[リトアニア]ヨーロッパのGスポット?[Lithuania]The G-spot of Europe?

Labasラーバス!(リトアニア語でこんにちはの意味)

いきなり変なタイトルですみません。
これ冗談じゃなく、正真正銘首都ヴィリニュス市がはっている観光キャンペーンのキャッチコピーです。
リトアニアの場所はあまり知られていないれど見つけると発見の歓びが、という意味らしいです。笑。

私は発見できるのか。はいっ、ベラルーシの首都ミンスクから文字通りひとっ飛び、35分でリトアニアの首都ヴィリニュスへ到着しました。

ヴィリニュス空港

ヴィリニュス空港は、駅?と思うくらい小さな空港でした。

ここから列車で市内に向かいます。駅はどこだろう。

あったあった列車のマーク

列車のマークに沿って行くとエレベータがあり、降りた先がホームでした。

しかし誰もいない。駅舎も駅員も見当たらず。

時刻表

時刻表を見つけました。どれどれ。今18:40だから次の列車は19時32分。えー50分後?!どうしよう。。もう一人来て時刻表を見るとがっかり去っていきました。
確かバスもあったはず、とまた空港に戻るとバス停がありました。

バス代1€。
1番のSTOTIS行きに乗ります。

リトアニアの通貨はユーロです。持っていたユーロでチケットを購入。世界中どこに行っても大抵ユーロと米ドルさえ持っていればなんとかなるので、旅の間、ユーロを約€300、ドルは$100くらい、小分けにして持っています。

おなじみ地図アプリmaps,meでバスの進行を追いながら、無事目的地のSTOTISバス停に到着。ホステルはここから5分位歩いた所にすぐありました。

ただ問題はこここから。このホステルはスタッフが24時間常駐ではないので、この時間(夜7時過ぎ)はセルフでチェックインです。

事前二メールで案内された通り、建物の中に入ります。1階にガラスのドアがあるはずだけど無い。そうか、もしかしてfirst floor(1階)とは日本でいう2階のことかも?ヨーロッパ、特にイギリスだと日本でいう1階はグランドフロア(ground floor)といいます。日本でいう2階が1階。上に上がるとドアがありました。しかし暗証番号を入れても開かない。。なぜ??
なぜか幸いにもベラルーシの3Gがまだつながっていたので、メールをして暫く待つも返信無し。中から宿泊客が出てくることを期待するも一向に誰か出てくる気配もなし。

しばらくして気がつきました。そうだ、ネットが繋がってるってことはwhatsappで電話ができるはず!

電話をするとオーナーの人が出てくれました。説明を受けながらドアに行くと、なんと!キーボックスがもうひとつあるではありませんか!ドアではなくドアのそばの壁に。
暗証番号を入れるとあっけなく開き、無事中に入れました。悔しいーっ。灯台下暗し。

翌朝スタッフの出勤してきた時に宿泊代を支払いました。オーナーの女性はフレンドリーでSIMカードがどこで変えるのかなど親切に教えてくれました。

今回のホステルは、25 HOURS HOSTEL。1泊12,3ユーロ(約1500円)。
清潔でバスターミナルや駅にも近くて便利です。

[ベラルーシ]ミンスク→リトアニアへ空路移動[Belarus]Minsk to Lithuania

ブリビエット!(ベラルーシ語でこんにちは)

朝5時起き。皆を起こさない様に準備していると、お母さんと友人も起きてきてくれました。感謝です。まだ暗い中玄関の外で待っていると、ライトをつけたピックアップトラックが近づいて来ました。友人が運転手に再度行き先を伝えてくれました。

友人達とハグをしトラックの助手席に乗り込みシートベルトを締めます。空気がひんやりしています。

空が白んできました

無口で怖そうな運転手のおじさんと眠い私、車内にはラジオから流れる音だけ。
途中、寒くないか?と唯一手振りで声を掛けてくた時には、優しさに思わず涙が出そうになるのを堪えて思い切り笑顔でスパシーバ(ありがとう)と言うと、いつの間にか眠ってしまいました。

朝日が顔を出しました。

おじさんに起こされた時は、外はすっかり明るく、見るともうミンスク市内の駅前でした。

慌ててお礼を言い、友人から聞いていた金額のお金を差し出すと、何度も首を横に振って結局受け取ってくれませんでした。

Malinauka駅

なんだか励まされた気持ちになり、よし行くぞ、と気合を入れて駅へ降りました。

ここMalinauka駅からレーニン広場駅まで移動します。

今朝9時。夕方の飛行機までは時間があるので、一旦荷物を預けるためロッカーを探します。

レーニン駅。

あったあった。ロッカーのマーク!

案内の通り進むとLuggage Officeはすぐに見つかりました。

受付でお金を払うと、預け荷物の引き換えの札を渡されました。

荷物の引き換え札

ふう。身軽になったので、ここからは歩いて戦争歴史博物館へ行きます。

レーニン広場
ベラルーシ戦争歴史博物館 Belarusian Great Patriotic War Museum

1時間弱で到着しました。

立派な博物館!しかし入り口が見つからない。案内板も見当たらない。やっとで見つけた入り口は、この大きな階段を上って右側に下りてぐるっと回った所にありました。
入場料9ルーブル+オーディオガイド4=計13ルーブル(約680円)。

館内は広く、テーマごとに順路がある様でしたが、飛行機の時間も気にしながら、かなり飛ばし飛ばしで回りました。

第二次世界大戦におけるナチスの展示も多かったです。

ナチスの犠牲となったユダヤ人は60万〜80万人とも言われているそうです。
ナチスの犯行と言われている「カチンの大虐殺」を表している炎。

時計を見ると思っていた程時間がなく、全部見れないまま博物館を出て再びレーニン広場まで戻ります。

有名なホテル Aparthotel Gostinyi Dom
中央バスステーション

レーニン広場にある中央バスステーションに着きました。ここからバスで空港まで向かいます。

チケットカウンター

理不尽までに不機嫌な窓口の人にムカッとしつつ、空港行きのチケットを購入。

バスの中から見えた風景。中国語の大きな看板はなんだろう。。
空港のカウンターにも中国語が。中国人の観光客が多いのだろうか。

空港までの道中、中国語の看板をいくつか見ました。近年中国からの資本が入ってきているそうです。

ミンスク国際空港に到着。出国審査を済ませラウンジに向かいます。

っとー。あージャケットがない。。さっきの荷物検査の所に忘れてきてしまった。ジャケットを脱いで他の荷物を2つのカゴに分けて入れたのですが、スタッフの人がジャッケットだけ3つ目のカゴに入れ直していたんですよね。その3つ目のカゴをすっかり忘れてた。。でもIt’s too late。。出国してしまったし戻れないよな。。
お気に入りだったのに、モンベルのジャケット。軽くて暖かくて内ポケットも何気に便利だったのに、モンベルのジャケット。。。。しょうがない。

いつもの様にラウンジに行くと、わーいマッサージチェアがある!とテンションが上がるも、よく見るとだいぶヨレヨレのクタクタ。

横になれるベッドもありました。
中には入りませんでしたが、この奥にも休憩出来る?ベッドがある様です。
いよいよリトアニアへ!

今回の飛行機はベラヴィアBELAVIA航空です。チケットは105.50ベラルーシ・ルーブル(約5500円)でした。そして飛行時間なんとたったの35分!多分これまでで最短の飛行時間。だったらゆっくり列車で行きた〜いと思ったのですが、そこにはベラルーシのビザ無し滞在の要件があり、空路で入り空路で出国という条件があるのでした。

他の旅人から陸路でも大丈夫だったという話も聞きましたが、こういうリスクは負いたくないので素直に空路で移動しました。

この夏からビザが緩和されたベラルーシ。これから観光客も増えて変わっていくんだろうなあ。

ベラルーシは未知の国だったけど、元同僚の友人や子供たち、素敵なお友達、田舎の親戚、猫たち、バーニャというサウナや豊かな自然、美味しい自家製の野菜や果物。長旅の疲れがこんなにも癒されました。

ここからまた一人旅に戻ります。いよいよバルト三国に突入です。