day when it’s relatively warm. They have firewood but they usually don’t use them for bath but they use for cooking.

空気。は悪い。砂埃と排気ガス。これは現地の人も悩ませているようで、現地の人は皆黒い布のマスクをしています。道路がほとんど舗装されていない道路を多くの車やバイクが通るので、常に砂埃が舞っている状態で、緑の木も店頭にある商品も全てが埃をかぶっていて、街全体が常にもやがかかっています。せっかくの緑の木や葉っぱ、花も砂埃をかぶって色がはっきりしません。一日が終わると、爪の間は黒くなって、鼻の中も真っ黒です。

Air. Was bad in Kathmandu. Dust and pollution. The local people seems suffering from it. They wear a mask usually black ones. Non-paved roads and motorbikes cause constant dust that covers everything. Trees, cars, windows, products at shop front. Everything is hazy and gray. Green leaves, flowers no longer have distinct colors.

電線。見てこのカオスな様相。もはやアート?

Electric wires. Just look at this chaos. It is the art that I never understand. 

赤い服。何故かはわかりませんが、女性の着ている服が赤い色が多い。

Red clothes. Not sure why but Napali women often wear red clothes.

男女。レストラン、ホステル、お店、バス、タクシー、働いている人は殆ど男性です。女性もたまに見かけますが、圧倒的に男性が多い印象。ネパールでは男性も女性も25歳位になるとお見合い結婚をするそうです。やはり女性は専業主婦になるのでしょうか。そもそも結婚前にも社会に出ないのか。大学進学する人も少ないのだろうか。

Man and woman. At restaurants, hostels, stores, buses, taxis, all I see is men working. Well, there are women too but men by far. At least that’s my impression.  I heard that both men and women get married by arranged marriage when they become around 25 years old.  Makes me wonder women stay home after getting married. Do they work before getting married? Do they go to college?

トイレットペーパー。ホステルでもレストランでも、備え付けのトイレットペーパーが無いことが多いです。タイでもそうでしたが、便座の側に水道につながっているホースがあり、それで洗います。いわゆる日本でいうウォシュレットです。これに慣れると、意外に気持ち良くすっきりするのですが、洗った後拭きたいのですが、ペーパーがないので、私は常に自前のトイレットペーパーを持ち歩いていました。現地の人は、多分自然乾燥なのだと思います。

Toilet paper. You dcan’t expect toilet papers at hostels or restaurants. (Well, if you go to touristy cafes maybe.)  Like in Thailand, here you also find a hose installed by the toilet bowl. Clean water spray that you can use to wash yourself after use toilet. It is a simple version of the washlet in Japan. Once you used to it, you will like it. I still prefer to use toilet paper to finish up so I always carry my own toilet paper in my bag. I think without toilet paper, you can simply leave it as is just let it dry naturally.

私の国籍。結構な割合でネパール人と思われていました。いくつかの観光地で顔パスで入りました。いや、もちろんそれを狙って入ったわけではなく、ダルバール広場や、迷って挙句に火葬場側から入ってしまったパシュパティナートもそうでしたが、現地人と思われてスルーされた様です。(ネパール人は無料)そういえば、タイでも現地人、タイ人の友人には日本とどこか混ざってるでしょ、と言われていました。

他の外国人と話していて、彼らは払ったと聞いて初めて入場料があったことに気が付いた感じです。ごめんなさいネパール。わざとじゃないです。。ホントです。

My nationality. Often times, I was thought to be a local Nepali by the Nepalis. I entered some tourists places without paying the entrance fee. Of course I didn’t do it intentionally.  Like at Durbar Square, and Pashupatinath where I ended up entering from the crematory side, there were local people there but nobody said anything. They just let me in. (Usually it’s free for Nepalis to enter temples.) Come to think of it, I always get the reaction from the local people in Thailand that they thought I was Thai. My Thai friend said I look mix.

I found out that there was entrance fee when I talked other travelers. I’m sorry Nepal. It just happened unintentionally. Really.

ということで、ネパール。これくらいかな。

明日はいよいよ?とうとう?カトマンズから空路でデリー入りします。ドキドキ。緊張のインドです。人間が10億人いるってだけでもう恐怖です。圧倒されます。友人がデリーに住んでいるインド人の友達を紹介してくれて、彼が空港まで迎えに来てくれると言ってくれて感謝。大きなバックパックを背負って、混雑しているであろう駅や道路を一人で行くのは不安だったので、心底嬉しい。

インドも無事過ごせます様に。

I guess that’s all.

Tomorrow, finally? at last? I’m flying to Delhi, India. I’m nervous. Just the number of the population of a billion makes me feel intimidated.. Overwhelming. Luckily, my friends introduced me of their Indian friend who is currently living in Delhi and he is going to come to the airport to pick me up. That is a great relief because I didn’t want to walk around in the crowd and possibly get lost with my big backpack. Just having someone at the airport makes me feel so relieved.

Hope I will spend time just fine in India.

[ネパール]パシュパティナートへ。[Nepal] Pashupatinath.

ナマステー。

首都のカトマンズに戻ってきました。今回の宿は、日本人とネパール人のご夫婦が経営しているYADO240.という宿です。いつものBooking.comで探しました。大体レビューのスコアが8,5以上の所から探すのですが、YADO240.はスコアが高かったのももちろんですが、レビューに、ガス湯沸かし器があってお湯が24時間使えると書いてあり、心からお湯を求めている私には決め手となりました。。笑。

Namaste.

I’m back to Kathmandu. Today’s hostel is YADO240., where Nepali husband and Japanese wife are the owners. Booked through Booking.com as usual. I usually choose a hostel with a review score more than 8.5. YADO240. was not only with high score but they had a review that mentioned that hot shower is available for 24 hours. So this was absolutely for me who is seeking for hot shower. Lol.

道路から一歩奥にあります。The purple building.

観光客の多いタメル地区からは徒歩15分位と少し離れていて、銀行等が多く、ビジネス街といった所です。向かいにはスーパーマーケットや日本でいう100均の様なお店もあり、タメルのカオスな様子とは違って、舗装された道路にケンタッキーや海外ブランドのお店が立ち並んでいました。カトマンズにもこんなところがあったのね。

It is 15 minutes walk away from the tourist area Thamel. This is more like business center with many banks. Right across the street, there is super market and 100 yen store like Diaso in Japan. Unlike Thamel, the road were paved and there are name brand shops and western fast food stores such as KFC. I didn’t know that there was an area like thin in Kathmandu.

ショッピングモール。Shopping mall.

今日は、パシュパティナートに行きました。ネパール最大のヒンズー教寺院があり世界遺産に指定されています。また、火葬場があることでも知られています。

ネパールでは初の、ローカルバスに乗って行きました。バス停には特に看板があるわけでもなく、なんとなくここっていう感じで人が集まっています。バスにも行き先が書かれているわけではないので(書かれている場合もあるがネパール語のみ)、来る度に、車掌さんにパシュパティナート?と聞いて確認します。運良く3台目でパシュパティナートに行くバスにあたりました。

Today, I visited Pashupatinath. It is the biggest Hindu temple in Nepal and a world heritage. Also known as crematorium.

I took a local bus for the first time in Nepal. There is no specific bust stop sign board nor the destination on the bus but you can guess by many people and buses are stopping. To every bus, I would shout and ask “Pashupatinath?”. I was lucky that 3rd bus was going to Pashupatinath.

今回はバンタイプのバスに乗ります。Van type bus.
車内の様子。支える手の置き場もないくらい。Inside the bus. No space to place your hand to support your body.

体感乗車率150%。一旦乗り込むと同じ体勢のまま動けません。事前調べでこういう状況は予測していたので、バックパックのカギをしっかり閉めて、バス代金分のみすぐ払えるように、すぐ手の届くポケットに入れていきました。

You feel it’s 150% full. Once you got on the bus, you wouldn’t be able to move. I knew it can be like this according to my preliminary research so I locked my backpack, and prepare small cash for bus fare in my pocket where I can access easily when payment.

バスを降りて、携帯の地図アプリで確認しながら歩きます。Got off the bus. Walk with a map app.
門前町っぽくなってきた。もうこの辺りにあるはず。Looks like a temple town. The temple should be nearby.
サルさんとは目が合わない様に進みます。笑。 I try not to eye contact with a monkey.

もうほぼそこまで来ているはずですが、なかなか見つかりません。何人かに尋ねながら探します。ここかなあ。

Should be nearby according to a map but I still can’t find. I just keep asking people. Probably this right here…?

ここ入口?何も言われなかったので中に入りました。Is this it? Nobody stopped me so I just walked in.

所々で火があがっています。側には川が流れています。I see burning spots. A river is just under.

ここかなあと思いながら、すぐ側の煙が立ち上がっているところにふと目をやると、ん?。。え?今見たのって、え、そうなの。。?

一瞬頭と体がこわばるのを感じながら、ゆっくり、でもほんの一瞬だけもう一度目をやりました。やっぱり。今見たのは焦げた人の足だ。

ごめんなさい。頭の中は、見てはいけないものを見てしまったという思いと、でも神聖な儀式だだから、必要以上に見てはいけないものを見てしまったと感じること自体、むしろ失礼なのではないか、などと色々考えて、目を逸らして何事もなかった様に装いながら、そのまま速度を変えず歩みを進めました。

I kept walking wondering maybe is this it?  I glanced at where the smoke was coming out. Wait.. Have I just seen…? What?

I felt my mind and body froze. I slowly moved my head and glanced again at the same spot. Just as I thought, it was human’s feet. Burnt.

I’m sorry… I said in my head. I felt I saw something I should had never seen, at the same time I felt it would have been rude to feel sorry because it is just a human body in a sacred ceremony. I was somewhat confused.

この写真には写っていまんせんが、そのすぐ側で、倒れこむように声を上げて泣いている女性がいました。その側で、男性達が黙々と儀式を進めていました。手順を確認しながら、淡々と進めていました。

She is not in the picture above but I saw a woman sobbing out loud on the ground. Right by her side, there were men who were silently proceeding the work of the ceremony sometimes confirming the process with each other. It seemed like they’re doing in a businesslike manner in a way.

金色に光る建物が寺院です。寺院内はヒンズー教徒しか入れません。The golden building on the back is the pashupatinath temple. Only Hindu is allowed to go inside.

火葬場向かいの階段を上っていくと、途中、きゃっきゃと楽しそうにしている人達がいました。聞くと、目をつむったまま壁に空いた穴に向かって歩いていき、うまく穴に手が入ったら願いが叶うんだよ、と言っていました。

下には亡くなった人のご遺体があり、上では若者が将来の願いを託し、楽しそうに占っている姿。生も死も同じところにあるのだなと感じました。そう考えると、さっき見た遺体も怖いとは感じませんでした。

As I walked up the stairs across the cremation site, I saw people who seemd have having fun laughing. They said that you walk with your hands toward the the hole on the wall, with your eyes closed. If your hands meet the hole, your wish will come true.

There are dead bodies just down the stairs and on the other hand, there are young people who are making their wishes. Made me feel a life and a death exist at the same place. I was no longer scared of the dead body I saw earlier.

ホステルに戻ると、日本人の男性ソウタさんという人がチェックインしていて、ホステルオーナー奥様のカズエさんが、一緒に近くの小さな居酒屋に連れて行ってくれました。

When I was back at the hostel, I met a Japanese guy who had just checked in. Kazue, the hostel owner’s wife too us to the small pub in the neighbor.

左は相席のおじさん。The on the left kindly shared the table with us.
飲むのはもちろんネパールビールのトゥンバ。Tongba (Nepali beer).
おつまみは、バッファロー肉。Buffalo meat.
そしてネパール名物のモモという蒸し餃子。Momo (Steamed dumplimg).

相席になったおじさんとの話も盛り上がり、楽しい夜でした。帰ったら奥様の夕飯も食べるんだと、早目に帰っていきました。

The man we shared the table was very friendly. We had a great time together. As he was leaving, he said he was going to eat his wife’s dinner when he gets home even though he had some food at the pub.