[リトアニア]ヨーロッパのGスポット?[Lithuania]The G-spot of Europe?

Labasラーバス!(リトアニア語でこんにちはの意味)

いきなり変なタイトルですみません。
これ冗談じゃなく、正真正銘首都ヴィリニュス市がはっている観光キャンペーン。
場所はわかりにくいけど見つけると発見の歓びが、という具合らしいです。笑。

私は発見できるのか。ベラルーシの首都ミンスクから文字通りひとっ飛び、35分でリトアニアの首都ヴィリニュスへ到着しました。

ヴィリニュス空港

ヴィリニュス空港は、駅?と思うくらい小さな空港です。

ここから市内まで列車に乗ります。

あったあった列車のマーク

列車のマークに沿って行くとエレベータがあり、降りた先はもうホームでした。

しかし誰もいない。駅舎も駅員も見当たらず。

時刻表

時刻表だ。どれどれ。今18:40だから次の列車は19時32分。えー50分後?!どうしよう。。もう一人私と同じ様に時刻表を見てがっかり去っていく人がいました。
確かバスもあったはず、と来た道を空港に戻るとバス停がありました。

バス代1€。
1番のSTOTIS行きに乗ります。

リトアニアの通貨はユーロです。持っていたユーロでチケットを購入。世界中どこに行っても大抵ユーロと米ドルさえ持っていればなんとかなるので、ユーロを約€300、ドルは$100くらい、いくつかに分けて持っています。

地図アプリmaps,meでバスの進行を追いながら、無事STOTISバス停に到着。
ホステルはここから5分位歩いた所にすぐありました。

ただ問題はこここから。このホステルはスタッフが24時間常駐ではないので、この時間はセルフチェックインするようにメールで案内されていました。

建物の中に入ります。1階にガラスのドアがあるはずだけど無い。
そうか、もしかしてfirst floor1階て2階のことかも?ヨーロッパ、特にイギリスだと日本でいう1階はグランドフロア(ground floor)といい、日本でいう2階が1階。よし。上に上がるとドアはありました。しかし暗証番号を入れても開かない。。なぜ??
幸いベラルーシの3Gがまだつながっていたので、メールをして暫く待つも返信無し。
中から宿泊客が出てくることを期待する一向に出てくる気配もなし。

しばらくして気がつきました。そうだ、ネットが繋がってるってことはwhatsappで電話すればいいのか!

電話をするとオーナーの人が出てくれました。説明を受けながらドアに行くと、なんと!キーボックスがもうひとつあるではありませんか!ドアではなくドアのそばの壁に。
暗証番号を入れるとあっけなく開き、無事に中に入れました。悔しいーっ。灯台下暗し。

翌朝スタッフの出勤を待ちお金を支払いました。オーナーの女性はフレンドリーでSIMカードがどこで変えるのかなど親切に教えてくれました。

今回のホステルは、25 HOURS HOSTEL。1泊12,3ユーロ(約1500円)。
清潔でバスターミナルや駅にも近くて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です