[ハンガリー]ブダペスト街歩き [Hungary] Budapest City

ハンガリーに着きました!11時間のバス旅。長い。。でもFlix Busはwifiもついているのでどうにか過ごせます。トイレも付いています(使ったことないけど)。途中でトイレ休憩もあります。

気になったのは、車窓から見えたこの緑と白の木々。はじめ、雪が積もってる?と思いまいましたが、積もっているのは花でした。

Nepligetバスステーションから市街地へは、地下鉄でアクセス出来ます。
料金Nepligent→Ferenciek Tere 350フォリント(約135円)。

改札口はありません。この機械に切符を入れて打刻し,プラットホームに入ります。

ホステルに到着。荷物を置いて、いつものとりあえず街散策。

ブダペストの街は、ドナウ河を境に、ブダ地区とペスト地区に分かれています。私のホステルはペスト地区にあります。

ブダペスト中央市場

お腹も空いていたので、市場の中に入ってみました。

フルーツやお肉、野菜などなんでもあります。


ブルーベリーを買いました。480フォリント(約185円)。日本だと500円位するのにやっぱり安い。

2階には、お土産さんやフードコートがあります。

グヤーシュという、パプリカのスープを頂きました。ハンガリーでは定番のこのスープ。もう10年前位かな、初めてブダペストに来た時にも飲んだのを思い出しました。あの時は、友達と奮発して高級レストランでフォアグラを食べたっけ。

自由橋 (Liberty Bridge)Szabadság bridge

自由橋を向こう岸のブダ地区に渡った所に、岩壁に教会がありました。

Gallery Hill Caveという洞窟教会だそうです。

そのまま、さらに北にあるエリザベス橋 (Erzsebet bridge)の方向に歩いていると、水の音が。

なんと滝が流れていました!涼しい〜。はあ、天然の冷房だ、生き返る。

今日のブダペスト気温30℃。

ヨーロッパに入ると涼しくなるだろうという期待に反して、今年はどこも異常気象で暑いらしく、蒸し暑いです。

滝の上に橋が見えますが、ここは城塞の一部となっています。

上に見えるのは、1947年に作られた「自由の像」。この像、第二次世界対戦時中ナチスに占拠されていたハンガリーを、ソ連が”解放”してくれたとして、当初はその感謝の印の意味だったそうですが、結果ソ連スターリンの支配下に入ってしまうことになり、1989年ソ連から独立した後には、ソ連からの”解放””自由”を獲得したという意味に変えたそうです。

昨日の友は今日の敵?みたいな感じでしょうか。歴史ってこういうことの繰り返しですよね。

喉も渇いてきたので、ついでにwifiもあるカフェを探し、アイスカプチーノを頂きました。料金580フォリント(約225円)。

やっぱりSIM欲しいなあ。ヨーロッパに入ってからSIMカードを買っていません。ホステルはもちろん、街のカフェにもWifiがあるのでなんとかなっていますが、やっぱりあると便利なんですよね。

EU圏内で使えるSIMがあると良いのだけど。

明日SIM屋さんに行ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です