[エストニア]またまた旅の醍醐味。イランで出会った友人と再会[Estonia]This is the beauty of traveling. Reunite with Estonian Canadian friend I met in Iran.

Tereテレ!(エストニア語でこんにちはの意味)

ラトビアからエストニアの首都タリンへやってきました!ECOLINESで18,20ユーロ(約2200円)でした。

そういえば、早朝、ホステルの部屋を出る時に見た不可解なシーン。(上の写真)
2段ベッドの下にある、キャスター付きの荷物用の箱が引き出されていて、え、泥棒?と思いきや荷物は全部ある。ざっと見回してもルームメイト達はそれぞれのベッドですやすや寝ている。。何があってこうなってるの??
解せないままチェックアウト。

リガのバスステーション
このバスに乗ります。
車内には各座席にエンターテイメントが付いています。

リガを9時に出発してタリンに到着したのは13時半。タリンバスステーションからバスに乗り市内の中心まで向かいます。

バスチケット。タリンのバスステーションから市内まで2ユーロ(約240円)

バスを降り、地図を見ながらホステルに向かいます。

異国の地で花屋さんを見るとなんだか安心するのは何故だろう。

異国の地で見るとなぜか安心するもの、花屋さんと本屋さん。別にそれを求めて歩いているわけではないけれど、見つけるとなんかホッとします。

ひよこ饅頭だ!笑。最近ホームシックです。

旧市街に入ると道が狭くなります。

今回の宿はTabinoya。オーナーが日本人みたいです。1泊17,5ユーロ(2130円)。観光の中心地ラエコヤ広場(Raekoja plats)の近くにあります。

なんと言ってもエストニアでの最大の楽しみは、イランで出会った旅友、ハナとの再会です!

イランで一緒にピンクモスクを訪れた時のハナと私
上は今日撮った写真。下はイランでの二人。

ヘッドスカーフ一切無しで会うのがなんだか新鮮です。笑。
この後イランの共通の友人に二人の写真を送ったら、”You loog great! スカーフしなくてもいいなんて羨ましい”と言われてなんだか申し訳ない気持ちになりました。彼女たちはオシャレしたくてもスカーフは必ず着けなきゃいけないし、手首足首を見せてはいけません。

ハナは生まれも育ちもカナダのエストニア系カナダ人です。1年程前から自分のルーツであるエストニアに移住し、現在は働きながら弁護士を目指して勉強中。日本にも留学していたことがあり、日本語も話せます。

トラムに乗って、今エストニアの若者に人気だというTelliskivi Creative Cityという所に連れていってもらいました。元々工業地帯だった所をアートにオシャレにした、ハナ曰く”ヒップスター”な場所だそう。

最近よく耳にするHipsterというトレンド。ヒップスターとは、私の勝手なイメージで説明すると、まず絶対ヒゲをもっさり生やしていて、最先端の流行というよりは、少し昔っぽい感じを取り入れたファッションをクールにした感じ。どちらかというとフレンドリーというよりは気難しくお高いとまった感じ?
Hipsterで画像検索すると色々出てきます。

オシャレ。こだわりがある感じですね。

卓球台もアート!

フリーマーケットでは服や雑貨などが売られていました。

音楽もあってリラックスした雰囲気です
お昼はおしゃれなカフェでサーモン。

ランチの後は旧市街に戻り散策。

アレクサンダー・ネフスキー大聖堂
国会議事堂
旧市街が一望出来ます。

コホトゥオツァ展望台(Kohtuotsa Viewing platform)からはタリン旧市街が一望出来ます。

カモメかなあ?人を怖がる様子もなく鳥が近くまで。

お互いにとって異国の地であるイランで出会ったカナダ人のハナと日本人の私が、エストニアで再会する。まさにこれが旅の醍醐味だと思う瞬間です!
その国の歴史や建造物、風景、食べ物など色々な楽しみがありますが、出会う人でその国の印象が変わったりして旅を面白さを倍増してくれるのは、やっぱり人との出会いだと思います。

またいるうちに会おう、今度はうちに泊まってよ、と言ってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です