[リトアニア]クライペダ:砂丘の向こうはロシア領[Lithuania]It’s Russia beyond the dune.

Labasラーバス!(リトアニア語でこんにちはの意味)

今日は首都のヴィルニウスから、リトアニアの西端にあるクライペダに移動します。

その前に、朝はこないだ予約していたサロンで、カラーのリタッチと毛先を少し切りました。

uff square というサロン。イケメンのスタイリストとかわいいワンちゃんがいました。
KGB博物館

ホステルの戻る時に気がついた壁一面にある写真と文字。何かと思ったらKGB博物館でした。そうか、リトアニアも旧ソ連の支配下に置かれていた時代があったんだよなあ。心引かれますが残念ながら時間がないのでパス。

ホステルで預けていた荷物をピックアップし、バスステーションに向かいます。
ヴィルニウス12:40発、クライペダに着いたのは約4時間後の16:30でした。これくらいは近いです。

クライペダのバスステーション

ホステルはバスステーションの目と鼻の先。ポーランドで会った旅友からのオススメされたKlaipeda Hostelに宿泊します。料金は1泊約1600円。

今日の部屋は6人部屋。事前にメールで二段ベッドの下の段をお願いしていたのに上を割り当てられてがっかりしていたところ、上の人が僕どっちでも構わないよと言って変えてくれました。優しい。
ホステルの相部屋は大体2段ベッドが多いのですが、私は断然下のベッドを選びます。理由は、ベッドに腰掛けられて、荷物へもすぐに手を伸ばせて便利だから。上を好む人は、下ほどには人の行き来が気にならないというのが理由のひとつみたいです。
背が高くて上のベッドまで手が届く人は、問題ないみたいですが、私みたいに小さいと何か荷物を取る度にいちいち上まで上らないといけないので面倒です。
なので、予約サイトで予約したらすぐにホステルに直接メールをして下のベッドをリクエストしています。大体快くOKしてくれます。

少し行くと公園がありました。人はまばらですが、ベンチに座って本を読んでいる人。ベビーカーを押して散歩している人。全体的に静かでした。

星のマークは旧ソ連時代の祈念碑か何かでしょうか。

静かでちょっと寂しい町かと思っていたらこのあたりに来ると人がいました。遊覧船もあり観光客もいます。

シアター広場という名の通り、この建物は劇場だそうです。

ここが旧市街のTheatre Squareという広場です。

ドイツ風の建物

上の建物の様なドイツでよく見る木枠の建物が多いのは、昔長い間東プロイセン(現ドイツ)に属していたからだそうです。

広場に面したレストランで夕食を取りホステルに戻りました。

次の日、クライペダに来た目的、ニダ砂丘に行きました!

ニダ砂丘とは、このリトアニアの西端のほっそーいここにあります。

地図では一見繋がっている様に見えますが、実は離れているのでフェリーで渡らなければいけません。

フェリーで渡ります。
フェリー乗り場

現在8時半。9時のフェリーに乗るため早めに来ました。曇り空。雨降らないといいけど。

券売機

外の券売機でチケットを購入。1ユーロ(約120円)。カードの表示がなかったので現金で払いました。

バーコードがついたチケットを通します。
自転車に乗ってきた人も結構いました。

あっと言う間(約5分!)に向こう岸のSmiltyneへ到着。

すぐにバス停があるので、ここからNidaまでバスで移動します。

さっき自転車に乗ってきた人達は、颯爽と自転車で去っていきました。
実はここをオススメしてくれた旅友に、ちょっと遠いけど自転車専用レーンもあるし自転車めっちゃ気持ちいいよ、レンタルバイクもあるしと言われたので、いいねーと軽く返していたのですが、Nidaまで片道45km。いやいやいや無理無理無理。

バス代片道4ユーロ(約480円)

帰りのバスの時刻表の写真を撮っておきます。

Nidaバス停

Nidaのバス停に到着。バス停の隣にもレンタル自転車屋さんがありました。
一瞬ここから砂丘までは近いし借りようかとも思いましたがやっぱり自信がない。。歩くことに。

あでも確かに、体力に自信のある人は船着き場から自転車でも楽しいかも知れません。自転車専用レーンもあるし道もほぼ平坦です。

町の中でも自転車が多い。
これは何の木だろう。。

しばらく歩くと砂が見えてきました。

目の前には海があるのですが、水が冷たいのか泳いでいる人はいませんでした。

上の写真の向こう側にはロシア領のカリーニングラードが見えます。間違えていつの間にかロシア領に入ってしまう旅行者がいるそうです。

この先はロシアなのかあ。いやあ、やっぱり不思議な感覚です。
いつもそうなのですが、これは多分私が日本人でさらに沖縄という離島出身だからか、「歩いていたら一歩先はもう異国」というのがことがなんとも不思議な感覚を覚えます。
それに加えて、今回こんな所でロシアがあるなんて、という私の無知さも手伝ってのことだとは思いますが、
それにしてもロシアの飛び地には歴史的背景がありそうですね、後で調べてみよう。

帰りのフェリーが混んでいました。

帰りNidaからSmilyine行きのバスがかなり混み合っていました。なんとかギリギリ乗れたので良かったのですが、乗れない人達もいました。

バス停には次から次へと人が集まってきて、バスが来ると皆列を作るわけでもなく、我先にとカオスな感じになっていました。

えーこれ一体乗れるのだろうかと思っていると、そこに一人かなり強引に何名か押しやりながら割り込んできた女性がいました。ずいぶん失礼な人だなあと見ていたのですが、私の前に割り込んできた時には、「ちょっと!エクスキューズミー!あなた割り込みしてますよ!」と言って譲りませんでした。何かぶつぶつ言っていましたが。

ということで無事バスに乗れてクライペダのホステルに戻りました。

明日はいよいよバルト三国二カ国目、ラトビアへ向かいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です